シャチの母親は息子が大人になっても餌を与え続ける
 人間世界でも成人して働ける年になっても、親に面倒を見てもらっている人がいるし、親のほうも子離れしないケースもある。

 それはシャチの世界でも同様のようだった。シャチの母親は、息子がすでにいい大人になっても、面倒を見続けることがあるという。

 母親が子どものために犠牲をはらうのは珍しいことではないが、シャチ母さんの場合、将来の子孫繁栄に影響を及ぼすにもかかわらず、今いる息子を最優先してしまうのだそうだ。

 だがそれも理由があってのことだという。この研究は『Current Biology』誌に発表された。
広告

息子を溺愛するシャチ母さん

 こうした母と息子の溺愛関係は、ワシントン州とブリティッシュコロンビア州の沖合に生息する73頭のシャチの群れの中で現実に起こっていることだという。

 1976年以降、ワシントン州ハーバーにあるクジラ研究センターの研究者たちは、この個体群の監視を続けた。

 その結果、母親がすでにおとなになった息子のために狩りをし続ける、奇妙な社会システムに気がついたのだ。

「シャチは母系社会なので、息子や娘は母親と同じ群れの中で生涯を過ごします」クジラ研究センターのマイケル・ワイス氏は語る。

 「しかし、息子はとくに母親と強い社会的結びつきを保ち、母親から離れない傾向があります」
01
オスのシャチはおとなになっても、母親に狩りを頼っている / image credit:Kenneth Balcomb/Center for Whale Research

なぜシャチ母さんは娘ではなく息子だけに過保護なのか?

 オスの子どもが母親にべったりなのは、なにかメリットがあるからなのだろうか?メスの子どもは通常、6〜10歳の生殖年齢に達すると、母親からエサをもらうようなことは一切しなくなる。

 なぜ、シャチの母親は、娘ではなく息子を優遇するのだろうか?

  研究者はすべては進化的な費用対効果に帰すると考えている。

「オスはメスよりも少し体が大きいため、より多くのカロリーを必要としますが、機動性がやや劣り、獲物を捕まえるチャンスが低くなる可能性があります」ワイス氏は言う。
母親の観点からすれば、息子を優先的に助けたいと思ういくつかの正当な理由があります。

娘たちが繁殖行為をして生まれた子どもは、祖母である母親と同じ群れに属することになります。つまり同じ群れの中で食い扶持が増えることになり、エサの取り合いになる可能性があります。

だから、娘の繁殖を助けるのは、母親にとってデメリットがあります。一方、オスの場合は、その子どもは通常、ほかの群れで生まれます

自分の遺伝子を次世代に引き継ぐ進化という点では、母親が産まなくても、息子に子ができれば、同じ利点が得られます。しかも、群れの中で娘の子どもとエサをめぐる競合が起こることもないのです(ワイス氏)
iStock-1343369271
photo by iStock

息子の面倒を見ていることで繁殖活動に支障

 しかし、こうした息子への甘やかしは、長期的にはやはり母親にデメリットをもらたすことになる。

 母親が大人になった息子の世話を続けることと、自身が生存可能な子どもを産む確率との間に、強い負の相関関係があることがわかっている。

 大人になっても手のかかる息子がいると、その年に母親が新たに子どもを産む可能性が50%以上も低くなるという。
例えば、21歳のメスで、現在世話をしている子どもがいなくて、過去1年間繁殖活動もしていない場合、子どもを産む確率は5分の1です。

もし、そのメスに息子がいて、その面倒をみていれば、その確率は10分の1になってしまいます。

息子の世話をしているので、ほかに回せる食料資源が減ってしまい、自身が妊娠するのは、デメリットになってしまいますので、ますます繁殖する可能性が低くなります(ワイス氏)
 これは、すでに大人になった息子の世話をする大きな代償だ。

 しかし、息子が繁殖に成功すれば、母親は進化上の利益を得ることができ、こうした利益がこれまでの大きな代償を上回るのに十分である、つまり費用対効果が優れているということになるのだろう。

References:
Costly lifetime maternal investment in killer whales: Current Biology
Killer whale mothers don't stop feeding their full-grown adult sons -- and this is costing them dearly / written by konohazuku / edited by / parumo

あわせて読みたい
シャチのおばあさんが閉経後も長生きする理由は孫のため(英研究)

うれしいニュース。死んだ我が子を運びながら17日間共に泳ぎ続けたあのシャチが再び出産。今度の子は元気に育っていた。

シャチの間で流行りのゲームなのか?人間のボートを襲う事件が相次ぐ

世界一孤独なシャチ、10年以上ひとりぼっちで水槽の中で過ごす(カナダ)

驚くべきシャチの頭脳プレイ。氷を割ってアザラシを追い詰め、波を発生させ海に落とす(捕食動画)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 09:15
  • ID:7Vf.p8.t0 #

数値化すれば何事にも理由があることがわかる。
リチャード・ドーキンスの例の話も、同じ理屈があった。

記事とは違うウエットな話になるけど、大人になっても自分の味方をしてくれる人がいるっていうのは何にも代え難いことなんだと今頃知ったよ。

2

2. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 09:43
  • ID:X08bv.yQ0 #

人間は真似しちゃいかんよ

3

3. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 10:42
  • ID:MCrEFl.W0 #

知能が高い事による弊害にも思える

4

4. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 10:49
  • ID:cBqS8V7w0 #

子育てコストは他の群れに負担させて子孫を増やす計画ですか

5

5. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 10:57
  • ID:vpvFr3zi0 #

閉経後の雌が豊富な経験で群れに貢献し続けるという研究もシャチだったかな
哺乳類の社会性は共通点も相違点もつい人間と対比してしまうぐらい面白い

6

6. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 11:26
  • ID:wiKYDSPy0 #

アメリカのシャチはイタリア人

7

7. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 11:38
  • ID:q0q8hCfc0 #

一見すると少し偏った親子の愛情にしか見えないのですが、生物行動学者の視点では種の繁栄に適した行動と捉えられるんですね
こういう事例を見ると、愛情というのはとてもシステマチックなものなのかもしれない、と感じてしまいます

8

8. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 11:45
  • ID:Ix9rDW8j0 #

シャチの世界にも冬彦さん親子みたいのがいるんだな。

9

9. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 12:08
  • ID:Q8uvcEDs0 #

こんなんでもイルカの仲間なんだよなあ、
まあ頭の良さ考えたらそこまで意外でもないけれど。

10

10.

  • 2023年02月21日 12:09
  • ID:IZpwobA50 #
11

11. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 12:13
  • ID:eOZ9g9Dw0 #

息子にだけ過保護な母親。人間の母親にもいるよね
マザコン甘えん坊息子はモテるんだろうか?
ほかの群れのメスから嫌われそうに思うけど

12

12. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 12:38
  • ID:hKVjPXvv0 #

>息子や娘は母親と同じ群れの中で生涯を過ごします

>オスの場合は、その子どもは通常、ほかの群れで生まれます

これ矛盾してるような。
結局オスは大きくなると群れを出て行くってことだよね。
前者が誤りなのかな。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 12:42
  • ID:xja0gGKB0 #

シャチの娘達に同情した

14

14. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 13:34
  • ID:wO2YE6f.0 #

>>12
繁殖期は他の群れへ遊びに行くということでしょう。
同族婚姻禁忌があるということです。

15

15.

  • 2023年02月21日 13:35
  • ID:wO2YE6f.0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 13:50
  • ID:ppnX1YhZ0 #

来世はシャチになるわ

17

17. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 14:14
  • ID:QMnSZR4d0 #

>>12
シャチは年1回、別のいくつかの群れと合流して巨大な群れを作るらしい。
その時に別の群れのメスと交尾して、生まれた子供はその別の群れで育てられる。
>「オスの場合は、その子どもは通常、ほかの群れで生まれます」

18

18. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 14:15
  • ID:K.tFYJxM0 #

生物学的観点から人間を捉えると同じになるのかな 
シャチは相当コミュニケーションとるし社会的だし、生物の中で閉経がある極めて稀な個体で老後に孫の世話、逆に老後の世話をしてもらったりする等人間に似た部分がたくさんあるから ただ手がかかる息子可愛いも有り得そうなのよ

19

19. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 14:41
  • ID:t318OhUs0 #

🐬オカン、腹減った

20

20. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 15:23
  • ID:bjJGSxfI0 #

親が息子に家も飯も与え、息子が自立しないケース、日本にもあるわねぇ。

いっそのこと、割り切って遊び暮らせばいいのに、お互い罪悪感があっておかしいの。

シャチ息子は居心地の良さを本能で受け取っていそう。立派なニートだわ。

21

21.

  • 2023年02月21日 16:59
  • ID:IZeeDnp.0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 18:23
  • ID:oMYqwFt90 #

親が成熟した子供の面倒を見るのは悪いことなんて人間の価値観だしな

23

23. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 19:29
  • ID:mRmjpar.0 #

人間の場合は息子贔屓するのは分かる
「母親はいずれ息子の庇護下に入らないと生存できない」から
特にアジアやインドでは老いた女は人権が無いから夫に先立たれたら次の保護者は息子だし、
息子の機嫌を損ねたら餓死・孤独死に追い込まれるから機嫌取らないと生きていけない
日本もそうだったけど女が食べていけるようになったら、
息子にそこまで執着しない母親は増えてきたし、息子より娘を望む家庭も多くなったな

24

24. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 19:38
  • ID:hKVjPXvv0 #

>>14
>>17
なるほど、
雄ライオンが羨ましがりそうなシステムだこと。

25

25. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 20:30
  • ID:8HUcZgdk0 #

もし母シャチが病気や怪我で亡くなった場合息子シャチはどうやって食い繋いでいくのか気になる。

26

26. 匿名処理班

  • 2023年02月21日 21:12
  • ID:IMDjktjn0 #

>>11
むしろ多くのメスが自分と同じくらいの体格で狩りも同じようにできるオスよりも体ばかり大きい穀潰しの木偶の坊を魅力的だと思った結果が現在なんでは。クジャクの羽と同じでメスの好みがエスカレートし過ぎると生物種として袋小路にはまりそう。

27

27. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 00:20
  • ID:nciI00Pt0 #

>>12
他の群れの雌に種付に行って帰って来ると読める

28

28. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 00:21
  • ID:nciI00Pt0 #

>>20
日本だけだと思ってるの?

29

29. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 00:22
  • ID:nciI00Pt0 #

>>25
そりゃあ、幼馴染の面倒見の良い可愛い雌が母親が居なくなったのを期に面倒を見始めるんだよ

30

30. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 01:10
  • ID:JqOGkfji0 #

「母親が大人になった息子の世話を続けることと、自身が生存可能な子どもを産む確率との間に、強い負の相関関係があることがわかっている。
 大人になっても手のかかる息子がいると、その年に母親が新たに子どもを産む可能性が50%以上も低くなるという。」
このデメリットって
「娘たちが繁殖行為をして生まれた子どもは、祖母である母親と同じ群れに属することになります。つまり同じ群れの中で食い扶持が増えることになり、エサの取り合いになる可能性があります。
だから、娘の繁殖を助けるのは、母親にとってデメリットがあります。一方、オスの場合は、その子どもは通常、ほかの群れで生まれます
自分の遺伝子を次世代に引き継ぐ進化という点では、母親が産まなくても、息子に子ができれば、同じ利点が得られます。しかも、群れの中で娘の子どもとエサをめぐる競合が起こることもないのです」
これで相殺してるってことじゃないの?
成熟したオスの子供がいない自分の娘世代が多くの子を産んでも餌が十分にあるように自分の世代の有む子が少なくするが、それで低減する自分の遺伝子が残る可能性を上げるために自分のオスの子を長く世話する。
自分の娘世代の子も自分の遺伝子を持っているので、それも含めて自分の遺伝子が残る期待値を最大化するっていう。

31

31. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 01:41
  • ID:SILHCTDk0 #

>>27
実際そうです。ある程度したらオスは実家?帰って来ます。

32

32. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 03:01
  • ID:fxpqwo1N0 #

引きこもりは日本特有
...と思っていたら、他国でも引きこもりが出始めた(ていうか引きこもり始めた)
あげくにシャチにまでお株を奪われるとは

33

33. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 10:27
  • ID:XFHZIqR50 #

消費カロリーが増えて機動性も落ちるのに
何でオスは大型化したんかな。
ゾウアザラシみたく雄同士が激しく喧嘩するイメージもないけど。
でかい方がモテる、みたいな理由だろうか。

34

34. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 11:00
  • ID:mGZRH6p50 #

>なぜシャチ母さんは娘ではなく息子だけに過保護なのか?

同族嫌悪は人間と同じ

母親は娘よりも息子がかわいいからだ

35

35. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 12:10
  • ID:Ub2EXYtL0 #

>>29
なるほど、母シャチから他の若いメスに世話係が移行されるだけって人間界でもよく見る構図だな。

性別がオスというだけで不利な体でも自力で獲物をとる工夫や自立努力もせず大人になり、常にメスに自分の世話をしてもらいながら子育てもせずに子を産ませ続け、一生裸の王様のまま幸福に死んでゆけるチートシャチ生がデフォなんだろうね。

メスが群れのリーダーになるなど母系家族要素以外はシャチ界も人間界とジェンダー構造変わないのチベスナ顔になるわ。

36

36. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 13:19
  • ID:Ub2EXYtL0 #

>>23
無意識に自分たちの老後ケア労働を期待して子供を産むって普通にグロテスクだよな。

息子は蝶よ花よと教育費ガンガンかけて溺愛し育てるのに対し、娘には学は必要ないと家事だけ学ばせ早く嫁に行くよう促す。
そして最もグロテスクなのは、実際に年老いた両親の食事を作り食べさせ、風呂に入れさせ排泄を処理してと四六時中ワンオペ介護を行うのは娘の方であること。息子は基本金銭面のみで身体的介護なんてほとんどしない。もし息子が全て介護するとしたら、他に姉妹や妻など家族に女性がいない場合だろう。

「あなたは誰と一緒にいるとき不幸を感じるか?」という統計で「親」と回答した女性が男性の3倍以上あったというのを見たことがあるが、まぁそういうことだろうな。

37

37. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 19:51
  • ID:ngkNIWXK0 #

一個の群れしか観察してないならこれが種全体の特性かどうかは分からん気もするけど

38

38. 匿名処理班

  • 2023年02月22日 19:51
  • ID:5RkjWtMJ0 #

>>25
本にはオスは大人になった後でも母親に死なれると生存率が大幅に落ちると書いてありました。でも全部が死ぬわけじゃないから自分の食べる分くらいは獲れるオスもいるってことじゃないでしょうか。さすがに母親が同じだけで父親は違うであろう姉妹が兄弟を養ってやるとは思えない。

39

39. 匿名処理班

  • 2023年02月23日 10:34
  • ID:9TtMYbJC0 #

>>33
多分だけど、古代の大型の鮫と縄張り争いしてた頃の名残かと
ライオンなんかもオスは狩りがメスより下手な分、群のリーダーも若い個体も普段は群の外周部でメスや子供を外敵から警護する生態のために、多少機動性落ちても大型化してるんだってさ

40

40. 匿名処理班

  • 2023年03月17日 10:30
  • ID:sq1RiIRh0 #

>>22
他の動物もだけど?

お名前
Advertisements
記事検索
月別アーカイブ
Advertisements
Advertisements