スペースデブリ(宇宙ゴミ)
 宇宙へ打ち上げられるロケットが増えるにつれて、スペースデブリ(宇宙ゴミ)もまた増えている。新たな研究によれば、地球に落下した宇宙ゴミによる死傷者が出る可能性は、今後10年で驚くほど高くなるそうだ。

 『Nature Astronomy』(2022年7月11日付)に掲載された研究では、今後10年で宇宙ゴミによる死傷者が1人以上出る確率を10%と見積もっている。

 宇宙の時代が幕を開けてから50年、宇宙の人工物の落下による死者はおろか、怪我人すらいないことを考えれば、これはきわめて高い確率だという。
広告

今後10年で制御不能のロケットが大量に大気圏に突入

 カナダ、ブリティッシュ・コロンビア大学のグループによる今回の研究では、軌道から外れたロケットについての30年分のデータが分析された。

 そうしたロケットはおよそ1500機ほどあるが、そのうち7割以上は制御不能に陥っている。

 先に述べた死傷者が1人以上出る確率、10%という数字は、今後10年で大気圏に突入するだろうロケットの数と、地上の人口分布との組み合わせから導かれたものだ。
iStock-1196467785
photo by iStock

危険度が高いのは赤道に近い緯度の地域や地方

 一番危険なのは赤道に近い緯度の地域や地方の人たちだ。

 ジャカルタ、ダッカ、ラゴスなどの赤道に近い緯度の都市は、ニューヨーク、北京、モスクワといった北半球の都市に比べ、ロケットが落下してくる確率が3倍も高い。

 ほとんどのロケットが米国、中国、ロシアといった北半球の国の宇宙プログラムで打ち上げられているのだからこれは皮肉なことだ。
iStock-953160162
photo by iStock

国家は犠牲者への損害賠償リスクをあえて負う

 ロケットの打ち上げでは、軌道に投棄されるパーツと地球に落とされるパーツがある。そのまま軌道に投棄されてしまったロケットの場合、やがて制御不能なまま大気圏に再突入してくる恐れがある。

 そのほとんどは再突入で燃え尽きてしまうが、それでも多くの場合かなりの量が燃え尽きることなく地上に落下する。

 だからと言って、そうしたロケットを制御しながら大気圏に落とすのはコストがかかる。技術的に高度だし、単純により多くの燃料が必要になるからだ。

 研究グループが懸念するのは、下手をすると、ロケットを改良するよりも、犠牲者に損害賠償を支払った方が安上がりになるケースがあることだ。

 研究では次のように述べられている。
損害賠償責任を負う可能性は、望ましい行動にもつながることもある。だが、この問題の場合、政府は、打ち上げ業者に高価な技術や計画変更を義務付けるより、あえて犠牲者に補償するわずかなリスクを負うことを選ぶように思える
 つまり、官民いずれの事業においてもしばしばあるように、損害補償リスクは、ビジネス上の単なるコストの1つとしてしか扱われないだろうというのだ。

 しかも「スペースデブリ」による被害を受けやすい国の中に、世界の最貧国が偏って存在するという事実もある。

このために、あえて損害賠償責任を引き受けるという選択肢は、より手軽なものとみなされる可能性もある。

 こうした危険性に対処するため、ロケットの制御された再突入を義務付ける国際条約について議論を進めるべきだと、研究グループは主張する。
4
photo by iStock

すでにもう、スペースデブリ落下は起きている

 スペースデブリは実際に落下してくることがある。

 ここ最近の例で言えば、2018年4月に中国の宇宙ステーション「天宮1号」が制御不能に陥り、南太平洋上空で大気圏に突入したことが比較的記憶に新しい。
 より最近では、2020年にやはり中国の大型ロケットから落下した金属片が、西アフリカ、コートジボワールの村に被害を与えたことがある。
 これによる死傷者はいないが、今回の論文が述べているように、それも時間の問題かもしれない。

References:There’s Now A 10% Chance Falling Rocket Debris Will Hit Someone In Next Decade | IFLScience / written by hiroching / edited by / parumo

追記:(2022/07/15)本文を一部訂正して再送します。
あわせて読みたい
ゾンビ人工衛星を燃料にするプラズマ推進器が開発される。宇宙ゴミ対策にも最適

中国の軍事衛星、ロシアのロケットが放ったスペースデブリにより崩壊した可能性

キノコが宇宙を救う。菌糸体で作った人工衛星でスペースデブリ問題を解決できる可能性

な、なんだってー!アメリカの上空に帯状に流れる無数の光が出現。分裂して落下したその物体の正体は?

宇宙ごみ大作戦。パックマンのように追いかけ回収したら大気圏で燃え尽きるゴミ収集機を打ち上げテスト(ESA)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 08:13
  • ID:1ffgqZ2h0 #

人一人の犠牲のほうが安く済むって発想めっちゃ怖いなぁ…

2

2. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 08:20
  • ID:gr9dbAu90 #

100年後の天気予報「今日は晴れ時々デブリ、お出かけの際はデブリ傘をお忘れなく!」

3

3. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 08:26
  • ID:MyUMfcup0 #

ダッカとラゴスは北半球では?

4

4. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 09:13
  • ID:t9a6OtZC0 #

やったもん勝ち状態よね

5

5. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 09:18
  • ID:s4XJOpPX0 #

10年で10%なら
過去50年で一人もいない結果と照らしても
何ら驚くほど高い数字には思えないけど

6

6.

  • 2022年07月15日 09:29
  • ID:3U9Fla.w0 #
7

7.

  • 2022年07月15日 09:48
  • ID:SJXfat7F0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 10:21
  • ID:2b8cd4he0 #

>>5
打ち上げてからの経年で見るべきだから過去は参照してもあんま意味ないんじゃない?スペースデブリはこの先も増え続けるもんだしね

9

9. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 10:57
  • ID:IcCsRagx0 #

動画にあった西アフリカのデブリ、結構でかいな。当たったらタダじゃ済まなそう。
サッカーボールくらいの大きさのものは予め回収・破壊もしくは監視するなりして対策して欲しいところ。

10

10.

  • 2022年07月15日 11:08
  • ID:3U9Fla.w0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 11:55
  • ID:.kGjKzug0 #

太陽活動が活発になると太陽風の圧が高まって、デブリどころか人工衛星までどんどん高度を下げて落下してしまうらしい。宇宙開発もなかなか難儀なもんだ。

12

12. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 11:56
  • ID:TnOvj87c0 #

10年に1度程度のイベントで80億分の1の確率なら
まあいいかと思わないでもないけど
デブリ問題はそれだけじゃないから
そろそろいい加減にしろと言わんと駄目なんだろうな

13

13. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 12:24
  • ID:P3ArHeyA0 #

食べすぎには気をつけましょう

14

14. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 12:50
  • ID:2enZAwhA0 #

ググって見たら宇宙デブリの速度は秒速7キロとからしい。時速に直すと時速2万キロ超。音速の23倍。
地球に落ちてくるような軌道上で大気圏でも燃え尽きないような大きな金属塊がこのスピードで地球の周りぐるぐるしてるとか・・・この運動エネルギーをなんか活用できたりしないかな

15

15. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 12:51
  • ID:jYyJ.X8B0 #

デブリの落ちる確率が10%なのかと思ったら、
落ちてきて当たる確率が10%なのかよ。
自動車事故みたいじゃん

16

16. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 14:12
  • ID:Ph31Xyzx0 #

※3
その通りなんだけど、これは誤訳に近いですね。
この文の元の英文の記事は以下のようになっています。
「Those at the biggest risk are people living in the global south, with rocket bodies being approximately three times more likely to land at the latitudes of Jakarta, Dhaka, and Lagos than those of New York, Beijing, or Moscow」

これを私なりに日本語に訳してみると
「最も危険なのは"global south"に住む人々で、ニューヨーク、北京、モスクワに比べてジャカルタ、ダッカ、ラゴスの緯度にはその約3倍の確率でロケット本体が落ちやすい。」

この"global south"をどう日本語に訳すかって話ですね。文脈からすると「南半球」ではなくておそらく「赤道に近い緯度の地域・地方」っていう意味なんだと思います。欧米の位置から見てそれが"global south"の方角ってことなんでしょう。

17

17.

  • 2022年07月15日 14:33
  • ID:3U9Fla.w0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 14:45
  • ID:1p6PyQLx0 #

とんでもない低確率って事は分かった。
でも仮に被害に遭うにしても保障してくれる見込みのない国のは嫌だなあ。

19

19. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 17:10
  • ID:mgFytFpo0 #

宇宙行ってゴミ集めるより圧倒的にコストかからんもんな

20

20. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 17:33
  • ID:D.N80Wxb0 #

サイズ次第で都市規模の大災害になったりしそうだけど
その辺の心配はないのかね

21

21. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 17:55
  • ID:McIeoA4q0 #

これ人口密度による計算のみぽいから、高層建築物に当たった場合はたぶん考慮してない。
とりあえず某国は無制御で落とすの止めようね。

22

22. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 18:04
  • ID:GYd9fAWi0 #

ならずもの国家が衛星破壊実験とかしてたしな
プラネテス観てたらあんなことできないよ

23

23. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 18:39
  • ID:t9a6OtZC0 #

打ち上げてる国が打ち上げた総数に応じてデブリ回収費用と開発費を負担すべき
じき誰も出れなくなる

24

24. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 19:13
  • ID:WZATfn8d0 #

ライアン「晴れときどき衛星の破片ね」

25

25. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 19:27
  • ID:YGJFjRLg0 #

ミサイルで人工衛星を撃ってデブリ増やしたこと忘れてないからな

26

26. 匿名処理班

  • 2022年07月15日 19:36
  • ID:wisQYOLt0 #

地球だけじゃなく宇宙すらゴミまみれにする人間の愚かさに気づかない技術者。宇宙?どうでもよくね?先に地球だろ。

27

27. 匿名処理班

  • 2022年07月16日 11:15
  • ID:5vCQ4xuI0 #

空を監視して、デブリが落下しそうな地点にはデブリ警報を発令するようにすれば、「いくらかマシ」な事にはできるのではないか?
比較的大きな衛星の場合くらいしか、監視は出来ないかもしれないけど。

28

28. 匿名処理班

  • 2022年07月16日 13:42
  • ID:6XX8Yg.G0 #

しかし、倫理的な観点から
このリスクを避けてたら
今の生活はなかったかも…
複雑ですな。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING