塩と水を使い、人間の脳のようなコンピューターを作り出した科学者
 研究者たちは、人工シナプスを作り、人間の脳のように湿ったコンピューターの開発に成功したそうだ。その人工シナプスは、生体と同じく水と塩を利用することで、脳のように複雑な情報を処理することができるという。

 本物のシナプスと同じように働くこの人工シナプスは、驚異的な人間の脳の機能だけでなく、素材まで模倣したコンピュータ技術の実現へ向けた重要な一歩となる。

人間の脳にコンピューターをどこまで近づけることができるか?

 人間の脳は並外れた性能を持っている。科学者たちは、コンピュータのエネルギー効率を向上させるため、人間の脳の仕組みをヒントにしてきた。

 ヒトの脳組織を培養し、脳細胞そのものを組み込んだコンピューターも開発されている。

 こうした取り組みによって誕生したのが、従来の2進数による処理から、人間の脳と同じようなアナログ方式による情報処理を行う、まるで脳のように働くコンピューターだ。

 だが生体コンピュータである脳が、水と溶けた塩の粒子(つまりイオンのこと)を媒体にして動作するのに対し、脳をモデルにしたコンピュータのほとんどは固体材料を利用する。

 そうした媒体まで脳と同じものを利用すれば、脳の働きをより忠実に再現することができるのではないか?

 これを追求するのが、生物学と電子工学を組み合わせた「イオントロニック・ニューロモーフィック・コンピューティング( iontronic neuromorphic computing)」という研究分野だ。
4
photo by iStock

塩と水を利用し、人間の脳のように湿った人工シナプスを作成

 ユトレヒト大学と西江大学の研究チームは今回、生体の脳と同じ媒体を利用したシステムが可能であることを実証した。

 すなわち水と塩を基礎としたコンピュータによって、脳の機能を模倣することに成功したのだ。

 その中核となるのが、150×200マイクロメートルの極小デバイスで、生物の脳において神経細胞から神経細胞への信号伝達を担う「シナプス」の働きを模倣する。
2
シナプスは神経伝達物質を放出することで、隣の神経細胞にメッセージを伝える/Credit: Utrecht University

 ユトレヒト大学の博士候補生、ティム・カムスマ氏は、「複雑な情報を処理できる人工シナプスは固体材料でならすでに作られていますが、水と塩でそれができることを実証したのは、今回が初めて」と、プレスリリースで説明する。

 開発された「イオントロニック・メムリスタ」は、まさに脳の神経細胞の振る舞いを再現したものだ。

 このデバイスは、水と塩の溶液で満たされた円錐形のマイクロ経路で構成されており、電気的な刺激を受けると、溶液のイオンが経路内を移動し、イオン濃度が変化する。

 この伝導率は電気刺激の強さに応じて変化し、その変化の大きさが入力信号を示す値となる。これが神経細胞同士の結合の強まりや弱まりとちょうど同じなのだ。

 さらに経路の長さは、イオン濃度の変化が戻るまでの時間に影響する。つまり経路の長さを調整することで、情報の保持や処理のための時間が変わってくる。

 これもまた生体のシナプスに見られる特徴である。
3
人工シナプスの顕微鏡写真/Credit: Utrecht University

生物学と電子工学を組み合わせることで人間の脳を再現

 今回の研究は基本的なもので、イオントロニック・ニューロモーフィック・コンピューティングの本格的な実用化まではまだまだ時間がかかる。

 研究チームが目指すのは、現在のコンピュータよりもずっと高性能で、なおかつ省エネ型のコンピュータだ。これはあくまで目標であって、実現するのかどうか、本当のところはまだわからない。

 とはいえ、カムスマ氏は今回の成果を大きな前進だと考えている。
人間の脳の通信パターンだけでなく、同じ媒体まで利用したコンピュータ開発へ向けた大きな進歩です。

きっといつかは、人間の脳の驚異的な能力をより忠実に再現するコンピューティング・システムへの道が開かれるでしょう(ティム・カムスマ氏)
 この研究は『PNAS』(2024年4月24日付)で発表された。

References:First experimental proof for brain-like computer with water and salt - News - Utrecht University / Scientists Create First Brain-like Computer Using Water and Salt / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
人間の脳細胞を組み込んだコンピューターチップの開発、オーストラリア政府から資金提供


ヒトの脳組織を培養した「ミニ脳」でコンピューターの構築に成功。日本語音声認識や数学理論を理解


未来のコンピューターは人間の脳細胞で動くようになるかもしれない


人間の脳細胞をマイクロチップに織り込みAIの限界を広げる「ブレインオンチップ」の開発


肉体を持たない分離された脳細胞にも知性のようなものが備わっている。ミニゲームをプレイすることに成功

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 20:19
  • ID:OBhQknwO0 #

It’s a ソニー!

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 20:19
  • ID:c4w4RpP60 #

酒くれーとか有給くれとか騒ぐPC、人間臭くて好きだが
企業から見たら使い勝手悪いと文句来るし絶対にそういう
面白いPCにはならないな

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 20:48
  • ID:sn.gf8Al0 #

後の阿頼耶識システムの原型である

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 22:24
  • ID:BiMFbX5a0 #

いつ頃自我が芽生えるだろうかね

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 22:34
  • ID:HKQk6VBM0 #

こう塩水をちゅーっとな

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 22:34
  • ID:VX8i2hWC0 #

メトロイドのラスボス作ってるのか

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 08:11
  • ID:96oUsxi60 #

将棋AIが使う電力は膨大だけどプロ棋士は弁当一つで打てるみたいな比較面白かったな。省エネCPU頑張ってほしい

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 09:28
  • ID:sL09XM0A0 #

カビとかきらとか腐敗はしないのか?

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 10:48
  • ID:namWZPmv0 #

人間の脳まである程度は再現できちゃうんだねーって
今後もっと技術が発展したら本格的に自我をもちはじめたりしそう・・・
シミュレーション仮説も昔は信じてなかったけど、今はありえるんじゃないか?って考えが変わってきたよ

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 12:31
  • ID:qepgVmgb0 #

コンピューターが殺してくれと訴えるまで後何年?

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 13:27
  • ID:757owbVD0 #

ご覧ください。これがリープ航法メカです。

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 17:41
  • ID:45f2vIG20 #

ボクはは塩と酒でコンピュータ並みに働く脳細胞持った人間だよ
升の角っこにお塩盛ってください

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 18:15
  • ID:ZBORyBGp0 #

スタートレック ヴォイジャー搭載のバイオ神経回路そのものではないですか!!

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 22:33
  • ID:DUGUpAxn0 #

バイオコンピュータがパイロットの技量が十分に高いと判定するとリミッターを外して限界以上の超性能を発揮するモンスターマシンが作れる訳で?

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 05:10
  • ID:INjFx.tj0 #

したらばの未来技術板から来ました
なんかカラパイアの記事って信憑性あるの?とか書いてる人がいたけど、ちゃんと最後の方にリンクがあるのを見てない人だなぁと思いました
ここ来るの久しぶりだけど、ほのぼのとした話題から怖い話まで網羅してて好きですよ!

16

16. 匿名処理班

  • 2024年05月12日 20:19
  • ID:Jqwh2m1U0 #

>>14
申し訳ないがご家族にしか通じない単語で理論を説明するのはNG(F91並感)

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links