小児病院に介助犬
 アメリカのフロリダ州オーランドにある子供病院に、スタッフの1員として介助犬のラブラドール・レトリバーが迎え入れられた。

 地元の非営利団体で訓練を受けたこの介助犬は、40もの命令を理解でき、ハンドラーと共に病を抱える子供たちの精神および身体的なサポート役を担う役割を果たしていくという。。
広告

賢い介助犬、子供たちを支える為小児病院へ

 フロリダ州オーランドのヘルス・アーノルド・パーマー子供病院に、ラブラドール・レトリバーのパークス(2歳)が新たなスタッフの1員として迎え入れられた。

 パークスは、障がいを抱える人々の生活の自立支援を行う非営利団体『Canine Companions』で訓練を受けた介助犬だ。

 今回、ハンドラーとなった病院の職員キンバリー・バーベージさんと一緒に、子供病院の小児患者の支援を行うことになった。
Orlando Health Arnold Palmer Hospital for Children Welcomes New Facility Dog, Parks

40の命令を理解できるパークス

 キンバリーさんいわく、パークスはおもちゃのワゴンを運んだり、引き出しを押し、そこから物を取り出したりと40を超える命令を理解することができるという。

 Canine Companionsで介助犬の訓練をするための費用は、5万ドル(約620万円)かかるが、パークスの訓練費用は2020年に病院側から助成金を授与されたことで賄われたそうだ。

 小児患者の精神的サポートと身体的援助を提供することは、大きな治療効果に繋がる。事実、パークスとの交流を子供たちはとても楽しんでいるようだ。
doggo cover_e
image credit: youtube
 ハンドラーのキンバリーさんは、このように語る。
パークスと私が施設で一緒に過ごしたのはわずか1か月だけですが、すぐに意気投合しました。

パークスが私たち病院の子供たちに与えている影響は、既に現れています。パークスと一緒に子供たちをサポートしていく機会を与えられたことをとても嬉しく思っています。
References:Fox News / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
クリスマスを病院で過ごす子供たちの元へパジャマを着た犬たちが訪問

子供たちを励ますよ。セラピードッグのエディの写真に関する海外の反応

犬と触れ合うことで、病気の子どもたちに笑顔を。ロシアの養護学校のカリキュラム「ドッグセラピー」

ほらね、痛くないでしょ。怖がる子どもたちに最強の助っ人が現れた。アメリカの小児歯科で働く歯科助手犬

法廷で証言しなければならない子供たちを癒し、支える為の犬がカナダで導入される。

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2022年04月03日 12:30
  • ID:Gwno4QeT0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2022年04月03日 13:40
  • ID:BMGi3.E90 #

イケメン犬

3

3. 匿名処理班

  • 2022年04月03日 13:46
  • ID:wyRHAvGu0 #

コマンドが介助犬と共通しているけど
病院に入院している患者さん達全員の
セラピー犬という感じだね

4

4. 匿名処理班

  • 2022年04月03日 13:55
  • ID:wyRHAvGu0 #

キャラクターの飾り物❓とか色々あっていいな〜
日本だとスペースに余裕が無くて
何もかもが合理的に設計されているけど
きっちり四角四面で几帳面過ぎて
なんとなく心理的な余裕も失くすし
衛生面もきちんとしているのはいいけど
今は特にアニマルセラピーどころか
人間の家族の面会も出来なくて
夫は寝たきりの義母に一年くらい会えてないのよね…

5

5. 匿名処理班

  • 2022年04月03日 17:31
  • ID:V9n8qtgd0 #

応じる命令は3つ程度
の会社の部下たち。

6

6. 匿名処理班

  • 2022年04月03日 18:40
  • ID:Kpr9y.Dv0 #

※2
なんか凜々しいラブだよね

7

7. 匿名処理班

  • 2022年04月03日 19:30
  • ID:bnTirKHD0 #

ほんと犬って都道府県すら覚えられない自分より賢いよなぁ…

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING