ニューヨークの脱走フクロウ、太ったネズミを食べまくり体重が2倍に
image credit:davidlei/Instagram
 今年2月、アメリカ・ニューヨークの動物園から脱走して有名になったユーラシアワシミミズクの“フラコ”を覚えているだろうか。

 セントラルパーク動物園で生後数か月から約13年間飼育されていたのだが、何者かによって囲いを破壊され、外に飛び立ってしまってから8か月が過ぎた。

 今もフラコはセントラルパークで自由を謳歌している。ニューヨークの太ったネズミを狩りまくってるようで、当時の2倍ほどの大きさになっているという。

 長い間飼育下にいただけに自然界で生き残れるのか、動物園側は心配していたが、フラコにとって大都会の片隅でやっていくことは何の問題もなかったようだ。

動物園の囲いが壊され脱走したフラコ

 何者かに囲いを破壊され、セントラルパーク動物園からユーラシアワシミミズクのフラコ(13歳 オス)が逃げ出したのは、2023年2月2日のことだ。

 フラコはセントラルパーク内にいるところを目撃され数週間を過ごしていたが、動物園の飼育員らは必死で連れ戻そうとした。

 飼育下で生まれたフラコが狩りのスキルを身につけないまま自然界に出ても、生き延びることができないのではないかと心配したからだ。

 しかしフラコは持ち前の優れた狩猟本能を発揮させた。

持ち前の狩りスキルを開花させ2倍の大きさに

 それを知った動物園側は救助活動を一時中断し、フラコに困難や苦痛の兆候がない限り、自活を試みさせると発表した。

 フラコのことがメディアやSNSで伝えられると、多くの人がフラコを見にセントラルパークへやって来た。

 現在、フラコはセントラルパークの豪華なアッパー・イースト・サイドの梢に住み続けることに何の問題もないようだ。

 むしろ、当初よりもフラコのサイズは2倍ほど大きくなっているという。

 それはフラコがニューヨークの都会に住む超えた巨大ネズミを捕食しまくっているからだそうだ。

ニューヨークのネズミ・ハンターになったフラコ

 フラコ(Flaco)はスペイン語で「痩せっぽち」を意味するが、今はその名が皮肉になってしまった。

 野生化してから約8か月が過ぎたが、フラコは自力で生きる術を素早く身に着け、今やニューヨーク市の巨大なネズミを狩ることにおいて右に出る者がいないというぐらいの「ネズミ・ハンター」になっているという。

 野生動物写真家、自然愛好家、観光客たちは、ぷっくりしたフラコが道端の木に止まり、ネズミを狩り、180センチほどの翼を広げる姿を披露する珍しい光景に魅了されている。
 ニューヨーカーのアンケ・フローリッヒさんは、フラコが一度に4匹のネズミを食べるのを見たと話している。
聞いたところによると、動物園で食べていたネズミの4倍分だそうです。

脱走して以来フラコは間違いなく大きくなり、大きな声で鳴くようになりました。彼の鳴き声は力強さにあふれています。セントラルパーク中に自分の声を響かせていますよ。

マッチョな筋肉も身にまとったフラコ

 セントラルパークから川を渡ってすぐのニュージャージー州に住むキャシー・ロブレスさん(73歳)は、フラコを見守る1人だ。
動物園では使う必要のなかった筋肉を脱走後は狩りをしたり飛び回ったりして使うようになったことで、マッチョになっているようです。

ネズミに飛びかかるフラコの足は巨大で、大きな爪がついた手のようです。歩くのはよちよちですが、足の筋肉と胸の筋肉をたくさん使っているんでしょうね。

フラコが人気なのは、ニューヨークのコンクリート・ジャングルで生き抜こうとするフラコの精神に多くのニューヨーカーたちが共感しているからだと思います。

最近は、ほとんどの人が自然界の物事に対してそれほど好奇心を示さないから、多くのニューヨーカーがフラコに反応するのを見るとうれしくなります。
 また、マンハッタンの人気バードウォッチングアカウント@BirdCentralParkを運営するデイヴィッド・バレットさんは、フラコが脱走してからの経過を追っているが、フラコは当初飛ぶのがあまり上手ではなかったと語る。
フラコは着陸も得意ではありませんでしたが、次第に上手になり始めました。

フラコが野生に適応した中で最も信じられなかったのは、狩りを学ぶ早さです。数日で狩りを覚えたことはほんとうに予想外でした。

歴史的に見てフラコのように飼育下で育てられた動物は、野生でうまく生き延びる能力を持っていません。彼らはサバイバル・スキルを学ばないのです。

フラコは、私たちの知る限り北米で唯一の野生のユーラシアワシミミズクです。だから多くの人がフラコに会うためにセントラルパークを訪れるのでしょう。

フラコはセントラルパークでカリスマ的存在に

 フラコはセントラルパーク動物園に到着したときまだ1歳にも満たなかったが、その後約13年間は飼育されていた。

 ユーラシアワシミミズクは極地圏と熱帯を除くユーラシア大陸の大部分に生息する大型種のフクロウの一種で、北アメリカには生息していない。

 バレットさんが言うように、フラコは北米で唯一の野生のユーラシアワシミミズクなのだろう。

 今ではフラコはすっかりカリスマ化している。

 ユタ州の技術労働者で野生動物写真家のライアン・ストットさん(46歳)は、有名なフラコ見るために、最近ニューヨークへの出張を1日延長したそうだ。
このような大都会で、珍しくて美しい鳥を見るという経験自体が信じられませんでした
 そう話すストットさんは、「フラコの体格がぽっちゃりしていて目立つため、冬を越せるかどうかという過剰な心配はしないようにしています」と付け加えた。

 ちなみにユーラシアワシミミズクの平均寿命は20〜30年ほどだ。

 自称「熱心なフクロウウォッチャー」で不動産業に従事するデイヴィッド・レイさん(35歳)もフラコに魅せられた1人で、たくさんの写真を撮影しインスタグラムアカウント『davidlei』でシェアしている。
フラコは毎回いろんな姿を見せてくれます。時にフワフワして大きく見えます。表情も豊かです。フラコがカリスマ的な存在である理由のひとつはそこにあるのでしょう。
 動物園の飼育員らも、逃げたフラコがここまでたくましく生き延び、有名になるとは思っていなかったに違いない。

 願わくばこのまま天命を全うしてほしいものだ。ニューヨーク、マンハッタンに行く予定のある人は、是非セントラルパークに立ち寄って、フラコを探してみてほしい。

References:New York City's Central Park Owl 'Flaco' is now TWICE as big as when vandals helped him escape zoo - after feeding off the Big Apple's huge rat population/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
動物園生まれのワシミミズク、柵を破壊され外に飛び立ってしてしまうも、自力で狩りに初成功


ヨーロッパ最大のフクロウ、アパート3階に巣を作る。3羽のヒナが窓越しからテレビ鑑賞(ベルギー)


なんという奇跡!ワシミミズクを観察していた動物愛好家の頭の上に着地して、ダンスを踊るワシミミズク


「え!?自分産んでる?」23年間オスだと思われていたミミズクが、卵を産むというサプライズ。本人もびっくり(イギリス)


ミミズクは一度信頼した人間に絶対的愛情を示す。命を救ってくれた獣医をギュッと翼で抱きしめ思慕の情を見せる(アメリカ)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 12:05
  • ID:vxhXsZaK0 #

逃げちゃったのは寂しいけど、このまま野鳥として生きるもよし

2

2. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 12:23
  • ID:J8gpVX8L0 #

ガチの自然界だったら厳しかったかもね。
ネズミ天国の大都市だからやっていけてるんだろう。
都会の巨大ネズミって警戒心薄くて太々しかったりするし。

3

3. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 12:23
  • ID:NOuDwvgL0 #

太りすぎて飛べなくなって捕獲されたりして
どこの大都市もネズミの繁殖に困ってるからフクロウに向いてるのかもね

4

4. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 12:31
  • ID:R3B8E3.a0 #

日本だと夜目が利かない小型の猛禽類が、夜も明るい都市部に進出して増えてるみたい。逆に夜目が利くフクロウにとっては、夜も明るい都会は狩りがしにくそうだけど、それでも獲物がとれるとはかなり優秀なんだろう。

5

5. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 12:33
  • ID:k7Fe.XOW0 #

ネズミ減らすためにフクロウ増やした方がよくね

6

6. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 12:39
  • ID:K7sskUyg0 #

ムッチムチで尊い

7

7. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 12:47
  • ID:jJ9zDpTr0 #

確かイギリスでネズミ食べ過ぎて太って飛べなくなったフクロウの話があったような。
フラコさんも食べ過ぎは注意ですよ。
それにしてもいい写真、かなり良いカメラとレンズ使ってるのかな。

8

8. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 12:49
  • ID:Wo2hv7tv0 #

賛否両論いろいろと考えさせられる記事だが
一つだけ確実に言えることは同種族の異性が近くに居ない事はこの子にとって不幸である

9

9. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 12:52
  • ID:ceZgX4Iv0 #

日本でも水族館を脱走したペンギンがムキムキになって帰ってきた、てのがあったっけ

10

10. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 12:53
  • ID:T6t7rWAG0 #

食べ物に困らないのは良いけど、パートナーと出会う機会が無いのはかわいそう。

11

11. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 13:02
  • ID:9xtEFfc30 #

ネズミ掴んでる写真が嬉しそうに見えて可愛い

12

12. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 13:14
  • ID:dCyBOjzh0 #

おお!元気にしてたんだね〜
前の記事読んだ時にこりゃそのうち自分から動物園に帰るかな〜と思ってたけど適応力凄い!
事故らず怪我せず病気せずで健やかに暮らして欲しいな。

唯一のってことは番や雛は無理とほぼ決定なのかな、それが少し寂しい。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 13:17
  • ID:3sU8jKQw0 #

1枚目の画像ほんと達磨さんみたいでワロ

14

14. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 13:26
  • ID:.mE8Jn2q0 #

ネズミ対策に同種を何羽か放すのも悪くないのかもしれん

15

15. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 13:28
  • ID:qI5doL640 #

これを見て、動物園から脱走させる人が増えない事を祈る。
記事になったのは無事なのが珍しいからだし、種類によっては殺さないとならない。

大都会といっても日本と違って自然に囲まれてるんだよね。
なんかうらやましい。
保護熊の施設もニューヨーク州にあったんじゃなかったかな。

16

16. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 13:46
  • ID:J8gpVX8L0 #

>>5
弘前のリンゴ農家がネズミ対策にフクロウの巣箱かけて
ネズミをかなり減らすことに成功したとか。

ただ都会でやるなら小型犬の夜の散歩は要注意になるかも。
ウサギくらいのサイズまで狩りの対象にするから。
まあ飼い主がそばにいればそうそう襲わないと思うけど。

17

17. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 13:55
  • ID:5QNnh3WK0 #

>>8
だから捕獲しなくていい判断に至ったんだろうけど(一代限りで生態系破壊の心配がないから)、複雑だよね

18

18. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 14:00
  • ID:3JznNYRV0 #

>>11
寝てるのかなカワイイ〜と思ってスクロールしたらネズミ掴んでて草だった

19

19. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 14:01
  • ID:3JznNYRV0 #

めちゃくちゃかわいいな
歌舞伎町にも出張で来てくれ〜

20

20. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 14:12
  • ID:W3o95eMk0 #

可愛い、ギュッと抱きしめて腹部を吸いたい。

21

21. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 14:23
  • ID:cECrCg5t0 #

>>5
本当、アメリカはネズミ多すぎ。堂々と昼間からそこら中いるし。
フクロウをペットとしてみんな飼ったら餌代なしで、ネズミも減るし、お得だよ。
このフクロウはめっちゃ大きすぎな感じはするが。

22

22. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 14:30
  • ID:aOTi2CTL0 #

>>8
おっと、俺に対するヘイトスピーチは
そこまでだ!

23

23. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 14:33
  • ID:DRWAvp.B0 #

ユーラシアワシミミズクの寿命は20〜30年らしいからあと5年位は外でもいいかな
生物って全盛期を過ぎて衰え始めると、飼育下ではまだまだ生きられても野生状態ではガクっと生存率が下がっていくからそうなったら回収してあげて欲しい

24

24. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 14:33
  • ID:cXnwrj4L0 #

ぶくぶく太る野生
次いつ食えるかわからんから食えるうちに食っておこう
となるのかな

25

25.

  • 2023年10月12日 14:35
  • ID:JGhXh0Iz0 #
26

26.

  • 2023年10月12日 15:00
  • ID:CIZ89MpZ0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 15:34
  • ID:xEyl0vbN0 #

>>14
仔猫も狩られないか?

28

28. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 16:00
  • ID:uxhjuTCs0 #

>>15
都内に限れば広大な敷地とは言えずとも皇居をはじめ明治神宮やらそこそこあると思う
目黒の自然教育園とかここどこ?ってくらい鬱蒼としてるし
関東近郊の実家の方が延々と住宅地でつまらなかったな

29

29. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 17:15
  • ID:gCUESV5U0 #

ジャパリパークにいたフクロウかな?
すくすく育って大きくなーれ♪

30

30. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 18:00
  • ID:9xtEFfc30 #

>>24
美味しいものが一杯だからついつい食べ過ぎちゃってるような

31

31. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 19:31
  • ID:FhYzpFBl0 #

フクロウってなんでこんなかわいいんだろ

32

32. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 19:39
  • ID:.NvVXYoA0 #

ニューヨーカーは自由を愛し、生態系が乱れるとかいわずにほっといてくれるのですね。
一方、数年前千葉茨城であった脱走ミナミスジチョウは捕まえられてペットショプの檻にもどされました。
ごめんね。けつの穴小さくて。

33

33. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 21:04
  • ID:kOeF7kUM0 #

番のミミズクが居ないから生涯独身か

34

34. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 22:16
  • ID:9xtEFfc30 #

>>15
セントラルパークは自然の森をそのまま残したもの
昔にそういう都市計画の発想があったのは凄いね
日本で緑が多い都会となるとかなりの都心か新興都市になってしまう

35

35. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 22:18
  • ID:9xtEFfc30 #

>>32
千葉はキョンとカピバラでえらい目に遭ってるので…

36

36. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 22:38
  • ID:4zP1aVYo0 #

歌舞伎町に10羽放そう

37

37. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 00:22
  • ID:piBLhsc60 #

この子のために良かったとはいえ、動物園なのに北アメリカには生息していない種をほっておくのは無責任としか言いようがない
外来種を放って放置してる動物園って何だろう???

もう一匹セントラルパークに放す人がいたとしてつがいになったらどうするのかな
わざと嫌われがちなネズミの捕食の事だけ言ってるように感じるけど、他のフクロウ類も食べるし鳥も食べるし小動物全般を捕食する

38

38. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 02:58
  • ID:HsvZJrLV0 #

>>8
フクロウは基本的に単独行動する生き物だし、繁殖期は3月〜5月まで(つがいが成立して卵がかえれば5年ほど育てる)、だから、さほど単独でも問題ない生き物。

集団行動が前提の生き物が一匹だけだと、可哀想ではあるけどね。

39

39. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 04:02
  • ID:VejqOWTD0 #

すごいな〜野生にいるほうが大きくなるなんてこともあるのね。
脂肪+筋肉のレスラー体型になってるのかしら。

40

40. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 08:17
  • ID:kR1w.z5F0 #

飼育員がケチだったと思われるじゃないですか

41

41. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 08:48
  • ID:lMxhQQrw0 #

>>31
まん丸オメメにまん丸カラダだから
生理的かわよいと思ってしまうんだろうね

42

42. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 12:23
  • ID:b5XH5G4f0 #

>>37 そうだったのか。。。

43

43. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 12:31
  • ID:i9Z5rzLm0 #

(⌒◇⌒)ご満悦

44

44. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 14:17
  • ID:.oWvSJiF0 #

日本もミミズクやらフクロウが増えてくれるといいんだけどな
都会だとカラスパイセンに追い出されるんやろなあ

45

45. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 16:52
  • ID:RLFZyPMD0 #

>>37
リスとかも全部食われる

46

46. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 16:53
  • ID:jsuZuGJr0 #

>>36
カラスがめっちゃ攻撃するので1000倍は必要

47

47. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 19:15
  • ID:4KkepxfZ0 #

>>24
季節的に冬が近いのもあるかも

48

48. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 19:18
  • ID:4KkepxfZ0 #

>>2
外の生活に慣れる前に襲ってくるような動物が周りにいないのも幸いだったかも

49

49. 匿名処理班

  • 2023年10月14日 22:56
  • ID:MnbPLLSQ0 #

>>37
放置してるわけではなくモニタリングしてるから
貴重な動物(C.P.にいるかは知らないけど)を
捕食するようなことがあれば捕獲するんじゃなかろうか。

まあ動物園でずっとネズミを食べてきたわけだし
ネズミの豊富な今の環境なら無理に食べ慣れない他の動物を
捕食することはあまりないんじゃないかな。

50

50.

  • 2023年10月17日 14:31
  • ID:s8l.1eN30 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links