パーセバランスが火星で夢の岩を発見no title
 現在火星を調査しているNASAの探査車「パーセバランス」が、科学者たちからの期待に見事応えてくれたようだ。太古の火星に生命が存在したかどうかを現代に伝える岩石を発見したのだ。

 その岩石は、かつて火星に水が存在しただろうことを強く示唆するもの。地球からパーセバランスを打ち上げる際、その目的地選びの決め手にもなった最重要サンプルだ。

 それは水の存在どころか生物の痕跡までとどめている可能性がある。かつて火星に生命が存在したのだとしたら、その岩石から化石が見つかることもありうるのだ。

天文学者待望の岩石「ブンゼン・ピーク」

 その岩石が採取された「マージン・ユニット」は、ジェゼロ・クレーターの西側のリム沿いにある帯状の地域だ。

 軌道からの観測では、火星でもっとも炭酸塩が豊富な地域であることが確認されており、その側には河川デルタもある。
1
ジェゼロクレーターの西側のリムのそばにあるマージンユニットの地図。白点はパーセバランスが停止したところ。青線は今後のルートを示す / image credit:R.C. Wiens et al. 2024

 こうした特徴は、パーセバランス(パーサヴィアランス)の目的地としてジェゼロ・クレーターが選ばれる決め手の1つだったほど重要なものだ。

 とりわけ注目されたのは「ブンゼン・ピーク」と呼ばれる岩石だ。かなり背の高い岩で、その表面には興味深い質感がある。
2
パーセバランスはブンゼンピークの岩石の表面を研磨しその組成を分析。さらにドリルでサンプルを回収した/ image credit:NASA/JPL-Caltech/ASU/MSSS

 ポイントは、垂直に立っていることから作業中にホコリをかぶりにくいところだ。これが大切なのは、表面にホコリが付着すると、岩石の化学的性質を隠してしまうためだ。

 パーセバランスが事前に行った分析では、ブンゼン・ピークは75%が炭酸塩の粒で、それらがほぼ純粋なシリカで固められたものであることが確認されている。
4
 カリフォルニア工科大学のパーセバランスのプロジェクトに参加するカリフォルニア工科大学のケン・ファーレイ氏は、「これそがジェゼロ・クレーターで見つけたいと思っていた物です」と、NASAのブログで語る。

火星に水があったという証拠

 科学者がそこまでこの岩石を求めてたのは、それを構成する鉱物のほぼすべてが、地球では水の中で作られるものだからだ。さらに岩石が形成された当時の気候まで伝えてくれる。

 さらに地球では、岩石から古代の有機物や生物の痕跡が見つかることがしばしばある。微生物の細胞のまわりに直に炭酸塩鉱物が形成されるので、うまく化石になるのだ。

 たとえば、地球最古の生命の証拠の1つである「ストロマトライト」は、こうしてできたものだ。

 それほどまでに重要なこのサンプルは「コメット・ガイザー」と命名され、火星で採取されたサンプルの中でも最優先で地球に送られるべきものとなっている。
 このサンプルをさらに特別なものにしているのは、微晶質の岩石であることだ。

 つまり、顕微鏡でしか見えない小さな結晶でできているのだ。地球のものなら、先カンブリア時代のチャートのように、シアノバクテリアの化石ができていることがある。

 スウェーデン研究所(RISE)のサンドラ・シリエストレム氏は、「シリカと炭酸塩の一部は微晶質であるため、かつてそこで生息していたかもしれない微生物の痕跡を今に残しているかもしれません」と語る。

 しかもコメット・ガイザーは、パーセバランスが採取したサンプルではもっとも古いものである可能性もあるという。
3
サンプルの75%は炭酸塩の粒で、それがシリカで固められている / Image Credit: NASA/JPL-Caltech

ジェゼロ・クレーターは湖だった?

 パーセバランスのミッションはこれで終わりではなく、これからも調査が続けられる。だがコメット・ガイザーのようなサンプルは、ジェゼロ・クレーターについてのとある仮説を裏付けている。

 すなわち、ここはかつては湖だったと考えられるのだ。これまでに判明しているマージン・ユニットの岩石の特徴は、それが古代の湖の岸辺に沿って形成されたらしいことを示唆している。

 とはいえ、炭酸塩やシリカにはまた違った形成プロセスもあるため、今の時点ではまだ最終的な結論ではない。それでも、素晴らしい岩石のサンプルが採取されたことに科学者たちは興奮を隠しきれないようだ。

 サンプルが地球に送られてきたとき、最終的な答えが出るのかもしれない。

References:Perseverance Finds its Dream Rock - Universe Today / Perseverance Finds its Dream Rock - Universe Today / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
火星で生命の構成要素となる有機分子の興味深いシグナルを検出


NASAの探査機が火星の大気から酸素を作る実験を完了。成人が3時間半呼吸する量の生成に成功


「ダストデビル」が火星のクレーターを移動する驚異の光景をNASAの探査車が撮影


火星の衛星「フォボス」に破滅の運命。死の螺旋で落下する未来


火星のジェゼロ・クレーターは間違いなく湖だったことが判明。さらには豊富な有機物も検出

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月07日 20:18
  • ID:DsXxfnzq0 #

地球外生命体の化石とか微生物であっても発見されたらロマンあるよなぁ〜。生命体は条件さえあれば発生するのか気になるわ。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月07日 21:11
  • ID:NTARdQ930 #

火星の水って何処で読んだか定かじゃないけど 10億年〜20億年ぐらいかけて徐々に蒸発、宇宙空間に出て行ったと思われるって書かれてたな。
記事を読むと湖だったと思われる場所なんか。確定じゃないけど(笑
その証拠みたいなのが今回発見されたのかな

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月07日 22:00
  • ID:DnwytHMs0 #

イルカ型人「火星表面には何もないのになぜ探してるのだ」
タコ型人「地下には豊富な海あるのにどこの星人の悪戯だ?」

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月07日 22:56
  • ID:oqmUJTWd0 #

チャートってことか
前オパールが見つかったとかなんとかなかった
(温泉オパールより微細なやつ)

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月07日 23:08
  • ID:ntr4T5eg0 #

地球に送るって事は火星から帰還用のロケットを打ち上げるってことか

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月07日 23:23
  • ID:kZTaOdNe0 #

火星の岩だの砂だのの中に微生物とかいないのかな

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月07日 23:46
  • ID:kubMYXzw0 #

しかたないにしても予定の2037年までまだまだだな…
宇宙膨張がてらテロメアもグイグイいってくれないと困るよ

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月07日 23:47
  • ID:ImqIgBnv0 #

こんおサンプルを回収する探査機が予算周りでもめてるのよね

9

9.

  • 2024年04月08日 02:42
  • ID:Prx8gVmd0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 13:22
  • ID:xNxarRkw0 #

火星に降りるだけで大変なのに火星から戻ってくるようなロケット打ち込めるのかな

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 13:45
  • ID:Z6NLxkLZ0 #

サンプルリターンには夢があるよね
やっと持ち帰るべきものが見つかったというところか
あとはお金だ!

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 14:48
  • ID:qYEgKQkb0 #

>>11
どれくらいお金かかるんだろう
1万円くらい?

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 17:06
  • ID:Z6NLxkLZ0 #

>>12
ESAが主導しNASAが参加していた火星探査計画にエクソマーズというのがある
これがサンプルリターンの直前までを含んだ計画
>当初のESAは10億ユーロで、エクソマーズの開発を予定していたが、NASAの撤退と事業の再編の結果から、現在までの開発費に加え、恐らく数億ユーロの追加必要資金が発生している[3]。
NASAはジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の予算超過分に資金を回すため、参加を打ち切ってしまったそう
NASAが抜けたエクソマーズ計画はロシアが参加とかあって、まったくの不透明状態
どこも、お金がなさそうなんだよね
インドや中国もいるけどね
マーズ・サンプル・リターン・ミッションの明日はどっちだ

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月11日 14:54
  • ID:N9mRIpCO0 #

デルタは河川ではなく三角州では

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links