AIと人間パイロットによる戦闘機ドッグファイト
 カリフォルニア州エドワーズ空軍基地では、AIが操る戦闘機と人間が操る戦闘機との熾烈なドッグファイトが繰り広げられている。その目的は、もちろんAIを鍛え上げることだ

 AIが操縦するのは、ロッキード・マーチン社の第4世代ジェット戦闘機「F-16D ブロック30ピースマーブルII」にAI用のアビオニクスを搭載して改修した「X-62A」だ。試験機とはいえ正真正銘の戦闘機である。

 これはDARPAが進める「ACE(Air Combat Evolution)計画」の一環として行われたものだ。

 2023年2月にはAI同士のドッグファイトが行われたが、人間のパイロットとAIの模擬戦はこれが初めてとなる。

DARPAのAI戦闘機計画

 AIによる戦闘機の自動操縦自体は、決して新しいものではない。

 たとえば米国防高等研究計画局(DARPA)は、AIを搭載した可変飛行シミュレーション試験機「X-62A」を利用した「ACE計画」を開始。昨年2月、すでにAIによる完全無人操縦を実現し、AI同士のドッグファイトが実現した。

 そうは言っても、現時点でその性能は米軍が望むレベルにはまだほど遠い。そこで重要となるのが人間とのドッグファイトである。
5
 こう聞くと、AIが操る戦闘機が派手な空中戦を繰り広げる世界が想像されるかもしれない。だが、じつのところ21世紀において、そのようなドッグファイトは時代遅れのものとなっている。

 第5世代と位置付けられる現代の戦闘機の設計思想において、戦闘機はセンサー・武器・指揮統制システムなどで構成されるグローバル・ネットワークの一部とみなされている。

 こうしたシステムにおいて、戦いは人間が敵影を目で認識する前にすでに開始され、水平線の向こうにいるターゲットの撃墜が試みられる。

 だから戦闘機同士が接近して、相手の背後を取り合うような激しい戦闘はもはやない。

 では何のためのドッグファイトなのか? それはAIを効率よく信頼できるパートナーに育てるためのものだ。
1
 最近まで、航空宇宙用AIの開発は、想定される特定の状況において従うべきルールを前もって定め、これに沿ってプログラムを書くことで進められてきた。これを「エキスパート・アプローチ」という。

 シミュレーションやテストフライトは、実際の物理法則の下で、そうしたルールが通用するのか確認し、場合によっては修正するためのものだ。
2
 だがDARPAのACE計画では、そのかわりに機械学習を通じてAIを鍛え上げる。

 この場合、AIは過去のデータと経験に基づき、非線形的に行動を調整する。こうしたアプローチは、ルールが不明確で結果が予測できない常に変化する状況においてとりわけ有効だ。

 その一方で、問題もある。機械学習にはより大きなデータが必要で、それを扱うコンピューターへの負荷も大きくなる。

 くわえて、AIがなぜその行動を取ったのか、その理由を理解することも容易ではない。このことは、人間のパイロットとAIが協力するうえで無視できない要素となる。

 なぜならパイロットがAIを信頼できるかどうかに直結するからだ。パイロットがAIを信頼できるパートナーとして認めなければ、両者の関係がうまくいくことはないだろう。
10
パイロットと機械学習AIの比較 / image credit:DARPA

人間パイロットとのドッグファイトでAIを訓練

 カリフォルニア州エドワーズ空軍基地で繰り広げられているドッグファイトは、こうした問題を解決するためのものだ。

 ドッグファイトは現代の戦闘では滅多に起きないかもしれないが、近接した戦闘機同士のやり取りは複雑で予測不可能であるため、AIを鍛えるのにぴったりなのだ。

 また、AIが命令を守るかどうかを確かめることもできる。模擬戦とはいえ、戦闘機同士がぶつかったり、橋や建物に衝突したりすれば、危険なだけでなく、その被害額も高額だ。

 ゆえにAIには、これを防ぐための厳格な安全ルールに従う能力が求められる。
12
DARPAの監督の下、AIと人間の大空の戦いが繰り広げられている/US Air Force

 年内を通して続けられる今回のテストは、AIシステムを調整し、その使用に関する倫理的基盤を確立し、なによりAIに対する人間の信頼を調べることを目的としている。

 X-62Aの機体自体はAIが操縦するが、万が一のために人間のパイロットが同乗しているのだ。

 そして、これまでのところ21回のテストフライトが行われ、ソフトウェアのプログラム10万行以上が書き換えられたという。
DARPA ACE & USAF X-62A Achieve World First for AI in Aerospace


 ACE計画が成功すれば、これまで人間が行なっていた戦闘機の操縦や戦闘はAIが引き継ぎ、人間は作戦においてより重要な部分を監督する司令官的な役割を担うようになるかもしれない。

 こうした戦闘機用AIの最近の発展について、フランク・ケンドール空軍長官は、変革の瞬間であると述べている。
自動的な空対空戦闘の可能性は何十年も前から思い描かれていましたが、いままで現実には遠い夢でした。

しかし2023年、X-62Aが戦闘フライトにおける最も重要なハードルのひとつを突破しました。これはX-62A ACEチームの画期的な成果によって実現した、まさしく変革の瞬間です(フランク・ケンドール空軍長官)
References:ACE Program Achieves World First for AI in Aerospace / Video: World's first dogfight between AI and human pilot / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
世界初、AIが戦闘機を17時間にわたり完全無人操縦。さらには2機でドッグファイトも


AIが操縦した戦闘機がドッグファイトで人間のパイロットに勝利(中国)


アメリカが月面鉄道に本格着手。DARPAが軍需企業と開発契約を交わす


戦場の衛生兵をリアルタイムでサポートするAI拡張現実ゴーグルをDARPAが開発中


米軍の輸送機が無人航空機(ドローン)の空中回収に初めて成功

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 20:22
  • ID:G.ahzW7A0 #

シミュレーターがかなりマクロスプラスっぽいイメージだ
しかしドッグファイトは時代遅れか
現実はフィクションの先に進んでいるんだな

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 20:29
  • ID:A4kdTMVt0 #

早く雪風(FFR-41MR)を開発してちょーだい!

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 21:06
  • ID:zjhXLf9P0 #

今のAIの進歩を考えると、戦闘マニューバで人間有利なのは逆に不思議
G耐性が比べるべくもないはずなんだが

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 21:07
  • ID:aFBu.agx0 #

エレガントではないな…

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 21:23
  • ID:a..gYvW40 #

雪風様が現実に!

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 21:58
  • ID:x0Qujbqx0 #

騎士の価値を問うな

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 22:12
  • ID:kssOdjJq0 #

少なくとも航空力学上で飛行できるが耐空能力丸無視の機体を設計し始めれば人間では手を打てないだろうな。
20G overの機動性はあるが2回ぐらいしかつけなくてもAIなら量産できれば使い捨てで構わない。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 22:27
  • ID:6a8bqavG0 #

ドーサルスパインがついてるのは、イスラエル仕様機の設計取り入れてるからか

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 22:34
  • ID:tVD7P.rv0 #

>>3
AI(人工知能)という名前で誤解されてるけど
実際には意識を持って考えてるわけじゃないからね。

イラストを描くAIも取り込んだ膨大な人間の絵のデータから
指定されたキーワードと一致するポーズや形、色を引き出して
命令者にリテイク出されたらその都度データを出入力する。

描いてるAIは絵という概念も理解せずに当たりを引くまで
むしろ思考停止でひたすら総当たりで命令を実行してるだけで
他人の絵を取り込み続けても少ない命令で思い通りになる確率が
上がるだけだったりする。

戦闘機のAIも敵を認識してこう戦おうかなと考えてるわけでなく
敵を撃墜した判定をもらうという結果に至るまで総当たりで
片っ端から出鱈目な動きを繰り返してるんだと思う。

もちろん効率的にその目的に至るために
開発者の人間によって大体の方向性は修正されてるはずだけど
手当たり次第にやってる内に何時かその最適解を見つけるまでは
自分が何をしてるか分かってる人間に勝てない。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 22:45
  • ID:jUnIoFxs0 #

ゴーストX-9が現実化されたら並の人間では足元にも及ばない強力なAI戦闘機になりますね

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 22:53
  • ID:LEhCzrtT0 #

エリア88を思い出してしまった
リアルの時代もここまで来ているのだなぁ…

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 23:10
  • ID:x2zsvAHf0 #

>>1
既に 1980年代には長距離ミサイルが実用化されていて、F-14が視野外(要するに遠くて見えない)の撃墜とかしてるから、アメリカでは既に格闘戦というのは前世紀の出来事なんだろう。
撃墜された側のパイロットのインタビュー記事もあって、突然レーダー警報が鳴ってどうしたんだ?周りには他の脅威となる戦闘機などはいないぞ、まーた故障かぁと警報機のスイッチを切ろうとしたら僚機が突然爆発、自身の機体の横をミサイルが飛んできて近接信管で爆発、そのまま操縦不能になり緊急脱出してなんとか命だけは繋いだとか。F-14の超強力なレーダーで100km以上先の戦闘機に照準をつけてミサイルで撃墜、今の戦闘機は当時のF-14よりも更に強力かつ精密だろうから探知や照準距離も凄いだろう。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 23:18
  • ID:x2zsvAHf0 #

2000年代に漏れ聞こえてきたのは東南アジアの某国で中共人民解放軍空軍の戦闘機と某国の西側戦闘機での演習だと230km先から人民解放軍空軍の戦闘機が撃墜されたりしていて人民解放軍空軍の戦闘機が演習敵機の姿を見ることなく全滅ということだったな。
逆に格闘戦になると勝率が高かったようだ。
格闘戦というのは短距離ミサイルと機銃を使っての戦闘だから本当に敵も味方もそれしか攻撃手段がないって状態になったうえで戦闘しなければいけないという条件がついたら発生するくらいしか考えられないんだよね。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 23:26
  • ID:AARJSjO50 #

そのうち戦争は兵器が勝手に戦って勝敗の報告を聞くだけのものになるのかねえ

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 23:47
  • ID:x2zsvAHf0 #

>>1
アニメでドッグファイトが多用されるのは、かっこいいからだぞ
戦闘で剣が使われるのも同じ理由だ。

16

16. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 23:51
  • ID:MgJ9nLkq0 #

変な加速をすると部品の損耗が激しくなるので
損耗率の高いパイロットは怒られるって話を聞いたことがあるし
その部分でもオートメーション多くなる方向は便利だろうね

17

17. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 00:10
  • ID:jzSVYZiK0 #

>>14
やがてコンピューター同士の血の流れない戦争になって攻撃が当たったとされる地区の人は決まった数だけ安楽死とかね

18

18. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 00:17
  • ID:DnSzQpY50 #

壊れ物(人間)乗せなければ機体の性能フルに出せるってか?
ところで、雪風の新刊のスパン、もっと早めてほしい

19

19. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 00:31
  • ID:lcUUlo3r0 #

>>2
でもジャムがくるのは勘弁な!!

20

20. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 00:49
  • ID:Bp3PK.if0 #

昔ゴルゴで見たな
ようやく現実が追い付いてきたか

21

21. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 00:50
  • ID:OIhY2rvX0 #

>>3>>9
既に空対空戦闘ではアメリカ軍最高レベルのパイロットでも勝てないAIは開発されているそうだから
(特に現代戦闘機が行う高速での空対空戦闘は物理的にどうなるかが限られていて、航空自衛隊のアグレッサーでも「どういう状況でどうしたらよいかは誰にきいても(表現は違うかも知れないが)同じことを答える」というくらい)、
米軍がまだ不満を持っているというのは、
敵と遭遇した後の直接戦闘の能力ではなく、
それを取り巻く、作戦を与えられたら敵との遭遇率を下げるためにどう立ち回ったらよいかとか
こちらに気付いていない敵を発見した場合にそもそも戦闘すべきなのかとかの
判断能力の部分なのではないだろうか。
「こういうときにはこうするだろう」という、いわゆるツーカーの理解が出来るかを含めて。

22

22. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 02:03
  • ID:UuI.lPiL0 #

> 第5世代と位置付けられる現代の戦闘機の設計思想において、戦闘機はセンサー・武器・指揮統制システムなどで構成されるグローバル・ネットワークの一部とみなされている。

> こうしたシステムにおいて、戦いは人間が敵影を目で認識する前にすでに開始され、水平線の向こうにいるターゲットの撃墜が試みられる。

> だから戦闘機同士が接近して、相手の背後を取り合うような激しい戦闘はもはやない。

この意味を分かる人いますか?

誰か説明して

23

23. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 03:46
  • ID:A8XGRYn70 #

板野サーカスは見れんか…

24

24. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 04:14
  • ID:jCOJo7xE0 #

もっと進歩してAIがガチになったらおっとろしー

25

25. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 07:11
  • ID:TtdRi3UZ0 #

F16は美しい

26

26. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 07:27
  • ID:diNcXR0w0 #

GジェネのAIアムロみたいなのができるわけか

27

27. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 07:30
  • ID:71eu39fm0 #

>>19
大統領だってぶん殴って見せらぁ

28

28. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 08:45
  • ID:7OLNgCD60 #

>>7
それ、なんてミサイr・・・

29

29. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 08:50
  • ID:7OLNgCD60 #

>>14
多分兵員の命のやり取りがないと勝負をつけようということにはならんと思いますよ。
互いにお金ももったいない(それに兵力が疲弊したとき第三国が参戦して漁夫の利もあるし)ということですからね。そういう面からも腕力勝負でない外交ばかりになると良いなぁとウクライナ方面やイスラエル方面を見て強く思います。

30

30. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 08:55
  • ID:AAuv71TW0 #

AIが収集した情報をAIが選別・処理してAIが行動や脅威度を判断してAIの操縦で兵器が動く……人間の役割は「やるかやらないか」の決断だけになっちゃうんだろうな。

31

31. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 09:08
  • ID:qAB2gKDX0 #

昔、STEALTHという映画があってね(´・ω・`)僕はそれが好きだったんだ。現実になってきたね

32

32. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 09:22
  • ID:sZC3XUtU0 #

人間が乗るとGの問題で動きに制限が有るけどAIだけなら機体の限界まで動かせるわけだから
人間が乗らない方が良さそうではある

33

33. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 09:24
  • ID:ny4mQ2.E0 #

>>3
現実には人間よりも機械の方がGに弱い。
人間が耐えられるGでも深刻な損傷に繋がる危険があって整備が大変だから、不要な高G機動をすると怒られる。Gメーターごまかしたパイロットがもっと怒られたりなんて話もある。

34

34. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 10:09
  • ID:tCEAbQL60 #

>>2
同じこと考えた人いてめっちゃ嬉しいわ!

35

35. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 10:21
  • ID:a2nP4RYB0 #

熟練の戦闘機パイロットを育成するには、
多額の費用と長期間の訓練と、それ以前に適性に優れた人材が必要だ
という事を考えると、AIが熟練のパイロットに代わるものになるのなら、
それに越したことは無いよね。
人命を重んじるということよりも、合理的で冷徹な計算によるものだと思う。

36

36. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 11:50
  • ID:LIURwt.y0 #

>>9
そう。実はそうなんだよ。
以前ここでそれ書いたらすごいマイナスつけられたわw
aiとは名ばかりなんだよね実は。

37

37.

  • 2024年04月26日 12:06
  • ID:vbdauWPT0 #
38

38. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 12:51
  • ID:b6oYpfwe0 #

>>22
えっ、どこが判らないの?
噛み砕いて説明してあるけど?

39

39. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 12:53
  • ID:b6oYpfwe0 #

>>35
撃墜されても、撃墜直前までのデータを新しい機体に注入すれば、撃墜直前までの熟練機体が出来上がるもんな。

40

40. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 13:17
  • ID:Kmf5s57C0 #

>>22
もう誰か書いてあると思うけど、文章をそのまま解釈するなら
>第5世代戦闘機は、以前のような「個々が自立して活動する兵器」ではなく、電子情報上のネットワーク端末の一部である。戦闘機のパイロットが個々に敵を発見して戦闘を開始するようなことはなく、敵の発見はパイロット以外の機器によって行われ、その情報を元に、パイロットが敵を目視する以前にミサイル発射などの戦闘行為が行われる。今までのように接敵して撃ち合うようなことはない。
と書いてあると思います。

41

41. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 13:23
  • ID:LIURwt.y0 #

>>22

専門家じゃないけど。アメリカは世界中の宇宙、高高度、地表、海中にありとあらゆるセンサーを張り巡らせてる。

それぞれが情報出すわけよ。どこどこの基地から航空機の発進があった、上から見た形状からこれは○国のステルス機である。どの方向に時速何キロですすんでいる。何機編隊である。って感じで。ステルス機なんて所詮、レーダーで捉え続けるのが難しいってだけだしね。高高度以上の衛星のレンズは上から見てるのよ。

それをF35みたいな航空機が情報を統合して、映像化まで行う。そして味方に共有しちゃう。共有された情報を元に敵が何目的の行動してるのかも予測する。ついでに攻撃するなら最も効率のよいものが攻撃を行えばいいので、そいつに攻撃指示をだす。

つまりドッグファイト仕掛けるよりより堅実で効率の良い攻撃を敵がしらない間に仕掛ける。NCWってやつだ。最初に考えたのは中国だけど、最初に実現しちゃったのはアメリカ。

42

42. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 14:19
  • ID:KWW8kpzU0 #

つまり従来の戦闘機に対してステルス機が相手だと敵が見える前にミサイルが飛んできて気づく前に〇にます。ドッグファイトなんて起きやしない。ゲームだったらクソゲーです。

43

43. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 14:22
  • ID:22jPevLC0 #

>>41
その言い方は、ちょっと恣意的だな
最初に考えたのは「孫子」を書いた孫武じゃないかな。
「彼を知り己を知れば百戦殆からず」のことだろうけど、孫武は、紀元前5世紀ごろの人物だから、今の中華人民共和国とは全く関係ないよね。

44

44. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 14:25
  • ID:22jPevLC0 #

>>41
その言い方は、ちょっと恣意的だな
最初に考えたのは「孫子」を書いた孫武じゃないかな。
「彼を知り己を知れば百戦殆からず」のことだろうけど、孫武は、紀元前5世紀ごろの人物だから、今の中華人民共和国とは全く関係ないよね。

孫子の兵法にあるように事前に敵の情報が判っていて、こちらの戦力も判っていればこちらが最も有利かつ敵のが最も不利な状態で迎え撃つ事ができるって事を現代の情報システムを活用してると言う事。

45

45. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 14:46
  • ID:L00g7K.O0 #

>>36
今はAIと言う言葉が広くなり過ぎたから本当に思考するAIにはAGIを使った方が良いかもね

46

46. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 14:52
  • ID:L00g7K.O0 #

>>12
技術も物量もを潤沢に持っていて、外しても次々新手を送り込めるアメリカならではと言った気もする

47

47. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 20:24
  • ID:TFvaRLi70 #

>>42
ステルス機は監視衛星から丸見えだからレーダーに映っていなくとも撃墜可能だったりする

48

48. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 20:27
  • ID:TFvaRLi70 #

>>14
占領するのは無人機では今のところ無理なんだよなぁ

49

49. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 23:08
  • ID:FznYWizL0 #

>>42
これは現実世界なんだ

君は撃ち落とされて命を落とす方が良いみたいだけど、現実世界には撃ち落とされて命を落としたくない人のほうが多いんだよ。

50

50.

  • 2024年04月27日 06:17
  • ID:6qIJmwb.0 #
51

51. 匿名処理班

  • 2024年04月27日 07:08
  • ID:vr1s6DZb0 #

>>17
それ、テレビ版スタートレック「宇宙大作戦」に有ったストーリー

52

52. 匿名処理班

  • 2024年04月27日 18:11
  • ID:K.8VD.1v0 #

>>6
>>36
今のAI(深層学習)はパターンを学習してそれに基づいて結果を出力してるから
いちいち総当たりで最適解を導き出しているわけではないよ

53

53. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 05:13
  • ID:INjFx.tj0 #

エースコンバット3かな?
現実がフィクションに追い付きつつあるって感じ

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links