8600年前の世界最古のパンがトルコで発見
 8600年前のパンが、現在のトルコにある初期の古代都市チャタル・ヒュユクで発見された。このパンは、まだ未調理で手でこねられた状態のものだそうだ。

 かなり熟成されているので、このまま焼いたらおいしいパンに仕上がるのかどうかはわからないが、発掘を主導したトルコ、アナドル大学のアリ・ウムット・トゥルカン博士の分析によると、このパン生地は、発見されたものの中で世界最古のパンである可能性が高いという。

古代都市の窯の跡地からパン生地を発掘

 2021年、現在のトルコに位置する古代都市、チャタル・ヒュユクで窯の跡を発掘した際、この遺物が見つかった。

 最初、この円形のスポンジ状のものがなんであるかははっきりわからなかったが、分析の結果、紀元前6600年頃に発酵したパン生地であることが判明した。

 幸いなことに、このパン生地は独特な状況でまわりを覆われていたため、数千年の年月がたっているのに比較的が良好な状態のまま保存されていたようだ。
1
太古のパンが発見された新石器時代の都市チャタルヒュユクの発掘現場 / image credit:Necmettin Erbakan Universitesi

8600年前のものであることが判明

慎重に分析した結果、窯の隅に残っていた小さなスポンジ状の丸い残骸は、パンであることがわかりました。

窯が薄い粘土で覆われていたという特殊な状況のおかげで、木材とパンという有機物が両方とも今日まで残ることができたのです
 発掘を主導するトルコ、アナドル大学のアリ・ウムット・トゥルカン博士は述べている。

 放射性炭素検査によって、この有機物は紀元前6600年、約8600年前にさかのぼる可能性があることがわかったという。

世界遺産に登録されている古代都市、チャタル・ヒュユク

 チャタル・ヒュユクはユネスコの世界遺産に登録されている、世界最古の中心都市のひとつと考えられている。

 人口8000人の最初の都市として知られているが、今日の都市環境から連想されがちな中央計画や中央集権的統治は見られなかった。

 遺跡で発見された骨からは、チャタルヒュユクで動物が家畜化されていたことがわかり、人類が狩猟採集生活から、定住農耕生活へと移行していた時期を浮き彫りにしている。

 パンの発見は、初期の穀物栽培にも着手し始めていたことも示している。
食品考古学の原点はアナトリア(小アジア)だと言わなくてはなりません。チャタルヒュユクはもっとも重要な地のひとつといえます

本当に世界最古のパンなのか?

 トゥルカン博士は、チャタル・ヒュユクで発見されたパン生地を「世界最古のパン」と言っているが、実はもっと古いパンの起源と思われるものが中東の地でも見つかっている。

 2018年、ヨルダンの黒砂漠で12つの暖炉の跡地に、1万4400年前の焦げたパンくずのようなものが発見されたという論文が発表された

 トゥルカン博士は、チャタル・ヒュユクで発見されたパン生地を分析した結果、植物に含まれる化学物質と発酵の兆候が発見されたと付け加えた。

 小麦粉と水が混ぜられ手でこねられた後、パンはオーブンの横で調理され、発酵のためにしばらく保管されていたようだ。

 なので現代のパンに近い調理方法で作られたパンとしたら世界最古のものとなるかもしれない。

References:Catalhoyuk'te Bulunan 8 Bin 600 Yıllık Ekmeğin Analizleri Universitemizde Yapıldı / 8,600-Year-Old Loaf Of Bread Kneads To Be Seen To Be Believed / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
世界最古、5000年前のビール醸造所が発見される。生贄の儀式に使用されていた可能性(エジプト)


3000年前の小麦粉が残された当時の大きなパン屋がアルメニアで発掘される


4700年前の居酒屋が古代都市ラガシュで発見される


これがピザの元祖なのか?ポンペイの遺跡でピザのような料理を描いた壁画が発見される


5000年前の世界最古のストローを発見。ビールを飲むためのものだった

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年03月22日 22:16
  • ID:BALGcD2l0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月22日 22:36
  • ID:5ut5S3rG0 #

焼かれずに残ったのは何でだろう
戦争でも起きて放棄されたのか
このパン種をこねた人は後々「あれもったいなかったな」とか考えたんだろうか
こういうのロマンあるよなあ

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月22日 22:43
  • ID:CLmlRfqe0 #

まさか自分がこねたパンが10000年後に発見されてパンだと騒がれるとは

これこねたおばちゃんかおじちゃんは思いもしなかったろう

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月22日 23:09
  • ID:BLKvXWPY0 #

パン種を取れるな

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 00:30
  • ID:QKpZ8L8W0 #

1万4400年前の方は、発酵過程が確認できないから混ぜて焼いただけのパンだろうな

今回の記事のパンは、ふっくらしていて柔らかい(とはいえ現代の基準からみれば固い)パンだったのでは。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 01:36
  • ID:QKpZ8L8W0 #

>>2

地震で土砂崩れとかじゃない

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 01:41
  • ID:QKpZ8L8W0 #

>>3
言いたいことはわかるけど、こねた人は若い人かもしれないぞ
パンをすべての工程を手作りでしようと思うとかなり体力がいる
おじいちゃん、おばあちゃんが気軽にはやりたくないレベルで体力を使う
だからこそホームベーカリーのありがたさがわかるんだよね。

8

8.

  • 2024年03月23日 07:00
  • ID:sjAAKyJy0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 07:38
  • ID:NcYwf6lh0 #

>>3
当時のこねた職人さんも
パン! 茶! 宿直!
したのかしらね?

10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 08:00
  • ID:XUOWY2500 #

指紋が残ってませんか?

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 10:56
  • ID:PWrAccj.0 #

>>7
確かにパンとかピザ職人は筋肉むきむきだもんね
若いにいちゃんかねぇちゃんだったかもね
自分も、うどんを自作しようとして、あまりのしんどさにビックリした記憶

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 10:58
  • ID:PWrAccj.0 #

>>5
1万4400年前の発酵してないほうも、今でいうナンやチャパティみたいなものかもしれず、それはそれで美味しそうだな、ジュルリ

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 13:40
  • ID:aidpHCmI0 #

発表の画像みるといくつかあったようだけれども
冷蔵庫の奥の主みたいなうっかりさん
引っ越しの置き忘れ
かまどへのお供え物
俺の頭ではあっさり想像が尽きてしまうけれど一粒小麦のパンは食べてみたいと思いました
発酵種も味の強さ気になる

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 14:17
  • ID:s8.uOo6u0 #

食べた後みたいに黒く固まっちゃって・・・

15

15. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 16:27
  • ID:aNYu0Ftm0 #

パンをこねて発酵させてさぁ焼くぞってときに
文明が滅亡したってのが結構怖い

16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 20:04
  • ID:A4DvEWEi0 #

>>12
ナンは発酵パンだよ

17

17. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 20:26
  • ID:qVAG3ZQS0 #

>>10
残っていたとして照合可能なのでしょうか?

18

18. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 20:38
  • ID:E82JSbKl0 #

小学生のころパンのマーチって歌を習ったんだ
歌詞に「昔パンを焼いたのは6000年の前の事〜エジプトの母さんたちが〜」ってあったけど
最古のパンも場所も更新されてるんだなって

19

19. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 21:03
  • ID:CKmwvgzt0 #

>>2
トルコは大きな地震が頻発している土地だし

20

20. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 21:18
  • ID:XUOWY2500 #

>>17
前科一パン以上なら

21

21. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 22:06
  • ID:A4DvEWEi0 #

>>15
生活用品が残ったまま滅亡した集落跡って、
ポンペイみたいに本当に「一夜にして」レベルで壊滅の自然災害や戦争もあり得るけど、
気候変動などで徐々に居住に適さない地域になっていき、
ある時「またか」みたいな感じで仮避難して
「戻ったら焼いて食べよう」と思っていたのが
予想外に長引いて結果的にそのまま放棄された
―――みたいなケースも結構あるんじゃないかと思ったり。

郷里で生活していた経験が長い世代は
「いつかは戻ろう」と思いながら慣れない地で生活して
年数が経つにつれ生活基盤や人間関係のしがらみが出来てきたり、
移民1,2代目まではまだ郷土に帰属意識があっても
3代目ぐらいになるともう「知らない先祖の地」になったり、
一部の人はまだ不便ながら元の家に戻ったものの
閑散として かつての隆盛は見る影もなく
復興できないまま衰退し、子孫の代で再び去って行ったり、
数十年かけて徐々に消滅したパターン。

22

22. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 22:39
  • ID:ETvWGfVe0 #

>>15
文明がまるごとその時点で崩壊したわけじゃなくてそのかまどを運用していたおそらくは小規模であろうコミュニティに何らかのトラブルが発生しただけじゃね?

23

23. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 22:56
  • ID:FKdXgnzu0 #

こんな大昔からパン作ってた人達がいるんか

24

24. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 23:12
  • ID:BFmvpc4p0 #

「パンはパンでも食べられないパンは?」
「フルイパン!」

25

25. 匿名処理班

  • 2024年03月24日 18:38
  • ID:5kQqrnhK0 #

>>15
トルコって地震多発国だから地震で土砂崩れもありえると思う

26

26.

  • 2024年03月25日 10:29
  • ID:0BUIHXiH0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links