インドでコロナ感染者の真菌感染症が増加
 その日の朝、インド、ムンバイの病院で働く眼科医アクシャイ・ナイール氏は、25歳の女性の手術を控えていた。彼女は3週間前に新型コロナから回復したばかりで、糖尿病を患っていた。

 手術室に入ると、耳鼻科と咽喉科の医師がすでに処置に取り掛かっていた。ナイール氏は鼻に挿管して、真菌に感染した組織を取り除いた。患者は「ムコール症」にかかっていた。

 ムコール症は、原因となるカビの胞子を吸い込むか、稀に切り傷などの皮膚にできた開口部から体内に胞子が入ることで起こる感染症でインドでは「黒い菌」と呼ばれている。
広告

インドで感染者、回復者の間で急増中の真菌による感染症

 ムコール症は、ムコール属・クモノスカビ属・リゾームコール属などの真菌(カビ)に感染することで発症する壊死性の感染症だ。鼻や目などに感染し、痛み、発熱、時にはせきが生じ、顔の構造が破壊されることがある。

 新型コロナの第二波に見舞われているインドでは、感染者や回復した人たちの間でこの危険な感染症が多発しているという。

 ムコール症を引き起こす真菌は土・植物・肥やしなどに潜む一般的なものだ。これに感染することは滅多にないが、糖尿病などで免疫が弱っているような場合、鼻や目、脳や肺などに感染し、放置しておけばおよそ半数が命を落とす。
Covid update: 23 Delhi patients 'missing'; black fungus alert in Gujarat

糖尿病を患っている患者に多い

 新型コロナの患者にムコール症が多発しているのは、ステロイドが原因ではないかとムンバイの病院で働く眼科医アクシャイ・ナイール氏は推測している。

 新型コロナに感染すると、ウイルスと戦うために免疫系が働き、肺に炎症が起こる。ステロイドはこれを抑えるために使用される。

 しかし同時に免疫機能を低下させ、血糖値を上昇させる。もともと糖尿病によって免疫機能が弱っているところへ、新型コロナウイルスの打撃を受け、さらにステロイドのトリプルパンチだとなるわけだ。

 新型コロナから回復後に真菌に感染してしまった患者の多くが糖尿病をも患っていたのは、これが原因ではないかという。

40人中11人が眼球を摘出

 ムンバイはインドでも特に第二波の影響を受けている都市だが、そこにある病院で勤務するナイール氏は、4月だけでもムコール症の患者を40人治療したという。その多くが糖尿病を患っており、11人が眼球を摘出した。

 また12月から2月にかけて、ムンバイ、デリー、ベンガルール、ハイデラバードなどの各都市で働く彼の同僚6人から58症例の報告があったとのこと。多くは新型コロナから回復後12〜15日目に感染していたそうだ。

 過去2年でナイール氏が目にしたムコール症は10件にも満たない。「今年は何かが違います」と同氏は述べる。

 なお政府高官は「大規模なアウトブレイクはない」と発言。現時点でムコール症の流行は公式には認められていない。

References:Mucormycosis Covid Symptoms, Treatment: 'Black fungus’ Infection in Covid-19 patients/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
新型コロナのあまり知られていない症状、舌の上や口の中を要チェック(英疫学者)

2022年末までに新型コロナは収束し世界は正常に戻るだろう。ビル&メリンダ・ゲイツ財団の予測

新型コロナだけではない。世界各地で発生した感染症マップ

アメリカのCDCが新型コロナワクチンの新たなデータを公表。接種した人の99.992%の発症を予防

タイムトラベルで過去に戻れば新型コロナの大流行を阻止できるのか? それは不可能と天体物理学者

新型コロナワクチン接種はどれくらい進んでいるのか?世界の接種状況がリアルタイムで分かるサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 08:36
  • ID:nYdsxXUa0 #

療養中の環境によるわな

2

2. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 08:46
  • ID:X7I5EoPD0 #

お医者さん
「清潔な環境で療養生活してくださいね」
患者A   
「ほなガンジスで水浴びして身を清めなアカンな…」
患者B   
「ほな牛のフンの聖なる力に身を包んでもらうしかないな…」

3

3.

  • 2021年05月14日 08:49
  • ID:V4S5tHfh0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 08:56
  • ID:dLr2HLvs0 #

えー!何それ怖い・・・!

5

5.

  • 2021年05月14日 08:57
  • ID:fyPsyGrd0 #
6

6.

  • 2021年05月14日 09:08
  • ID:ZbV.KRer0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 09:13
  • ID:K9wvStao0 #

よく読んだら、コロナじゃなくて処置にあたってるステロイドが原因じゃん

8

8. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 09:23
  • ID:SfZrLhto0 #

バイオハザードじゃねぇか……エヴリン、助けてくれ……

9

9. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 09:27
  • ID:t6b08fIE0 #

某屋台動画見てると糖尿になりそうなもんばっかだからなぁ。ムコール症患者も多そう。

10

10. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 09:35
  • ID:vMotag3z0 #

眼球摘出…怖すぎる!
インドの変異株だと日本でも起こりうるんだろうか?

11

11. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 09:38
  • ID:LIRJgbzH0 #

コロナ関係ないけど、昔やってた本当は怖い家庭の医学とかいう番組で糖尿病に罹ってた女性が真菌で失明した話思い出した。HIVとかによる免疫不全もそうだけど、普通なら感染しないような病原体に日和見感染しちゃうのが怖いところだね。

12

12. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 10:09
  • ID:ACj17zkl0 #

カビ怖いなぁ

13

13.

  • 2021年05月14日 10:10
  • ID:0goNWy8a0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 10:24
  • ID:x6bQCYxe0 #

眼球摘出ということは土埃が酷いのかな

15

15. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 11:18
  • ID:8VtPuJu90 #

>>14
牛糞、馬糞が道端にボタボタ

16

16. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 11:21
  • ID:uEgCRF.v0 #

※11
糖尿って奴は家で例えたら玄関ドアと門を自らの手で叩き壊し
窓もなく風通しの良くなった状態と同じ
そりゃ風邪もひくし虫や廃墟マニアも入り込み大変
こんな状態ではただの風邪でも即日肺炎になりあぼーんなんて
よくあるぜ

17

17. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 11:27
  • ID:V4S5tHfh0 #

※16
その例えで
よけいわけわからんなった
よくあるぜ。

18

18.

  • 2021年05月14日 11:47
  • ID:g7m9Vhz10 #
19

19. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 11:56
  • ID:pzqt2znz0 #

そもそもな話として衛生概念が低い国で治療のためにステロイド剤を乱発してりゃ、そう言う症例が出てくるのも当たり前だと思うんだけどなー

20

20.

  • 2021年05月14日 12:00
  • ID:sCsp7HFW0 #
21

21.

  • 2021年05月14日 12:14
  • ID:2Tvo4eU40 #
22

22.

  • 2021年05月14日 13:22
  • ID:o6NCizJL0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 13:42
  • ID:buX6jNjL0 #

※8
変な液体ぶっかけるだけで
腕がくっついちゃう奴はウィルス感染心配しないで良いと思う。

この記事はコロナ云々より、その治療法(ステロイド)と
周囲の環境(衛生状態)による感じだね。
もちろん、コロナは免疫を一部無効化(蓄積した免疫情報をリセット)する
機能があるって言われてるから、無関係とは言えないんだけど。

当たり前かもしれないけど、
病み上がりに土いじりや不衛生な環境には入るのはやめようね。

24

24. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 13:49
  • ID:buX6jNjL0 #

※17
バイオハザード真っ只中のラクーンシティに
すっぽんぽんで放り込まれた状態が糖尿病。

25

25. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 14:30
  • ID:2Tvo4eU40 #

>>8
マジかよ・・・!!

26

26. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 14:34
  • ID:sCsp7HFW0 #

※22
俺は感染力については言及していない。
感染力と毒性は基本的にはトレードオフなんだよ。
感染力が上がるのなら、毒性は落ちるのが進化。(毒性が強いと動けなくなるから)
違うことが起きのなら、それは人間が介入した結果(ワクチンや封鎖)だよ。
イギリスで強毒化したように見えるのは、イギリス人が重症化しやすい(デブが多い)という視点を欠いているせい
インドで猛威を振るって見えるのが、ウイルスなのか対処が間違っているのか、それは公平に見るべき。実際に日本では婆さんが感染しても普通に生還した。
インフルエンザとアスピリンのように人間の対応が必ずしもいい結果になっているとは限らない。

27

27. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 15:39
  • ID:OkD.dDpi0 #

>>24
しかも放り込まれて立ち上がったら、目の前にゾンビがにっこり

28

28. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 16:38
  • ID:UasQ1YT00 #

※7
治療のために、消炎剤のステロイドで免疫抑制したり
抗生物質で常在菌まで殺して菌叢バランスが崩れたりすると、
副作用で日和見感染を起こすのは あるあるだよね。

29

29. 匿名処理班

  • 2021年05月14日 16:56
  • ID:o6NCizJL0 #

※26
>感染力と毒性は基本的にはトレードオフなんだよ
こういう事言う人結構いるけど、大型の野生生物や、あるいは過疎地域でならば成り立つと思うけど、高密度個体群では状況が変わると思ったほうがいいんでないかね?

マラリアなんか高い感染力を持ちながら強毒化が進んでいる。なぜなら蚊が運んでくれるし、なんなら強毒化して宿主がへたばってたほうが、蚊が血を吸い放題で伝染りやすくなる。

ぶっちゃけ都会では、感染のために宿主の人間が殆ど動かなくてもいいんで。未感染の人間が周りにいっぱいいるから。極端な例だと満員電車みたいなの。

強毒化にもパターンがあるからね、単純に細胞機能を低下させるようなものは感染力につながらないだろうけど、宿主体内のウィルス密度を高めるような搾取タイプは、感染力増強と強毒化が両立しうる。N501yの変異なんか、細胞への取り付きやすさを高めるわけで、まさにこの系統と言っていいんじゃ。

インド系統のものの仕組みはわからないから、可能性のお話でしかないですけど、楽観視はしないほうがいいなじゃいかなぁ、と。無論必要以上に恐れる必要もないです。

30

30.

  • 2021年05月14日 18:20
  • ID:XrnUYljS0 #
31

31. 匿名処理班

  • 2021年05月15日 00:11
  • ID:CmZG36Nr0 #

※26
強毒化も弱毒化もそれ自体はサイコロの出目次第
コロナに意志はないし進化の方向性を自ら決めているわけではないよ
強毒株が宿主とともに死に絶えることで消えるから病気は一般的に弱毒化が進むというのがその理屈の根幹なんだよね
しかしコロナが弱毒変異しにくい理屈も考えられる

・感染力が高い→母数が増えやすく致死率に関わらず消滅しにくい
ワクチン未摂取者は大量に居て幾らでも拡散余地がある
・致死率が2%なので宿主があまり死なない(コロナも消えない)→黒死病のように数十パーセントくらいまで死亡率が高まれば別だけどそこまでは強くない(インド株のように強くなる余地はまだまだある)
・症状がわかりにくい→マラリアのように全身から血を吹けば誰も感染者に近寄らないがコロナは初期症状だと他の風邪と見分けがつかない
・感染力のピークに宿主が動き回れる&症状のピークと感染力のピークが大きくズレている→気づいた時点で他人に感染しまくってるし宿主の死がウイルス拡散の減少に寄与しにくい
・人によって症状にバリエーションが有る→軽いものだと舐めて掛かる人が絶えないから対策に穴が空く

現在のコロナに関しては弱毒化は空論じゃないかい?

32

32. 匿名処理班

  • 2021年05月15日 01:05
  • ID:483BJUn20 #

怖いね糖尿病!
なお風邪のウイルスは数百種以上あっても強毒化した例はない
広まる菌っていうのは弱毒化していく傾向があり強毒化した場合、患者に広める前に死ぬ

33

33.

  • 2021年05月15日 02:47
  • ID:mb4OjGvJ0 #
34

34. 匿名処理班

  • 2021年05月15日 07:28
  • ID:cgLpzF9e0 #

納豆とヨーグルトを食わないと!!

35

35. 匿名処理班

  • 2021年05月16日 17:57
  • ID:13yg..ll0 #

>>10
インド株ではなくようは医療ミス。
ステロイドを投薬する環境が原因かと。
ステロイドの作用のイメージ的なとこははたらく細胞の花粉症回やはたらく細胞ブラックの髪の毛禿げる回花粉回見てくれたらわかりやすいです。
コロナウイルスは爆発的に増えるため、免疫のコントロールが下手な人は免疫細胞がパニックになります。暴走した免疫細胞が手当たり次第自分の細胞まで壊しはじめて、致死に至るのが新型コロナの死因のひとつです。(もひとつは血栓)
このためステロイドで免疫機能を弱めて、コロナウイルスを殺しやすくする薬入れて、自己の免疫暴走による死を防ぎながら治療します。
治療後は清潔な環境が免疫が戻るまで必要なんです。元々インドは不衛生さが目立ちますし、抗菌薬も使いまくって常在細菌や善玉菌が死滅、カビにすら負ける身体の患者が普段の不潔な環境にもどった結果。それくらい余裕ないしパニックなんでしょう。糖尿病患者なら尚更免疫力なんて期待できませんし。
長文失礼。

36

36. 匿名処理班

  • 2021年05月17日 04:14
  • ID:a8KHNHn.0 #

そのうち脳を操る菌が出回り始めてだな

37

37.

  • 2021年05月17日 08:54
  • ID:jGC3zOZO0 #
38

38. 匿名処理班

  • 2021年05月17日 22:29
  • ID:m35Caq6.0 #

競争が進み経済での社会的排除固定の大きい国では労働者の腹を満たす安い食事が炭水化物ばかりになる事業所現場もある。高い私立以外の子供の学校給食がファーストフードまみれになったりもする国もある

39

39. 匿名処理班

  • 2021年05月17日 22:40
  • ID:m35Caq6.0 #

日本も他人事では無いんだぞ。
空調からの真菌性肺炎リスクは梅雨が多い。
インドは赤道からの湿った空気がユーラシア大陸とインド大陸の衝突によって生まれたヒマラヤでせき止められ高温多湿のモンスーンを作り出す。地球の自転のためそれが東に行き日本の暖かく湿った空気を生み出してもいる為、現在インド洋の水分蒸発が活発な事が影響して早い梅雨に日本がなっている。
日本も高温多湿になるので真菌(カビ)感染が由来の肺炎は梅雨に増える。(ウイルス性は減る)
コロナで肺が線維化しないようにステロイド投与をするから、、家庭感染の真菌性肺炎に注意。日本の空調はカビ掃除が自分では出来ないからカビの塊の事が多くてステロイドで免疫が弱ってる時は真菌性肺炎になるリスクがある

40

40. 匿名処理班

  • 2021年05月20日 19:16
  • ID:m8U9JBtl0 #

てめーの敗因はたったひとつだぜ、インド
たったひとつの単純(シンプル)な答えだ

「不潔」

41

41. 匿名処理班

  • 2021年06月05日 18:21
  • ID:mU3OsX9Z0 #

どこの国の政治家も、直ちに影響はないって絶対に言うよね。
俺らみたいな一般人でも、影響は無い!って言い切ったらあかんぐらいのことはわかるのに。
国民の不安を最低限煽るのは必要やと思うで。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING