0_e
 カザフスタン東部、タルバガタイ地区の人里離れた渓谷で、テュルク・カガン国の宗教施設が発掘された。これは、西暦6〜8世紀の西ギョクテュルク時代にさかのぼる遺物だ。

 エレケ・サジー・カガン複合施設と呼ばれるこの遺跡は、2016年から2018年にかけて、発掘が行われ、最近、考古学界で注目されるようになった。

宗教施設と黄金のベルトバックル

 カザフスタンの考古学者ザイノラ・サマシェフ教授らの発掘により、紀元前9世紀から紀元7世紀のさまざまな時代にわたるクルガン(古代の墳墓)が300以上も明らかになった。

 西部テュルク・カガン国の宗教施設の発見は、この歴史物語を変えた。

 この種の遺物としてはモンゴル郊外初の発見で、イスラム以前のテュルク(突厥)芸術や考古学の観点からすると、とくに興味深いものだ。

 発見されたものの中でとくに目を引くのは、ギョクテュルク・カガンの顔が彫られた黄金のベルトバックルで、このような遺物が発掘されるのは、史上初とのことだ。
1_e
ギョクテュルク・カガンが彫られたベルトのバックル / image credit:TRT Haber

 現場で発掘にたずさわった考古学者のひとり、セルハン・シナール博士は、この遺物について次のように語っている。
装飾の構図を見てみると、カガンはトルコ式の伝統的なあぐらをかいた姿勢で描かれていて、頭には三角の光輪のような王冠をかぶっています

カガンが座っている王座と、彼に仕える侍女が描かれているのもはっきりわかります。王座を囲む花は、仏教美術でよく使われる蓮の花だと考えられます

貴族と王族

 2021年の発掘で、貴族を意味し、王子と訳されるテギンの所持品が、エレケ・サジー・カガンのクルガンから見つかった。それは黄金のベルトバックルだったため、注目が集まった。

 黄金のプレートから作られたこのバックルには、王冠をかぶり、誓いの杯を手にして、玉座に座るギョクテュルク・カガンが描かれている。

 サマシェフ教授は、この装飾は単なる芸術作品ではなく、テュルク系民族の文学遺産だと強調する。

 ギョクテュルク族の文化的な慣習を詳しく掘り下げたサマシェフ博士は、ベルトのバックルを含めた遺物は、カガンの埋葬儀式のときに墓に納められた可能性が高いという。

 古代トルコ国家の支配の象徴である黄金のベルトからは、8世紀末との関連がうかがえる。

 バックルの持ち主は、その時代のカガンのひとりか、あるいはカガンの配下テュドゥンが、支配と忠誠を象徴する贈り物として、支配者の息子に贈ったものだった可能性がある。
ギョクテュルクの埋葬形式を見ると、死者の墓には必ず個人の所持品や武器をいっしょに納めることになっていたのがわかります。回収した遺物の中には、黄金のプレートで作られたベルトのバックルもありました
 サマシェフ教授はコメントしている。
Gokturk kağanının yuzunun olduğu bir toka bulundu

建築計画の分析

 エレケ・サジーでの考古学研究は、個々の遺物だけでなく、宗教施設の建築計画についての重要な情報を明らかにしてくれた。

 この敷地には、神殿、儀式のための通路、東側に増築された建物がある。あぐらをかいて座っているギョクテュルク・カガンやヤブクの花崗岩の彫像も見つかっていて、現在はアスタナにある国立博物館で保存されている。
3_e
この墳墓群は、中庭の壁に囲まれた別々のふたつの区画に分かれている。セクションが交わる部分には、共通の壁があるようだ。粘土質の土と砂利で作られた中庭の壁で区切られたこの場所の面積は、およそ90×50.9m / image credit:TRT Haber
もちろん、この施設の中心は、西ギョクテュルク・カガンのひとりを祀った建物でした。のちにこの場所は、残された人々のための崇拝の大中心地となり、ここに大きな霊廟が建てられました。

これは、カザフスタンのアルタイ地方、タルバガタイ山脈に最初に建てられた中心地だ。もちろんこの施設は、建築様式、埋葬儀式、回収された出土品、宗教的信仰の観点から、トルコ世界にとって非常に重要な意味のあるものなのです(サマシェフ博士)
References:Turk tarihinde ilk kez bir Gokturk kağanının yuzunun olduğu bir toka bulundu - Son Dakika Haberleri / Huge Turkic Khaganate Cult Complex Changes History of the Steppe | Ancient Origins / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
トルコの古代遺跡から未知の言語が記された粘土板が発見される


これまでに発見されたことのない青銅器時代の六角形ピラミッドが発見される


モンゴルに点在する古代巨石群「鹿石」の謎、未だその用途は未解明


トルコで世界最大級の古代地下都市を発見。収容人数は7万人


トルコで発見された円形の遺跡。失われた古代都市「ジッパランダ」か?

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年01月02日 20:15
  • ID:QZqoJyt60 #

アパートの鍵貸します

2

2. 匿名処理班

  • 2024年01月03日 00:03
  • ID:BXCgabCl0 #

古墳みたい

3

3. 匿名処理班

  • 2024年01月03日 06:03
  • ID:bPlQ3yzx0 #

>>2
平安時代にペルシャからの医学生が来ていた記述が残ってる位だから中東地域と色々文化的に繋がっててもおかしくないよ

4

4. 匿名処理班

  • 2024年01月03日 06:54
  • ID:fc.kOTt20 #

どのあたりが蓮の花なのかよくわからなかった

5

5. 匿名処理班

  • 2024年01月03日 08:20
  • ID:FXjl2AOk0 #

キン肉マンにもあったな、前方後円墳が(異世界への)鍵だったというネタ
・・・何となく我が国の前方後円墳(or前方後方墳)に構成が似ているのは偶然?

6

6. 匿名処理班

  • 2024年01月03日 10:16
  • ID:vv.MJLgn0 #

>>4
羽衣の両端みたいな部分が花なのかな
自分には双頭の蛇を肩に掛けているように見える

7

7. 匿名処理班

  • 2024年01月03日 10:46
  • ID:SH1O8RNk0 #

>>5
偶然というか必然。
お墓本体と参拝場所という形式だね。

日本の一般的なお墓でもこのような配置になっているよ。
神社で言えば、本殿と鳥居。
お寺なら、本堂と山門。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年01月03日 12:08
  • ID:FdD.7vTr0 #

>>7
鳥居は参拝場所ではないよ。
神社の参拝場所は「拝殿」と言います。
神社は本殿と拝殿。
寺は区別されていない。

9

9.

  • 2024年01月03日 20:18
  • ID:LSJrlSGT0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links