no title
 スペインのマヨルカ島沖に沈んでいるローマの貨物船から、これまで知られていないまったく新しいタイプのアンフォラが発見された。これらは特定の目的のために独特なデザインで作られたものと考えられる。

 アンフォラとは紀元前15世紀頃から古代世界で広まった、生活必需品を運搬・保存するための陶器のこと。たいてい胴体からすぼまった首が伸びていてふたつの持ち手がついている。

 セス・フォンタネルスの難破船として知られるこの船は、マヨルカ島の中心地パルマ近くのビーチから65mのところに沈んでいる。

 見つかった新型アンフォラは大型で、この貨物船の船倉に積まれていた4種の異なるタイプのアンフォラのひとつだという。

難破船で発見されたアンフォラ

 セス・フォンタネルスの難破船として知られるローマ時代の船は、スペイン南東部のカタルヘナから航行していたらしい。

 4世紀に地中海で沈没したとき、いくつかの異なるタイプのアンフォラ(陶器の壺のようなもの)でさまざまな積み荷を運んでいたようだ。

 2022年始めに発表された以前の論文によると、船内には数種類のアンフォラが確認され、船の中央には大きな球状のアンフォラもあったという。
1
難破船セス・フォンタネラスの積み荷の配置図 / image credit: Cau-Ontiveros, MA, Bernal-Casasola, D., Pecci, A. et al / Archaeological and Anthropological Sciences

最近になって新たなタイプのアンフォラを発見

 まったく新しいタイプのものが見つかったのは最近になってからだ。

 見つかったアンフォラのタイプは4つに分類され、そのうち3種類はこれまでにも知られている。

 もっとも一般的なのは、アルマグロ51cタイプ(上の図のグリーンで表されているもの)のアンフォラで、外側に記されたティトゥラス・ピクトゥスによって中身がアンチョビソースだったことがわかった。

 ティトゥラス・ピクトゥスとは、いわゆる中身を簡単に識別するためのローマ時代のラベルのことで、これには内容物、産地、目的地、所有者についての情報が含まれているため、考古学者にとっては大変有益だ。

 そのためこの「ラベル」から、中身の所有者の名がアルンニウスとアウソニウスだということもわかったという。

 他のタイプは、果物を入れた平底タイプ、キーXIXタイプがあり、この難破船にちなんでセス・フォンタネラス気般召鼎韻蕕譴真轡織ぅ廚離▲鵐侫ラが確認されている。
2
難破船から見つかった4種のローマのアンフォラ。右下のDSF-002は今回見つかったまったく新しいタイプのもの / image credit:Cau-Ontiveros, M.A., Bernal-Casasola, D., Pecci, A. et al / Archaeological and Anthropological Sciences

新たに発見されたアンフォラは植物油を運ぶためのものだった

 この新タイプのアンフォラは、ほかのものよりもかなり大きくて重い。植物油を大量に運ぶために使われたと思われる。

 すべての分析データから、アルンニウスとアウソニウスは船舶貿易会社を設立して、おもに魚醤をアルマグロ51cに、油をセス・フォンタネラス気法▲屮疋Δ笋修硫湛品を平底のアンフォラに入れて積み込んだ商船を稼働させていたことがうかがえる。

 また考古学者たちは、緩衝材としてブドウの葉が使用されたと指摘している。ダンネージとよばれたその緩衝材でしっかりと積み荷を梱包し、航行中に破損しやすいアンフォラも保護していたのだ。

References:Multianalytical approach to the exceptional Late Roman shipwreck of Ses Fontanelles (Mallorca, Balearic Islands, Spain) | Archaeological and Anthropological Sciences / Roman Shipwreck Reveals Entirely New Type of Amphora | Ancient Origins / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
アンティキティラの沈没船からヘラクレスの頭部像や人間の歯が発見される


古代ギリシャの叙事詩「イーリアス」から手がかりを得て古代沈没船を複数発見


海底で発見された黒曜石でできた謎の遺物はとてつもない大発見か?


2500年前の珍しい魔除けの円盤が地中海で発見される


アトランティスに存在した伝説の金属「オリハルコン」なのか?2600年前の難破船から合金を回収

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月21日 22:31
  • ID:bjMyb1I60 #

航行中にアンチョビのアンフォラが破損したら地獄だったろうな

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 05:34
  • ID:QQqCZrYT0 #

@の本来の意味は、アンフォラ一本に入る液体の量を示す単位
豆知識な

3

3.

  • 2024年05月22日 07:03
  • ID:TYC8XTWk0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 07:12
  • ID:9eWxHmP40 #

こういうつぼ型って中を洗えないんで、衛生上容器は使い捨てなのかな?また底がとがってるタイプは置きにくいだろうに、不思議。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 07:16
  • ID:iz77rbP70 #

>>1
アンチョビはまだいい。もしお米だった日にはこぼれた米に
海水を吸って何十倍にも膨らみ船を撃沈してしまう
ホーンブロワーで喫水線に弾をぶつけたこと知らずに輸送中に
木っ端みじんになったよ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 08:56
  • ID:GaTv.qNj0 #

>>1
それもそうだがアンチョビソースがローマの時代以前からのものだったことの驚き

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 09:33
  • ID:lTDscqsy0 #

いいタコツボになってそう。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 10:24
  • ID:NUyyu32a0 #

>>4
油なら油のみを入れるようにして基本使いまわしじゃないかなぁ。
空になったら水洗いくらいはするだろうけど。

尖ってるのは、地面の穴や木枠に安置するためらしい。
あと不純物を底にたまりやすくするため?

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 11:26
  • ID:oitzDS1O0 #

>>4
オイルのアンフォラは使い捨てだよ
素焼きで作ってるから一度使うとオイルが浸み込んで再利用できないんだよ
でも素焼きの器は安価だから再利用するより使い捨ての方が安上がりだった
その捨て場所だったのがローマのテスタッチョ
使用後のアンフォラを叩き割って積み重ねた結果今じゃ高さ50mの山になった
ローマ時代に使われていた港の横には大体ある
無駄なく破片を積み上げる専用の職人がいただけあって断面図がすごいぞ
それからアンフォラの底が尖っているのは主に船での輸送用だったから
素焼きの水差しは底を平らに作るとエッジと呼ばれる部分がどうしてももろくなって割れてしまう
でも尖らせて作ると割れなくなるのでロスが無い
他にも底が尖っていると引きずって運べるから楽で労力が節約できる
尖った部分を首と首の間に入れて隙間なく積み重ねる事が出来るので省スペース&船が揺れても荷物がずれない
あれはすごく合理的な形だったんだよ

>>8
しれっと嘘教えるの良くない

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 11:44
  • ID:dRDSybxj0 #

>>4
再利用はされなかったっぽい?
あと尖っていると地面に突き刺して安定しやすいそうです
細長い奴は安定しやすいと言われてもピンとこないけどw

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 12:49
  • ID:NUyyu32a0 #

>>9
なるほど柚は使わず素焼きだったんですね。
訂正ありがとうございます。

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 13:25
  • ID:9eWxHmP40 #

>>9 博識だなあ。平易に解説してくれてありがとう。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 16:16
  • ID:WledzELQ0 #

>>6
魚と塩で発酵させるだけだから単純安価だったのでしょう。
同じ様に作られる魚醤はローマ時代でガルムソースと呼ばれてローマ人の食文化では重要な位置づけだったとか。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 18:19
  • ID:9eWxHmP40 #

今でも内容物が残るほど良好な状態で発見される事もあるとウィキで読んで、どうやってフタしたんだろうと調べたら、松脂でフタを封印する伊ワインがあったみたい。
また今でも南仏で木桶ではなくテラコッタで醸造しているワインがあって、さぞ高価だろうと思ったら5千円くらいで驚いた。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 22:51
  • ID:CMNvcoeQ0 #

冬季に投棄された陶器

16

16. 匿名処理班

  • 2024年05月23日 10:02
  • ID:NpQXwnES0 #

>>14
ちょっと調べていたら近年"アンフォラ"は再び脚光を浴びているみたい

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links