日本の幽霊の歴史
 アメリカ、ワシントンD.C.にあるスミソニアン国立アジア博物館で、10月6日まで「超常現象の演出:日本の浮世絵芸術における幽霊と芝居」という展示会が開催されている。ここでは日本の不気味な怪談を描いた浮世絵や版画の数々が展示されている。

 1700年代から1900年代にかけて日本の芸術家たちによって制作された50点以上の展示作品は、木版画芸術が醸し出す力強さとそれが表現する物語が現代の日本でも相変わらず人気があることを示している。

 歌舞伎や能といった伝統芸能から生まれたこれらの作品は、そのパフォーマンスと同じくらい人気があったことがわかる。怪談は何世紀も前から日本において大きな流れとなってきたひとつの文化なのだ。

四谷怪談

 四谷怪談は、日本で語り継がれているもっとも有名な怪談と言ってもいいだろう。夫に裏切られ毒を盛られて容貌が醜く崩れてしまった上に無残に殺されたお岩が、自分を殺した夫に復讐するために幽霊となって戻ってくるという物語だ。

 実際にあった事件をベースに作られた作品とも言われており、江戸時代後期に活躍した四代目鶴屋南北が「東海道四谷怪談」を1825年に歌舞伎で上演して有名になった。
4
東海道四谷怪談 『神谷伊右エ門 於岩のばうこん』(歌川国芳) / image credit:public domain/wikimedia

 日本の文化の中に超常現象はつきものだが、江戸(1603〜1868年)という時代とこの特殊な作品が、怪談というジャンルが今日なお続くほどの脚光をもたらすことになった、と展示会の学芸員キット・ブルックス氏は語る。

 この作品はこれまでのどの演目よりも数多くの公演を行い、その仕掛けも炎や血しぶき、ワイヤアクションなどこれまでにはない特殊効果がなんといっても売りだった。

歌舞伎や能の文化と怪談

 この時代の浮世絵作家たちは、四谷怪談や当時のほかの作品、演じる役者の思い出を求め、物語を記憶に留めたいと願う熱心な観客のために作品を複製した。

 江戸時代に生まれた歌舞伎は、様式化されたパフォーマンスと複雑で大がかりな特殊効果で知られ、幅広い観客に人気のエンターテイメントだった。
落とし戸、たくさんの小道具、作り物の血、役者をワイヤで吊るして劇場を飛び回らせるなどの新たな仕掛けではっきりと幽霊の存在を観客に伝えていたのです(ブルックス氏)
 芝居にちなんだ数多くの木版画、浮世絵が制作され、大衆が手に入れやすい価格で販売された。1840年代には、蕎麦一杯の値段で多色刷りの浮世絵が買えたという。

 展示されている精密な木版画のひとつに、1861年に歌川国貞が描いたお岩がある。釣り糸に引っかかって水面に引き揚げられたお岩の遺体と使用人の小仏小平の遺体が描かれている。
5
歌川国貞「お岩ぼう霊」1848年 / image credit:東京都立図書館

 この戸板返しのトリックは、舞台の上では非常に効果的だ。ふたつの遺体を同じ役者が演じ、衣装をすばやく変えることで違いを表している。

 1860年代まで40年近くにわたってこうした舞台トリックは使われ、本物の水が入った水槽が使用されたこともあった。こうしたトリックを描いた作品が完全に無傷で現代まで残っていることは極めて稀だ。

 能舞台でも幽霊は取り上げられていて、より身分の高い目の肥えた聴衆たちをターゲットにしていた。
3
月岡耕漁「石橋双図」能楽百番より、木版画 1922-1927年 / image credit:National Museum of Asian Art

 能は14世紀に始まったとされるが、神社や寺での収穫儀式や娯楽のために行われたものはもっと古くからあった。

 こうした儀式には舞い、詠唱、木製の面をかぶったキャラクターがつきもので、面をつけるのは本質的にその役割になりきることを意味する。それは面をつける人間に起こる一種の憑依ともいえる。

 19世紀の版画家で浮世絵師の月岡耕漁は、世間の能への関心の高まりをうまく活用し、能のおどろおどろしい登場人物を記録するだけでなく、面の下に隠れた役者自身をはっきり示すことで初めて能の舞台裏までを描いた。
1
月岡耕漁「土蜘蛛」能楽百番より、木版画(1922-1925) / image credit:National Museum of Asian Art

 能の幽霊物語は歌舞伎ほど大げさな作りではなかったかもしれないが、その形式は遠い過去の物語をしっかりとらえていた。

 こうした物語は日本中にある特定の場所と関連づけられていることが多く、その土地に関わる霊を通して物語が語られ、霊は地元の記憶につながるパイプ役を担っている。
2
歌川国芳「追分」お岩と宅悦、木曽街道六十九次より、木版画(1852) / image credit::National Museum of Asian Art

幽霊は庶民の代弁者?

 どうして幽霊は日本の伝統文化の中で生き続け、江戸時代でも広く信じられていたのだろうか?

 数百点の浮世絵を美術館に寄贈したコレクター、パール・モスコウィッツ氏は、幽霊は時代が巡ると共に変化する社会を反映するひとつの方法だったのではないかと言う。
幽霊が現れる物語は、支配階級の権威が絶対的だった封建社会において、正義のひとつの形態として機能したのではないかと推測します(パール・モスコウィッツ氏)
 不平等な階級制度の中で、幽霊が自分たちにはできない方法で復讐を果たして正義を成し遂げるという芝居を鑑賞することで、庶民は大いに溜飲を下げることができる、一種の精神の浄化だったのかもしれないとブルックス氏は言う。
こうした話の中でサムライが悪役になることも多く、それもこうした説にある程度の信憑性を与えています(パール・モスコウィッツ氏)
 現代でも、こうした幽霊のイメージは日本のホラー映画に結び付けられている。

 映画『リング』( 1998年)やその英語版リメイク作である2002年の『ザ・リング』に出てくる貞子(リメイク版ではサマラ・モーガン)は、まさに昔からある日本の幽霊のイメージだ。

展示会延期の裏に幽霊の影が?

 ワシントンで開催される展示会「超常現象の演出:日本の浮世絵芸術における幽霊と芝居」はもともと2023年のハロウィンの時期に開幕予定だったが、会場内で水漏れがあったため半年間延期されたそうだ。

 日本では現代でも四谷怪談関係の催しをするときは、事前に関係者はお岩が祀られている神社に詣でるという。まさかとは思うが、用心に用心を重ねるにこしたことはないのかもしれない。

 日本の夏は幽霊の出番だ。蒸し暑く寝苦しい夜に怪談を語れば、背筋がぞっとして涼を得ることができるという伝統は今でも盛んだ。

References:Why Images of Ghosts Have Endured in Japan for Centuries | At the Smithsonian | Smithsonian Magazine / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
浮世絵・日本画に描かれた骸骨(ドクロ)


江戸時代に栄えた日本の伝統文化。浮世絵に描かれた鮮やかな刺青の数々


額や腕に恥ずかしい紋様を入れられてしまう。江戸時代の「入墨刑」に関する事実


葛飾北斎から学ぶ絵の描き方。絵を描くための手引書「略画早指南」がインターネット公開。


世界最古の幽霊はいつからどこに出没したのだろう?古い幽霊に関する考察

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 22:12
  • ID:zwKQDD3n0 #

関ケ原での幽霊目撃が無くなって400年で成仏するとかいう説出てなかったっけ?

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 22:34
  • ID:pbeatx.S0 #

西洋=生きている間にブーブー文句言うので死んだ後は大人しい
日本=生きている間は言いたいこといえなかったので死んだ後でブーブー文句言う
という違いだという説

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 22:47
  • ID:.sw2Swtm0 #

宗教の違い
宗派にもよるけどキリスト教では基本的に幽霊を否定してる
死後人間は天国or地獄に行くか、アポカリプス後に復活する物
だからホラーの定番は悪魔系か魂が存在しないゾンビとかになる

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 23:03
  • ID:W.5gvxRo0 #

記事にある通り幽霊は全部トリックだもんな
だが令和になっても本気で幽霊信じてる奴がいるのが一番のホラー
めちゃくちゃ稚拙なやらせ心霊動画でも大勢信者つく
人類滅亡するその時まで心霊商法は通用すると思う

5

5.

  • 2024年05月04日 23:49
  • ID:rSobRM5A0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 23:49
  • ID:Ejt4bzZK0 #

え、幽霊って日本独特?
西にもゴースト居るじゃないか
結構悪さするイメージあるけど…ひょっとして皆悪魔扱い?

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 23:54
  • ID:FyBxrtew0 #

>>4
森羅万象が科学で解明された訳でもないのに存在を否定する阿呆
どちらにも確定してない以上「存在するかもしれない」か「存在しないかもしれない」だ

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 00:41
  • ID:PO1J85f.0 #

物語の中で溜飲を下げるって転生ものと似ているね

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 01:20
  • ID:rR6rwJwm0 #

>>1
そうかな
鎌倉の某所はいまだ出るという噂あるぞ

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 02:59
  • ID:OjYu8rYR0 #

水木しげる大先生の影響も多分にあると思う

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 03:22
  • ID:WSuV9auw0 #

幽霊見たくて廃屋やらトンネルやら散々行ってけど未だに気配すらない
早く見たいんだが…

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 06:42
  • ID:r1WTJB5x0 #

江戸時代の芝居で大仕掛けな幽霊モノが流行ったのは、
20世紀のハリウッドで宇宙インベーダーの特殊効果モノが隆盛したのと、同じようなノリなんじゃないかって気がするけどなぁ…。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 07:17
  • ID:Zvc348hx0 #

イギリスとか幽霊物件の方が高値が付くような幽霊大国じゃん
アメリカでも幽霊話は普通にあるし心霊写真も大好きじゃん

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 07:53
  • ID:Z2LCfStG0 #

場所や地域が結びつくのは本当に関係してるのかもね
四谷や番町皿屋敷や鍋島の化け猫等々、より信憑性や想像力が働くのかな

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 07:59
  • ID:757owbVD0 #

人情噺的なような物語や絵があったりするのも日本的じゃなぁ

16

16.

  • 2024年05月05日 08:56
  • ID:A77PvRC.0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 08:58
  • ID:RRPJ.HLa0 #

サムネの幽霊は三代目火影の屍鬼封尽みたいだね

18

18. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 09:09
  • ID:2utQ.EkG0 #

ひとつには江戸時代ごろの絵のクオリティじゃないかと。

19

19. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 10:03
  • ID:sxddBy7d0 #

日本だと怪談は夏の風物詩です。
開催時期がずれて、むしろより本場仕様になったかも!

20

20. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 10:13
  • ID:XHHUOtrp0 #

ヨーロッパやアメリカだって、ヴィクトリア朝時代の風俗の幽霊ばっかりで、
80年代に死んだヴィジュアル系バンドの幽霊とか、あまり聞かないよなぁ

21

21.

  • 2024年05月05日 10:43
  • ID:AVNqlsaZ0 #
22

22.

  • 2024年05月05日 11:04
  • ID:Exd8u1tB0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 11:17
  • ID:Exd8u1tB0 #

>>20
パイロットを含む死亡事故機から使えるパーツを再利用した複数の機体の乗務員から、事故で亡くなった乗務員が幽霊になって警告に現れるという目撃談が相次いだため、再利用パーツを使用した全機から撤去したというエピソードをナショジオのメーデー!という番組でチラッと触れてた

24

24. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 12:05
  • ID:czYxQvXd0 #

浮世絵の死神が歌うよね「くちびるから媚薬」

25

25. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 13:17
  • ID:r1WTJB5x0 #

>『リング』に出てくる貞子は、まさに昔からある日本の幽霊のイメージだ。

ん〜…、貞子や八尺様が流行った2000年代あたりが、
幽霊の「白装束」が、和服の死装束から
洋服のワンピースに変わった変換点な気がする。

昭和の頃なら、現代の人物なら 死んだ際の日常着(洋服)か
白装束でザンバラ長髪なら着物ってイメージがまだあったけど、
今時の若い人だと、白装束に三角頭巾の幽霊って
もはや「怖い」というよりドリフ的な「ギャグっぽい」イメージしか無くなったんだろう。
それでも「白い幽霊」の印象的な視覚イメージを踏襲する代替が、白い長ワンピースだったんじゃないかと。

26

26. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 13:39
  • ID:757owbVD0 #

ユ〜レイ ユ〜レイ ユ〜レイヒィ〜〜 ビールは別料金〜♪

27

27. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 13:46
  • ID:r1WTJB5x0 #

>>20
80年代じゃないけど、カラパイアの過去記事で『アメリカのロックバンド「ドアーズ」のボーカル、ジム・モリソンが幽霊となって自らの墓場に立った写真』ってのがあったよ。

28

28. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 14:30
  • ID:nGGRmPS70 #

>>2
公開処刑クラスの大物は執行前に演説タイムがあるんだっけ
死後の自分の評価に繋がるからみんな力作を用意した

29

29. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 14:36
  • ID:nGGRmPS70 #

>>20
ヴィクトリア朝時代にはブルボン朝の幽霊が出たんだよ
最近はアール・デコと大正浪漫な幽霊がトレンド

30

30. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 17:25
  • ID:qwW41HGF0 #

民間信仰からのエンターテインメント化で懐疑主義や博物学のような枠から外れたのが定着した理由かも

31

31. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 18:34
  • ID:757owbVD0 #

>>15
円山応挙の幽霊なんか情が有るやろ

32

32. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 22:05
  • ID:EWiP8QNd0 #

日本、韓国、タイ、台湾辺りの怪談話やホラー映画には似通った血が流れてるように感じる
幽霊や怪異のバックグラウンドが丁寧に描かれるところがアジア圏独特というか。
かつて幽霊も血の通った人間であったことを観客にまざまざと見せつけて、更に怖がらせるあの感じ。

33

33. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 22:07
  • ID:EWiP8QNd0 #

>>20
日本でも「日本と来たら白い服に黒い髪の痩せこけた幽霊ばかりでアフロデブの幽霊は出ない」とかあるもんねw

34

34. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 23:29
  • ID:.bu9rzHk0 #

今見ると貞子血色が良いな
健康そうな手だ

35

35. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 23:47
  • ID:c.3tB4lQ0 #

>>3
日本でも浄土宗、浄土真宗などは死んだら極楽行くので幽霊にならないはずなんだが

36

36. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 08:46
  • ID:68rZwcos0 #

>>35
成ったとしても、女三十五日 男四十九日のお約束

37

37. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 15:54
  • ID:trsL88mM0 #

>>6
>>13
この記事は別に「日本だけ何世紀も幽霊話が生き続けているのは何故か」と言っているわけではなく、
「幽霊話が何世紀も語り継がれている“日本における理由”は何なのか」って話をしているんだと思うけど

38

38. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 16:46
  • ID:oMzDD18X0 #

近代になって電気の明かりと知識の明かりで見えない分からないものが急速に減ったからね

39

39. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 20:34
  • ID:mcI892Vv0 #

>>4

幽霊は危ない雰囲気が漂うので、「触らぬ神に祟りなし」のスタンスで、スルーするのが良いと思います。しかし実在はします。

そう、この4個目の匿名処理班の投稿者の方のような、あの世も信じず、霊も信じず、世の中物質だけで、死んだら無になると考えるような人が、いざ死ぬと、身体は無くとも自分の意識が存続している事を自覚し、驚いて、受け入れられず、幽霊になります。

こういう人が令和の時代に益々増えていて、困っているので、死後に危ない幽霊にならないように、こうやって時々本当の事をリークしているのです。

40

40. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 19:53
  • ID:G8ums7eo0 #

河鍋暁斎の幽霊画を生でみたことあるけどやっぱ迫力半端ない

41

41. 匿名処理班

  • 2024年05月12日 19:52
  • ID:cVrdrWE60 #

夏に四谷怪談、年末に忠臣蔵。お約束を楽しむ感じよな

42

42. 匿名処理班

  • 2024年05月12日 21:28
  • ID:lPwCn5bh0 #

幽霊がいる、見える、そういうことで商売をする人がいるから、「いない」と思ったほうが詐欺師のカモにならずに済むと思う
なにかいたとしても、生きている者のほうが強いのだと、そう思って生きていれば何を恐れることもないよ

43

43. 匿名処理班

  • 2024年05月14日 03:50
  • ID:7KJ5DbnI0 #

>>12
四谷怪談なんかは鶴屋南北自身が悪ノリの好きなジイさんで舞台演出がエスカレートしたらしいね

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links