道端でカモノハシが無事保護される
 先週末のある日、オーストラリアのタスマニア島の住人が、道端にうずくまっているカモノハシを発見した。どうやらふらっと冒険の旅に出て道に迷ってしまったようだ。

 その住人が地元のボノロン・ワイルドライフ自然保護区(BWS)に助けを求めた結果、カモノハシは無事に保護され、治療を受けることになった。

 道端で誰かが困っていたら、進んで手を差し伸べる。それが人間じゃなくて動物だったとしても、ためらいなく自然に行動できる、そんな誰かのおかげで今日もまた一つの命が救われたんだ。

車が行き来する道路脇にカモノハシが

 カモノハシが見つかったのは、交通量のかなり多い道路脇だったという。通りすがりの住人は、棲み処から遠く迷い出て戻れなくなってしまったこのカモノハシを救うため、すぐに行動を起こした。

 幸いなことに、地元にはBWSという野生動物保護のプロたちがいた。住人はすぐにBWSに通報し、カモノハシを彼らに託したのだ。
444488573_846072344226244_3929417328129220454_n_e
image credit:Facebook
 BWSの救急チームはすぐにカモノハシの救助に向かい、病院へと運び込んだ。
近くに水路が見当たらなかったので、カモノハシはケガをしているか、方向感覚を失っている可能性がありました。

そこでボノロン・ワイルドライフ病院に運び、検査をすることにしたんです
444483727_845984170901728_32737845043186358_n_e
image credit:Facebook
 救急チームはこのカモノハシに「ペリー」という名前をつけ、一般的な健康診断を行うとともに、麻酔をかけてさらに入念な検査をすることに。
445365458_845984197568392_4695978707848934163_n_e
image credit:Facebook

健康状態は良好、翌日野生に返すことに

 検査の結果、ペリーは若い雄のカモノハシで、健康状態は全体的に良好であることが確認された。
ペリーはこの年齢のカモノハシが良くやるように、自分の川岸のテリトリーを探しているうちに道に迷い、偶然道路に出てしまったのでしょう
 ペリーはBWSのもとで一夜を過ごしたが、すぐにその仮の宿に慣れたという。翌朝には彼を元の場所に放す予定だったので、スタッフたちはペリーの大好きなオヤツを山盛りにしてふるまった。
442510704_846072347559577_5043225325722249248_n_e
image credit:Facebook
ペリーは大好きな虫のご馳走を楽しみ、短い休息をとりました。

そして翌日の早朝に、彼が見つかった道路から一番近い水路へと向かったんです
 BWSのチームが彼を水路まで送り届けると、ペリーは足早に水の中に入り、嬉しそうに泳ぎ去ったという。

 それから数日後、BWSはペリーが再び自然の生息地で元気に暮らしていることを確認した。
436429653_845984230901722_5976796610252211455_n_e
image credit:Facebook
 カモノハシはご存じの通り、クチバシを持ち卵を産んで育てるという、極めて珍しい生態を持つ哺乳類である。

 珍しいのはそれだけじゃない。オスは蹴爪に毒を持っていたり、蛍光色に光ったりと、その生態が知られれば知られるほど、進化の謎が深まる生き物なのだ。
444468545_845984417568370_5707687711285881887_n_e
image credit:Facebook
 現在、彼らの生息数は、人間による開発の影響もあり減少を続けているという。ペリーが無事に棲み処へと戻れたことで、彼に素敵な家族ができて、子孫が増えるといいなと思うんだよ。



References:Little Platypus Gets An Adorable Checkup After Being Found Far From Home / written by ruichan/ edited by parumo

あわせて読みたい
カモノハシの毒をくらうとどうなるのか?「出産をはるかに超えるレベル」と語る女性


「なんて器用なんだ!」尻尾で草を集めて運ぶ?謎に包まれた生き物、カモノハシのお母さんの巣作りに密着してみた


珍獣カモノハシに新たなる奇妙な特徴を発見。体が蛍光色に光ることが判明(米研究)


あらやだちょっとかわいいじゃないか。人懐っこい手乗りカモノハシ。


うれしいニュース。地元で絶滅したカモノハシを50年ぶりに再導入

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 12:14
  • ID:Bi56ldYL0 #

エージェントだったんだろうなぁ

2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 12:18
  • ID:1.lr.LxZ0 #

ほっこり

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 12:36
  • ID:YrUdgbxM0 #

元の場所に戻したとあるが、元の場所は交通量も多い場所ではないのかな。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 12:45
  • ID:WcZ4swI40 #

レントゲンの為のカモノハシさんの貼り付けがシュールすぎるw壁に貼りたい可愛さよw

5

5. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 13:09
  • ID:0WxhIaPB0 #

あーかわいい

6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 13:15
  • ID:WwNgnVMA0 #

カモノハシというと
雑誌ファンロードを思い出す、、

7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 13:47
  • ID:zdO7.5vx0 #

カモノハシってイメージより小さい気がする。
何となくビーバーくらいありそうに思ってしまう。

同じ卵を産む哺乳類でもハリモグラはイメージよりでかい。
イメージだとハリネズミくらい。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 14:37
  • ID:AJ4OgSVZ0 #

見た目や生態を含め、やっぱりすごい生き物だねぇ

9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 15:02
  • ID:4Xa8yJGT0 #

>>1
いたのかペリー

10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 15:10
  • ID:4H.mBqK60 #

改めて変わった生き物だとわかる
進化って面白い

11

11. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 15:36
  • ID:nrkp6a2w0 #

テープで貼り付けられてCT撮られるカモノハシ 可哀想カワ(・∀・)イイ!!

12

12. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 16:32
  • ID:D2AWlsLJ0 #

>>6
同志よ!!
あ、この場合『貴様ローディストだな!?』が正しい声掛けか(´ω`*)

13

13. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 16:38
  • ID:B6lLi1WD0 #

カモノハシってこんなに可愛いのかよ!

14

14. 匿名処理班

  • 2024年06月04日 00:02
  • ID:5KE0jzoM0 #

>>3
元の場所に犇瓩た縅〞と書いてあります。
保護団体が選んだ場所なら安全なのでは?

15

15. 匿名処理班

  • 2024年06月04日 08:42
  • ID:YYmPSXW50 #

最初の写真、鼻の穴周辺が♥型だ!

16

16. 匿名処理班

  • 2024年06月04日 12:12
  • ID:XMFhI3r30 #

カモノハシの長明

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links