00
 ケニアのチュル・ヒルズ国立公園で自然交配で生まれた、シマウマとロバの赤ちゃん“ゾンキー”が話題になっている。

 お母さんがシマウマで、お父さんはロバだ。ちなみにお父さんがシマウマでお母さんがロバの場合はゼブロイドと呼び分けることもある。

 ゾンキーは、脚部分が母親のシマウマから受け継いだ縞模様だが、顔や胴体部分は父親のロバのように茶色く、印象的な外見だ。

 現地で野生生物の救助やリハビリを行っている『シェルドリック・ワイルドライフ・トラスト(Sheldrick Wildlife Trust)』のスタッフらは、現時点ではこの赤ちゃんが母親と元気に暮らしていること、しばらくの間は同団体が見守っていくことを発表している。
広告

異種愛の末生まれたハイブリッドなゾンキー

 ケニアで、ゾウの赤ちゃんやサイ、孤児となったシマウマの救助・保護およびリハビリ活動を行っている動物保護団体『シェルドリック・ワイルドライフ・トラスト』のスタッフが、異種交配により生まれた“ゾンキー”を発見したのは、今年初めのことだった。
 母親シマウマと一緒にいたその赤ちゃんを見たスタッフは、最初「シマウマの赤ちゃんが泥だらけになってしまったのか」と思ったという。

 というのも、その赤ちゃんは頭部や胴体が茶色で、脚の部分だけが縞模様だったからだ。

 しかし、よく観察するとそれは泥ではないことがわかった。更に調査すると、その赤ちゃんはメスのシマウマとオスのロバの自然交配により生まれた赤ちゃんだということが発覚したのである。

群れからはぐれたシマウマ、メス牛の群れにいる間にロバと交配か

 スタッフによると、その母親シマウマは、ちょうど1年ほど前の今頃にツァボ・イースト国立公園の自分の群れからはぐれてしまい、どういうわけかメス牛の群れに落ち着いてしまったという。

 その後、シマウマはチュル・ヒルズ国立公園に搬送されたが、シマウマの妊娠期間は12か月であることから、シマウマは牛の群れにいた間にオスのロバと出会い、妊娠したと見られている。

 異種交配により生まれた赤ちゃんは、生殖能力がないと考えられている。その理由として、ロバとウマの染色体数が異なるからだという説がある。

現在、ゾンキーは母親と元気に暮らしている

 現在、赤ちゃんゾンキーはチュル・ヒルズ国立公園の捕食者が少ない地域で、緑豊かな環境の中、十分な食べ物と水を得て、元気で快適に暮らしていることが『シェルドリック・ワイルドライフ・トラスト』の報告により明らかにされている。

 同団体のスタッフは、「野生生物に関わっていると、予期せぬことを予期するということも学ぶものです。一見して最も単純な話でさえ、最終的には真実が明らかになると私たちを驚かせるというケースもよくあります」と話している。  なお同団体では、この母子が野生のシマウマの群れに発見される時まで、しばらくの間見守りながらケアしていくということだ。

 シマウマとロバの異種交配は過去にも事例があるが、母親がシマウマで、父親がロバであるケースは極めて珍しいそうだ。

 カラパイアでも過去にイタリアでオスのシマウマとメスのロバの間に生まれたゼブロイドの赤ちゃんを紹介したことがあるが、今回のケースはオスとメスが逆となっている。



written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
究極の異種愛、フェンスを飛び越え密会していたシマウマとロバの間に生まれたハイブリッドのイッポちゃん(イタリア)

愛し合う羊とヤギ。異種愛の末、自然交配で生まれた、ヤギとヒツジのハイブリッド種「ギープ」

種の違いを越えて。20のハイブリッドアニマル

シマウマなのにシマ模様じゃない!?黒地に白のドット柄のシマウマが発見される(アフリカ)

シマウマにシマ模様がある理由がついに解明か?有力な新説が発表される(米研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2020年04月16日 11:38
  • ID:s4.UDQSC0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 11:41
  • ID:j7YItkNr0 #

シマウマって確かロバなんじゃなかったっけ?
ウマよりはロバ寄りってだけだったかな

3

3. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 12:13
  • ID:L.jn1b2L0 #

ツァボといえば
映画『ゴースト&ダークネス』の題材にもなった鉄道敷設工事中に作業員の方達が二頭のライオンに襲われて多くの犠牲者が出た
『ツァボの人食いライオン』事件を思い出してしまうなぁ

4

4. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 12:25
  • ID:DUfxqeS70 #

シートン学園でカードゲームやりながら芽生えた愛なのだろうか…

5

5. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 12:27
  • ID:bizoAfel0 #

ロバとウマの染色体数が異なるのにハイブリッドができるなら、都市伝説で人と猿のハイブリッドの話もあり得るのか、クジラとゴリラも試してくれ

6

6. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 12:47
  • ID:X.mCNdDX0 #

※5 好奇心と言う名の禁忌、おまえそんな悲しき生物生み出してどうするんや・・・

7

7. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 12:54
  • ID:8qPO0E200 #

キメラ

8

8. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 13:25
  • ID:H6Ttj01b0 #

やはりハイブリッド生物の名前はカッコ良かった。(特にゼブロイド)

9

9. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 13:26
  • ID:jL1BJQMz0 #

なんか可愛いな

10

10. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 14:22
  • ID:g.cTwPs20 #

ロバ:「暗かったので。」

11

11. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 14:24
  • ID:lbRIO8Mc0 #

クアッガかと思った

12

12. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 14:42
  • ID:gnWKuGRS0 #

ライガーやタイゴンは知ってるけどゾンキーってのは余り聞いた事無いね
ゾンビ化したアメリカ人かな(笑)
…まぁでも子供の頃はライガーなんて知らなかったから、ゲッターロボGのゲッターライガーや宇宙魔神ダイケンゴーのライガー王子、獣神ライガーのライガーとかちょくちょく聞くライガーって何ぞや?って思ってた
まさかライオンと虎の間に子供出来るなんて思わないからね昭和世代の子供は

13

13. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 15:18
  • ID:MrYnO.dG0 #

びっくりゾンキー!
誰も言わなかったので…

14

14. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 15:23
  • ID:QoqVyF3v0 #

なんて可愛いしましまニーソちゃん

15

15. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 15:30
  • ID:eFBK05OJ0 #

迷子になって別の種族の女性達の仲間に入れてもらいながら過ごしてる時にまた違う種族の男性と子供を成すなんて
なんかちょっとロマンチックな話だなぁ
小説の筋書きみたい

16

16.

  • 2020年04月16日 15:58
  • ID:IUB6LRCb0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 16:37
  • ID:wPKj7f9q0 #

オカピさん!?

18

18. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 16:50
  • ID:3K7f1RLI0 #

クアッガではないのか

19

19.

  • 2020年04月16日 17:26
  • ID:CKiaEJv50 #
20

20. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 18:33
  • ID:HCvZsOzk0 #

混血アニマル、ネーミングの法則の所為でマヌケな感じの名前になりがち
ライガーだけやたらとかっこいい

21

21. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 18:54
  • ID:PGUn3CP20 #

ぼく、カバリン!
お父さんはカバ、お母さんはキリンなんだっ!
ふふっ、よろしくね!

22

22. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 19:01
  • ID:IYn66ZvJ0 #

お母さんがシマウマで、お父さんはロバ=ゾンキー わかる
お父さんがシマウマでお母さんがロバ=ゼブロイド ドブラじゃないんか

23

23. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 20:15
  • ID:x2mB6Q9h0 #

La.おかぴ

24

24. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 20:58
  • ID:Pavyspwa0 #

そうだよね、野生の牛も馬もいるんだから
野生のロバだっているよね。

25

25. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 21:19
  • ID:d14rgid.0 #

※11
自分もこれが一番に思い浮かんだ
そして旧ドラ映画の雲の王国を見たくなった

26

26. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 22:21
  • ID:F0Xpy0Rh0 #

>>7
ほんとに自然かどうか、怪しいもんだがねえ

27

27. 匿名処理班

  • 2020年04月17日 07:55
  • ID:w7XlR04R0 #

タイゴンやライガーと同じく、この子も巨大化してサラブレット並の体高になったりするのかな?

28

28.

  • 2020年04月17日 11:13
  • ID:BfV3Jr150 #
29

29. 匿名処理班

  • 2020年04月17日 16:06
  • ID:NtuIbgjK0 #

「シマウマの赤ちゃんが泥だらけになってしまったのか」
っていうスタッフの感想に笑った

30

30. 匿名処理班

  • 2020年04月17日 17:05
  • ID:ijKnbLk90 #

※2
シマウマは"ウマ"と名前が付いてるけどむしろロバに近い種類だそうです

31

31. 匿名処理班

  • 2020年04月17日 18:30
  • ID:QarJYuCM0 #

※10
ウシさんと遊ぶつもりだったんですが。

32

32. 匿名処理班

  • 2020年04月17日 23:11
  • ID:Az2EECPf0 #

※26
あの手この手で関心持ってもらおうとしてるしな

33

33. 匿名処理班

  • 2020年04月18日 13:52
  • ID:7EJChm.u0 #

染色体数が違うのにちゃんと発生が進んで元気に生まれてくるのに、F1は生殖能力が無いという謎。不思議すぎる。

34

34. 匿名処理班

  • 2020年04月22日 02:07
  • ID:eyZzJcxJ0 #

不思議の国のアリスの靴下みたいなん履いてるように見える

35

35. 匿名処理班

  • 2020年04月22日 02:23
  • ID:eyZzJcxJ0 #

※33
異種間での子供が生まれない仕組みのハードルの高さが、どんだけ近い種の生き物かによって違うってだけだと思う

種が違いすぎれば、そもそも大きさが違いすぎて交尾できない
大きさが近くても交配の周期が違えば無理、肝心な部分の構造が組み合わせとして不可能な位置だったり形状でも無理
そこのハードルをクリアできるほど似た種族で交配が可能でも、受精しないとか
受精はできるほど違い種の生き物でも流産したり、奇形で長生きできないとか
さらに近い種族なら、無事に子供は生まれてはくるけど生殖能力を持たないから中間の形態が新たな別の種族として固定されることはない…、みたいな

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING