南極の氷の下で、1400万年眠っていた古代の風景を発見
 少なくとも1400万年もの間、氷によって隠されていた大昔の川や谷が、南極東部をおおう氷床の下で発見されたそうだ。

 気候変動に伴う地球温暖化が進む現在、気温の上昇によって南極の氷がどのように変化するのか理解するのは大切なことだ。

 その手がかりを得るべく、英国ダラム大学の氷河学者スチュワート・ジェイミーソン氏らは、氷河レーダーと衛星データで「東南極氷床」の下に隠された地形をマッピングしてみた。

 すると氷漬けになっていたおかげで氷河などの侵食を受けることのなかった、古代の風景が見つかったのだ。

気候変動で溶けだす南極氷床

 南極にある二つの大きな氷床のうちの1つで、地球上で一番大きい氷床である「東南極氷床(EAIS)」は、そのほとんどが海面よりも高い岩盤の上に乗っているが、そのイメージほど安定しているわけではない。

 地球の温度がじわじわと上昇している今、東南極氷床から解け出す水は、2100年までに海面を0.5mほど上昇させる恐れがある。

 温暖化が南極の氷床に与える影響はよくわかっていないが、もしかしたら将来的に起こる海面上昇の最大の要因になる可能性もある。

 だからこそ、科学者たちは南極の氷の下の地形をマッピングし、過去の歴史から将来を予測するヒントを得ようとしている。
miguel-mansilla-cdZh5dQ-muE-unsplash
photo by Unsplash

東南極氷床を調査したところ氷の下で古代の風景を発見

 今回、英国ダラム大学の氷河学者スチュワート・ジェイミーソン氏らは、南極の東にあるオーロラ氷底盆地やシュミット氷底盆地といった地域を調査し、東南極氷床の歴史を紐解いてみることにした。

 東南極氷床は、約3400万年前の南極大陸が氷におおわれた時代に形成されたものだ。そしてそれ以降、地球の気温が変化するのに合わせて、大きく成長したり、小さく縮んだりしてきた。

 とは言え、過去1400万年はかなり安定しており、広大な南極大陸の東部をずっとおおってきた。だが、地球が温かった時期にどのくらい小さくなったのかは不明だ。

 そして今回行われたスキャンでは、現在の氷床が海と接する場所から300kmほど内陸に行ったところに、大昔の地形がそのまま残されていることが明らかになっている。
1
南極東部の氷の下に隠されていた古代の風景を再現した図 / image credit:Stewart Jamieson/Nature Communications

 成長や縮小を繰り返す氷床の変化は、その下にある地形まで変えてしまうのが普通だ。だから、今回のように当時の姿のままの地形が見つかるのはとても珍しい。

 その地形は、幅40kmほどの溝で区切られた3つの「ブロック」で構成されている。

 それぞれのブロックは渓谷が織りなす複雑なネットワークにおおわれている。だが興味深いことにその地形のパターンは、現在その地域で見られる北向きのゆっくりとした氷の流れとは一致しない。

 つまり、氷の下の地形は、南極が氷におおわれ始めた氷期よりも前に作られたものだろうということだ。
4
上:オーロラ氷底盆地(ASB)の位置。下:過去5000万年における東南極の氷床の量と気温の変化 / image credit:Jamieson et al., Nature Communications, 2023

氷の下の地形は1400万年前に形成された可能性

 研究チームによれば、その大昔の地形は、ゴンドワナ超大陸が分裂したときにできた裂け目によって作られ、その後浸食されることで深い谷になったと考えられるという。

 こうしたことを踏まえると、氷の下の地形は1400万年以上前に形成された可能性が濃厚だ。

 だが川や谷がきれいに残されていることから、形成後すぐに氷におおわれたと考えられる。そしてそれ以降ずっと氷におおわれたままで、氷河などによる侵食を受けずに済んだ。

 1400万年の間冷凍保存されてきた地形だが、今後はどうなるかわからない。東南極氷床が作られた3400万〜1400万年前のように気温が3〜7℃上昇すれば、氷床の後退によって露出する可能性があるという。

 今回判明したように、ありふれた風景の中に古代の風景が隠されていたことを考えると、東南極氷床の下にはまだ見つかっていない昔の風景が残されているかもしれないそうだ。

 この研究は『Nature Communications』(2023年10月24日付)に掲載された。

References:'Frozen in time' landscape discovered under Antarctic ice / Scientists Discover Ancient Landscape Frozen in Time Under Antarctic Ice : ScienceAlert / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
南極の氷の奥深くには大量の生命体。中には未知の生物も


9000万年前、南極は緑豊かな森に覆われていた可能性が示唆される(国際研究)


南極の海で100万年前の古代生物のDNAを発見、これまで確認されたものの中で最古


過去20年で28兆トンの氷が消失。氷が解ける速度は加速しているという研究結果


目覚めさせてしまったようだ。永久凍土に閉じ込められていた4万8500年前の古代ウイルスを復活させる

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年10月27日 22:18
  • ID:nviSwliv0 #

アトランティスやん!

2

2. 匿名処理班

  • 2023年10月27日 22:46
  • ID:HLE85wfZ0 #

俺のポケットには大きすぎらぁ

3

3. 匿名処理班

  • 2023年10月27日 22:53
  • ID:mVwH6aRc0 #

一メモリ100万年のグラフかあ……

4

4. 匿名処理班

  • 2023年10月28日 07:30
  • ID:DGkmo9Mb0 #

南極の氷が全部溶けるほど温暖化した時代でも動物も人間も平然と生きていた、という証拠だよね。
地球温暖化と二酸化炭素の恐怖に悩まされるている人は、落ち着いて地球の気候の勉強をするといいよ。

5

5. 匿名処理班

  • 2023年10月28日 10:13
  • ID:OyC7W.Gi0 #

君の住んでるところが水没するんやで?

6

6. 匿名処理班

  • 2023年10月28日 13:07
  • ID:58IB9b3B0 #

プレデターが帰って来る前に逃げんとイカン

7

7. 匿名処理班

  • 2023年10月28日 18:46
  • ID:okO1aAxx0 #

「古のもの」が見ていた風景か(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links