DARPAの無人潜水艦、本格的な水中テストを完了
 米国国防高等研究計画局「DARPA」が、世界最大のエイ「マンタ」にインスパイアされた最新の無人潜水艇を公開した。この潜水艇は現在開発段階にあるという。

 その名もまんま「マンタ・レイUUV」だ。本物のマンタのように大きく優雅なボディをしており、水中ではまるで滑空するかのように移動するという。

 さらに超大型UUVとしては世界初となるモジュール構造を採用しており、バラバラにしたパーツを基地から作戦地まで運び、そこで組み立てて運用することが想定されている。

 今年2月・3月には、南カリフォルニアの海でプロトタイプによる本格的な水中試験が行われ、推進力と操縦性において、見事目標を達成したようだ。

水中無人潜水艇「マンタ・レイUUV」の水中テストに成功

 マンタ・レイUUVは、大きな物資の水中運搬を目的とする水中無人ビークル(UUV)だ。

 米国の軍需企業ノースロップ・グラマン社によってその開発プロジェクトが発表されたのは、2022年のこと。

 当時同社は、その設計はDARPAが思い描く「戦略的サプライズ」に貢献するためのものと述べていたが、約束は守られたと言えるだろう。

 2024年2月と3月、南カリフォルニア沖では、マンタ・レイUUV試作機のテストが行われ、無事に目標を達成し、成功を収めている。  マンタ・レイUUVのプログラム・マネージャー、カイル・ウォーナー博士は「マンタ・レイの実物大テストの成功は、モジュラー・パーツから現地で迅速に組み立てれば、すぐにでも運用できることを証明しています」と、プレスリリースで述べる。

 同博士が述べているのは、マンタ・レイUUVが採用するモジュール構造のことだ。このUUVは各種モジュールで構成されており、必要に応じて簡単に組み立て・分解することができる。

 本物のマンタのように大きな機体だが、小さなパーツにバラしておけば陸上の運搬も容易だ。

 この特徴のおかげで、基地から作戦地まで直接運び、現地で組み立てて運用するという、エネルギー効率的な輸送を行うことができる。
2
上部に乗った人間から、マンタ・レイUUVがかなりの大きさであることがわかる/Image credit: DARPA

水中を滑空するように移動

 DARPAが公開している画像からもわかるように、マンタ・レイUUVは人間と比べてもかなりのサイズ感がある超大型UUVだ。

 だがマンタ・レイUUVの詳しいスペックは公開されておらず、現時点でこれ以上のことはわからない。

 それでも画像からは、シュラウデッド・プロパルサー(ダクト付きの推進器)、アンテナ、水の流入口、操縦スラスターらしきものがうかがえる。
1
大きな物資を効率的に運搬するために開発されたDARPAの新作無人潜水艇「マンタ・レイUUV」/Image credit: Northrop Grumman
 またその名の通り、そのシルエットは名前の由来となったマンタそっくりだ。世界最大のエイであるマンタは、イトマキエイ属の「オニイトマキエイ(Mobula birostris)」と「ナンヨウマンタ(Manta alfredi)」を総称したものだ。

 非常に人懐っこく、おとなしいため人間のダイバーどころか犬にも大人気だが、DARPAが着目したのはマンタの優雅な運動能力だ。

 これにインスピレーションを受けて開発されたマンタ・レイUUVは、浮力を利用して水中を滑空するように移動できるという。

 DARPAは現在、米海軍と協力して、最新の無人水中ビークルを次のステップへと進める準備を行っているとのことだ。

References:Manta Ray UUV Prototype Completes In-Water Testing / DARPA’s massive Manta Ray robotic sub hits the sea / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
AI操縦の無人戦闘機と人間のパイロットによる初のドッグファイトが行われる


アメリカが月面鉄道に本格着手。DARPAが軍需企業と開発契約を交わす


飲むだけで極寒に耐えられる薬の開発を進めているDARPA


戦場の衛生兵をリアルタイムでサポートするAI拡張現実ゴーグルをDARPAが開発中


米軍の輸送機が無人航空機(ドローン)の空中回収に初めて成功

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月08日 20:28
  • ID:Q4Jo.98M0 #

完全にゾイドじゃん!

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月08日 20:32
  • ID:eegxpfFm0 #

こんなの潜水させといて急浮上し突撃自爆されたら逃げれないな

3

3.

  • 2024年05月08日 20:41
  • ID:ahcKS4rp0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月08日 20:43
  • ID:KPvyi.PD0 #

鯨とかにぶつかって破損しそう

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月08日 21:24
  • ID:cUxJzXPV0 #

ダライアス「やっと時代が追い付いたか」

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月08日 21:41
  • ID:x7ioB.wt0 #

ソナー反射と目視による発見を避けるステルス機なんだろうけど、兵器の搭載は難しそうだ

7

7.

  • 2024年05月08日 22:38
  • ID:dplOdC2s0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月08日 23:30
  • ID:sqhB2P1t0 #

ジオン水泳部の新兵器かな?

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 01:20
  • ID:pAtQWYf.0 #

マンボウではないのか

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 01:48
  • ID:Etx.hP2t0 #

マンタというより横向きのマンボー。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 06:47
  • ID:tJBugqJj0 #

マンタと言うよりは力尽きて海面に浮かぶマンボウ

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 07:05
  • ID:kfSxrE9.0 #

シービュー号のフライングサブか

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 07:24
  • ID:x8LCE2f50 #

ちょつとだけ、フライングサブ

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 08:48
  • ID:O7J.e8zv0 #

この子には、キャラ成分が足りない。プリキュアみたいなキラキラおめめを描いたらSNSで絶対に人気出る!そしてバズればさらに予算倍増!

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 08:55
  • ID:iACTVMmy0 #

>>2
>>6
今回のタイプは巡航するタイプでしょうけど、飛行機と違って大きさには制限ないも同然だから兵器を積んだりは楽勝でしょう。 魚雷や機雷のように自爆することを考えてもそっと近づいて空母を沈められるなら安いものともいえそうです。
今回はテストだから今後どういう形が良いのかってのもいろいろ考えられるかもですね。 それこそクジラやシャチなどと一緒に行動して普段は見つからないようにしていていざという時にドカンというのもありそうです。 こういうのはクジラやシャチの観察に使ってほしいけど、私ごときが思いつくのですから兵器開発の人たちは当然考えていると思います。

16

16.

  • 2024年05月09日 11:01
  • ID:x8LCE2f50 #
17

17. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 13:17
  • ID:NeAyn6JI0 #

エルフィが乗ってたやつだ!ちょっとでかいけど

18

18.

  • 2024年05月09日 13:35
  • ID:x8LCE2f50 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 13:48
  • ID:LcOWFAKF0 #

>>15
大きすぎれば当然怪しまれるから、大きくするにも限度がある
生物のようにノイズを出さなくて大きな存在なんて怪しすぎるから逆に目立つ
また、小さいと航続距離が短く、活動範囲は狭くなり汎用性が落ちるが
大きくすれば航続距離は増えるがその分発見される危険性が上がっていく
また、外部に兵装ポン付けだと、やはり発見される危険性が上がるが
内部にペイロードを搭載すれば船体が大きくなり、やはり発見の危険性が上がる
また、同様に航続距離を広げた場合は自動航行できる範囲や対処すべき問題が多くなるので
機体単価が上がり、バカ高い何かを自爆させるよりも潜水艦で魚雷を撃った方が安く、確実性が上がっていくオチもある

世の中そう簡単にSFにはならんのじゃ…
そしてこいつはDARPAが去年から公にしている磁気流体力学推進装置のテストヘッドかなって…

20

20. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 14:05
  • ID:x8LCE2f50 #

>>12
ユングがワロてるで

21

21. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 14:57
  • ID:vWsiZ4Vc0 #

水中だけでなく空も飛べそう。

22

22. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 17:24
  • ID:iACTVMmy0 #

>>19
磁気流体力学推進装置って、『レッド・オクトーバーを追え』に出てくるキャタピラー推進が現実化するってことですか!それはすごいな

23

23. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 22:07
  • ID:6P6fuhRw0 #

流体力学はまだまだ人間のインスピレーションが重要な分野
だから自然にある形に倣うのも大変重要

24

24. 匿名処理班

  • 2024年05月10日 08:34
  • ID:.PCnft7O0 #

>>22
推進方法自体は技術的には可能だったが、速度が出せなかったらしい
その欠点が解決できそうってのをみた

25

25. 匿名処理班

  • 2024年05月10日 14:54
  • ID:MAPUzqCX0 #

>>23
流体力学云々でいえば理想形はまさにエイとかクジラと聞いたことがあります
速度が欲しいならばもっと平たい魚(マグロとか)もありだそうです
ただそれ以前の話として、潜水艦は「水圧が敵」なので水圧から内部を守りやすい円筒形が主流(理想ならば球形)
でもこの頃は建造用素材の強度が増してきたので、形状自体にも徐々に自由度が増しているのだとか
そしてどうでもいい話ですがいまは"セイル"もほぼ必要ないそうです

26

26. 匿名処理班

  • 2024年05月11日 01:09
  • ID:9WJQybid0 #

手を追加してグラブロ作っちゃおう!

27

27.

  • 2024年05月11日 01:10
  • ID:b8nuvCf90 #
28

28. 匿名処理班

  • 2024年05月12日 15:51
  • ID:w2cBLmsG0 #

>>19
電磁流体と聞くと「フルメタル・パニック!」のトゥアハー・デ・ダナンを思い出しますね。あの潜水艦は推進に可変スクリューと電磁流体制御システムを持ってまして電磁流体制御システムの方は限りなく無音航行ができるらしく、小説を読んでいてワクワクしたものです。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links