火星探査機「インサイト」が火星上で眠りについていた姿を発見
 2018年に打ち上げられ、火星を調査していた探査機「インサイト」はピンチに直面した。エネルギー源である太陽電池のパネル全体が、大量の塵に覆われてしまったのだ。その苦境に耐え、最後まで精力的に任務を果たしていたものの、2022年、惜しまれながら永遠の眠りについた。

 ところが最近、2005年に打ち上げられた先輩探査機である「マーズ・リコネッサンス・オービター」が火星の地表でインサイトを発見し、その姿を撮影して送ってくれたのだ。

 体のほとんどが塵に覆われながらも、安らかに眠っているインサイト。久々にその姿を見ることができた探査機ファンは心にグっとくるものがあったようだ。もちろん私もだ。

2年前に永遠の眠りについたインサイトを先輩探査機が発見

 NASAの火星探査機「マーズ・リコネサンス・オービター(MRO)」は 2005年8月12日に打ち上げられてから今日に至るまで任務をこなしている。この探査機には高解像度カメラが複数設置されており、火星上空の周回軌道から、火星の表面を調査・探索している。

 そして最近MROは、火星の赤道付近にある広大なエリシウム平原で、懐かしく愛おしい遺物を発見した。

 2022年に永遠の眠りについた探査機「インサイト」である。

 NASAはX(旧Twitter)でMROが撮影したインサイトの姿が写った画像を投稿した。それは画像の真ん中にあり、よく見ると翼のように展開された2枚の円形ソーラーパネルが見える。
NASAの探査機「インサイト」を見つけられましたか? 火星の地表で永遠の眠りについたインサイトは、最近、マーズ・リコネッサンス・オービターによって発見されました。

インサイトの着陸地点の時間経過を調査することで、塵の蓄積速度がわかり、地表の状態から地殻変動の年代を推定する際の手がかりになります

インサイトが4年で永眠した理由

 2018年5月5日に打ち上げられ、火星探査でさまざまな発見をしてくれたNASAの火星探査機インサイトは、2022年12月、みんなから惜しまれながらも永遠の眠りについた。

 その探査では1300回以上の火震(火星の地震)を計測し、赤い惑星が地質学的にまだ死んでいないという証拠をもたらした。

 さらに塵まみれになりながらも、火星の自転が速くなっていることを示す置き土産までも残してくれている。

 当初の予定では、インサイトのミッションは1年だった。それが2年となり、4年に伸びたのだから十分がんばってくれていたのだ。

 2021年の春、NASAによって緊急救命措置が施されたが、もう余命いくばくもないことがわかっていた。

 実はインサイトには塵が苦手という弱点があったのだ。

 火星の地表を調査する探査機仲間である、「キュリオシティ」やパーサヴィアランスは、原子力発電でパワーを得ている。ところがインサイトの場合、太陽光で発電する。だから火星の塵によってソーラーパネルがおおわれると、発電できなくなってしまうのだ。
2
砂埃に覆われてしまった晩年のインサイト / image credit:NASA

 ちなみに現在火星には他にも、フェニックス、オポチュニティ、インジェニュイティといった過去の火星探査機もひっそりと眠っている。

 こうした火星探査機の残骸がいつの日か、歴史的な遺物として保護されることもあるかもしれない。

References:@NASAMars / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
おやすみなさい、お疲れ様!火星探査機「インサイト」が永遠の眠りについた模様


これが最後かもしれない。火星探査機「インサイト」がお別れの画像を送信


「火星の自転が速くなってます」塵にまみれて眠りについた火星探査機インサイトからの置き土産


【RIP】さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち


火星に大量の黒いクモが!?安心してください、そう見えるけど違います

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月21日 21:07
  • ID:2E9aPKS10 #

なんか、いいな
ソジャーナたちも含め、みんなで集まった写真いつか見たい

2

2.

  • 2024年05月21日 21:17
  • ID:bkc2ewwC0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月21日 21:34
  • ID:ffHbRJBu0 #

>>1
ぜひマーズパスファインダー先輩も仲間に入れてくださいな…

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月21日 22:14
  • ID:qS4syCk.0 #

インサイトのソーラーパネルはせっかく円形に配置されてるのだから
常時回転して塵を飛ばすような機構が内蔵されていたら
少しは延命できたのかもしれませんね

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月21日 23:47
  • ID:YQdtzUUa0 #

>>1
岩に恋しちゃったローバーちゃんってソレだっけ?懐かしいわ
探査機が回収可能になるにはもう人も火星に行ける位にならないといけないかもなぁ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 00:07
  • ID:hBcsNjYs0 #

やだ…泣けるわ…

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 08:45
  • ID:rAOKgpBq0 #

地球人が火星に足跡を残す前にほろんだ将来、ある時火星にあるこれらの機器類を発見した異星人たちが「火星に知的生命艇がいた!」と情報コンタミ・・・しねぇかなぁ

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 13:15
  • ID:TYC8XTWk0 #

🐙「お持ち帰りください」

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月23日 23:25
  • ID:JlYUBvqD0 #

ワイパーつけとけ

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 08:11
  • ID:0ukYwj.U0 #

予算が有ればの話だけどピンポイントで場所が分かったなら埃を掃除するドローンか何かを
送ることが出来るのでは?
まあ新規にそう言う機構の付いた探査車を送る方が安上がりなんだろーけど

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 17:23
  • ID:5imIIrMp0 #

塵が苦手なのに、その塵に体を埋めながら
文字通り体を張って貴重なデータを提供してくれる
健気で可哀想でキュンとしちゃうな…

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links