ヒトの細胞を培養して作った脳オルカノイドで動くロボットを開発
 人間の幹細胞を培養して作った「脳オルガノイド」を搭載するロボットが中国で開発されたそうだ。

 天津大学と南方科技大学で開発された「MetaBOC」は、脳オルガノイド(ミニ脳)と電子機器をつなぐインターフェースとして機能するソフトウェアシステムで、これを通じてロボット本体に指示を伝えられるという。

 研究チームによれば、この生きた脳を搭載したバイオハイブリッド・ロボットを作った目的は、人間の脳細胞を人工的なボディに組み込む技術を発展させることだそうだ。

脳細胞とマイクロチップを統合

 マイクロチップに脳細胞を組み込んだシステムを「ブレイン・オン・チップ(BOC)」という。

 知能という点でAIに苦戦する人間の脳だが、じつはAIにはない利点がある。それは複雑な情報処理をきわめて小さなエネルギーでこなせるという点だ。

 それは膨大な電力を必要とする既存のAIの弱点を克服する、突破口になるかもしれない。

 今回の研究チームが開発した「MetaBOC」は、そうしたバイオコンピューターと電子機器を橋渡しするインターフェースとして機能するソフトウェアシステムだ。

 これを利用することで、ヒト脳オルガノイドは電子信号を通じて世界を認識し、物事を学習したり操作したりできるようになる。

 BOCに搭載されるヒト脳オルガノイドは、人間の多能性幹細胞(iPS細胞)から作られたいわばミニ脳である。

 過去の研究では、光刺激に反応したり、ゲームをプレイしたりと、本物の脳と見紛えるような振る舞いが確認されている。
3
ブレイン・オン・チップ(BOC)の主要コンポーネント。中国語でわかりやすくラベル付けされている / image credit:Tianjin University

 MetaBOCシステムで面白いのは、脳オルガイドの生物学的な知性を処理するために人工知能を利用するところだ。すなわちソフトウェアのAIアルゴリズムで、脳細胞とコミュニケーションする。

 こうした特徴を利用すれば、ロボットに車の運転を学習させたり、腕や手を使ってさまざまな物をつかむことを学習させたりできるという。しかも、そのために物理環境を用意してやる必要すらない。

 そもそも脳オルガノイドは、電気信号を通してしか世界を識ることができない。それは理論上、センサーから与えられる信号でシミュレーション世界を構築すれば、その中で安全に車の運転を覚えられるということだ。
5
フラスコに入った脳オルカノイド / image credit:NIAID WIKI commons CC BY 2.0

ただしロボットの画像は本物ではない可能性

 1つ注意が必要なのは、頭部に生々しいピンク色の物体を搭載した人型ロボットの写真はセンセーショナルだが、実際のものではなく、イメージとして作られたものである可能性があるという。

 New Atlasなどのメディアによれば、実物のBOCはもっと小さなものだろうという。
4
脳オルカノイドを搭載したロボットのイメージ写真 / image credit:Tianjin University

 研究チームがこのような誤解を招くような写真を用意した理由は定かではないが、好意的に見るならシステムの応用方法を説明したかったと解釈することもできる。

 いずれにせよ、今回のMetaBOCやイーロン・マスク氏のNeuralinkのような生体と機械をつなぐ技術は、AIの次の大きな技術革新になる可能性もある。

 そのとき人類は、自己のアイデンティティや存在意義について自問せねばならなくなるだろう。

 知性という点でAIに凌駕され、さらに生体と機械の融合が進む中で、私たち人間とはいったい何者なのだろうか、と。

References:'Brain-in-a-jar' biocomputers can now learn to control robots / Scientists Create Robot Controlled by Blob of Human Brain Cells / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
ヒトの細胞を培養して作ったミニ脳を16個つなげて”生きたコンピュータ"を開発


世界初!生体組織と機械を組み合わせた「筋肉」で歩くロボットを開発(日本研究)


人間の細胞から生きたロボットを作り出し、神経細胞の傷を治すことに成功


未来のコンピューターは人間の脳細胞で動くようになるかもしれない


ヒトの脳組織を培養した「ミニ脳」でコンピューターの構築に成功。日本語音声認識や数学理論を理解

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年07月09日 20:08
  • ID:gG30Q8vR0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 20:10
  • ID:.iqGfe1Q0 #

ハカイダーの登場も間近かもしれない

3

3.

  • 2024年07月09日 20:17
  • ID:gfHaYf8j0 #
4

4.

  • 2024年07月09日 20:31
  • ID:r00KKCpU0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 20:45
  • ID:taVw..Dk0 #

俺の名は 俺の名は ハカイダー

6

6. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 21:00
  • ID:a05PEqL10 #

そもそも、なぜわざわざ生体材料を使ってロボットを作りたいのか、動機のところがイマイチ理解できないのだけど、誰か賢い人教えて。

1: 結局、機械より生物のほうが性能がよいから(機械は生物にかなわないから)
2: 背景には、人間の一部をサイボーグ化することへの興味がある
3: 本当はロボットを作りたいのではなく、人間の手で人間のようなものを作りたいというのが真の動機

などなど、考えられたけど、分かりません

7

7. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 21:05
  • ID:khJvuJxo0 #

耐久性ないし熱にも弱い
維持がとんでもなく難しく金もかかるし腐るし素材としていい所がない

8

8.

  • 2024年07月09日 21:08
  • ID:4k5hMLN50 #
9

9.

  • 2024年07月09日 21:09
  • ID:TFKAYnhw0 #
10

10.

  • 2024年07月09日 21:09
  • ID:1lC5VYfN0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 21:47
  • ID:yXrV6IDm0 #


脳細胞の培養はできてもインターフェイスが作れないだろ

12

12.

  • 2024年07月09日 21:48
  • ID:AHdCyw.X0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 22:27
  • ID:iuWc.rUJ0 #

>>6
記事には”極めて小さな電力で動作するのが利点”とある
そのうちPCは文字通りエナジードリンクで動作するようになるのかもね

14

14.

  • 2024年07月09日 22:30
  • ID:hZhNrqX40 #
15

15. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 22:37
  • ID:qCCTBE.B0 #

ミニ脳を作るまでは良いけどそれでなにかをさせるというのは生命に対する何と言うか・・・
凄く不気味な感じがする

16

16. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 22:42
  • ID:txmkT9Ya0 #

>>6
べつに賢くはないが、

>知能という点でAIに苦戦する人間の脳だが、じつはAIにはない利点がある。それは複雑な情報処理をきわめて小さなエネルギーでこなせるという点だ。それは膨大な電力を必要とする既存のAIの弱点を克服する、突破口になるかもしれない。

って書いてあるやん。
純粋に機械的なコンピュータだけに演算をさせると 膨大な電力エネルギーを食うけど、生物の細胞を噛ませば そこそこの酸素や糖などの輸液みたいな栄養補給で動いてくれる(=生物の体ってやっぱり良く出来てるね)、って感じなのでは?

17

17. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 22:44
  • ID:COxNxYGY0 #

来るとこまで来ちゃった感ある

18

18.

  • 2024年07月09日 22:54
  • ID:UzmSTFBU0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 22:56
  • ID:hASPdNyj0 #

イメージというが流石にシャーレに載ったまんまは笑う

20

20. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 23:32
  • ID:lgW2VaG10 #

>>6
再生能力もあるだろうね。生物は怪我をしても傷が治るだろう?
そう考えると長期的に運用できるCPUが作れる
永続的に使えるものの開発も人類の夢の一つだからな

21

21. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 23:37
  • ID:26Mhi2SE0 #

脳みそとロボットって聞くとロボコップ2とかFalloutシリーズのロボブレインが真っ先に思い浮かんで不穏な感じしかしない

22

22.

  • 2024年07月10日 00:39
  • ID:Ex.zbamF0 #
23

23.

  • 2024年07月10日 00:47
  • ID:KninFtF20 #
24

24. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 02:46
  • ID:f2llJSMb0 #

>>13
社畜かな?

25

25. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 05:04
  • ID:WHIzGkJp0 #

自我が目覚めりゅ〜

26

26. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 05:08
  • ID:f2llJSMb0 #

弱点がモロバレの敵ロボット

27

27.

  • 2024年07月10日 05:35
  • ID:OCQJn3jD0 #
28

28. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 06:59
  • ID:acdj9Gc50 #

>>6
「おもしろそう」で十分でしょ

29

29. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 09:04
  • ID:pwGziYz20 #

>>20
脳組織に再生能力はないし(損傷したらそれっきり)。
生物が己の細胞を維持するためには食って飲まなきゃならないわけで、この手の話にはその辺のことがスルーされてる。

30

30. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 09:10
  • ID:lSOa90.y0 #

脳組織を培養して維持するのもそれなりに電力がかかると思うが

31

31.

  • 2024年07月10日 11:20
  • ID:jKhFzOvD0 #
32

32. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 11:39
  • ID:g3fODT.m0 #

初期の開発物に問題があるなんて当たり前の話で、なんでこういうのバカにできるのか理解できないですね。

中国ってだけで舐めすぎでしょ。日本のモノ作り業界なんか中国ナメてないですよ20年以上まえからクオリティでもバカにできない企業でてきてて、日本の優位性にあぐら描こうとしてませんよ?日本のモノ作り業界は。

他人事みたいな顔してるひとだけです。他国を舐め切ってんの。

33

33. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 12:20
  • ID:5yPCr6Hb0 #

「ナゼ ワタシヲ ウミダシタノダ…!」
そして始まるロボットの反乱

34

34. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 12:28
  • ID:EctYr82y0 #

>>32
確かに。将来の危険性の議論ならわかるが、よその技術力をディスるだけの議論は建設的では無いですよね。

35

35. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 12:51
  • ID:M2uRqZEF0 #

タブーの無い国は恐ろしいね。
この脳が培養ではなく摘出されたモノだったりしてな、、、
はは、、、まさかね。ヒューマンジーも処分されていなかったり?

36

36. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 15:45
  • ID:Ox6gbbVv0 #

梅干しを乗せているのかと

37

37. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 17:36
  • ID:AwGGbhdu0 #

サイモン・ライト教授みたいなのがそのうち出てくるのかなぁ。

38

38.

  • 2024年07月10日 17:36
  • ID:qGHccutD0 #
39

39.

  • 2024年07月10日 21:19
  • ID:PXNKPELt0 #
40

40. 匿名処理班

  • 2024年07月11日 01:51
  • ID:UxlPKz.z0 #

>>26
ダグラム「大丈夫!行ける、行ける!」

41

41. 匿名処理班

  • 2024年07月11日 03:10
  • ID:trN64P0h0 #

絶対自我生まれて苦しんだり、人に反乱してくるやつじゃん

42

42. ピガハヌツ

  • 2024年07月11日 09:45
  • ID:PsPxkg5L0 #

フォールアウトに出て来たぞこんな奴WWW

43

43. 匿名処理班

  • 2024年07月11日 17:33
  • ID:vwEq75Ia0 #

>>30
それでもAIが必要とする電力とは比べ物にならん

AIの構築と維持のためにかかる消費電力は文字通り桁違いで、
そのせいで温暖化が加速するんじゃないかって言われてるぐらい

44

44. 匿名処理班

  • 2024年07月11日 21:39
  • ID:9kDhoCHl0 #

不完全な人間はいろんな苦悩を乗り越えて未来に辿り着く

45

45. 匿名処理班

  • 2024年07月12日 06:49
  • ID:hwfiEyRr0 #

Aiのために原発の増設が必要と言われるくらいに電力消費がえげつないしそれに伴う発熱と冷却を考えたらエネルギー効率に優れる脳を使うのは試みとしては真っ当
どっちも電気信号のやりとりでは一緒だし医療分野にも応用効きそうだからもっと頑張って欲しい
そもそも悪の国家にまともな倫理とか期待してないんだからもっとやって見せて欲しい

46

46.

  • 2024年07月12日 08:22
  • ID:93p.WR8.0 #
47

47. 匿名処理班

  • 2024年07月13日 07:01
  • ID:t1ZjVX.A0 #

>>16
消化システムがどれだけ完成するかによるけど、「そのへんの食い物で動く」ってのはメリットどころじゃないわな。
電気の一切ない未踏の場所でも、人間の食べ物さえあれば動くコンピューターがあったら心強すぎる。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links