犬とホームレスの交流
 犬はまっすぐな目で人間を見ている。犬にとって一番大切なものは、嘘偽りのない愛情である。例えおやつを持ってなくても、心から愛してくれるだけで幸せな気分になれるのだ。

 ブラジルで飼われている犬のミミは、毎日ある男性とのフェンス越しの交流を心待ちにしている。その男性はホームレスだが、ミミに深い愛情注いでくれる。

 男性の気配を察したミミは大興奮。まだ姿が見える前から、フェンスに2足立ちになり尻尾をブンブン回転させる。

 そして男性が近づくと、安堵とやさしさに包まれていくのだ。

 
ADVERTISING
no title
 イギリスで第二次世界大戦時の砲弾(徹甲弾)が直腸内から抜けなくなったという男性が救急搬送されたニュースが伝えられた。爆発の危険性があるため、警察と軍の爆発物処理班が出動する大騒動となってしまったようだ。

 あくまでも男性の話だが、コレクションしている軍用品を整理していた時に、砲弾の上で尻もちをつき、うっかりお尻に突き刺さってしまったという。
スポンサードリンク
dropped41
image credit:Reddit
 不思議がいっぱい、いつでもミステリアスな生き物といえば猫。そんな猫が時々見せてくれる隙のようなものが飼い主たちの大好物なわけである。

 今回海外掲示板Redditで「もしかして家の猫壊れたかな…」というスレッドが話題を集めていた。どうやらこちらの猫は隙だらけで猫の猫たる何かを忘れちゃったみたいだ。

武器となる尻尾を持ったアンキロサウルス
 チリの最南部で発見された長さ2メートルほどの恐竜は、鎧のような硬い皮膚を持ち、アステカの戦士が使っていたような恐るべき武器で武装していたそうだ。

 尻尾の形状が、7対の刃を持つ剣のようになっており、これで敵から身を守っていたという。

 「stegouros elengassen(ステゴウロス・エレンガッセン)」と名付けられたその恐竜は、チリでは珍しい「アンキロサウルス」の仲間であることが明らかになっている。
鮭の精子から生分解性プラスチックを生成

 便利で使い勝手の良いプラスチックが大量に使用されたことで発生した様々な問題に直面した今、SDGsが掲げられ、世界中で取り組みが行われている。

 自然に分解されにくいプラスチックが大量に海に流出したり、燃やすことで温室効果ガスが発生したり、マイクロプラスチックが体内に取り込まれ蓄積されたりと、自然環境に悪影響を及ぼしているのだ。

 プラスチックの代替え素材が模索される中、「鮭(サケ)の精子から抽出したDNAを主原料とした環境にやさしいプラスチックが開発された。

 少々変わり種だが、普通のプラスチックと同じように使うことができる。それでいて、製造で排出される二酸化炭素が従来より圧倒的に少なく、自然に分解され、リサイクルも可能なバイオプラスチックなのだ。
子供のいる女性、いない女性のトラブル

 アメリカ在住の女性Redditユーザーの勤務先では、使わなかった年次有給休暇は翌年に加算され、更に、自分の有給休暇を同僚に譲ることも可能だ。

 だが、そのことが原因でモヤモヤしていることがあるという。女性は、3人の子供を持つ同僚女性から有給休暇を6日分譲ってほしいと頼まれた。

 その同僚は身内の死や病気で有給休暇のほとんどを使ってしまい、年内に2週間の旅行に行くだけの有給が残っていなかったのだ。

 この女性は一度は同僚に休暇を譲ることを断ったが、わだかまりがあるようで、『Am I The Asshole(私って嫌なやつ?)』に投稿し、皆に相談した。
チーズバーガーみたいな魚
 チーズバーガーを海に落として濡れちゃった感のあるこの物体はロシアの漁師、ローマン・フェドルソフ(RomanFedortsov)さんが捕ったものだ。

 ローマンさんと言えばトロール漁船で捕獲した様々な海の奇妙な生物をInstagramTwitterに投稿することで有名となった人物である。

 それにしても今回の獲物は実に面白奇妙で、多くのネットユーザーもローマンさんに釣られてしまったようだ。
lost kitten rescued cover_e
 動物好きの女性が、1匹の子猫と運命的な出会いをした。仕事帰りに路上でさまよっていた小さな野良の子猫を発見、しばらく様子を見ていたが母親の姿は見当たらない。

 このままでは車にひかれてしまうかもしれない。女性は、背負っていたリュックサックに子猫を入れ、自宅へと連れ帰った。
情報の取捨選択に3つの要因
 自分がどんなに興味を持っている事でも、他の人にとってはまったく興味がないどころか、その情報を知りたくないと思う人もいる。

 その情報が本人に関係するかどうかではない。関係があっても興味が持てないものは持てないのだ。人によって求める情報がこうも違うのはどうしてなのか?

 『Nature Communicaions』(21年12月3日付)に掲載された研究によると、人が情報を取捨選択するとき、3つの要因が関与しているという。

 それは「自分の感情にどのような影響を与えるか」「役に立つかどうか」「日頃から考えている事柄かどうか」の3つだ。どの基準で情報を選んでいるかは人によって異なるのだそうだ。

 だから大勢が関係する大切なメッセージがあったらば、それぞれのタイプにあった伝え方をすれば、効果的に伝えられると考えらえるそうだ。
ハゲ頭と猫
 まん丸でツルツルの大きなボール。そう認識してしまってもしかたがないのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。

 ベッドの上で眠っている男性のハゲ頭を隙あらば叩きにくる猫。猫はヒゲメンだけではなくスキンヘッドも相当好きなようだ。
スペインでムクドリの大量死
 スペイン北西部、フェロル市の病院近くで200羽ものムクドリの死骸が、突然空から落下し、歩道に雨のように降り注ぐという奇妙な出来事が起きた。

 ムクドリに一体何が起きているのか?フェロール市議会と当局がその原因を探るため、調査を開始したという。
bestpets20211205_7_640
 師走の最初の週末は、みんなどう過ごしているのかな。感染状況も落ち着いてきたしと、元気に外を歩き回った人も多かったかもしれないね。

 今回は先月あたりに話題になった動画をまとめてお届けするよ。マランダーで紹介したシーンも紛れ込んでいるみたいだけど、おさらい気分で楽しんでね。
最強のコイルガンがアメリカで販売開始"
 銃社会アメリカも極まってきているようだ。SF映画に登場するような本物の携帯型「コイルガン」が販売されたそうだ。

 未来の戦争を連想させる「GR-1 Anvil」には、銃に不可欠なはずの火薬が一切使われておらず、電磁石のコイルを使って弾丸が射出される。

 火薬の銃に比べれば、今のところ殺傷力はそれほど強力ではないが、市販されているコイルガンの中では最強の威力を誇るという。

 相手を無力化する非殺傷兵器として、警察などによる採用が期待されている。
洞窟の錯視画像
 ある形状のものが、普段からよく知っている別のものに見えてしまう心理現象は「パレイドリア」と呼ばれているが、上の画像は何に見えるだろうか?

 小さな画面で見るのと、大きな画面で見るのでも違ってくるかもしれないし、何でも大人ビジョン変換してしまいがちな私や、そこのあなたの場合にはアレに見えるはずだ。

 事実、海外の大人ビジョンの持ち主がざわめきだっていたため話題となっていたのだから、自分だけじゃなくてよかったとほっとフルフラットな胸をなでおろし下腹部にいたるのであった。
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING