古代マヤの巨大都市がメキシコのジャングルの中で発見される
 メキシコの考古学者たちが、LiDAR技術(レーザー光による検知と測距)を搭載したドローンを使って、ユカタン半島の大規模な調査を行ったところ、忘れられていた古代都市を特定する驚くべき発見をした。

 メキシコ、カンペチェ州のバラムク生態保護区の奥深くのジャングルの中には、ピラミッド、球技場、精巧な造りの石柱の存在によって判明した、神聖な空間が存在したのだ。

 この忘れられたマヤの都市は、ユカテク族のマヤ語で石の柱を意味する「オコムトゥン」と名づけられた。

西暦250年に誕生した失われた古代マヤの都市「オコムトゥン」

 メキシコ国立人類学歴史研究所(INAH)が、ジャングルの中に閉ざされた、古代マヤの都市を特定したと発表した。

 メキシコ南部の奥深くで、これまで忘れ去られていたこの古代都市には、巨大なピラミッド、石の柱、立派な建物のある3つの広場、同心円状に配置された神聖な石の建造物などがあった。

 この都市は、メキシコ、カンペチェ州、ユカタン半島のバラムク生態保護地区内のジャングルにあった。

 この忘れられたマヤの都市は、ユカテク族のマヤ語で石の柱を意味する「オコムトゥン」と名づけられた。

 西暦250年から1000年の間、おそらくこの都市は、半島の中央低地地区全体にとって、マヤ文明の重要な中心地だったのではないかと考えられている。
3_e0
忘れられたマヤの都市で発見された石の祭壇 / image credit:Ivan Ṡprajc / INAH

都市として完璧に機能していたマヤの都市

 2023年3月に、バラムク保護区にある地図にもない広大なジャングルを上空からドローンを使い、LiDAR技術で探索していたときに、この忘れられた都市を発見したと、語るのは主任考古学者のイヴァン・スプレイク氏だ。

 驚くほど多様な生物が生息するこの保護区には、豊かな森林、深いセノーテ、広大な湿地など、繊細な生態系が守られている。

 オコムトゥン遺跡は、広さおよそ2586平方キロメートル、ルクセンブルクよりも広く、ほかのマヤ文明の集落と同様、広大な湿地を見下ろす高台に位置しているという。
8_e
オコムトゥンでは、入口に続く石段のある建物など、いくつかの建造物の痕跡も発見されている / image credit:Ivan Ṡprajc / INAH

 オコムトゥンにはかつて、15メートルの高さのピラミッド型構造物と、スペイン征服以前に使われていた球技場があった。

 儀式的、宗教的に意義のある要素を組み合わせたこうしたスポーツは、マヤやアステカのような古代文明ではさかんに行われていた。

 選手たちは、腰だけを使ってゴムでできたボールを石の輪の中に飛ばし、宇宙の戦いと豊穣の儀式を表していた。

 このゲームは、文化的に重要だったので、神話の中心であり、神に人間の生贄を捧げる手段としても機能していた。

 ラ・リグーニャ川近くで見つかった一連の中央祭壇は、地域社会の儀式のために作られた可能性があるという。

 この場所がオコムトゥンと名づけられるきっかけとなった、円柱形の石柱は、建物の上階にある部屋への入口だったのかもしれない。

 スプレイクによると、この都市は西暦800年から1000年の間に、大幅に再建しなおされたらしいという。
5_e
このマヤの古代都市では、たくさんの石柱が発見されている / image credit:Ivan Ṡprajc / INAH

川を中心に栄、マヤ文明とともに滅びる

 ラ・リグーニャ川は、この地域の美しい風景の中を流れている。およそ110kmに及ぶこの川は、緑豊かな森林、農地、美しい町の間を曲がりくねって続いている。

 マヤ時代には、この川は周辺地域に大切な水資源をもたらし、農業、漁業、交通を支えていたたため、文化的にも実用的にも、とても重要な意味をもっていた。
6_e0
失われた都市で見つかった彫刻が施された石 / image credit:Ivan Ṡprajc / INAH

 同時に重要なのは、川の岸辺での生活だった。人々はカヌーで川を行き来して物を交換し、にぎやかな交易のルートとなっていた。

 この川は、あらゆる意味で、周辺地域と主要都市を結び、日常生活を支えるライフラインだった。

 残っている証拠からは、忘れられたこのマヤの都市が、低地マヤ文明が崩壊した、西暦800年から1000年の間に衰退期に入っていったことがうかがえる。

 10世紀の低地マヤ文明の崩壊には、さまざまな議論があり、考古学者たちは、環境の悪化、政情不安、戦争、交易網の衰退など、さまざまな要素を指摘している。

 これらすべてが、オコムトゥンの崩壊の原因になった可能性がもっとも高いが、今後のさらなる発掘が、この歴史ミステリーの解明に役立つことだろう。


追記:(2023/06/27)本文を一部訂正して再送します。
References:Descubren antigua ciudad maya en Campeche; la nombran Ocomtun, “columna de piedra” / Huge Lost Maya City Has Emerged From the Jungle in Mexico | Ancient Origins / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
マヤ文明時代に作られた都市へとつなぐ長さ100kmもの白い道、最新のレーダー技術で明らかに


古代マヤには農地の巨大なネットワークが構築されていた。最新のライダー走査技術で明らかに


マヤ文明最大にして最古の遺跡が発見される。考古学史が覆る可能性も(メキシコ研究)


マヤ文明最大にして最古の遺跡が発見される。考古学史が覆る可能性も(メキシコ研究)


失われた古代都市、カホキヤの遺跡に残された排泄物から明らかになったこと(アメリカ)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年06月26日 20:20
  • ID:RynwhGUf0 #

突然

>>選手たちは、腰だけを使ってゴムでできたボールを石の輪の中に飛ばし、宇宙の戦いと豊穣の儀式を表していた。

という説明が出てきたけど、この説明は、何を根拠に説明しているんだろうか?
「腰だけを使って」とかゴムボールとか、「宇宙の戦い」とか突然でてきてるけど、その根拠となるもの一切示していないから、僕の妄想ですってことかな?

2

2.

  • 2023年06月26日 20:24
  • ID:mGEMCWoa0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2023年06月26日 20:40
  • ID:X.xV8hV50 #

20世紀だった頃はなにかにつけ「20世紀最大の発見 ! 」とか言ってたが、21世紀になってからは「21世紀最大の発見」とは言わなくなったな

4

4. 匿名処理班 

  • 2023年06月26日 22:13
  • ID:5IfXeKrs0 #

やっと見つかった
待ってたよ

5

5. 匿名処理班

  • 2023年06月26日 23:01
  • ID:WIOYL.E80 #

これの捜索の元がマチュ・ピチュやメキシコピラミッドの範囲に生活感が無いからどうしてなんだろうて疑問なんだってね
エジプトとかのように神聖な場所にしても建設する間にどこから集まったんだろうかからの推測なんだと

6

6. 匿名処理班

  • 2023年06月26日 23:14
  • ID:1vXVmWYb0 #

>>3
そりゃ、21世紀に入って年数が浅いうちは
何でもかんでも「21世紀最大の発見」だから、
宣伝文句にもならないのでは。

7

7. 匿名処理班

  • 2023年06月26日 23:27
  • ID:1vXVmWYb0 #

>>1
スペインの征服後も
その影響があまり浸透していなかった地域では、
今に至るまで類似の球技が続いているそうだけど。

古代遺跡の石彫刻にも、腰に防具をつけ
重量級の大玉を飛ばしている選手の絵がある。

宗教観との関連については、先住民の神話を書き取った
スペイン人宣教師の手記などがある。
そして、独自宗教の儀式と結び付いた神事だからこそ、
スペイン人のカトリック教徒が禁止の圧力を掛けた。

8

8. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 01:00
  • ID:2kUFSgSx0 #

>>1
これやね。

古代都市「チチェン・イッツァ」でマヤ文明時代の球技に関して刻まれた円盤型のボードが発見される
https://karapaia.com/archives/52322098.html

9

9. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 02:03
  • ID:bSWAMK8F0 #

×「LIDAR」→〇「LiDAR」(iは小文字)
×「マヤ文明のの重要な中心地」→〇「マヤ文明の重要な中心地」(のが重複している)

10

10. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 06:48
  • ID:J.R6aW0f0 #

十数年前からLIDARで発見される遺跡が多くなったけど、発掘が間に合うんだろうか。後回しにされてる場所が多いのかな。

11

11. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 09:20
  • ID:wrStYyk90 #

一報、日本では・・
巨大化した林マヤが発見される。

12

12. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 10:23
  • ID:2LBtEel70 #

マヤ文明って「滅亡の謎」が多いんだよね
王位継承とかの記述とかは石碑に書かれてるので
物凄い正確なレベル、それこそ西暦の何月何日までわかる
なのに滅亡の原因が謎なんだよ。
複数の都市で同じなんだよこれが
食料危機が起きたのか
はたまた疫病か
侵略戦争か
謎が多いんだ

13

13. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 10:57
  • ID:Gy8BHcvv0 #

>>5
マチュ・ピチュ:インカ文明。1440年頃に建設。1533年にスペインに征服されるまでの約80年間使用される。インカ文明も文字を持たない文明がゆえに、詳細な存在理由は不明
テオティワカン:テオティワカン文明(紀元前2世紀から6世紀)の遺跡。衰退の原因は複数感がられるが7世紀前後に廃墟となる。その後12世紀前後に後からやって来たアステカ人(メソアメリカ文明の一つ)が崇拝の対象として大事にする。こちらもスペインによる征服により終了

人がいないわけではない。征服民により人がいる理由がなくなったことが大きい
とくにキリスト教への教化による影響もデカい
また、環境変化や異民族の流入などにより放棄されて人がいなくなる都市は世界的に多いので珍しくもない

14

14. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 11:02
  • ID:Ucra.tAU0 #

沿岸部より暮らしにくいはずだろうになあ。
こういう奥地の都市ってあるんだよなあ。

15

15. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 12:17
  • ID:b7EngZza0 #

>>12
何も記録することができず、生存者や話を聞いた人が後に何かを作ることもなかった程あっという間で完全な滅亡だったんだろうね
なんて言ってどこかから石碑がゴロゴロ出てきたりして
生きてるうちに知りたいなあ

16

16. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 12:29
  • ID:Z9rUqwJ50 #

>>11
最終回に対する期待は巨大化する一方だよなぁ・・・

17

17. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 13:24
  • ID:Gy8BHcvv0 #

>>15
マヤ文明って複数の「期間」に分類されて話される事が多いので、古典期(最盛期)と言われるマヤ文明の衰退は複数説が考えられるが、マヤ文明の大枠自体は継承されていたりする
そしてマヤ文字が記された"絵文書"などが存在していたことは確認できるが、これを「禁書」として焼き尽くしたのがスペイン人の宣教師
よって文献は現在数点しか存続していないため、歴史が記録できないではなくて、記録はほぼ全て燃やされた方が正しい

あと関係ないけど長期に栄えた中部アメリカの諸文明と比較して、インカを含む南部アメリカのアンデス文明では文字が未発達(キープと呼ばれる文字の前段階はあった)だったのは面白い
距離的に千キロ以上離れているし、天然の要害が地域を分断しているのもあるけど

18

18. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 14:13
  • ID:.pwit2ar0 #

>>17
やっぱり焚書ってのはよくないことですね。
私は死亡率の高い疫病であっという間に全員死亡かと思いましたわ。
ほんと、地球上で唯一の意思で記録をできる生き物なのに記録を消しちゃうなんて重罪だと思います。

19

19. 匿名処理班

  • 2023年06月27日 19:43
  • ID:do31Os3L0 #

全然詳しくないけどマヤ文字ってのがあるみたいだね
文字資料出てきて今まで知られてなかった歴史や神話が新たに判明したりするのかな?

20

20.

  • 2023年06月30日 00:09
  • ID:HTq0yj1X0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2023年07月05日 17:05
  • ID:z5t9BVD10 #

古代メキシコ展でも、まだまだ遺跡の発掘されてない場所が多いって書いてあったな
腰だけを使ってゴムでできたボールを〜のスポーツの道具と選手の土偶もあって面白かった

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links