宝物を手放し家族を養った父親に娘が30年後の恩返し
 生活が苦しかった子供時代を過ごした人の中には、家族が生き延びていくために親が大切にしているものを売るのを目にすることもあったかもしれない。

 アメリカ・ミシシッピ州に住むある父親は、家族を助けるためにとても大切にしていた宝物を手放した。

 それがどれほど辛かったかは、幼い少女にも理解できた。30年後、大人になった娘は父親が当時手放した宝物を見つけて購入した。

 それを去年のクリスマスプレゼントに渡したところ、父は涙を目に浮かべて感動したという。

宝物のコレクターズ・アイテムを30年前に手放した父親

 テネシー州ナッシュビルに住むリンジー・ムーアさんは、7歳のときに父親のテッドさんが家族を養うために宝物にしていたコレクターズ・アイテムを売った日のことを鮮明に覚えていた。

 それは、ダン・マリーノ元選手がNFL(プロアメリカンフットボールリーグ)チーム「マイアミ・ドルフィンズ」に入団した最初のシーズンのルーキーカードで、トレーディングカードの中で最も価値が高いとされるものだった。
dad5_e
 リンジーさんの記憶では、そのルーキーカードは父親の大事な宝物だったのだが、父親が自分と弟を置いて1人で漫画喫茶に入ったのをリンジーさんは見ていた。

 自分たちのために、お父さんは一番大事にしている物を売ったんだ…その思いはリンジーさんの中から30年間消えることはなかった。

サプライズでルーキーカードをクリスマスにプレゼント

 去年の11月、リンジーさんは父親へのとっておきのクリスマスプレゼントを思い付いた。

 30年前にテッドさんが手放したあのルーキーカードを見つけて、もう一度父に返そうと思ったのだ。

 そして、テッドさんの宝物を見つけることに成功し、クリスマスにサプライズでプレゼントした。

 そのときの光景がシェアされたTikTokの動画では、リンジーさんの父親がクリスマス・バッグを手にし、カードを読もうとしている。
dad1_e
 だが、文字が小さかったのか「読めないよ」と言ったため、隣に座るリンジーさんの母親が代わりに読み上げた。
dad6_e
あのとき、私たち家族にはじゅうぶんなお金がなかった。だからお父さんは一番大事なものを売りました。

私はあなたの家族への献身的な愛を感じました。そして、将来自分の家族が何も困らないように必要なことは何でもしなくちゃならないということを教えられました。

あの瞬間、お父さんが余分な現金を持って車に戻ってきたとき、私の7歳の心はいつかお父さんにカードを買い戻したいと決定したのです。

お父さんは私により大きな善の価値を教えてくれました。以来、この教訓は私の胸にこびりついています。

娘の愛情あふれる言葉とプレゼントに涙する父

 7歳のリンジーさんは、子供ながらに「いつかお父さんに恩返しをしたい」と思ったのだろう。

 その思いは30年間抱き続けられてきた。そしてついに去年、リンジーさんはテッドさんのシークレット・サンタになった。
お父さん、私たちは当時の恩を完全に返すことは決してできないでしょう。

でも7歳の私は、自分自身と交わした約束をついに果たすことができたと、とても喜んでいると思います。本当にありがとう。
 リンジーさんの感謝が綴られた言葉を読み上げられたテッドさんは、胸が熱くなったようだ。
dad3_e
 眼鏡をはずして、浮かぶ涙をぬぐう姿が動画に映し出されている。  動画には、「シークレット・サンタが父にプレゼント。このために30年待っていた」というキャプションが埋め込まれてある。

 テッドさんが小さなギフトバッグを開けると、案の定それは30年前に自身が売ったのと同じ大切なカードだった。

 立ち上がったテッドさんは、リンジーさんがいるテーブルの方へ行き、リンジーさんと強くハグを交わした。
dad4_e
 テッドさんにとって、カードを再び得たことが一番うれしいのではない。

 リンジーさんが、幼いながらも自分が家族のために一生懸命していたということを、ちゃんと理解し、感謝してくれていたということがうれしかったのだ。

 リンジーさんからテッドさんへのギフトは、まさにプライスレスなものだった。

 テッドさんの宝物だったのと同じカードを、リンジーさんがいくらで手に入れることができたのかは不明だが、相当高かったに違いない。

 ちなみに、ダン・マリーノ元選手の1984年のルーキーカードは非常にすぐれた状態でオークションサイトeBayに出品されていて、現在3万ドル(約430万円)の値がついているそうだ。

References:Daughter Surprises Dad by Buying Back Football Card He Sold 30 Years Ago/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
少年の誕生日に今は亡き父からのプレゼント。ずっと欲しかった犬を抱きながら涙(アメリカ)


見知らぬ人のやさしさが心にしみる、おもちゃ屋で予期せぬギフトカードをもらった母親が感動をシェア


やさしい世界。亡くなる前に14年分のクリスマスプレゼントを隣人少女に用意していたおじいさん


Amazon配達員が、がん患者を励ますために花とメッセージを無料配達、その思いやりはプライスレス(アメリカ)


フードデリバリーの配達員、配達を頼まれたケーキを取りに行ったところ、見知らぬ客からプレゼントだった。おもわず涙

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年01月22日 15:20
  • ID:9LHEV3tl0 #
2

2.

  • 2024年01月22日 15:37
  • ID:h5jYsdKa0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 16:07
  • ID:gp9Ixyqa0 #

だめだ
歳のせいか涙腺が

4

4.

  • 2024年01月22日 16:08
  • ID:13fMmYjl0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 16:54
  • ID:8m7Ox9k40 #

子は親に感謝を抱き、親は子に誇りを抱く
そんな光景が親子の日常であってほしいな

6

6. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 17:45
  • ID:JgEpaM4N0 #

子は親の後ろ姿を見て育つ

7

7. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 19:03
  • ID:jX8ZhrO10 #

泣かせるない!
グスッ

幸せにな…

8

8. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 20:40
  • ID:2PczfYDX0 #

いい話だ〜って思ったけどカードの値段が思いのほか高くて、娘、大丈夫か?!ってなった

9

9. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 21:33
  • ID:Fj7uZvbJ0 #

30年前はこのカードも今の価格よりはだいぶ安かったんかな
こないだ25年前の雑誌読んだら
今現在10万〜30万のカードが通販価格2千円で載ってた

10

10. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 23:32
  • ID:7Y7uo.ET0 #

親父が学費稼ぐために趣味で自慢のでっかい車売って、中古の軽に変えたの見てるんでマジ泣きしてもうた
あの寂しそうな背中見たらもう口答えとかわがまま言えない
思えば親子関係のターニングポイントだったかも

11

11.

  • 2024年01月23日 03:45
  • ID:tFGZijIx0 #
12

12.

  • 2024年01月23日 04:03
  • ID:B.ofb.MN0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2024年01月23日 21:42
  • ID:U6wZD8Q90 #

思い出に金をだせる程の収入をえる事ができるようになったので父親へのプレゼントとなったのだろうな。
父親も最初見た時には、ん、なんだコレみたいな感じだったけど付いてた手紙の内容に感動してるよね。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links