ブタの腎臓を人体に接続する実験に成功
 世界初となる異種間の臓器移植実験が行われた。遺伝子改変したブタの腎臓を試験的に脳死した人体に移植したところ、拒絶反応もなく、すぐに正しく機能することが確認されたそうだ。

 臓器移植を待つ人は多いが、ドナー不足が問題となっている今、この技術が確立されれば、多くの人の命が救われるかもしれない。
広告

遺伝子を改変したブタの腎臓を人体に移植

 ブタの臓器は人間のものと似ており、臓器移植不足問題を解決してくれる切り札となるかもしれないと期待されているが、異種間臓器移植は簡単なことではない。

 ブタの細胞に含まれている「糖」が異物とみなされ、拒絶反応が起きてしまうからだ。

 そこでニューヨーク大学をはじめとする研究グループは、免疫反応を引き起こす糖「α-gal」を作る遺伝子をブタから取り除き、その腎臓を人体に移植することにした。

移植したブタの腎臓が正常に機能したことを確認

 今回の試験に使用されたのは、2021年9月に脳死した54歳の女性の遺体だ。女性は生前臓器移植に同意していたものの、移植には向かないと判断され、患者の家族から同意を得て、人工呼吸器を外す前にブタの臓器を接続したという。

 遺体の体外でブタの腎臓と血管をつなぎ、2日観察したところ、本来の機能どおりに尿が作られ、拒絶反応も起きないことが確認された。

 執刀したロバート・モンゴメリー医師は、「機能は完全に正常で、懸念されていた拒絶反応もありませんでした」とコメントする。
Surgeon transplants a pig's kidney into a brain-dead human in groundbreaking surgery | USA TODAY

異種間臓器移植の歴史

 動物の臓器を人間に移植する試みの歴史は意外と古く、17世紀にまでさかのぼる。1667年、フランスの医師が羊や牛の血液をヒトに輸血したのが最初だ(このときは3名に輸血され、死者を出している)。

 また20世紀に入ると、ヒヒの心臓移植が試みられ、余命いくばくもなかった新生児「ベイビー・フェイ」が21日間生き延びたという事例がある。

 しかしその後、異種間臓器移植はなかなか進展せず、批判の声が高まったこともあり、霊長類の実験からブタを使った実験に目が向けられるようになる。
iStock-1003375398
photo by iStock

ブタ臓器のメリット

 ブタにはサルや類人猿にはないメリットがある。たとえば、もともと食用として飼育されているので倫理的な問題が比較的小さい。

 また妊娠期間が短く、一度に出産する子供の数が多いうえに、臓器が人間のものに似ているのも都合がいい。

 ブタの心臓弁の移植はかなり前に成功しているし、抗凝固薬の一種である「ヘパリン」はその腸で作られる。さらに火傷の治療にブタの皮膚が使われたり、ブタの角膜で視力を回復することにも成功している。
10

そう遠くない未来、ブタの臓器を使った移植手術が実現する可能性

 移植に使われたブタを飼育したユナイテッド・セラピューティクス社のマーティン・ロスブラットCEOは、声明の中で「そう遠くない将来、毎年数千もの命を救うことになる異種間臓器移植実現へ向けた重要な一歩」と述べている。

 専門家によれば、こうした成果によって、ブタから生きているヒトへの臓器移植実現への道が数年以内に開かれるだろうとのことだ。

References:A pig kidney has been transplanted into a human successfully for the first time : NPR / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
死亡後に摘出した損傷の激しい人間の肺をブタに移植して再生することに成功(米研究)

死後4時間が経過したブタの脳の細胞機能を再び回復させることに成功(米研究)

史上初のキメラ、サルの細胞を宿した2匹のブタが誕生。その1週間後に死亡

羊と人間のキメラ。人間の細胞を持つヒツジの胎児が誕生(米研究)

一部が猿で一部が人間。サルとヒトを融合したキメラ胚を生み出し、19日間成長させることに成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 20:22
  • ID:w9LeGaMr0 #

攻殻機動隊で豚で臓器を育てるビジネスがあったな
脚本家の先見の明はすごい

2

2. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 20:24
  • ID:8eIPaTFR0 #

脳死した患者に移植実験。
本人は「臓器提供を望んでいた」。
これ趣旨が違うと思う、たとえ家族が許可しても。

提供は『誰かのために』という精神からだろう。
この実験が遠い将来誰かを救うかもしれないとしても、
本人は今生きてる人の命をつなぎとめたいからじゃないのかな?
もしカンファレスの場に居たら反対する。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 20:33
  • ID:MqFGragH0 #

トンカツを見ると涙が止まらなくなる
謎の症状とか出ないのかな。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 20:40
  • ID:.uqrdARS0 #

人体を全てブタの臓器に置き換える人獣細工(著:小林 泰三)という小説がある。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 20:46
  • ID:8eIPaTFR0 #

追記
某掲示板に解説無しで図だけ先に出ていたので、そこに書いたもの。

これ50年以上前からある技術、豚のほうは免疫反応が出ない
人のほうは豚の細胞に拒絶反応する 免疫抑制剤は必須
これを人の胎児でやると免疫フリーになる
田中光二が書いていた

で豚は遺伝子操作されて拒絶反応をおこさないなら、もう移植してもいいと思う。
前にも『豚の内臓を人に移植するだろう』とココに書いたけど、これには賛成だ。
希望者につないで問題ないなら、悪い腎臓を取り除くという段階式で行うのがいい。
(補助でつけて安定してれば切りかえ・取替える)

将来「自己再生の(高い)腎臓と豚からの(安い)腎臓のどちらにしますか?」て時代が来るよ、必ず。

でも今回の記事には反対。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 20:54
  • ID:dOaFw8nO0 #

※2
「提供したくても適する臓器ではなかった」と書いてあるではないか。
適さないものを他人にあげるわけにはいかないではないか。
適さない臓器ならばかえって今生きている人の命を縮めるだよ。

7

7.

  • 2021年10月23日 20:55
  • ID:CCI7KJxB0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 21:03
  • ID:rx1Xcq540 #

ムスリムには耐えられないだろう

9

9. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 21:23
  • ID:8eIPaTFR0 #

※6
>「提供したくても適する臓器ではなかった」
そうだね、わかってるよ。
心配してくれてありがとう、今回は読み落としたわけじゃない。

なら生命維持装置をはずして埋葬するのが本当だよ。

10

10. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 21:30
  • ID:ALqAugPl0 #

豚は汚い →本当はキレイ好き
豚はデブ →体脂肪率9%

11

11. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 21:38
  • ID:nckMuhmB0 #

この実験自体が遅すぎ
半世紀前にやれよ

すでに、ヒトiPS細胞からミニ肝臓の大量製造に成功しているので、もはや時代遅れのやくたたずの技術でしかない

異種間臓器移植よりも、日本の再生医療は遥かに進歩している

12

12. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 21:47
  • ID:Kq9JOBSI0 #

腎バンク、毎年いくらくらい払わないといけないんだっけ?10万くらい?
適合するかわかんない長い列に並ぶよりも豚の腎臓でいけるならとすがる人もいるだろうね。

13

13. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 22:43
  • ID:9ojI6c5.0 #

※9
何故それを貴方が決めるのか……

14

14. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 22:47
  • ID:dTdcdCqV0 #

>>10 そもそも猪の子孫だしね。
生物学的に無茶な設計なんてない訳よ。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 22:47
  • ID:8eIPaTFR0 #

もう少しだけ書かせててもらうね。

本人が「心マしないで」(通常、挿管とセット)なら
家族が「甦生して」でも、しないんだよ。
昔は「家族は外に」で心臓押してたけど、本人の意思の尊重なんだ。
スタッフはそれをしたら「少ない可能性だけどもしかしたら帰って来るかも?」と思っているけど、手は出さない。

じゃあこのケースは?
実験は本人が了解してないし、まず説明されてないじゃないか。
NY大が関わっているなら倫理審査があって通ったのだろう。
「何から何まで全て使ってください」「献体まで可です」と考えていたならアリかも。
でも、本当にそうなのかな? 数年、後でもめたら研究が遅れるだけだよ。

我々は記事にない以上、通常のケースで判断するしかない。
そのうえでOUTだと思ってるんだ。

16

16. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 22:50
  • ID:dTdcdCqV0 #

>>12
特に一からオーダーメイドの臓器を作るよりも、豚の臓器転用の方が簡単&安価かもしれない。
あるいは、人工臓器が出来上がるまでの"つなぎ"として価値があるかも。

17

17. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 23:15
  • ID:8eIPaTFR0 #

※13
決めたように感じたなら謝るよ、決めていないよ。
この実験をしないなら…
人工呼吸器を外して死亡確認、死後処理をしてご遺体は埋葬会社へ(エバーミングやらなんやら)。
家族が医事課で退院処理とか会計…等々 書くのは嫌だからざっと書いた。

これが普通の流れ、ほかにすることはないので。

18

18.

  • 2021年10月23日 23:20
  • ID:wKrjVxQH0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 23:35
  • ID:YsOAn5N50 #

臓器提供同意でこういう使われ方も有るんだな
自分も構わないけど日本だと未だ無理かな

20

20. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 23:41
  • ID:wAzGKE4v0 #

豚さん命をくれて有難う

21

21. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 23:41
  • ID:WXW2o1Pr0 #

ちょっとずつ色んな臓器を取り替えていき、最後には一匹の豚がベットの上に横たわっていました

22

22. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 00:42
  • ID:OETS65xg0 #

じゃあ近い将来 馬の性器をオレに移植できる日も・・・

23

23. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 01:38
  • ID:.4xsQTbj0 #

いいことなんだろうけど
人や猿のクローンとか専用に産ませた人体はダメだけどブタの腎臓や角膜や臓器は
いくらそのために取ってもOKってどうなんだろうな
結局人や猿を臓器を奪うために育成するのと何も変わらないのだろうけど
それは悪だと人間は感じてしまうのではないかやってることは変わらないのに倫理とか善悪って不思議

24

24. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 02:04
  • ID:jHhXWcfl0 #

※2(15)さん

マイナス付いてるけど、おっしゃる通りだと思います。

日本では『間違いが許されない現場』では、本人確認が通っている正当な事柄しか許されない。それを臓器提供の希望(対人)を、医学的研究もOK!とするのは、歪曲して誇大解釈してるので故人の尊厳を冒す行為となる。


この外国での件は、
故人の遺志を別の何か表したものがあったのかもしれない?そんなものは無くて合法の上で許可?家族に報酬が支払われるから都合の良い方になったのかもしれない?
外国の事だもの、この記事では制度や個人遺志などの背景がわからないですね。

これが日本だったら?絶対にダメですよね。
事務的に通らないでしょう。ドナーカードに記載あったとして使えなかったから他に使いました!とはならないはず。
慎重すぎるくらいの判断であるべき。

子供の脳死は親の判断だけどさ。興味がある人は生前のうちにちゃんと考えて決めておけばいいね。

25

25. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 03:02
  • ID:zB9iYpGz0 #

調べてみたが、結論から言えばこの実験は倫理的に問題ない。まず脳死の時点で、家族の決定権は大きい。

日本唯一の臓器移植公益法人のQ &A
意思表示のない場合、ドナー臓器を提供するかどうかはご家族が判断することになりますので、家族が悩んだり迷ったりしないように意思を表示しておくことが大切です。

つまり、生前にドナー拒否の明確な意思表示が見られる場合以外は、家族の判断である種勝手にドナーになる可能性がある。

今回のこの治験に関しても、本人の可否に関する意思表示が無かったと考えるなら、臓器移植と同じ様に、その選択は家族の意向が強く反映される。

本人は思っても見なかっただろうが、脳死という極めて困難な状況では生前に明確な意思表示を示しておく事が重要みたいですね。

26

26. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 05:03
  • ID:8jeK2A370 #

「保護された豚が今は幸せに暮らしてる」って記事を読んだばかりだ。

27

27. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 05:06
  • ID:.YCPsFsU0 #

豚はそもそも食用だから倫理的に問題が少ない、ってなんか……イルカとクジラは頭が良いから殺すなって主張を思い出させる……

なんの動物だろうと犠牲になるのは余りよろしくないと思ってしまうけどやっぱり臓器を一から作るのより安上がりなんだろうな
まあ医療の発展なんてそもそも動物実験とは切り離せないから今更か

28

28. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 06:00
  • ID:QX7ncSkC0 #

>>2
「実験も臓器提供の範疇」って拡大解釈されているように感じたよ。

29

29. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 06:27
  • ID:JM7qFKTa0 #

※3
いいかい学生さん、トンカツをな、トンカツをいつでも食えるくらいになりなよ。

30

30. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 07:37
  • ID:QxWbr5FU0 #

趣旨からは逸れるがドナーとその家族には頭が下がる

31

31. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 07:52
  • ID:ltOh46Gu0 #

※1
原作の方で見たな、ブタドナー事件。そんな技術マジであんの!?と思って調べてみたら、遺伝子操作が未来技術と夢の曖昧な時機にサイエンス誌なんかで取り上げられてた。2,30年ほど前の話だけど、現実になったのか。

32

32. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 08:37
  • ID:5QjLpNs00 #

※8
確かに、仮に実用化されたとしてもイスラム教的にはどうなんだろう。宗派や地域によって違いは出るだろうけど…

33

33. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 08:45
  • ID:Q2yLVH.l0 #

臓器ではないのだが、昔そこそこ広い範囲で大火傷をした時、豚の皮を治療で使ったことを思い出した。
5年程自分の皮膚と違う色は残ったが、ケロイド状にもならず今は綺麗にわからなくなっている。
豚さんには何から何まで感謝しかない。

34

34. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 08:59
  • ID:M8qeSFXu0 #

ブタって抗凝固薬や心臓弁とか角膜とか火傷での皮膚移植とかすでにそんなに役立ってくれてたのか。。

35

35. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 10:19
  • ID:5YRJAUiC0 #

神が与えしチートアイテム、豚

36

36. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 11:56
  • ID:NIAESjSI0 #

豚「うちら元々は猪ですが野生だと意外に病気で死ぬので人間さんの保護下に入りました」

37

37. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 12:36
  • ID:uechK.ER0 #

※23 ※27
豚の命が貴くないって意味で書いてあるんじゃなくて、豚肉を食べる限り豚は必ず一定頭数殺され続けるんだから、この技術が進んで肉を取ったあと廃棄される部位を移植に有効利用できるようになれば倫理的に問題が少ないってことなんじゃないかな

38

38. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 12:46
  • ID:P6UMu2e00 #

豚を主人公にして「わたしを離さないで」を映画化してほしい

39

39. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 13:19
  • ID:eugtsz0M0 #

ドナ ドナ ドナ〜 ドナ―♪

40

40. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 15:00
  • ID:Jjz47RsB0 #

実は脳死してると拒絶反応が起こらないなんてことはない?

41

41. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 16:34
  • ID:RwOkXhBl0 #

※32
イスラーム本来の考え方ならば豚の臓器を移植しても大丈夫なはずです
食べる物がない場合や旅行先の場合は豚を食べてもOKだとムハンマドが言ってます
生きる為に移植が必要ならば、やむを得ない場合にあたるので問題ないと思います

42

42. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 23:41
  • ID:NTMyaLuD0 #

>>4
読んだ。あの少女が可哀想で……

あの医者の父親クソだ( ̄∧ ̄)

43

43. 匿名処理班

  • 2021年10月25日 00:23
  • ID:3Y5Vmnx00 #

>>41
イスラム教徒の人で、日本に来てトンカツの美味さに感激して、毎日KYYでお昼御飯を食べたって人を知ってますw

44

44. 匿名処理班

  • 2021年10月25日 15:03
  • ID:3Y5Vmnx00 #

>>8
ヒンドゥー教徒も断固拒否るだろう

45

45. 匿名処理班

  • 2021年10月26日 15:55
  • ID:QDYgcDrd0 #

>>15
臓器移植だけでなくもしもの時はこういう実験に使用することも生前に承諾してたのかもよ
大学病院で手術受けた時、学術目的でデータとか切り取った腫瘍とか使っても構いませんみたいな書類にサインしたことある
医師によると多分使うことはないと思いますが念の為、だと
アメリカみたいな訴訟社会ならそういう手続きは厳しそうな気がする

46

46. 匿名処理班

  • 2021年10月26日 23:35
  • ID:pC.s3jBV0 #

昔臓器にも脳のように持ち主の記憶が保存されるという話を聞いたことがある
真偽のほどは不明だけれどもしそれが事実だとしたら移植された人は豚の記憶を覗き見る日が来るのだろうか、などと考えてしまった

47

47. 匿名処理班

  • 2021年11月06日 12:20
  • ID:gST1YN8V0 #

今でも医師界と市民では”臓器移植成功”の感覚が違います
3ヶ月生きれば大成功 vs 1年も生きられず何が成功なんだよ
これが現状です

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING