遺伝子編集でマウスの男女産み分けに100%成功mice-g49e946377_640
 遺伝子編集技術を応用して、マウスの完璧なオス・メスの産み分けに成功したそうだ。

 研究実験では、オスのみ、メスのみのマウスが必要とされることがあるが、この技術により何十万匹もの不要なマウスを廃棄処分しなくてすむようになる。

 また、他の種の性別の産み分けが可能になれば、畜産業界などでも有効活用できるかもしれない。
広告

遺伝子編集ツールを利用したオス・メス産み分け

 英フランシス・クリック研究所とケント大学のグループが考案したのは、DNAを切って遺伝子に手を加えることができる編集ツール「CRISPR-Cas9」の頭の冴えた使い方だ。

 CRISPR-Cas9は、「Cas9酵素」と「ガイドRNA」の2つのパーツで構成されている。

 Cas9酵素は、DNAを切断するいわばナイフとしての役割がある。他方ガイドRNAは、Cas9酵素を適切な位置まで連れていく道案内役だ。

 研究グループが考案したのは、CRISPR-Cas9を半分にして、片方を父親のX染色体かY染色体のいずれかに乗せ、もう片方を母親のX染色体に乗せてやるという方法だ。

 たとえば父親のY染色体と母親のX染色体に、半分に分けたパーツを乗せたとする。

 すると父親の精子と卵子が受精し、そのときの性染色体がXYだった場合のみ、CRISPR-Cas9が発動するようになる。

 発動すれば、DNAの複製・修復を担っている遺伝子(Top1遺伝子)を切断し、受精卵がそれ以上発達できなくしてしまう。

 生まれる子供の性別は、父親と母親それぞれから1つずつもらう性染色体で決まる。XYをもらえばオス、XXならメスになる。

 だからXYでCRISPR-Cas9が発動するようにしてやれば、オスが生まれなくなる。反対に父親のX染色体にパーツを乗せれば、XXで発動し、メスが生まれなくなる。
iStock-893434206
photo by iStock

産み分けの成功率100%、しかも出産数は減らない

 研究グループがこの方法をマウスで試したところ、100%性別の産み分けに成功したと、『Nature Communications』(21年12月3日付)で報告している。

 意外なことに、片方の性別が生まれなくなっても、生まれてくる子供の数が半減したりはしなかったという。確かに減りはしたが、それでも元の61〜72%はきちんと生まれたのだ。

 研究グループの推測によると、マウスのような動物は、体の中で必要以上に多くの卵子を作っていることが原因であるという。

 これは、発達初期に受精卵がダメになっても子供の数が減らないようにする、保険のようなメカニズムだと考えられている。

 また、家畜などを飼育するうえで、性別に多少の偏りがあっても問題ないということでもある。

 さらに生き残った子孫は、遺伝子編集による有害な影響が一切なかったそうだ。
iStock-910828614
photo by iStock

マウス以外の動物への応用に期待

 今回標的にされたTop1遺伝子は、どの哺乳類にも備わっているものだ。だから、マウスだけでなく、他の動物でも生み分けができると期待されるそうだ。

 特に畜産業界では、牛など、オスよりメスのほうが需要が高い動物は多いため、産み分けできる技術が求められている。

 また、哺乳類ではないが、鳥類のニワトリのオスは卵を産まないためにすぐに殺処分されてしまう辛い現実がある。ニワトリにも産み分けさせることができれば、倫理的な畜産業を実現するための選択肢になり得ることだろう。

References:CRISPR-Cas9 effectors facilitate generation of single-sex litters and sex-specific phenotypes | Nature Communications / Gene-editing used to create single sex mice litters | Crick / New gene-editing technology creates single-sex mice / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
若返りのタンパク質でマウスの寿命を23%延ばすことに成功。数年後には人間に応用できる可能性

遺伝子編集で唐辛子のようにピリっと辛いトマトを作り出す試み(ブラジル・アイルランド共同研究)

世界初、ドイツでオスのヒヨコの大量殺処分が禁止に。2022年より実施

もうオスを殺さなくていい。孵化する前にヒヨコの性別を鑑定する画期的方法が考案される(ドイツ)

メス×メス、オス×オス。同性のマウスカップルから赤ちゃんを誕生させることに成功(中国)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 08:47
  • ID:wAookge50 #

宮内庁👂

2

2. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 08:50
  • ID:znJIvVke0 #

精子の遠心分離はラットだと量が少なくて難しいんだろうな。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 09:32
  • ID:xTlx.4GV0 #

キャビアで有名なチョウザメだと全部メス化で卵取り放題な
養殖に成功したみたいだね
そのため自然界では全滅の危機あるチョウザメの保護と
いつでもキャビア食えるようになった

4

4. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 09:37
  • ID:EaZYlT.30 #

早く人間にも適用できる技術水準になってほしいものだけど、なんだかんだで人権主義者()たちが騒いで結局法的に禁止されそうな気がする。
自然に任せて産んだ挙句に不要の烙印を押されるよりも、事前にコントロールする方が遥かに人道的なんだがねぇ。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 09:49
  • ID:MMfCZorb0 #

産まれてくる子供には母親由来のCRISPR-Cas9の半分が残ってるんだから時限爆弾じゃん

6

6. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 10:16
  • ID:zq5Cj1VX0 #

やっぱり人間への応用・・デザイナーベビーへの技術転用はあるんだろうね

7

7.

  • 2021年12月05日 10:37
  • ID:HQPdliLk0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 11:02
  • ID:j8l6mP2K0 #

とりあえず畜産だろうねどう考えても
卵鶏での雄ひよこや乳牛の雄子牛
食肉も雌のが肉柔らかいから好かれる場合が多いし

9

9. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 12:53
  • ID:Pm3JUhjL0 #

※1
ネンダワとMC:KOOとの間に男の子が生まれて
次期センターボーカルとして注目されるHISAが
センターを辞退したらネンダワjrがセンターに
なるから、それだけは回避したい。

10

10.

  • 2021年12月05日 14:56
  • ID:MViLG.4i0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 18:43
  • ID:WHMmeeGc0 #

>>9
皇位継承の資格を持つ
男系の男子は皇室以外に120人以上いるので
あの2人から男の子が生まれても
女系になるから皇位継承出来ないよ

12

12. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 19:29
  • ID:JU9g7iSi0 #

>>8
🐮🐔😄

13

13. 匿名処理班

  • 2021年12月05日 20:22
  • ID:gS3J3nrS0 #

これで無駄に殺されるオスのヒヨコがいなくなればいいなあ。

14

14.

  • 2021年12月06日 00:24
  • ID:b4j2VpEW0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2021年12月06日 05:51
  • ID:u.K8tU.D0 #

生まれた直後の赤ちゃんや雛が処分されるのが、
受精卵の段階で崩壊させられるようになった、と。
受精卵は生命の萌芽ともいえるからどっちみち殺しているのにかわりはないが
人の心情的、またはコスト的には進歩したと言ってよい・・・のか?

16

16. 匿名処理班

  • 2021年12月06日 18:12
  • ID:fJHtAY.L0 #

※4
どう考えても性で不要の烙印押される社会の方が問題だろ
そっちを改善しないで産み分けだけ認可しても差別の追認でしかない

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING