1800年前の大理石のアポロ像の頭部
 東ヨーロッパ、マケドニアの古都フィリピの発掘中、月桂樹の冠をかぶった大理石でできたアポロ像の頭部が見つかった。

 2世紀から3世紀初頭にさかのぼる珍しいもので、巨大で壮麗な古代の噴水の一部だったと思われ、非常にいい状態で残されていた。

 考古学者たちは、この頭部がついていた像が装飾品として再利用され、のちの8〜9世紀頃に噴水に飾られたのではないかと推測している。像が見事で重要なものだったのは確かだろう。

貴重な考古学的遺物が眠る古代都市フィリピ

 この発掘を主導したのは、ビザンチン考古学を専門とするナタリア・ポウロス教授だ。発掘チームは、アリストテレス・メンツォ名誉教授、アナスタシオス・タンツィス准教授、テッサロニキ・アリストテレス大学の学生15人から成る。

「発見した瞬間、とても興奮しました」タンツィス氏は語る。

 今年の発掘は、町の北側のエグナティア街道と交差する南側の幹線道路デクマヌスの東の延長部分を重点的に進められた。

 大理石で舗装された道路が続いていることが明らかになり、皇帝レオーン6世(886年〜912年)の治世に鋳造された青銅のフィリス硬貨も出てきた。

 これは、道路が使われていた年代を特定するのに役立った。この大通りの交差点には、豪華に装飾された構造物がひときわ目立つ、大きな広場があったのだ。

 去年の発掘でこの構造物は噴水ではないかと推測され、今年の発掘でその可能性がかなり高くなった。

 今年の調査結果から、この仮説がほぼ裏づけられ、その設計と目的に光が当てられた。2022年、噴水の複雑な装飾の一部である若かりし日のヘラクレスをかたどった見事な像が発見された。

 そして2023年、別の像の月桂樹の葉の冠をかぶった頭部の存在が明らかになり、アポロ神のものであることが判明した。

 前述のヘラクレス像と同様に、この頭部も2世紀から3世紀初頭のもので、8世紀から9世紀に最終的な形になったと思われる噴水を装飾していたものと考えられた。
1
フィリピで発見されたアポロ像の頭部 / image credit:Greek Reporter / Ministry of Culture

「キリスト教的な文脈の中にヘラクレスが含まれる証拠はあるかもしれませんが、アポロ神に関してはそのような証拠はありません」タンツィス氏は説明する。
中世都市という文脈で、このふたりの人物の意味合いを断定するのは時期尚早でしょうが、おもに歴史的、文化的連続性を証明する古代の偉大な芸術作品として見られていたと考えて差し支えないと思います(タンツィス氏)
2
この地域でもっとも重要な考古学遺跡である古代都市フィリピの遺跡 / image credit:MrPanyGoff / WIKI commons CC BY-SA 3.0

古代都市フィリピの役割

 紀元前356年にマケドニアのフィリッポス2世によってつくられた古代都市フィリピは、エーゲ海近くのかつてのターシア人入植地クレニデスにある。

 2016年、ユネスコの世界遺産に登録され、見事なローマ建築、ローマを彷彿させる都市デザイン、初期キリスト教の意義で知られている。

 この古代都市は、ヘレニズム時代に交易、商業、軍事力の重要な中心地として有名になった。ここはマケドニア王国にとって重要な軍事前哨地点となり、マルクス・アントニウスとオクタヴィアヌス軍がブルートゥスとカッシウス軍と衝突したフィリピの戦い後、紀元前42年にローマの植民地となった。

 ローマ統治下とはいえ、フィリピはローマ植民地としての有利な立場とローマとビザンティウムを結ぶ重要なエグナティア街道沿いの地の利で、多様な人々が集まる国際都市として繁栄した。劇場、寺院、バシリカ(聖堂)、広範な道路網や水道網を誇っていた。

神の中の神アポロ

 ギリシャやローマ神話において、アポロ(アポローン)はオリュンポス12神の中でもとくに崇められる神で、詩、太陽、治療、音楽、真実、予言などさまざまな領域を象徴している。
4
photo by Pixabay

 ギリシャの多面的で重要な神のひとりであるであるアポロは、ゼウスとレトの息子で、狩猟の女神アルテミスとは双子のきょうだいだ。

 容姿も並外れて美しく、古代ギリシャ彫刻クーロス像のような理想的な体をしていて、若さと男らしさの象徴でもある。この美しさは、フィリピで明らかになった頭部からもはっきりわかる。

References:1,800 Year Old Marble Head of Apollo Unearthed in Ancient Philippi | Ancient Origins / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい

北欧神話の戦争と死の神「オーディン」について言及した世界最古の遺物、黄金のメダルを発見


アンティキティラの沈没船からヘラクレスの頭部像や人間の歯が発見される


2700年前の翼をもつアッシリアの神の像がイラクで発掘される


ローマ帝国時代、死者と交信する「死の魔術」の証拠となる遺物などをエルサレム近郊で発見


2500年前の石棺に刻まれたラブレター。古代ギリシャの将軍に愛を綴る

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 07:50
  • ID:yqyUL7UH0 #

鼻が欠けているけどイケメンなのはよくわかる

2

2.

  • 2024年04月08日 09:23
  • ID:.EkmnEDu0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 09:49
  • ID:8tVbFnxR0 #

訳し方の違いかもしれないが、ローマの場合は植民地じゃなくて属州と言ってほしいかな。
2〜3世紀ならまだキリスト教が国教になる前だし、ローマやギリシャの神々もまだ健在だったということだろうか。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 16:22
  • ID:EkGpwCPH0 #

マントのようなものを身につけて髪も整え手にも何か持っているのにどうして下は穿かないの?

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 17:29
  • ID:.KcTSx5f0 #

あっポロンと鼻が落ちちゃいました(;^_^A

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 18:56
  • ID:e9GwnpqT0 #

マーブルでできたアポロ・・・プチベビーは何処に・・・

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月11日 18:34
  • ID:.eouvSsk0 #

>>4
必要ないからだよ!
必要ないからだよ!

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links