火星の火山地帯で発見された謎の穴
 宇宙界隈はこのところ、火星の火山脇に開いている謎めいた穴に興奮しているようだ。

 アルシア山山腹に開いているこのほんの数メートルほどの穴は、火星軌道を周回中のNASAの探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」が、2022年8月15日に撮影したものだ。

 研究者たちが興味を示している理由は、この穴が過酷な火星の放射線を遮ってくれるおかげで、宇宙飛行士たちの将来の住処になるかもしれないからだ。それどころか、この天然のシェルターが過去あるいは現在において火星の生命を守っていた可能性まである。

 さらにこの穴は、火星の火山活動を理解する重要なヒントにもなるかもしれない。知らない人にはただの穴だが、専門家にとっては可能性がギュッと詰まった夢のある穴なのだ。

火星の火山平原にあるいくつかの穴

 実は穴はひとつではなく、火星の赤道の巨大な火山平原「タルシス」にある3座の火山の側面に、こうしたものがいくつも開いているという。

 写真の穴は、「アルシア山」(5000 万年前頃まで活動)の溶岩流の上にあり、その空間はまっすぐ下まで続いているように見える。

 問題は、それが単なる狭い穴なのか、それとも洞窟のようなもっと大きな空間につながっているのか、ということだ。

 その答えが重要な理由はいくつかある。

穴はシェルターとして使用できる可能性

 1つには、将来的に人類が火星へ降り立ったとき、そこが宇宙飛行士のシェルターになってくれるかもしれないからだ。

 火星は大気が薄く、全体を包むような磁場もないため、地球のように宇宙からの放射線から守られていない。

 そのため、火星の地表は地球の40〜50倍もの放射線を受ける。だが、今回発見されたような穴ならそれを防いでくれるかもしれない。

 さらにこうした穴は人類だけでなく、火星の生命にとっても過去(あるいは現在もなお)シェルターとして機能していた可能性があるかもしれない。
1
地形性の雲が火山の山頂付近に見られるタルシス地域のカラー画像 / image credit:public domain/wikimedia

火星の火山活動を理解する手がかりが得られる

 さらに、火星の火山活動を理解する貴重な手がかりでもある。

 溶岩は火山の地下から流れ出て、火山が活動しなくなるとその流れ道が空っぽになる。そして残されるのが長い地下トンネルだ。こうしたものは、地球や月にもある。
2
タルシス地域にある古い火山「アルバ・パテラ」の南西斜面にある地下空洞が陥没してできた複数の穴 / image credit:ESA/DLR/FU Berlin (G. Neukum)

 そうしたトンネルの天井が薄ければ、やがて崩れて長い溝のような地形(リル)が形成される。

 ところが、崩れたのが狭い範囲だけだと、もっと小さな穴になる。

 それがアルシア山で撮影されたものだ。火星の火山では、地下トンネルに沿って真っ直ぐにできたらしい複数の穴が見つかっている。
1
火星にある別の穴。こちらもマーズ・リコネッサンス・オービターが撮影したもの / image credit: NASA/JPL–Caltech/UArizona

穴の内部はどうなっているのか?

 こうした穴の深さは不明だ。それが大きな洞窟に通じているのか、それともただの窪みなのかどうかもわからない。

 太陽が高く昇っているときに撮影されたいくつかの穴の画像の中には、壁らしきものが映っているものもあった。

 このことは、穴が大きな洞窟や通じている可能性は低いだろうことを示している。だとするなら、それはハワイの火山にあるような陥没火口に似ているのかもしれない。

 一方、月の穴の場合、底に岩石が散らばっており、大きな地下空間につながっている可能性があるものもあるようだ。
3
NASA の月探査機「ルナー・リコネッサンス・オービター」が撮影した月の穴。穴の底には岩が見られ、より広い裂け目へと続いているようにも見える / image credit:NASA/Goddard/Arizona State University

 なお、こうした穴が形成される仕組みはほかにもある。たとえば、地殻変動による力で地表が破壊されて穴ができることがあり、この場合は大きな洞窟につながる可能性は低い。

 あるいは、何十億年もの大昔に流れていた地下水に沿って穴が開いたのかもしれない。

 地球の似たような現象として、石灰岩のような水に溶けやすい大地が侵食されて、地下水につながる陥没穴が口を開けることがある。こうしてできる地形をカルスト地形という。

 もしも火星にこうした地形があり、かつて生命が存在したとしたら、その生物はカルスト地形に隠れていた可能性もある。

 活火山の山腹を流れる水は温かく、放射線からも守られていたとすれば、生命にとっては居心地のいい環境だったかもしれないからだ。

 いずれにせよ、こうしたことはすべて推測にすぎない。具体的な答えは、今後のミッションで実際に穴の探検が行われるのを待つしかない。

 NASAの「インジェニュイティ」のようなロボットヘリなら、その内部へと降りていけるかもしれなが、インジェニュイティは残念ながら、2024年1月の飛行中にローターブレードが損傷し飛行不能となったが、完全引退ではなくまだ火星でデータ収集しているようなので、ふたたび火星にヘリコプターを送り込み、インジェニュイティと協力しあいながら真相に迫ってくれることを期待しよう。

References:Mysterious 'hole' on Mars could be future home for astronauts | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
火星に大量の黒いクモが!?安心してください、そう見えるけど違います


火星で永遠の眠りについた探査機「インサイト」を先輩探査機が発見しその姿を届けてくれた!


火星に開いた穴の画像は本物なのか?


砂漠の細菌を混ぜた「生きた塗料」が火星に酸素をもたらす


NASAの探査機が火星の大気から酸素を作る実験を完了。成人が3時間半呼吸する量の生成に成功


火星で夢の岩を発見。水の存在を示す岩石は生命存在の鍵となる

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年06月14日 22:20
  • ID:rFUMzlv60 #

じっと見てると不安になる……

2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月14日 23:21
  • ID:B4TD6iWU0 #

普通にサンドワームの巣穴だろ

NASAは火星大気の組成をひた隠しにしていた。
しかし2004年4月30日、
火星表面の探査機マーズ・エクスプレスから
送られてきたデータを解析したところ、
大量のメタンガスが大気中に含まれている事がわかった。

メタンとは炭素原子4個に水素が4つ結合したものだ。
常温で無色無臭の気体として存在し、火を近づけると燃焼する。
地球上では主に火山性ガスに含まれている。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月14日 23:21
  • ID:B4TD6iWU0 #

一方で火星に火山はない。
活動性の火山はどこにもなく、オリンポス山もはるか昔から休火山だ。

では大量のメタンガスは一体どこから来たのか?
考えられるのはただひとつ、生物由来だ。
例えばニュージーランドで発生するメタンガスのうち
54%が家畜のゲップに由来している。

この大量のメタンガスは火星の地下に途方もなく巨大な生物──
恐らくは数kmサイズのミミズが棲息している事を意味している。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月14日 23:53
  • ID:w1k.JHN.0 #

じょーじが隠れていても不思議でない穴
さっ虫剤使えるかな

5

5. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 00:28
  • ID:j1t.C92i0 #

トレマーズやろな

6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 00:36
  • ID:6CJbi0j80 #

じょうじ「welcome to my house」

7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 07:34
  • ID:1cQFyiYS0 #

深淵もまたこちらをのぞいているのだ

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 09:27
  • ID:ziX660sU0 #

メイドインアビスin火星

9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 10:57
  • ID:Qwn9ovT70 #

内部調査しにいったら調査隊が後ろから1人ずついなくなっていくパターン

10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 12:12
  • ID:NQHDHF.P0 #

一番奥には自由の女神が横たわっていて、ここは地球だったのか、のパターン。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 16:51
  • ID:Fbukctiu0 #

10人で調査に向かったハズなのに, 数えてみたら11人いるパターン.

12

12. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 18:28
  • ID:N1jiJMYR0 #

>>3
まあミミズはともかく、火山が無い火星でメタンガスの排出源を考えれば生物由来の可能性はあるだろうな
それどころかメタンよりも半減期が短くて同じく生物由来でしか自然に生成されないホルムアルデヒドすら検出されてるんだから、火星に少なくとも微生物レベルの生物が現存する可能性は高いと思う

13

13. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 19:16
  • ID:tT4EImfH0 #

>>2
トレース・ガス・オービターはその名前が示唆するように、火星大気をメインに据えた探査機だったけど、この探査機ではメタンは検出できなかった。

最近の研究だと、季節や1日の濃度変化などを研究することによって、現在火山が無くても、生物による発生を伴わなくても、メタンが検知される理由を説明出来ている。

ただし、微生物による発生は論文筆者も否定はしていない。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 20:20
  • ID:fPiE1va40 #

SF冒険映画なら死火山と考えられていたのに突然マグマが噴き上がってきて命からがら逃げ出すパターン
そのあと火星怪獣が出てくるのかメンバー間がギスギスし始めるのかでどういう物語なのか分岐する感じだね!

15

15. 匿名処理班

  • 2024年06月15日 22:57
  • ID:N1jiJMYR0 #

>>13
火山によらない非生物的なメタン生成方法には水素と一酸化炭素か二酸化炭素とのフィッシャー・トロプシュ法によるものがあるが、しかし現在の火星では水素がほとんど検出されていない問題がある。
蛇紋岩を生成させるほどの高温高圧条件下ではメタンを生じうる可能性はあるが、そのような活発な地殻活動は火星の非常に深い地下となるだろうし、その場合は再び地中のカンラン石などと結合して固化したまま大気中に放出されない。
メタンの半減期は約4年だが、火星大気中のメタン濃度は常に大きく変動している事から活発なメタン供給源の存在が示唆されており、地中の岩石由来だとすると静的な環境である火星地質には相応しくない事になる。
そして何よりも、火星の大気圏における水蒸気の分布域とメタンの検出域が重なっている事から、地中由来のメタン生成ではない可能性が高い。
最近の研究では大気中の水素/メタン比が1/40を超える事が明らかになっており、それが事実であるなら生命由来である可能性が大きくなる事になる。

16

16. 匿名処理班

  • 2024年06月16日 03:13
  • ID:ZDWc.myW0 #

googlemapにもこういう黒塗りあるけど、
影だったり、逆に真っ白だったりするとこうなるよな。

17

17. 匿名処理班

  • 2024年06月16日 12:35
  • ID:jUedW1fs0 #

(´・ω・`)
だめだ穴に入ってはいけない
これは宇宙人の罠だ。

知的生命体が
一定レベルの文明を持ち
接触しようとしたとき
「彼ら」の封印が解け
宇宙を汚す前に
人類は滅亡するのだ

な〜んてお話が書けそう

18

18.

  • 2024年06月16日 13:24
  • ID:nEto4.vm0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年06月16日 16:26
  • ID:uJXj9e3g0 #

ぱっと見た時にフジツボやカニ穴を連想してしまった。
もちろん火星にそんな生き物がいないのはわかるけれど、海の近くで生まれ育ったから、自分の記憶にあるモノを連想してしまうのが私の悪いところ。
動物関連の記事だけではなく、こういう科学的な記事も好きなので読ませて頂いています。
記事の作成と公開、ありがとうございます。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links