イタリアのドロミーティにある山岳シェルター
 ここにたどり着くことができたら、アルマゲドンを生きのびられるかもしれない。イタリア、アウロンツォ・ディ・カドーレのクリスタッロ山、標高2760メートルのところに、第一次世界大戦中につくられたとんでもないシェルターがある。

 東アルプス山脈の一部であり、ユネスコの世界遺産に登録された「ドロミーティ(ドロミテ)」内にあるクリスタッロ山は、3000メートル以上の頂が4つも連なる長いのこぎり状の尾根になっている。

 今日でこそ、この山の尾根はアンペッツォ・ドロミテ国立公園の一部になっているが、第一次大戦中は、イタリアとオーストリア・ハンガリーとの激しい戦闘の舞台だったのだ。
広告

敵の目を盗むため、高山に設置された山岳シェルター

 第一次世界大戦中に戦場となったこの地では、イタリア陣営、オーストリア・ハンガリー陣営とも、大砲など大型の武器を設置、互いに陣地の地下にトンネルを掘ったり、山頂を爆破して雪崩を引き起こし、何千と言う死者を出した。

 今は彼らが岩を穿って作った地下通路をハイキングすることができるが、驚きと恐怖を禁じ得ないような場所だ。
 また、山中にはシェルターや掩蔽壕(えんたいごう)がたくさん作られた。その歴史的背景や、ほぼ垂直の崖というとんでもない場所を考えると、この建造物は、間違いなくアルマゲドンを生きのびることができるのではないだろうか。

 このシェルターはクリスタッロ山の標高2760メートル地点に作られたものである。しっかりと山に埋め込まれており、敵から逃れるには最適だ。食糧や水の補給が大変そうだけども。

ドラマチックな絶景が楽しめる世界遺産「ドロミーティ」

 東アルプス山脈の一部である「ドロミーティ(ドロミテ)」は、イタリア北東部に伸びるイタリアアルプスの巨大な山塊の一部で、トレンティノ=アルト・アディジェ州、ヴェネト州、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州にまたがっている。

 総面積14万1903ヘクタールにおよび、世界でもっともドラマチックな山岳観光地のひとつであり、2009年にユネスコ世界遺産に登録された。

 切り立った崖、垂直の壁、鋭い尖峰、カルスト台地、牧歌的な峡谷、高山の牧草地などの独特な景観を作り出す山容に、訪れた者は心を奪われることだろう。

人気の登山コース

 この地がふたつのすばらしい「ヴィア・フェラータ」のある人気の観光地となっているのは、当然といえば当然だ。

 イタリア語で"鉄の道"を意味する「ヴィア・フェラータ」は、ワイヤーロープやはしご、木製の歩道や吊り橋がしっかりと固定され、設備などが整っている「登山コース」のことだ。

 登山者は、2本のリードのついたハーネスを装着し、それを金属製の固定ワイアにつないで落下の危険性を最小限にする。ケーブルや、鉄製のラングやペグ、ステップやブリッジ、梯子などを駆使して足場や手がかりを確保する。

 このようにして、登山者たちは危険なルートをリスクを最小限にして登ることができる。

 この登山ルートは、ロッククライミングや上級者向け登山のように、高度な技術や専門的な装備がなくても、一般の人たちが難易度の高い山頂に登頂することができるチャンスを与えてくれる。
Monte Cristallo - Dibona Klettersteig

 ルートを進めば、ほかにもとんでもなく危険な場所に作られたシェルターなど、第一次大戦の名残をたくさん見つけることができるだろう。
4. Dolomites via ferrata, Monte Cristallo, Ivano Dibona, 31/07/18
References:Cristallo / This Alpine Shelter in the Italian Dolomites Will Definitely Survive the Armageddon - Earthly Mission / written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
崖登りヤギとはオイラのことさ!「アルプス・アイベックス」がほぼ垂直のダムの壁面を登る理由

正気の沙汰かよ!東アルプスの断崖絶壁をマウンテンバイクで走り抜けるというエクストリームチャレンジ

一体誰が、何の目的で!?山頂に屹立する巨大な木製の息子スティックが発見されて大騒ぎに(オーストリア)

登山者になつきすぎて、標高3千メートルの雪山を3度も登頂した迷子の猫

霧の中にそそり立つ幻想的な柱「地のピラミッド」が立ち並ぶアルプスの幻想的風景

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 17:48
  • ID:9lU0ZOAn0 #

なにっ、マルハゲドン?
彡⌒ミ
( ´・ω・)  

2

2. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 17:51
  • ID:I6XIB2yC0 #

すごい
これ資材持ってくのも建てるのも重労働かつ命がけだったろうなあ

3

3. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 19:58
  • ID:hAUWzX7B0 #

ヒェ…
吊り橋のサムネで腰が抜ける😭

4

4. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 20:04
  • ID:n3ANh9Pl0 #

※2
これ、最初から崖の中に作ったんじゃなくて、最近の温暖化のせいで雪の位置が下がって結果的にこんな場所になったとどこかで読んだ記憶がある。つまり当時は雪の上を歩くとそのままこの小屋の入り口に着けたらしい。それでも大変なことに違いはないけど。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 20:36
  • ID:A.1i9Q7H0 #

>>1
滅毛を賭けた最終戦争
お疲れ様です!("`д´)ゞ

6

6. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 20:43
  • ID:qEBVK7MY0 #

Amazonの送り先ここにしたら怒られそう。

7

7. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 21:04
  • ID:nh1EYzJR0 #

投入堂がこんなところにも!

8

8. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 21:34
  • ID:vtLPT.ck0 #

木製の山小屋が重みでつぶれないのが不思議

9

9. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 22:25
  • ID:3QTSmX6H0 #

姐さん、掩蔽壕は「えんぺいごう」だと思いますぜ

10

10. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 22:50
  • ID:CXQ.xfaH0 #

個人的には
アルマゲドンよりディープインパクトのほうがオススメ。←違う

あ、映画の話ね。

11

11. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 23:33
  • ID:O6JmHSMC0 #

トイレどうするのかねー?

12

12. 匿名処理班

  • 2021年12月14日 10:05
  • ID:NknMX53l0 #

>>4
動画見ればわかるけど、普通に下から歩いていける道が作ってある。

13

13. 匿名処理班

  • 2021年12月14日 17:12
  • ID:h07e2.nY0 #

ロンメルが攻めたあたりかな。「歩兵は攻撃する」の邦訳が出るとは十年前には思いもよらなんだが。

14

14. 匿名処理班

  • 2021年12月14日 22:45
  • ID:youPJ6zP0 #

アーマゲドンは生きのびられるかもしれないが帝国軍が強襲してきそう。
最後のジェダイ プレビュー映像
ttps://www.youtube.com/watch?v=Q6wpJ3ivhQw

15

15. 匿名処理班

  • 2021年12月15日 03:57
  • ID:BJglDG8c0 #

こういう場所にドラクエの石板置いてるよね

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING