2500年前の石に刻まれたラブレター
 どの時代のものであっても、誰のものであっても、熱烈な思いを綴ったラブレターの内容には、心を揺り動かされるものだ。

 今ならネットで簡単にやり取りできるが、紙がない大昔は、文字を1つ1つ、思いを込めて石に刻んでいったのだからなおさら感慨深いものがある。

 約2500年前の石棺に刻まれたこのラブレターは、古代ギリシャ、マケドニア王国のアレキサンダー大王に仕えた将軍で、のちに自らも王となった、アンティゴノス1世に向けて書かれたものだ。

 そして最も興味深いのは、誰がアンティゴノスにラブレターを書いたのか、誰も知らないということだ。

石棺に刻まれたラブレターの内容

 このラブレターは、アレキサンダーに仕えた将軍で、その死後は後継者の一人となり、アンティゴノス朝を開き初代の王となった、アンティゴノス1世の死後書かれたもので、彼の石の棺に刻まれているのが発見された。

 他人のラブレターを読んでさらすなど、100%マナー違反で、絶対に行うべきではないが、この特別な手紙は、古代マケドニア王国の重要な置き土産だ。

 アレクサンダー大王と間接的に関係しているし、もっと重要なことは、ギリシャの歴史を学ぶ学生たちのためにも、その内容を知る価値はある。

 そこで、アンティゴノスの石棺に刻まれた古代の文章は英訳された。
私、悲しみにくれたアレテは、アンティゴノスの墓から全身全霊で泣き叫んでいる。あまりの悲しみに髪を引っこ抜き、泣きわめくことで自分を表現している。

この悲劇、つまり死が、尊い男を解放する代わりに、私を捕らえたのだ
 手紙は、アンティゴノスの死後、体験した悲しみ、苦しみ、心の傷について表現している。

ラブレターは誰が刻んだのか?

 石棺には「アレテは...」とある。だが書いた人物がアレテであると判断するのは、ちょっと違う。

 アレテは、コリンズ辞典によると、実際にはギリシャ語で「とくに人の可能性を完全に実現する際の卓越性または美徳」という意味がある。「アレテ」という言葉は、人の名ではないのだ。

 なので実際には誰が書いたのかは明らかになっていない。
2
イズニック博物館の石棺 / image credit:IHA

隻眼戦士、アンティゴノスの功績

 隻眼戦士とも呼ばれた、アンティゴノスは、フィリポス2世やその息子、アレクサンダー大王に仕えた貴族で戦士、将軍だった。

 アレクサンダー大王の治世では、初めてギリシャの歩兵部隊の指揮官になり、のちにフリギアの総督に任命された。

 アンティゴノスは、フリギアでペルシャ軍との戦いに勝利することで、アレクサンダー大王のペルシャ帝国制服において、重要な役割を果たした。

 紀元前323年、アレキサンダー大王が広大な領土を残したまま亡くなった。彼の死の時点で、マケドニア王国は517万平方キロメートルの面積の領土を3つの大陸にまたがって統治していた。

 すぐにこの王国は3つに分断され、アンティゴノスは、フリギア、パンフィリア、リシア(現在のトルコ)の王になった。

 彼は、アンティゴノイド帝国をつくり、その後数年間、息子と共にアレクサンダー王国を支配していたほかの王たちと何度か戦った。

 紀元前301年、80歳の隻眼戦士アンティノゴスは、イプソスの戦いで戦死した。しかし、アンティゴノス朝は、彼の死後20年たっても続いた。
00_e
アンティゴノス1世の肖像が描かれたコイン / image credit:public domain/wikimedia

 アンティゴノスの墓に刻まれたラブレターは、妻のストラトニケの手によるものという可能性もあるが、今のところ、この説を証明する証拠はない。

追記:(2023/02/05)本文を一部訂正して再送します。

References:This ancient, 2,500-year-old love/grief letter is the most romantic thing / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
約2000年の月日を経て、アレクサンダー大王時代の失われた都市をついに発見

ヒッパルコスが最初じゃなかった。3700年前のバビロニアの粘土板に記されていた世界最古の三角法

「ふざけんな!金返せ!」古代メソポタミアの粘土板に刻まれた文字の解読を行ったところ、顧客のクレームであることが判明

古代ローマの要塞で発見された、いちもつと悪口が刻まれていた石

2700年前のアッシリアの粘土板に描かれた古代悪魔の姿

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年02月04日 22:37
  • ID:kkw08vI90 #

文字の彫刻がめっちゃきれい

2

2. 匿名処理班

  • 2023年02月04日 22:43
  • ID:SsStDXEL0 #

著者不明とあるけど棺に堂々と書ける人なら奥さんの可能性高そうだよね
と言うか、奥さん差し置いて妾とかが書いたら古代ギリシャと雖も不味いのではw

3

3. 匿名処理班

  • 2023年02月04日 22:44
  • ID:smwI9XFC0 #

ラブレターじゃなくて臣下による追悼文でもおかしくないような
一緒にずっと戦ってきた臣下であの時代の人ならこういう言い回ししそう

4

4. 匿名処理班

  • 2023年02月04日 22:52
  • ID:ToCX2.UW0 #

未来まで生きてドラえもんに頼む以外答えはわからんが
答えのわからないクイズあってもいいと思う

5

5. 匿名処理班

  • 2023年02月04日 23:46
  • ID:XIf9yP2w0 #

女性が文章を残すて文化はこの時代の西洋にはないから書いたのは男
ただ尊敬するとか崇高する相手に対して書き残すてのはあるから日本の戦国大名みないな関係とかじゃない

6

6. 匿名処理班

  • 2023年02月04日 23:51
  • ID:5tmoc3Ux0 #

泣き女的なテンプレート文ではないだろうか

7

7. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 00:23
  • ID:bw85YAm.0 #

アンティゴノスって漫画ヒストリエにも出て来たような気がする

8

8. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 01:54
  • ID:XQ1ifDlH0 #

女性の力で石板にこれほどクッキリ文字を刻むのは大変だと思うから、書いたのは男性では?

当時のギリシャでは同性愛は奨励されてたらしいし。

9

9. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 04:26
  • ID:MVMB2yKB0 #

棺の長い側面に「女性」「文字」「ペアのエロース(クピド?)」が並べて彫られ、短い側面にはそれぞれに2体のエロースが彫られているということですので、この棺を紹介する執筆者によっては恋文では?という解釈になるのかな。博物館を紹介する記事などでは感動的なとか心を打つ文であるなどの表現。

実際のアンティゴノスの棺は「Antigonos Lahdi」で見つかりますが、記事掲載のイメージフォト碑文や豪華な見た目の「神々の棺」とは違った、質素にも映る優しい見た目。上に書いたように座った女性やキューピッドが彫られているせいなのかな。
グーグルマップの「İznik Arkeoloji Müzesi」にもユーザーによる写真が複数アップされていますね。

こういった碑文はどのように決定稿になるのだろう。妻など内容の原案者、コピーライターにあたる識者や詩人、そして石工も書体や内容によって適任が選抜されたり?
棺に刻まれた文字は本文組みに使うローマン体ともまた違う、書籍表紙やポスターにありそうな細身繊細大振りな文字設計で綺麗ですね。

10

10. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 05:43
  • ID:H7oeERRP0 #

でも、髪は抜かなくてもいいと思うんだ…(´・ω・`)

11

11. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 10:06
  • ID:Nen.KewZ0 #

> マケドニア王国は5.17平方キロメートルの面積
単位又は桁数を間違えているのでは?

12

12. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 13:22
  • ID:TvSphdY80 #

>>8 掘ったのは職人さんだと思うよ。貴族階級がしないでしょ。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 14:35
  • ID:e.09cnU90 #

>>2
だよな。
王の棺に嫁さん差し置いて勝手に文字彫れるやつなんてまずおらんやろし。
そもそも石工じゃなきゃ彫れないから正妻の注文で彫ったと思うのが常識。
疑う必要もないんじゃないのかね。

もしくは大勢の女に慕われた体で彫られたか。

14

14. 匿名処理班

  • 2023年02月06日 02:15
  • ID:C3t8Yp6p0 #

推し活だったりして

奥さん若しくは英雄を讃えるテンプレートが正解な気はするけど

15

15. 匿名処理班

  • 2023年02月06日 12:11
  • ID:uqTL2qXn0 #

>>5
女性詩人エーリンナが女友達の墓碑に刻んだ哀悼歌で後世に名を残してる

16

16. 匿名処理班

  • 2023年02月06日 15:38
  • ID:FUscVb2f0 #

実は「君が代」の詞も誰かが誰かに送ったラブレター説が有る。

17

17. 匿名処理班

  • 2023年02月07日 01:29
  • ID:g8b3nUxf0 #

「誰が彫ったか」よりも、このフォントみたいにきれいに整った字体に感心…
たぶん実際に彫ったのは奴隷なり職人なりなんでしょうけど、
使役人だったとして「テキトーに書いてまえ」じゃなくて一生懸命彫ったんだろうなって…
主人が使役人を躾けることに責任を持っていたのかもしれないし、
職人は職人でいわゆる「職人魂」みたいなプライドがあったのかもしれない…

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links