アマゾンのジャングルで2500年前の古代都市を発見
 樹木が生い茂るアマゾンのジャングルの中に、約2500年前の古代の大都市がひっそりと隠されていた。

 この都市はマヤよりも大きく、アマゾンに住む人々の歴史に関して、これまでわたしたちが知っていることを覆すほどの発見だ。

 南米エクアドル東部、ウパノ地域で発見されたその古代都市は少なくとも1000年続いたとみられており、住居や広場は、道路や水路でつながった驚くべきネットワークを構築していた。

 この地域は豊かな土壌を育む火山のふもとにあるが、コミュニティを破壊してしまうほどの災害もあったことだろう。

2500年前に存在したマヤよりも巨大な都市をアマゾンで発見

 南米ペルーのマチュピチュのような高地の都市についてはよく知られているが、アマゾンの人々は皆、遊牧生活をしているか、小さな集落にこじんまりと暮らしていたと考えられていた。

 ところが今回発見された都市はとても大きく、道路や水路が整備されており、驚くべきネットワークを形成していたのだ。
これはアマゾンでこれまで知られていたどの遺跡よりも古いものです。

わたしたちは文明に関してヨーロッパ中心の見方をする傾向にありますが、この発見は、文化や文明とはなにかということについての知識を一変させてしまうようなものです
 フランス国立科学研究所の調査責任者であるステファン・ロスタン教授は言う。

 研究報告書の共著者であるアントワーヌ・ドリソン博士もこう述べている。
わたしたちのアマゾン文化に対する見方を変えるような発見です。

たいていの人は、アマゾンでは裸の人間の少人数グループが、土地を切り開きながら掘っ建て小屋で暮らしていた姿を思い描くかもしれません。

ですがここにあったのは、複雑に発達した都市社会に住んでいた古代人たちの姿なのです
 見つかったこの都市は、およそ2500年前に造られ、人々はここに1000年間ほど住んでいたと推測されている。

 特定の時期にどれくらいの人々が住んでいたかを正確に推定するのは難しいが、十万単位とはいかなくても、数万人は確実にこの都市に住んでいただろうという。
1
2024 年1月に研究者によって提供されたアマゾンの大都市のLIDAR画像 / image credit:Stephen Rostain

LIDAR技術によって明らかになる古代の驚くべき都市ネットワーク

 研究者は、地上での発掘調査だけでなく、飛行機からのレーザー光を使ったセンサーを活用して、300平方kmの範囲を測定し、深い森の木々の下に埋もれた都市の痕跡を特定した。

 レーザー光を使って対象物までの距離や位置、形状を測定するLIDAR(ライダー)技術の発達のおかげで、ここ最近、知られざる古代遺跡が次々と発見されている。

 今回もLIDAR技術によって、長さ20m、横10m、高さ2〜3mの長方形の高台が6000も見つかった。

 中心となる高台がある広場の周囲を囲むように、これら高台が3〜6個集まって配置されていた。

 研究者は、多くは住居として使われ、一部は儀式用だったのではないかと考えている。キラモペで発見された都市には、縦140メートル、横40メートルもの大きな高台があった。

 丘を切り崩して、その上に土を盛って高台が造られたようだ。広大な範囲に人が住んでいたことがうかがえる。
no title
広大なエリアには、道路、小道、運河が居住区域につながっておりネットワーク化されていた / image credit:Stephen Rostain

 これらたくさんの高台は、まっすぐな道路や小道でつながっていて、中には全長25kmにもなる道もあった。

 こうした道路網の調査がもっとも衝撃的だったとドリソン博士は言う。
とても高度に洗練された道で、広範囲に張り巡らされていて、かなり遠くまでつながっています。驚いたのはこれらが正しい角度で造られていたことです
 まっすぐな道を造るのは、地形に沿った道を造るのよりも遥かに難しいのだと博士は説明する。

 これら道の中には、儀式や信仰といった強力な意味がこめられたものもあったようだ。

 さらに、両側に溝がついた土手道については、この地域の豊富な水を管理するための水路だったのではないかと、専門家は考えている。
3_e0
地内いたるところで土製の高台が発見された / image credit: Stephen Rostain

過去に災害にあった形跡も

 また、この都市が危機にさらさられていたらしい痕跡も見受けられた。一部の溝は集落の入口をブロックするように造られていて、これは火山のふもとに住む人々がなんらかの脅威を感じていた証拠ではないかという。

 この都市の痕跡は1970年代に初めて発見されたが、今回は25年にわたる研究の末、初めて完結した包括的な調査ということになる。

 本調査により、アマゾンに大規模で複雑な社会があったことが明らかになった。これは、メキシコや中米のよく知られたマヤ社会よりもずっと大きな都市だったようだ。
マヤのような文明が新たに見つかり、それがまったく異なる建築物や土地の利用の仕方、陶器を造っていたと想像してみてください
 英エクスター大学のホセ・イリアルテ考古学教授は語る。

 八角形や長方形をした高台が並んでいるものもいくつか見つかっていて、南米にしては珍しい遺物だ。

 集落間には、掘ったような長い道があったため、このコミュニティが高度に組織化され、互いにつながっていたことがわかるという。

ここに住んでいた人々の社会や暮らしについてはまだ未解明

 だが、ここに住んでいた人たちや彼らの社会については、あまりわかっていない。

 高台からは、穴や炉、壺、植物をすりつぶす石、焦げた種子などが発見されている。

 キラモペとウパノに住んでいた人たちはおそらく、農業中心の生活だったのだろう。彼らはトウモロコシやサツマイモを食べ、ビールに似た甘いチチャを飲んでいたと考えられる。

 ロスタン教授がここの調査を始めた当初、だいぶ脅かされたという。当時、専門家たちはアマゾンの古代人が大規模集団を築いて暮らしていたはずはないと考えていたためだった。
でも、わたしは非常に頑固者だったので、調査を続行しました。その結果、このような大発見につながり、今となっては十分に満足しています
 次のステップは、これまでの調査地域に隣り合う300平方kmの未調査地域になにがあるのかを探ることだという。

 この研究は『Science』(2024年1月11日付)に掲載された。

References:Archeologists map lost cities in Ecuadorian Amazon, settlements that lasted 1,000 years / Huge ancient lost city found in the Amazon - BBC News / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
アマゾンの奥地で失われた古代都市を発見。上空からのレーザースキャナー技術で明らかに


アマゾンの村に宇宙を象徴したかのような広大なネットワークを発見(ブラジル)


失われた古代マヤ文明の遺跡が発見される。道路・貯水池・球技場を完備


コインでしか知られていなかった失われた古代都市「ナトウニア」を山中で発見した可能性


トルコで発見された円形の遺跡。失われた古代都市「ジッパランダ」か?

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年01月17日 23:12
  • ID:VOXfbJhw0 #

日本人が裸踊りしてどんぐり食べてた頃か

2

2. 匿名処理班

  • 2024年01月17日 23:50
  • ID:h.ix.W750 #

でも、発掘という名の破壊をしない様にして欲しいね。
最新の技術駆使して最小限に調査される事を願うよ。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 00:09
  • ID:q.a1VX020 #

※1
その説はすでに完全否定されていますよ。
最新の研究では遺伝子情報から縄文時代に小豆の栽培と品種の選別と改良が広く行われ、出土した漆器からもその薄さから鉄器の使用が確認されていたりしますから。

この記事にもあるように、最新技術で今まで分からなかった痕跡を様々な角度から発見できるようになってきているので、どんどん学校で習った内容と大きく変わってきている流れを楽しみましょう。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 01:12
  • ID:WXYA6NAq0 #

>>1
何言ってんの?
2500年前は紀元前5世紀で、すでに弥生時代が始まってたぞ
そういうのって小学校で習わなかったか?

5

5. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 01:42
  • ID:fUFddqRv0 #

>>1
そういう時代があったとハッキリわかるくらいに文化の痕跡が残ってて
そういう時代から異民族の侵略や人種や文化の断絶が起きずに
日本国として現代まで残ってるのは人類史的には凄いことだと思うけどな

6

6. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 02:22
  • ID:E2vWJqgv0 #

>>1
未だに縄文時代をそんな感じで理解してるアホがおって草
たぶん数十年前に学校で習った事をアップデート出来ないまま爺になったんだろうな

7

7. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 07:51
  • ID:KkAJXGjS0 #

このライダーっつう技術は革命だよな。
これが活用されるようになってからどんどん南米の遺跡とか発見されてる。
どういう原理で木とかを無視出来るのかは知らないんだけど。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 08:09
  • ID:C177M.4H0 #

『たいていの人は、アマゾンでは裸の人間の少人数グループが、土地を切り開きながら掘っ建て小屋で暮らしていた姿を思い描くかもしれません。』って、そらセンセー方が持ってた征服者的思想も絡んでるんじゃねーの

9

9. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 10:58
  • ID:j.mdx70G0 #

>>7
軍事や地球観測、地図製作、身近では車間距離測定まで段々広がってますねぇ
そして「宇宙考古学」はこれからも発展していきそうだ

10

10. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 13:40
  • ID:PQqrHUmp0 #

この時代に古代遺跡が新たに発見されるなんて思わなかった
夢がありますね

11

11. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 13:56
  • ID:j.mdx70G0 #

>>8
アマゾンで見つかる大きめの遺跡はインカ時代が大半で、それすらもジャングルに飲み込まれてほとんど発見されていない
また、紀元前500年前後だとメソアメリカでオルメカ文明が発展してはいたが、それ以外の南北アメリカで大規模な文明の痕跡は発見されていない
簡単にいえば「今までの知識では常識」であって征服者思想でもなんでもない

そして今回の"LiDAR"による発見は、メソアメリカ寄りの南アメリカ大陸北部で、
大規模文明の新たな発見につながっていく可能性になる面白さがある

12

12. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 14:07
  • ID:Vk1HNJ5u0 #

古代は高地の大都市が多いよね。
河川流域より暮らしにくそうに思うが。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 18:57
  • ID:IdC.cjwC0 #

LIDARは国内でも新たな古墳を見つけたり、それまでの通説より大きいことが分かったりと活躍してるな。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 21:33
  • ID:2WVzrQ1F0 #

>>12
赤道近くだと低地は暑すぎて環境が悪すぎるなんて話を聞いた気がする

15

15. 匿名処理班

  • 2024年01月19日 05:03
  • ID:0oFET1SF0 #

>>14
昔から偉い人は小高い丘の上とか高い所に住んで、卑しい人は川べりとか低い所に住んでたとも言うし、文明的な生活をするような層は丘や小山の上が居住地だったんだろうかね
(高いところのほうが遠くまで見渡せるし、バリケード築きやすいし、洪水で資産が流されたりもしないし、おまけに感染症からも逃れやすかったそうだから、支配者には都合よかったんだろうね)

16

16. 匿名処理班

  • 2024年01月19日 13:38
  • ID:zqdCvBjs0 #

ここも水悪くなって放置したかな
火山近いと鉱物も混ざるだろう

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links