飼い主のお腹にいる赤ちゃんに猫がご挨拶

 猫には不思議な感覚が備わっているようで、何もないところをじっと見つめたり、いち早く危険を察知したりできる子も存在する。

 で、この家の猫は飼い主女性の膨らんだお腹を見て、中に赤ちゃんがいることを察したようだ。おなかに近づくと猫なりのご挨拶をしているみたい。
スポンサードリンク
0_e3

 願い事を成就させたい時、占いや魔術に託す人も多いが、科学が今ほど進んでいない時代においてはそれが顕著だった。中でも興味深いのが、愛や情熱を呼び起こすと信じられていた愛の呪文だ。

 中には、強引にターゲットの心を自分に向けさせて縛りつけたり、ターゲットを苦しめ、恋が成就するまでその苦しみが終わらないような厄介な呪文もある。

 これからあげる愛の呪文のほとんどは、4世紀のエジプトの魔術の手引き書といわれているパピルス121からの抜粋だ。

 ギリシャ語で記されたこの魔術書は長さが2メートル以上もあり、癒しや束縛から加護や成功に至るさまざまな目的の呪文が書かれている。
スポンサードリンク
scoop3_640

 ペットがケガや皮膚病などで治療を受けた時に、その患部を舐めたりしないように首周りにつけるのが、いわゆるエリザベスカラーってヤツ。

 これ、ペットにとっては邪魔くさくて、ストレスの元だと思われているアイテムだが、その新たな楽しい使い方を発見してうぃまったわんこがいたようだ。
史上初、北極上空で宇宙台風が観測される
credit:Qing-He Zhang, Shandong Universit

 北極上空に吹き荒れた直径1000キロもの巨大なプラズマ。これは宇宙台風と呼ばれるものだ。

 地球で「宇宙台風(space hurricane)」が観測されたのは史上初めてのことだが、広大な宇宙では一般的な現象なのかもしれない。
クロックスマニアのためのメンズ下着
credit:Unnecessary Inventions

 目からウロコ以外のものがポロポロ落ちてきそうな珍発明品を世に送り出すクリエイター、マット・ベネデット氏がまたもや面白アイテムを生み出したようだ。

 あの松本人志も黒を愛用しているという、合成樹脂製サンダルメーカー「クロックス」からインスパイアされたという下着「ゲイター・ブリーフ(Gator Briefs)」は細部にもこだわって作られた、結構機能的でもある商品なのだそうだ。
驚愕のお掃除ビフォア・アフター hspace=
credit:Brandon Anderson/TikTok

 マメに掃除をせずに汚れてしまった家が、大掃除でスッキリ綺麗になるのを見るのは気持ちがいいものだ。テレビ番組などでも汚部屋が大掃除によって同じ部屋とは思えないくらい見違えるという企画は人気のコンテンツとなっている。

 あるTikTokユーザーがプロの掃除人にカーペットをきれいにしてもらったところ、グレーと思われた色が実はベージュだったことがわかり、その驚きの変化が話題となった。
頭と体が分離した猫
image credit:Reddit

 この猫にいったい何がおきているのか?海外のSNSで、頭と体が分離しているようにしか見えない猫の写真が話題を呼んでいる。

 「伝説の首なし男デュラハンの猫バージョン?」「アリスのチェシャ猫でしょ?」「いや黒魔術だろ…」など、ほかでもない飼い主からの投稿にもかかわらずさまざまな疑惑や仮説が浮上した驚きの猫写真に迫ってみよう。
捨てられた後も他の人を寄せ付けず元の飼い主を待ち続けていた母犬
image credit: youtube

 犬は最初に飼われた家族のことを忘れないという。例え家族から捨てられた後であってもだ。

 南東ヨーロッパのセルビア共和国で、3匹の子犬を出産したばかりの母犬が、小犬と共に道端に捨てられていた。飼い主に置き去りにされたのだ。

 母犬は、助けの手を差し伸べようとする人たちを次々と拒否した。元の飼い主が戻って来るのを信じてずっと待ち続けていたのだ。だが残念ながらそれが叶うことはなかった。 
現代版ゴールドラッシュ、90%が金の鉱山に群がる人々

 ダイヤモンドをはじめとする鉱物や木材、石油など、自然の資源が実に豊かなコンゴ民主共和国の南部で、金が90%含まれている鉱山が発見された。

 それを聞きつけた多くの人々は金のあふれる山へと殺到。まさに現代版ゴールドラッシュとなり、当局が採掘を禁止しなければならない事態となったようだ。
ウサギのくしゃみがかわいい

 ウサギのくしゃみの音って聞いたことある?すごくかわいらしくてアニメみたいで、ディズニーのドナルドダッグに似ているような気もしなくもない。

 水を飲んでいるウサギたちのくしゃみが連鎖をしている様子を見てみよう。
イギリスの海岸に打ち上げられた謎のクリーチャー

 世界中の海岸には、時にミステリアスなクリーチャーが打ち上げられることがある。このほど、イギリス・ウェールズの海岸で、巨大な何かの残骸が発見された。

 海洋環境調査スタッフが現場で調べたところ、それは7メートルほどの大きさで、頭部がほとんどない状態だったという。『Wales Online』などが伝えている。
bestpetsofweek202103_3_640

 3月最初の週末は、みんな元気に過ごしているかな? 緊急事態宣言が延長になった地域もあって、まだまだ春を待ちわびる気分にはならないかもしれない。

 ちょうど1年前は、今年の今頃もまだこんな状態だとは想像もしていなかったよね。疲れとストレスの溜まりまくっているお友だちも多いと思うけれど、楽しい動物たちの所業を眺めて、笑顔になってくれたら嬉しいよ。
地球上の酸素が失われ10億年後に生命は絶滅

 今のうちに肺いっぱいに空気を吸い込んでおくといい。当たり前に思っている酸素とて永遠のものではないのだから。

 東邦大学理工学部生命圏環境科学科とジョージア工科大学の共同研究グループが実施したシミュレーションによると、地球の大気に含まれる酸素は、あと10億年もすれば失くなってしまうのだそうだ。

 それは地球で生きる多細胞生物の寿命でもある。アンドロメダの衝突を待つまでもなく、酸素が失われ生命活動が維持できなくなるというのだ。
世界最長のスニーカーがアディダスより販売

 とても長いスニーカーがアディダス(addidas)より限定販売されている。このスニーカーの原型となっているのは、アディダスのSuperstarだが、エストニア人のラッパー TOMM\ €A$H(トミー・キャッシュ)がデザインを手がけたことで、左右は白黒の色違い。その長さは世界最長という、未だかつてないスニーカーが完成したようだ。

 電車でつま先を踏まれても痛くないというメリットはあるものの、引っ掛かりそうで歩きずらそうではある。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク