no title
image credit:twitter

 科学者は極低温の量子物体の磁場を複雑な結び目に結合させた。その結果、ついに数世紀越しの謎が解明されたかもしれない。

 それは「球電光」の謎だ。

 球電光は雷雨の時、時々大気中を漂う明るい光を放つ球のことで、昔から目撃され、UFOと関連付けて考えられていた。
スポンサードリンク

シャンカール・スキルミオンという量子物体


 この奇妙な結び目は「シャンカール・スキルミオン(Shankar skyrmion)」という量子物体で、1977年に理論化されたものであるが、それ以来実験室で発生させることに成功した者はいなかった。

 スキルミオンとは周回する磁場が密集したもので、それが描く円は、他の円を正確に一度だけ交差する、と『Science Advances』には説明されている。

 1つのキーホルダーを別のキーホルダーに引っ掛けたときどうなるか考えてみよう。それから、そこにまた別のキーホルダーを今あるキーホルダー全てに引っ掛けるようにどんどん足していく。それがスキルミオンの磁場の姿だ――キーホルダーを破壊しなければ、引っ張って外すことはできない。

2_e
image credit:Science Advances/Creative Commons

 しかしスキルミオンは重要な点においてキーホルダーとは異なる。捻れているのだ。互いに組み合った磁気のラインは、経路を二度曲げる。これに沿って、ミクロの原子探索船を飛ばしたら、途中で錐揉み回転を二度することになる。

3_e
image credit:Science Advances/Creative Commons

実験的に作り出されたスキルミオン


 今回、フィンランドのアールト大学とマサチューセッツ州のアマースト大学の物理学者は、原子の雲を極低温で冷却し、「ボース=アインシュタイン凝縮」という状態になった高密度の塊からスキルミオンを作り出した。

 この絶対零度付近で出現する状態は、原子が混然一体となる境界にあり、人間にも観測が容易なスケールで量子効果が発生する。

 量子磁石のエキゾチック類を作るために開発された技法を用いて、研究チームは凝集の中で原子のスピン(磁気の方向)を起こし、相互に組み合ったスキルミオンの輪を生じさせた。


Квантовые шаровые молнии, созданные физиками из Финляндии

スキルミオンは球電光のモデルである可能性


 ここからスキルミオンは球電光のモデルである可能性が明らかになった。

 球電光は、雷雨の最中にカラフルに光る球が出現するという、珍しく、ほとんど理解されていない気象現象だ。それは空中を滑るように移動し、一般的な稲妻よりもずっと長持ちする。


コロラド州ボールダーの山で発生した球電光 Ball Lightning Weather Phenomenon

 1996年、『Nature』に掲載された論文で、球電光は曲がって結び目となった稲妻のプラズマ周囲に磁場が生じ、それが内部に捕らえられた結果ではないかという仮説と、結び目となった場のモデルが提唱された。

 研究チームによると、冷たい小さなスキルミオン周囲で観察された場は、論文で提唱されたモデルに一致したという。このことは、球電光が自然発生した巨大なスキルミオンである可能性を示唆している。

References:livescience / sputniknews/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
古典的な量子力学の実験によって人間の心の境界を明らかにする


量子力学のブレークスルー。 粒子を宇宙にテレポートさせることに成功


量子力学から予測される10種の革新的含意


モントリオールで発生した元気玉ならぬ電気玉


量子テクノロジーがもたらすであろう10の驚異的変化

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3124 points
「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

2021年4月3日
2352858427
2位
2974 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7002239233
3位
2416 points
宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

2021年4月2日
5631822328
4位
2022 points
目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

2021年3月31日
1521845322
5位
1990 points
毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

2021年3月29日
761890321
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 20:41
  • ID:j.PyClcr0 #

動画を見て「これが!これがッ!! これがボール ライトニング・ウェザー・フェノメノン だッ!」

2

2. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 20:49
  • ID:nj8weQqn0 #

上手く制御できれば核融合起こせそうだね

3

3. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 21:07
  • ID:mr2WU77f0 #

必殺技の名前かな?

4

4. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 21:22
  • ID:3uOeSkkN0 #

これ、研究が進んだら核融合炉の磁場閉じ込めとかに応用できんかねぇ。

5

5. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 21:41
  • ID:pPupadjQ0 #

おおかた、そんなこったろうと思ってたぜ ! !

6

6. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 21:46
  • ID:aRXr.ZDE0 #

小1の9月初めにこんなもの(現象?)を見た。
雷が鳴り初めていて恐いので窓は閉じておきたいのだが、蒸すから開けなさい!!との酷い命令がママンより。
嫌々窓を開けたが、そのしばらく後に近所に落雷。
その直後、ラグビーボール大の光の球が窓から入ってきて飛び散るように消えた。
誰に言っても信じてもらえないが、事実ではある。
なお、以後はどれだけ怒鳴られても雷がなったら窓は開かなくなった。

7

7. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 21:50
  • ID:EN3GcKfn0 #

えっ、関電工ちゃうの?

8

8. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 21:59
  • ID:b7rKVfxD0 #

なるほどわからん

9

9. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 22:25
  • ID:alNofyfB0 #

>>キーホルダーを破壊しなければ、引っ張って外すことはできない
???

10

10. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 23:31
  • ID:hZ5LlS500 #

※6
外国でも同様の目撃例があるので、信じられます
焦げ跡を残して消えたという目撃談もあるので、焦げない奴で良かったですね

目撃談が古い上に、情報伝達ゲームと翻訳という多くのフィルター越しなので、あなたの体験が最新情報かもしれませんよ

11

11.

  • 2018年03月12日 23:52
  • ID:vBYPc4XD0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 00:18
  • ID:sAwrikAY0 #

エレキボール撃てるんか?

13

13. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 00:37
  • ID:Q8OXIWg40 #

え?ということは、常温でも巨大なスキルなんとかはつくることは可能?
しかも、ボース=アインシュタイン凝縮も作り出せるということにもなり得る?
稲妻必要だけど!(SF好き談)

14

14. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 01:21
  • ID:EU3BRrQA0 #

まだまだ世界には未知の現象ってあるんだなっていうことが分かった。
それを理論化して説明ができるようになったのは素晴らしい。

15

15.

  • 2018年03月13日 02:34
  • ID:AeCWtX6l0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 05:06
  • ID:yxdRo2K30 #

やっぱりそうだったのか!

17

17. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 07:30
  • ID:1rjitH9G0 #

※6
うちの父も飲食店のドアから入ってきて店の電話に入って壊して行った
指先位の球電を目撃したって話を随分昔に聞いたなあ
当時は激しい雷雨だったそうだ

18

18. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 10:21
  • ID:mOi25gJq0 #

「くらえっ!シャンカール・スキルミオン!!」

19

19. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 12:15
  • ID:ZFWiXOwm0 #

サンダガのまわりの球体のグラフィックはこれだったのか

20

20. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 12:39
  • ID:iy0lTKZt0 #

ボールペン→うん
クーゲルシュライバー→かっこいい!
 
球電光→?
クーゲルブリッツ→かっこいい!
 
これが有名な「ドイツ語バイアス」である

21

21. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 13:06
  • ID:jxruhMiB0 #

こういった記事に大抵「アインシュタイン」の名前が出てくるの、ほんと凄いわ
アインシュタイン以上の人間は出てこないものかな

22

22. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 13:39
  • ID:O3srF7ml0 #

※2
普通の雷で反物質が生まれてるくらいだから、できそうね

23

23. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 18:25
  • ID:SnO.Px520 #

何を言ってるのかよく分からんかった

24

24. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 21:06
  • ID:w.qGqUN30 #

超高電圧だしプラズマ(どころか反物質まで)発生してる状態だから実験室でも再現は難しそう
そういや電弱統一理論ってどうなったんだっけ?

25

25. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 23:35
  • ID:7fuVPt.v0 #

※17
おまえの父さんすげえなほんとに人間かよ!って一瞬おもった

26

26. 匿名処理班

  • 2018年03月14日 12:51
  • ID:AY5SEi9r0 #

原子の雲…を…絶対零度近くにひやして…凝集…

どういう実験なのか想像つかないんだけど、何か研究者のスキルが想像を超えとる…気がする!

27

27. 匿名処理班

  • 2018年03月14日 15:46
  • ID:fS66K8Dm0 #

大槻教授が30年も前に再現してたんだが

28

28. 匿名処理班

  • 2018年03月15日 17:57
  • ID:4Q1Plipa0 #

人魂とは違うのかな?

てか、人魂だったらいいのになぁ

29

29. 匿名処理班

  • 2018年06月03日 00:49
  • ID:E72w7mnn0 #

正体はドラゴンボールだったら、ぜってー拾いに行くのにな。感電死の恐れアリアリ・・

30

30. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 06:14
  • ID:O9OD5shX0 #

人魂です

※6.※17
触ると失神するらしいね

※27
プラズマです☆
研究室で小さいの作ってたね。研究者になるきっかけだったんだよね。幼い頃に風呂場に球電光が入って来たとか

31

31. 匿名処理班

  • 2020年11月27日 19:49
  • ID:aE6P2FTR0 #

そっかー
これがぷらずまなんだ
知らなかった、磁力線のキーホルダー型でねじれが閉じてぐるぐる回ってしまうんだ
スキマから出るまで安定してるとか、なんだかアイソトープぽいよね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク