北朝鮮の少年ら、韓国映画を配信した罪で公開処刑
 中国との国境に位置する北朝鮮のヘサン(恵山)市で、去年10月に10代の若者2人が公開処刑されていたことが明らかになった。

 2人は、韓国映画やドラマを視聴し、それを配信したことで捕らえられたようだ。

 韓国や米国などの「敵対国」からの文化財の消費や輸入を禁止している北朝鮮では、若者が退廃的で反革命的と見なされている海外の文化に影響を受けることを懸念している。

 最近では取り締まりを更に強化することが国民に通達されていたという。
ADVERTISING
セラピー犬が不測の事態に対応
 ゴールデン・レトリバーは、フレンドリーで温和な性格で、聡明で探求心があり、俊敏な行動と強い忠誠心を持っていることでも知られている。

 アメリカのテキサス州にある消防署には、ゴールデン・レトリバーをセラピー犬として、地域住民の火災安全指導の時に活躍してもらっている。

 ところがこの犬は、教えていないのに、緊急事態に見事に対応してくれた。

 ビルに閉じ込められてしまった消防士である飼い主を救い出してくれたのだ。
スポンサードリンク
コウモリのデスボイス
 どうやらコウモリはメタラーなのかもしれない。デスメタルのデスボイスで仲間とコミュニケーションしているようだ。

 新しい研究によると、コウモリはデスメタルのボーカリストと同じように喉を振動させて唸り声のような低音を出しているのだそうだ。

 コウモリがデスボイスで何をシャウトしているのかは今のところ不明だ。

 それでもデスボイスの低音からエコーローケーションの超音波まで、コウモリが人間の歌手顔負けの広い音域の持ち主であることがうかがえる事実だ。
ハープの音色に酔いしれる音楽好きな犬

 飼い主が犬を散歩させていたところ、ある家のフェンスの前で犬が立ち止まった。フェンスの向こう側では男性がハープを奏でていた。

 犬はその音色に耳を傾けていたのだ。二足立ちになって一番よく聞こえる場所で、途中拍手代わりにワンワンと声援を送りながら、うっとりと演奏に聞き入っていたようだ。
古代エジプトのミイラは遺体保存が目的ではない
 古代エジプトのミイラは、遺体を死後も保存するためのものと長い間信じられてきた。ところが、それは間違いだったことがわかったという。

 そうではなく、手の込んだ埋葬技術によって死者を神性へと導くための処置であったことが示されている。

 イギリス、マンチェスター大学博物館では、来年始めに開催される「エジプトの黄金のミイラ」展の準備の一環として、一般的に信じられている"誤解"についてとりあげている。

 ミイラ化の目的についてのこの新たな解釈は、ミイラについて学生たちに教えられていることを根本的にひっくり返すものだ。
20221206_135950_batch
 誰にでも勘違いや思い込みはあるんだって! だからそれでやらかしても、たいていの場合はテヘペロで誤魔化せばいいと思うんだよ。今日は愛犬が、「窓が閉まってるじゃないか!」と思い込んでしまった結果、こんな映像が全世界に公開されてしまったわけなんだ。
世界的に盛んな魔術信仰
 世界14万人以上を対象とした対規模調査によると、我々が思っている以上に、魔術への信仰が盛んであることが明らかになったという。

 もちろんその状況は地域によって大きく違う。だが、調査結果によるなら、95か国で約10億人が魔術を信じていることになる。

 しかも、魔術信仰について口にしたがらない人がいるだろうことを考えると、実際はもっと多いだろうことが推測されている。
老人ホームにクリスマスプレゼント
 アメリカ・ペンシルベニア州で、クリスマスシーズンになると、介護施設や老人ホームなどを訪問して、入居者たちにぬいぐるみをプレゼントしている女性がいる。

 人にやさしくするとそれが伝播し、また誰かからそのやさしさが返ってくる「恩送り」を信じているという女性は、2009年から毎年この訪問を続けている。

 ぬいぐるみは多くの場所からたくさん寄付され、それを手渡された施設の入居者たちは笑顔で受け取り、とても喜んでくれるそうだ。

 いくつになってもクリスマスプレゼントは心躍るものなのだ。
立ち退きに拒否した男性3人に死刑宣告
 サウジアラビアで進められる未来都市計画「NEOM」は、全長170kmにも及ぶ長い鏡張りのメガシティを砂漠の中に作り上げるというもので、前回カラパイアでもお伝えしている。

 その建設予定地で暮らす先住民3名が、立ち退きを拒否したことから死刑を宣告されたそうだ。

 英国に拠点を置く人権団体「ALQST」によると、10月2日、サウジアラビアの特別法廷でハウェイタット族(Howeitat)の男性3人に死刑判決が下された。

 彼らは、5000億ドル(約68兆円)の巨額の予算が投じられるメガプロジェクトの建設予定地からの立ち退きに抗議して、2020年に逮捕されていた。
マウナロア火山が38年ぶりに噴火
 11月27日に、世界最大の活火山として知られている、ハワイの「マウナロア火山」が38年ぶりに目覚めたようだ。

 数日前から地震活動が頻発し、その兆しはみられていたのだが、1984年以来となる噴火がついに起きたのだ。

 マウナロア火山の活動はライブカメラで24時間休みなく撮影されYoutubeで配信されている。激しく噴き出す溶岩の輝きや独特な流れを見ることができる。
世界最高齢のカメの190歳の誕生パーティー
 アフリカ西海岸沖に浮かぶ島、セントヘレナ島に住むセイシェルゾウガメのジョナサンの190歳を祝う誕生パーティーが、12月4日に行われた。

 ジョナサンは、すでに今年1月、存命中最高齢の陸生動物として「ギネス記録を更新」していたが、正確な誕生日がわからないため、セントヘレナ島の知事が、12月4日と決めたようだ。

 ジョナサンが生まれたのは1832年とされており、日本で言うと江戸時代の天保3年だ。実際には200歳という説もあるようだが、目まぐるしく変わる地球の姿を一番長く見ている生き証人だ。
ピアノは脳と心に効くとする研究結果
 英バース大学の研究チームによると、ピアノを演奏すると、脳の多感覚的処理能力がアップするほか、憂鬱な気分も晴れるのだそうだ。

 この研究は学術誌『Scientific Reports』(2022年11月22日付)で報告されたもの。

 週1時間のピアノレッスンを11週間にわたり受けた初心者は、音と耳による認識力が大幅に向上し、ついでにうつ・不安・ストレスまで軽減することが確認されている。

 研究チームによれば、大人の初心者であっても、楽器を演奏することで脳にプラスの作用がある証拠であるそうだ。
12月8日は満月と火星、12月14日はふたご座流星群が極大に
 泣いても笑っても恨んでもほくそ笑んでも、2022年の満月は残すところあと1回だ。今年最後のカラパイア満月速報のお時間です。

 更に今回の満月時、火星が「衝」を迎え月に接近する。そのため、月に近くで赤っぽく光り輝く火星を見ることができるチャンス到来だ。

 そして12月の天体イベントは他にもある。12月14日は3大流星群の1つ、「ふたご座流星群」が極大を迎える時期でもある。

 12月のイベントはクリスマスだけないのだ。月に代わっておしおきしてくるのは、火星人かもしれないし、流星軍の光の連打なのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。
宝の隠し場所。猫コレクション
 猫の中にはコレクター気質をもつ個体が存在する。彼らはお気に入りのブツを、せっせと自分の決めた隠し場所にしまい込んでいく。

 お気に入りのアイテムはヘアゴムとかボトルキャップなどの小物類が多く、人間の目の届かないところに収集していくため、大掃除をしている最中に、「こんなところにこんなものがこんなに大量に!」ってのが猫飼いあるあるだ。

 ということで、ここでは冷蔵庫の下やソファの下など、猫が収集していたコレクションを猫とともに見ていくことにしよう。
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING