43万年前、南極で巨大隕石が空中爆発していたことが判明
photo by iStock

今から43万年前、南極上空で隕石が爆発した。クレーターは残らなかった。だが尋常な爆発ではなかった。その威力は、1908年にシベリアで起きた「ツングースカ大爆発」を上回っただろうという。

 『Science Advances』(3月31日付)に掲載された研究によれば、その証拠となる小さな粒子が南極の氷の中から発見された。それは爆発で溶け、氷と混ざって再び固まった隕石の残骸だ。
スポンサードリンク

ツングースカ大爆発よりも強力な空中爆発


 地球に衝突してクレーターを残す隕石はかなり珍しいが、空中で爆発するものならそうでもない。そうしたものを「火球」といい、NASAには1988年から現在まででおよそ860件のそれが記録されている。

 最近のものなら、2013年に観測されたチェリャビンスク火球や、2018年のカムチャツカ沖の隕石が有名だろう。これクラスの火球なら100年に数度は飛来する。

 また1908年には、3メガトンを超える威力の爆発があった。「ツングースカ大爆発」と知られるこの空中爆発では、2150平方キロの範囲の森林が完全に吹き飛ばされている。

 ツングースカ大爆発よりも強力な空中爆発は珍しいが、それでも地球の歴史を通じて見てみれば、地表に落下してクレーターを残した隕石よりは一般的だったと考えられている。

 ただそうした隕石はクレーターを残さないので、見つけることが難しい。そのためどのくらい一般的だったのかはよく分からない。

南極上空で爆発
photo by Pixabay

43万の空中爆発の名残となる粒子を発見


 今回、その手がかりとなる、爆発の最中に溶けて再び固まった隕石の球形の粒子17個が、東南極ドロンニング・モード・ランドのセールロンダーネ山地で発見された。

 最大のものでも0.5ミリしかない、一見何の変哲もない粒だが、電子顕微鏡の分析からは「凝集小球(condensation spherule)」という火球に由来するものであることが判明している。

 その大半は、ニッケルを含有する鉄とかんらん石で構成されている。これは「パラサイト」という希少な隕石のそれと一致するために、粒子の起源が宇宙であることが分かる。

 また酸素の同位体「酸素18」が少ないことも明らかになった。じつは南極ではほかにも48万〜43万年前のものとされる凝集小球が見つかっているのだが、それらにも同じ特徴がある。

 このことは、それらが43万年前に同じ隕石の爆発によって作られたことを示唆している。

 爆発自体を推測する手がかりもある。それは凝集小球がただの空中爆発でできることは珍しく、普通ならクレーターをともなうということだ。

 しかし今回の調査で、南極の粒子と関係がありそうなクレーターは見つかっていない。くわえて粒子は広い範囲で発見されている。

 こうしたことから、凝集小球は尋常ではない強力な空中爆発によって作られたのだろうと推測することができる。


隕石の粒子のサンプル:Some of my favorite micrometeorites

大気の圧力によって内部から破裂


 隕石が爆発したメカニズムが断定されたわけではないが、およそ次のようなプロセスだと推測されている。

 まず大気に突入した隕石の前方で圧力が高まり、それが亀裂に進入。やがて内側で圧力が高まって、隕石を木っ端微塵に吹き飛ばす。

 またこのときの熱によって欠片が蒸発して、地上へとばら撒かれる。それらは南極の氷と混ざりながら、またも冷えて固まる。酸素18は、極地の氷や水などの温度が低いところでは濃度が低くなる。凝集小球のそれが少なかったのはこのためだ。

 「南極上空なら人類の活動を脅かすようなことはないでしょうが、もし人口が密集した地域の上空で起きたのなら何百万人という犠牲者が出て、数百キロ離れたところまで大きな被害がもたらされたことでしょう」と、研究の中心人物である英ケント大学のマティアス・ファン・ヒネケン氏は語る。

meteor-3127290_640
photo by Pixabay

深海の堆積物にも隕石の痕跡が?


 なお南極の氷は地表の9パーセントしかおおっていない。こうした地球に落下した隕石の歴史を紐解くには、今後海底の堆積物といったさまざまな場所を調査するべきだろうとヒネケン氏は話している。

 「今回の研究結果は、深海の堆積物コアでこうした現象を捜索することが有効であると証明しているかもしれません。プルームが陸塊にまで届くのなら、堆積物がそれを記録しているでしょう」

References:New study discovers ancient meteoritic impact over Antarctica 430,000 years ago/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
本当に隕石が爆発したのか?ロシアで起きたツングースカ大爆発の謎を追う


3700年前に飛来した隕石(もしくは彗星)の空中爆発で中東の一部が吹き飛んでいた可能性(ヨルダン)


トルコやアルメニア上空で発光物体が空中爆発。その正体は!?


1万2800年前、彗星の爆発で滅亡した古代の村。それは農業の始まりとも関係がある可能性(シリア)


爆音が2度鳴り響き、隕石の雨が降る。キューバ上空で流星爆発か?

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
4231 points
前脚を失った犬は歩くことをあきらめなかった。自ら後ろ脚で歩くことを覚え、毎日を全力で楽しんでいる

前脚を失った犬は歩くことをあきらめなかった。自ら後ろ脚で歩くことを覚え、毎日を全力で楽しんでいる

2021年4月18日
1574048125
2位
4185 points
怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)

怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)

2021年4月15日
924068124
3位
3886 points
個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

2021年4月13日
4位
3493 points
女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査)

女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査)

2021年4月17日
5位
2738 points
鎮まれ…俺の右手…!中二病を発症した猫のフィギュアがカプセルトイに登場「厨二猫(ちゅうにびょう)」

鎮まれ…俺の右手…!中二病を発症した猫のフィギュアがカプセルトイに登場「厨二猫(ちゅうにびょう)」

2021年4月19日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年04月09日 00:59
  • ID:iP9073Oz0 #

まだ人類がホモ・エレクトスだった時代だよね
ご先祖さまたちは大変な時代を生き抜いてきたんだなぁ
ちょっと見てみたい気持ちもある

2

2. 匿名処理班

  • 2021年04月09日 07:49
  • ID:tbRQdvt20 #

パラサイト (鉱物) -ってPallasiteって綴りなんだね。寄生のParasiteとは違う。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年04月09日 10:49
  • ID:YgTUwNOK0 #

ノルウェー調査隊「氷の中からすごいもの見付けた」

4

4. 匿名処理班

  • 2021年04月09日 13:59
  • ID:hWQMmPhW0 #

>>3
同化しちゃうやべーやつじゃないですかやだー!

5

5. 匿名処理班

  • 2021年04月09日 14:05
  • ID:hWQMmPhW0 #

緻密な調査で明らかになる過去の大事件
うーんロマンだ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク