マウスの思考は人間の赤ちゃんに似ている
 マウスは考えられている以上に賢かったようだ。何かを学習するときは、まず仮説を立て、それを検証するという非常に戦略的なやり方で進めていることが判明したという。これはまだ言葉が話せない人間の赤ちゃんと同じやり方であるという。

 ジョンズ・ホプキンス大学の神経科学者キショア・クチボトラ氏は、「私たちの考えでは、動物も人間と同じように仮説を立て、それを検証することができると思います」と語る。

 『Current Biology』(2024年4月26日付)に掲載された動物の認知についての最新の研究は、いずれ動物の戦略的思考を支えている神経基盤の特定につながるかもしれない。

賢いはずのマウスの不可解なミス

 マウス(ネズミ)は小さな体ながら感情豊かで社会性がある。傷ついている仲間を見ると悲しくなるし、ストレスを抱えてうつ病にもなる

 また非常に賢く、車の運転を覚えて乗りこなすこともできる。

 マウスは実験動物としてよく研究に使用されるが、賢いはずのマウスが、不可解なミスをすることが良くあるという。

 やり方をきちんと知っているはずなのに、なぜ間違うのだろう?科学者らは疑問に思い検証することにした。
4
photo by iStock

マウスは何かを試すためにミスをしていた

 間違うはずのないミスをする理由として、2つの可能性が考えられた。

 1つはストレスを抱えて普段通りに行動できない、もう1つはわざと間違えて、意図的にミスをしているかだ。

 クチボトラ氏らはどちらが正解なのか解明するために、マウスに2種類の音を聞かせるという実験を行った。

 1つの音が鳴ったとき、車輪を左に回せば美味しいおやつをもらえる。もう1つの音が鳴ったときは、車輪を右に回せばおやつをもらえる。

 そしてこの実験を連続して行うと面白い行動が観察されたのだ。

 マウスはまず車輪を少し左に回してから、右回しに切り替えたのだ。

 こうした行動は、マウスが何かを試しているらしいことを示している。まずは軽く左を試してどうなるか確認し、それから右を試すのだ。

 従来の実験では、マウスがミスをすればただのミスとしかみなされなかった、こうした実験結果からは、ミスに思われる行動でも性質が違うものもある可能性がうかがえる。
3
マウスは何かを試そうと意図的に間違いをおかしていた / image credit: JOHNS HOPKINS UNIVERSITY

マウスは試行錯誤し、戦略的な行動をとる

 では、正解すればもらえたはずのおやつを与えないとどうなるだろうか? この実験ではもう1つのすごい事実が明らかになっている。

 先ほどと同じ設定で、正解してもおやつを出さず、すぐさま実験を続けると、マウスは正解を連発するようになるのだ。

 それが意味するのは、マウスが車輪を回したとき、おやつが出ると予測しているということだ。そうでないなら、おやつが出なかった後で、行動に変化があるはずがない。

 マウスが正解を連発するようになるのは、おやつが出なかったときに何かがおかしいと意外さを感じたからだ。それは彼らの頭には、事前に仮説が立てられていたことを示している。
学習のごく最初の段階で、マウスは予測するようになります。そして人間がその予測に背くと戦略を変えるのです(クチボトラ氏)
 こうしたマウスの戦略は、まだ話すことができない人間の赤ちゃんの学習方法によく似ているという。どちらも非常に探索的で、さまざまな方法で仮説を検証する。

 研究チームは今後、こうしたマウスの戦略思考を支えている神経学的な基礎を明らかにし、それらがさまざまな動物でどのような違いがあるのか比較してみたいとのことだ。

References:Test reveals mice think like babies | EurekAlert! / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
ネズミも人間と同じように想像力があり、空想の世界を旅することができる


ネズミは人間と同じ共感力を持っている。傷ついている仲間を見ると悲しくなる(オランダ研究)


これはすごい!車の運転を覚えたペットのネズミがマイカーを乗りこなす


マウスも人間同様、社会的地位を失うとうつ状態になることが判明


ストレスは遺伝する。マウスの父親は精子を介して子孫にストレス反応を伝えていることが判明

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 10:26
  • ID:krHT3ioA0 #

進化のヒントは好奇心

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 10:39
  • ID:gkdJE2Qa0 #

どんな動物もそうだと思うよ(´・ω・`)

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 10:48
  • ID:68rZwcos0 #

🐭「ビッグマウスで言ってるわけじゃない」

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 10:50
  • ID:rkFtrFCU0 #

生死に直結するんだからそりゃあ御飯が絡む事は試行錯誤するだろうなぁ

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 11:56
  • ID:n.wTe9mY0 #

>>2
そうなんですか?動物に詳しいんですね。
それで、証拠は?論文は?それってあなたの感想ですよね

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 12:53
  • ID:s0lAhm0E0 #

頭は俺よりいいみたいだが
強さは?俺の勝ちだろ

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 13:50
  • ID:5QvzIuzm0 #

>>5
カラパイアのコメ欄はいつから感想禁止になったの?

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 20:40
  • ID:gkdJE2Qa0 #

>>5
スゴい!完璧な ひろゆき構文だ!(´・ω・`)

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 21:21
  • ID:kc9RQ1Op0 #

>>6
おう、頭じゃあオレら
ネズミっちに勝てねーかもしんねーけど
腕っぷしなら負けねーもんな!

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 04:18
  • ID:a6.eqqrP0 #

>>6
力こそ正義!

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 04:30
  • ID:LD6mV6.d0 #

家のネズミ駆除したことあるけど悲しくなってきた…

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 04:58
  • ID:INjFx.tj0 #

>>7
相手にしない方が良いよ
そういうタイプは…
ここも変な奴がチラホラ増えてきてるねぇ
ネットはどんどん嫌な場所になりつつある

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 18:59
  • ID:.GkDzAJa0 #

記事後半の「正解してもおやつをあげないと(わざと)失敗しなくなる」っていうのが、
なんで記事前半の「マウスはわざと間違えることで何かを試しているかも」を証明してるのか分からない😢

頭いい人解説お願いします

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 21:48
  • ID:kNcB8tan0 #

>>13
多分なんですけど、「わざと間違えることで」右の左のと試したあとに、「ははーん、これは左に回したら美味しいのが出る仕組みだな、理解した!」って仮説を立ててそれを基に行動したにも関わらず、その仮説を裏切る結果(美味しいのが出ない)が出たときに「なんでや、おかしいやないかい!」ってムキになって検証をし続けてるんじゃないですかね。
もしネズミが仮説をたてていなければ、「正解してもおやつが出ない」という事象に直面しても、なんとも思わないはずなので、行動は変わらないはずです。
後半が前半を証明しているのではなく、前半がなければ後半がなりたたないって関係かなと思います。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月08日 02:54
  • ID:5DKVcIU90 #

>>13
リンク先の元記事を読んだ印象では、
正解を連発とか
わざと失敗しなくなるというより、
「正しい手順を踏んだのに賞品が出てこなかったら、
再試行に投入された時
すぐさま正解の右回しを何度もガチャガチャやって
さっき取りそこねた賞品を出そうとする」
って感じに思えた。

自動販売機にお金を入れたのにジュースが落ちてこない時、
何度も商品ボタンを連打するような感じで。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links