食品ロスの取り組み、ミラノ

 食品ロス(フードロス)とは、本来はまだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことだ。世界全体で、全食料の33%(年間にして13億トン)が無駄になっていると推定されている。

 しかし、大量の食品廃棄が起こっている一方で、世界の人口の10分の1の、およそ8億人が十分な食糧を得られていないという現状がある。

 イタリアの都市ミラノでは7年前から食品ロスに対する取り組みを行っている。現在市内3か所に、スーパーや商店から、まだ食べられる食品を集めた販売拠点を設置し、格安で販売している。
広告

イタリアのミラノ市が取り組む食品ロス問題


 ミラノ市は2015年、政府機関やフードバンク、大学、NGO、民間企業と協力し、市全体の食品ロスに対するプロジェクトを開始した。

 2019年には、市内で売れ残った食品を集め、販売店を開設。現在、市内には3か所の販売拠点を設けている。

 一見、他のスーパーマーケットと同じような外観だが、店の中の棚を埋めている食べ物は、地元の卸売業者や商店、民間企業やスーパーマーケットから寄付された食品だ。

 まだ食べられる食品が廃棄される無駄を防ぐため、この販売店に持ち込まれ、格安で再販されているのだ

2_e
image credit:Comune di Milano

 市は、この再販場を運営し、必要に応じて食料の購入援助をしながら在庫を補っていく。

 販売店で買い物をする客は、その場でお金を支払う必要はなく、このプログラムで提供されるプリペイドカードから支払うシステムになっている。

1_e
image credit:Comune di Milano

食料品の販売だけでなく、育児支援やカウンセリングも


 この食品ロスのための販売店は、1店舗につき毎年最大130トンもの食品が節約されると報告されている。これは約26万食、つまり市の総食品廃棄物の約30%に相当する。

 また、この店舗が提供するのは食料だけではない。現在ある3店舗のうちの1つでは、法的援助やカウンセリング、育児支援などの社会的サービスも提供している。

 これらの店舗は、ミラノ市自治体とNGO Terre des Hommes Italyが所有しており、2015年からスタートしたフードポリシー「より持続可能なフードシステム作成」を目的としているそうだ。

 ミラノ市では、こうした余剰食品を再分配する新たな方法の開発を通じて、2030年までに食品廃棄物を半減させることを目標としており、今後数か月以内には更に2か所の店舗を設置する計画をしている。

market-g5a0417b91_640_e
pixabay

 食品ロスの取り組みが、現時点で既に成功を収めているミラノ市について、ボローニャ大学の農業政策教授アンドレア・セグレ氏は、このように述べている。

世界中の各都市がこの取り組みを適用できます。ある程度の知識、そして熱意ある行動力が必要ですが簡単に真似できることです。

 なお2021年10月に、このプログラムは英ウィリアム王子によって設立された環境イノベーションを支援するためのイニシアチブとなる最初の「Earthshot賞」を受賞。食品ロス対策のモデル都市となるミラノへ、更なる開発を行うための支援金となる賞金100万ポンド(約1億5600万円)が贈られたという。

日本の現状


 ちなみに日本の場合、食品ロスの量は、年間570万トン(令和元年度推計値)に登るという。その内訳は、事業活動を伴って発生する食品ロスが309万(54%)、各家庭から発生する食品ロスが261万トン(46%)だそうだ。

 日本人の1人当たりの食品ロス量は1年で約45kg、これは日本人1人当たりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと近い量だという(食品ロスとは:農林水産省

 日本でも、農林水産省主導の元、食品ロスの削減に努めている。そのイメージキャラクターは「ろすのん」で口癖は語尾に「のん」がつくようだ。

161227_4-3_e

References:Milan Is Winning the Fight Against Food Waste - RTBC / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
廃棄直前のドーナツをホームレスに配った従業員、店側に解雇される(アメリカ)


日本の外食大手初、ケンタッキーが子ども食堂にチキンを無償提供


給食で残った食べ物をお弁当にして子供たちに渡す。アメリカで始まったフードロス対策


食べ残しを削減する為、客に体重測定を求めたレストランに批判殺到(中国)


食品廃棄問題を根本から改善。アメリカ食品医薬品局(FDA)が食品の有効期限ラベルの統一化を推進


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 17:05
  • ID:0ccN.Kvo0 #

日本みたいに高温多湿で腐敗の進行速度が速い国では無理な話。

2

2. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 17:28
  • ID:YnN1R9fG0 #

1店舗あたり130トンってのは販売量?それとも持ち込まれた量?
対象品目や店から引き取る時の金銭授受状況、どの程度の状態から「売れ残り」判定してるのかも気になる点だな。
後追いするにも安易に飛び付くんじゃなくてそういった実状を調べてから日本に合った形で取り入れるようにしないと。

3

3. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 17:30
  • ID:e35uE7XM0 #

食べられる食品の廃棄はまだまだ工夫できるとこあると思う
たしか動物園とかにも寄付されてるよね

4

4. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 17:48
  • ID:ay0y5Mqw0 #

食物連鎖の輪にねじ込んでしまえば無駄に
ならないわけだから豚や養殖魚の餌にしたり
肥料といった使い道でも無駄にはなりません。
人間が食べなければ全て無駄みたいな考え方を
なくせば処理方法はいくらでもあります。
誰の栄養かななることもなく焼却処分した時が
本当の無駄、粗末と言えるでしょうね。

5

5. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 18:06
  • ID:nlWwOWG10 #

日本の場合は小売店が多めに用意して廃棄しても利益が出る仕組みなのが問題なのかな
景気良く棚に物が並んでるとこほど安心して買いに行ってしまう消費者の問題でもあるが、何処も一律で余らない量を売る様に成れば変わるのでは

ああでもそれだと農家へのシワ寄せが問題になるのかなぁ

6

6. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 18:15
  • ID:lI6aaSvC0 #

自分はおつとめ品よく買うな、野菜なんてちょっとしなびてるくらい問題ない。日本だと問題なのは消費期限当日限りの惣菜とか弁当とかちょっと多すぎないかな、まあ品揃え悪いとクレーム入るからだろうけど。

7

7.

  • 2022年01月17日 18:27
  • ID:F2.zu.pj0 #
8

8.

  • 2022年01月17日 18:41
  • ID:wH1imf9x0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 19:30
  • ID:aUxR99sV0 #

コンビニは加盟店が値引きして売ると本部の取り分が少なくなるので、賞味期限の近い弁当等を半額で売らないよう圧力かけてるみたいな話をどこかで聞いたけれど
あれを是正したらそこそこロスが少なくなるんじゃないだろうか

10

10. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 19:39
  • ID:emKflkSW0 #

タヌキなのん

11

11. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 19:43
  • ID:saiFCFx40 #

仕事帰りにスーパーのおつとめ品ばっか買ってると露骨に嫌な顔するどころか
客に聞こえるように文句言うような店舗も少なくない
ロスを少なくする為に自分とこでやっとる事に腹をたてる意味が解らん
じゃあ割り引きするなよと、その時間以外寄れねーんだよ
日本のスーパーとコンビニがフードロスのガンと言われるのはこの辺の精神性が原因だと思う

12

12. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 19:44
  • ID:IilQbLBU0 #

食中毒とか怖いので、私はここでは買わない・・・

13

13. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 19:53
  • ID:saiFCFx40 #

>>9
一部のコンビニではもう始めてるよ
まだローソンだけかな?
1年位前まで加盟店の店長が割引させてくれと嘆願したけど一切聞き入れず
徒党を組んで嘆願したり勝手にやったら
人気商品回さなかったり、契約を楯に店取り上げたり、散々嫌がらせして握り潰してたらしい
しかしそういう報道があったり
ここ最近の国際情勢変化で日本のフードロスが槍玉にあがり、各コンビニもやらざるを得なくなってる

14

14. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 21:17
  • ID:RJsYoBAX0 #

商品ってロスが出るくらいの在庫がないと品数不足で客が来なくて売れなかったり、安易に格安での販売をしちゃうと小売や生産者にダメージがいったりがあるから対応が難しいんだよな。
勿体無いから何とかしたいがそうすると別の問題が発生しがち。

15

15. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 23:40
  • ID:hurOvEMH0 #

>>1
こういった問題に取り組んでる人達は、当然考えてるんだぜ
無闇に称賛するのも否定するのも同じレベルというのは考えとこう

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING