冷凍保存されていたクロアシイタチから2匹のクローンが誕生
 絶滅危惧種の「クロアシイタチ」の冷凍保存サンプルから、新たに2匹のクローンが誕生したそうだ。これでクロアシイタチのクローンは3匹になったと、米国魚類野生生物局が発表している。

 こうしたクローンは、クロアシイタチの遺伝的な多様性を高めるために作られた。

 2021年に誕生した最初のクローン「エリザベス・アン」は、残念ながら子供を作れない体だった。新たに誕生したメス「ノリーン」と「アントニア」の2匹は、1980年代に始まった繁殖プログラムと並び、絶滅の危機に瀕したイタチの復活を手助けしてくれると期待されている。

絶滅の危機に瀕している北米のクロアシイタチ

 クロアシイタチは、北アメリカに生息する夜行性のイタチの仲間だ。その名の通りの黒い足が特徴だが、マスク・オブ・ゾロを思わせる目の周りの縁取りもトレードマークである。

 体長約30〜50cmとミンクと同じくらいのサイズで肉食性。その食事のほとんどがプレーリードッグという偏食家でもある。じつはこれが災いして、クロアシイタチは存亡の危機に瀕することになる。

 平原に巣穴を掘るプレーリードッグは、畑を荒らすために害獣扱いされ駆除が進められてきた。プレーリードッグが数を減らすと、それを主食にしていたクロアシイタチも激減。1979年には絶滅が宣言されるほどだった。
4
ネズミ目リス科のプレーリードッグ / image credit:iStock

 ところが1981年、ワイオミング州西部で飼育されていたシェップという名の牧場犬が、クロアシイタチの死体を家に持ち帰り、まだ絶滅していないことが判明したのである。

 その後生きた個体7匹が捕獲され、現在につながる繁殖プログラムがスタートした。

 1990年代以降、アメリカ西部・カナダ・メキシコの数十カ所で繁殖されたことで、野生に再導入されるほどの復活を果たした。

 なにしろ彼ら真っ先に新型コロナワクチンが接種されたほど、手厚く保護されているのだ。
00
クロアシイタチ / photo by iStock

クロアシイタチのクローン化の取り組み

 ただし、現在確認されているクロアシイタチはすべてこの7匹の子孫であるために、遺伝的な多様性に乏しい。

 豊かな遺伝的な多様性は、動物たちが変化する自然環境にうまく適応して生きるうえでとても大切なことだ。

 そこで1980年代にクローンプロジェクトが開始された。

 2021年に誕生した最初のクローン「エリザベス・アン」は、最初の7匹のうちの1匹のウィラから作られたが、残念ながら子供を作れない体だった。

 そしてウィラから、「ノリーン」と「アントニア」という2匹のクローン個体が誕生したことが、最近になって米国魚類野生生物局から発表された。

 ウィラの遺伝子は、現生のクロアシイタチに比べると3倍も変異が多い。だから、それと同じ遺伝子を持つクローンたちは、クロアシイタチの遺伝的多様性を高めてくれると期待されている。
3
新たに誕生した2匹のクローンのうちの1匹「アントニア」 / image credit:Black-footed ferret clone Antonia, Roshan Patel/Smithsonian Conservation Biology Institute, Creative Commons Attribution 4.0
1
こちらがもう1匹のクローン「ノリーン」 / image credit:Black-footed ferret clone Noreen, Kika Tuff/Revive & Restore, Creative Commons Attribution 4.0

絶滅危惧種たちが冷凍保存されている世界最大の動物園

 1980年代に冷凍されたウィラの遺体は今、世界最大の冷凍動物園として知られるサンディエゴ動物園保全研究所で保管されている。ここは現代のノアの方舟のようなもので、皮膚から羽毛まで1万以上のサンプルが保管されている。

 冷凍動物園のバーバラ・デュラント氏は、すでに絶滅した100万種もの生き物たちを救う手助けになるだろうと地元メディアに説明する。

 「人間がいなくなれば、さまざまな生物が再び増えるでしょう。一方、個体数があまりにも減りすぎていたり、冷凍動物園にしかいなかったりする生き物は、人間なしでは復活できません」

 そもそも絶滅した生き物たちの多くは人間のせいで姿を消したのだが、絶滅の危機に瀕した種を守れるのも人間だけかもしれないのだ。
Scientists are cloning ferrets to try to save the species

2024年後期、クローンによる繁殖が開始予定

 1匹目のクローン、エリザベス・アンは現在コロラド州にある国立クロアシイタチ保護センターで暮らしているが、生殖器官に問題(クローンに起因するものではないとのこと)があり、子供を作れない体だ。

 一方、ノリーンとアントニアは、きちんと大人になった今年後半頃、繁殖が試みられる予定であるとのことだ。

 なお2匹が生まれたのは昨年5月のことだが、魚類野生生物局がそれを発表したのは、それから1年待ってようやくのことだ。

 「科学には時間がかかるもので、片手間にできるものではありません」と、同局のスポークスマンは述べている。

References:Innovative Cloning Advancements for Black-footed Ferret Conservation | U.S. Fish & Wildlife Service / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
冷凍動物園。再び蘇る日のために動物たちの細胞組織を低温保存する施設


世界初、ホッキョクオオカミのクローンが誕生。ビーグル犬が代理母


絶滅危惧種の馬「モウコノウマ」のクローンが誕生。40年前に冷凍保存した遺伝子サンプルから現代に蘇る(アメリカ)


絶滅種のタスマニアタイガーの標本からRNAを抽出することに史上初めて成功


人間が絶滅させた鳥「ドードー」を人間が復活させるプロジェクトが発足

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 09:15
  • ID:zJTzHjgr0 #

人間驕ってるな

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 10:01
  • ID:NFqPoQI.0 #

増やすも減らすも人間様次第やな

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 10:17
  • ID:6Qn.fs9n0 #

ドッグゴーンという
プレーリードッグ吸い取りマシーン
トリビアの泉でやってた

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 12:44
  • ID:w.E6CkVZ0 #

>>3 吸い込みホースを手で操作するから、結構重労働。
生け捕りとなったプレーリーたちは、政府の生態系研究施設に送られるんだね。
可哀そうだが、ニンゲンとの生存競争だから厳しい世界だ。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 13:17
  • ID:HUUo1RUe0 #

過ちかもしれぬ、「若気のイタチ」と言うではないか

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 16:54
  • ID:Ri1xKTHk0 #

>そもそも絶滅した生き物たちの多くは人間のせいで姿を消したのだが、絶滅の危機に瀕した種を守れるのも人間だけかもしれないのだ。

傲慢すぎる

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 19:25
  • ID:ewF1.JYI0 #

うおお
おれも人間様の傲慢さを指摘してぇ…

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 07:15
  • ID:exSBjV4a0 #

んおおおお
フェレット飼いとしてはクロアシイタチのあまりのかわいさに悶絶してるところぉぉ

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 07:55
  • ID:.T7TO8PY0 #

あら可愛い。
手先、足先のツートンって、手袋や靴下みたいで可愛いねぇ。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 16:51
  • ID:c.zd.VuA0 #

緊急措置として絶滅が目前に迫ってしまった種を増やすとか、ごく最近に人のせいで絶滅してしまったニホンオオカミやカワウソやトキのような種を復活させるにはいい手段だと思うが、死んだペットのクローンを作るという話だと賛成しかねる。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 17:13
  • ID:1qXYIQbO0 #

イタチって狂暴だけど顔はほんとかわいい

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links