no title
 カナダ、バンクーバー島北部の入り江に座礁したシャチのメスが、懸命の救助活動もむなしく死亡したそうだ。

 このメスは、島の北西海岸にあるゼバロス村から6kmほど離れた入り江に打ち上げられ、海に戻れなくなっていた。

 母親が死亡した後も、その子は海へ戻ろうとせず、5日間にわたって入り江に留まり続け、片時も母親の元を離れようとしなかった。

 地域の人々や救助隊は、せめて子供だけは助けようと、海に戻すための試みが行われている。
Killer whale calf stranded after mother dies

母シャチが入り江で身動きが取れなくなり死亡

 3月23日、バンクーバー島の北西海岸、ゼバロス村南にあるリトル・エスピノーサの水深の浅い水域入り江でシャチの母親が立ち往生し、身動きが取れなくなっていた。

 母シャチは満潮時にアザラシを追いかけ、岸に近寄った時に側転し、砂浜に乗り上げてしまったと推測されている。

 だが入り江の変化は、シャチの想像を超えていたのかもしれない。ここは潮の満ち引きの影響が強く、潮が引き始めるとその流れは非常に速いのだそうだ。
1
 地元住人らは、なんとか海に戻してあげようと懸命な救助活動を行っていた。

 シャチの救助活動に参加したイッハテサット・ファースト・ネーション(先住民族のコミュニティの1つ)のフローレンス・ブルース氏は、「シャチは最後のその時まで、必死にもがいていました」と語っている。

 大勢の住人が駆けつけ、シャチにできるだけの水を与えながら、どうにか腹ばいにしようと奮闘したが、2時間後シャチは息を引き取った。
3

母親の死後もずっと入り江から離れない子シャチ

 気の毒なのは母親を失ったシャチの子供だ。シャチの子は、母親が死んだ後も入り江から離れようとしなかった。
2
 それどころか、入り江のさらに奥へと進んでしまったのだ。

 現在、子シャチをどこかにいる仲間の群れの元へ戻すミッションが行われているが、状況は一刻を争うがすでに5日間が経過した。

 潮のタイミングにより、子シャチが入り江から安全に出られるだけの水位が高くなるのは1日に30分しかないことも、救出を困難にしている。

 救助隊はシャチの鳴き声で誘導したり、様々な方法を試して子シャチを海へ誘導しようとしたが、成功しなかった。

 シャチの子は母親を亡くしたことで心に深い傷を負っていることも誘導が進まない要因の1つだという。

 亡くなったシャチの母親は、T109A3と呼ばれる15歳の回遊型シャチで、2022年に子供を産んだことが確認されている個体だった。なので入り江から出ようとしない子シャチは2歳になる。
 このミッションには、住民だけでなく、地域のファースト・ネーションの指導者や、水産省の海洋哺乳類救助職員などの専門家たちが集結している。

 ヌチャトラット・ファースト・ネーションのジュデー・スミス氏は、「船を6隻出して、赤ちゃんを群れに戻そうとしています」と語る。

 同じく救助ミッションに参加する非営利団体Bay Cetologyのジャレッド・タワーズ氏は、子シャチを入り江から脱出させようとしている。

 「幸いなことに、子シャチは大きな声で鳴き続けています。満潮時に自力で泳ぎ出せれば……鳴き続けることで仲間を探し出し、そのまま受け入れてもらえるかもしれません」


追記:(2024/04/01)本文を一部訂正して再送します。
References:Beached orca in B.C. dies despite life-saving efforts | CBC News / Orca calf refuses to leave a lagoon where its mother stranded and died off Vancouver Island / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
世界初、瀕死のシャチが沈まないよう必至で体を支え助けようとする2頭の若いシャチの姿が捉えられる


悲しむのは人間だけではない。生まれてすぐに死んだ我が子を頭に乗せて泳ぐシャチのお母さん


シャチのお母さんは息子を溺愛。大人になっても餌を与え続け面倒を見ている


海岸に座礁したシャチを救うため、海水をかけ続ける人々。高潮に乗り自力で海に戻ることに成功(アメリカ)


うれしいニュース。死んだ我が子を運びながら17日間共に泳ぎ続けたあのシャチが再び出産。今度の子は元気に育っていた。

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月01日 09:06
  • ID:UXj6Sz9s0 #

2歳であればおそらく魚だけで生きられるようにはなってるだろうけど確かシャチは野生で15歳前後で初産を迎えるような種だから人間とそう大差ない成長速度…と思うとまだ園児ぐらいの存在なんだろうしなあ
上手く他の群れに保護してもらえれば生きられるだろうけど一匹じゃまだ無理だと思う…
母シャチもおそらく初めての子育て中だったんだろう、可哀想に

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月01日 09:18
  • ID:d2QFsFGW0 #

潮の満ち引きの概念が無いんだな
海最強で海で一番頭いいシャチですら

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月01日 12:03
  • ID:gExUlt2O0 #

南米の波打ち際でシャチがアザラシだかアシカかなんかの動物を襲う映像があって迫力もあるしシャチすげーで終わってたのを、専門家の解説で「このような行為はシャチにとっても命がけです。陸に打ち上げられるとなすすべはありません。シャチもそのことは理解していて、本当に食料に困っている時にしかしません」みたいな事を言っていたのを思い出すよ。
今回のは子供のために文字通り命がけだったのかな。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月01日 12:10
  • ID:IT24GM.K0 #

せつねえ

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月01日 12:28
  • ID:VqPPwpEi0 #

>>2
事故みたいな物だから知ってても避けられるとは限らない。
人間だって事故のリスクがあることが分かってても
遭う時は遭うわけで。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月01日 12:33
  • ID:VYtwtccb0 #

こういう悲しいのはちょっと…(´・ω・`)

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月01日 13:02
  • ID:0CZpP35j0 #

一族の群れが近くで様子伺ってると思う
お婆ちゃん助けに来てくれ

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月01日 14:49
  • ID:vhbeNfXU0 #

海へ帰らずにるT109A3A「kʷiisaḥiʔis」("Brave Little Hunter."という意味の名が彼女につけられたそう)が落ち着くのを期待してしばし作戦はお休みしましょうかということになってたみたい。今週再開なのかな。10年ほど前にも迷子があり外洋までつれていったら群れに戻れて今も健在なのだそう。
母の解剖でわかったそうなのですが、彼女はいずれ姉になるはずだったことも関係者の動揺を深めたみたい。獲物を追った理由はそこにもあったのだろうか。無事親族の群れに戻れますように。
"kʷiisaḥiʔis (Brave Little Hunter aka T109A3A)でインスタや関連記事を探すとこれらを記した関係者のポストや記事、彼女の声などありますね。

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月01日 16:35
  • ID:zSIGPrv.0 #

早く仲間のところに戻れる事を祈る。
群れの絆が深いシャチなら見捨てて遠くに行ってしまう事はなさそうだし

10

10.

  • 2024年04月01日 18:33
  • ID:fjqU.z000 #
11

11.

  • 2024年04月01日 20:12
  • ID:HTMbXa7H0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月04日 01:21
  • ID:5i9H9u6h0 #

こういう話聞くとなぜかすごい悪い事したような気持になる
今回みたいなケースは人間のせいで起きた悲劇じゃないのに
シャチの子が園児ぐらいって聞くとなぜかごめんなさいごめんなさい私が悪い事しましたって気持ちになる
なんでだろう

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月04日 01:22
  • ID:5i9H9u6h0 #

ただアザラシは助かってるんだよな
そのことを考えると複雑な気持ちになる

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links