サルも同調圧力を感じ、社会のルールに従っている
 群れで社会生活を行っているサルもまた、人間と同様に仲間からの”同調圧力"を感じているようだ。

 新たな研究では、古巣を抜けて別の群れに移住したサルが、それまでとは違う慣習に合わせて行動するようになることが観察されている。

 このような社会的適合が実験以外の状況で観察されたのは初めてだそうで、サル社会でも、「郷に入れば郷に従う」行動を長きにわたって受け継がれている可能性があるという。

ベルベットモンキーの群れを観察

 人間以外の動物たちも「慣習」(たとえば、道具の使用など)を育むことがある。

 だが、これまでの研究は、ある動物に慣習があるかどうかばかりに注目し、その機微を読み取ろうとすることが少なかった。

 そこで、スイス、ローザンヌ大学(をはじめとする研究チームは、9年にわたってベルベットモンキー250匹を観察し、そんな彼らの社会的な機微に触れている。

 ベルベットモンキーは、アフリカに生息するオナガザル科の旧世界ザルで、10匹から50匹の群れを形成し、高度な社会生活を営んでいる。メスは生涯同じ群れで過ごすが、オスは成長すると別の群れに移っていく。

iScience』(2024年1月19日付)に掲載された研究で分析されたのは、ベルベットモンキーの3つの群れで観察された8万4000回以上の社会的なやり取りだ。
vervet-277431_640
photo by Pixabay

群れによって慣習が違うサル社会

 この分析では、そのうちの1つの群れには、仲間同士がお互いに毛繕いし合うというユニークな慣習があることが明らかになっている。この群れをここでは「群れA」としておこう。

 群れAの一員たちは、ほかの2つの群れに比べ、よくお互いに毛繕いをし合っている。仲間から毛繕いしてもらったサルは、そのお返しに相手にも毛繕いをする。

 だから毛繕いという点において、群れAはほかの群れよりもずっと公平だ。

 これについてローザンヌ大学のエレナ・ケルジャン氏はこう話す。
もし私があなたに年100回マッサージをしたのに、あなたは2回しかしてくれなかったとしたら、私は不公平に思うかもしれません。私たちがサルの群れで観察したのは、そんな感じの違いです
4
photo by iStock

群れを移動したサルは空気を読んで行動するようになる

 もう1つ面白い発見は、群れを抜けて別の群れに移ったサルが、引越し先のそれまでとは違う空気を読んで、きちんと行動を合わせるようになることだ。

 それはどちらの方向にも起きる。例えば、群れAを抜けて別の群れに入ったオスは、それまでと違って社交的でなくなり、毛繕いしてもらった後でお返しをすることが少なくなった。

 反対に別の群れから群れAに入ったオスは、きちんとお返しの毛繕いをするようになった。

 「オスは自らの社会性を移住先の群れに合わせました。これは社会的適合の好例でしょう」(ケルジャン氏)
monkey-102922_640
photo by iStock

サルも同調圧力を感じ、郷に入れば郷に従う

 こうした”郷に入れば郷にしたがえ”的なやり方は、おそらく新しい群れに溶け込むための処世術だと考えられる。

 こうしたサルの適合は、エサを使用した実験では観察されていたが、社会的な行動として観察されたのは、初めてのことであるそうだ。

 また今回観察されたことは、サルの群れにはそれぞれで異なる社会的慣習があるだけでなく、それが社会的に受け継がれることで、長きにわたり安定して存在するだろうことをも示している。

 ただし今の時点でこれは最終的な結論ではない。可能性としては、そうした群れの慣習の違いが、環境のような別の要因によって左右されているとも考えられるからだ。

 研究チームは引き続き、サルの社会的な慣習がどのように始まり、受け継がれているのか知りたいと考えている。

 とりわけ、ルールに従うよう新入りにプレッシャーをかけるサルの役割に興味があるとのことだ。

References:Scientists Have Discovered That These Monkeys Follow Different Social “Norms” and Respond to “Peer Pressure” / Social dynamics of vervet monkeys are dependent upon group identity: iScience / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
弱い犬ほどよく吠えるというが...睾丸の小さいサルほど鳴き声が大きいという研究結果(英研究)


傷ついたサルと野良猫が出会い、お互いを必要とする素敵な関係性が生まれる


同じことしてんのになぜなんだぜ!サルだって不公平には断固抗議する。


一部が猿で一部が人間。サルとヒトを融合したキメラ胚を生み出し、19日間成長させることに成功


アカゲザルの両性愛的特性は一般的。種の存続に有利に働くとする研究結果

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 08:19
  • ID:6UXfmWy20 #

日本人って同調圧力が強いって言われるけど、正確には同調圧力に弱いんだと思う
ちょっとした「そういう雰囲気」に従ってしまうところとか
ちなみに西洋とかの同調圧力の苛烈さは日本の比ではない

2

2.

  • 2024年03月15日 09:06
  • ID:8QAqp8Ff0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 09:20
  • ID:qbdmAT.B0 #

蟻(自己犠牲が凄いw)や蜂(〃)から始まって動物の世界に至るまで、共同作業としてチカラを結集したり役割分担しないと単独では外敵や自然の脅威に立ち向かえないわけで、ベースにそういう本能が備わっていてそれが高等生物に応用されているのは普通に自然な事かなと

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 09:22
  • ID:ovAI9J.80 #

郷に入っては郷に従え:郷ひろみの家に行ったら郷ひろみの家のしきたりに従え

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 10:05
  • ID:kLtYjF250 #

別に同町圧力に影響されてるのは日本人だけじゃないだろ。
そう思い込まされてるだけだよ。

6

6.

  • 2024年03月15日 10:08
  • ID:gzZ7mXio0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 10:42
  • ID:F8bW4GW.0 #

そもそも社会性と切っても切れない物なのでは
悪者の様に言う事が多いけど同町圧力で秩序が保たれてる一面もある
一部の利得の為に悪用される事が増えてるのは気になるけどな

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 10:42
  • ID:i1C32xu80 #

「サルだから」でしょ

9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 10:59
  • ID:X26d3lJk0 #

>>1
ナイーブすぎて、ちょっとした同調圧力にもへこたれてしまうし、些細なことでストレスを感じてしまう国民性だもんね。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 11:02
  • ID:M7QmFJw00 #

>それはどちらの方向にも起きる。例えば、群れAを抜けて別の群れに入ったオスは、それまでと違って社交的でなくなり、毛繕いしてもらった後でお返しをすることが少なくなった。
>反対に別の群れから群れAに入ったオスは、きちんとお返しの毛繕いをするようになった。

この結論が群れに合わせたというのはおかしい

逆だろ

毛繕いするグループと毛繕いしないグループなんて、ありえねえ

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 11:22
  • ID:iZ9h9cKc0 #

>>1
その辺の感覚はお隣とちょうど同じぐらいだなー
責任は負いたくないけど誰か1人に責任負わせて戦犯にしたがる
普通から外れた奴はみんなで追い込む、マナー論争に熱を上げる、マナーと同じ語源のマニュアルも絶対
最近の願書出し忘れ騒ぎは悪いとこ全部出てたわ
いつ何時も特例を認めたくないって国民性

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 12:49
  • ID:4uSMGjIK0 #

>>1
昔の地方農村部に存在した村八分の風習はその逆に同調圧力が勝る典型のように思う
ちなみに
鶏が先か、卵が先かでもないけど
同調圧力が存在するから同調圧力に弱いのか?
同調圧力に弱いから同調圧力が存在するのか?
みたいな曖昧な部分が多分にあるように思います

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 12:58
  • ID:vt4JFJVJ0 #

>>1
エスカレーターとかは一目瞭然だけど
法定速度にも同調圧力あるよな
律儀に守ると迷惑がられる
圧力が法を超越する最悪パターン
圧力に弱くて逆らう人には厳しい

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 13:31
  • ID:MR6Eesej0 #

ある意味、無駄なこと考えなくても良くなるからいいよね。スティーブジョブスのタートルネックみたいに。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 14:16
  • ID:qvARFsKd0 #

>>5,7 村社会から町を経て都市になっても 身近な集団に自分を合わせて振る舞うというのはあると思う 町に限らない

16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 14:40
  • ID:6EhYYytb0 #

サルでさえ空気読めるのに・・・て、ことですね。

17

17. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 14:52
  • ID:ugD.exNi0 #

猿は流れに乗ればいい

18

18.

  • 2024年03月15日 15:24
  • ID:uAgWQ6LC0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 15:50
  • ID:IOmMgWPA0 #

おさるも大変だね

20

20. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 18:46
  • ID:Bppw5TEv0 #

同調圧力ではなく
やられたらやり返すってのが本能的にあるんでしょ
鳥や犬猫と変わらん

21

21.

  • 2024年03月15日 18:50
  • ID:Bppw5TEv0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 19:36
  • ID:HKZHfSmx0 #

だから、サルのままなんじゃないかな?

「ねえ、このちょっと熱いやつ、うまくやりゃなんか使えるんじゃない?これからこいつのこと火って呼んでやろうよ」

23

23. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 21:10
  • ID:qbdmAT.B0 #

>>1
腑に落ちますねええw
日本国内、同調圧力に弱いのは島国だからじゃ無いでしょうか。他国から軍事(それに伴う文化やアイデンティティの強制)侵略が極めて少なかった。究極の同調圧力はそれだと思いますがその経験が少なく戦争が日常の大陸に比べて我が国は「温室栽培」だからメンタリティ弱くても生存してこれた

24

24.

  • 2024年03月16日 03:52
  • ID:.0TqRRHi0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2024年03月16日 08:51
  • ID:e6jUSHpy0 #

>>20
しかしその単純なしっぺがし戦略ならば、群Aで育った毛繕い大好きな個体が群れBに入って同じように誰かに毛繕いをした時に相手はお返しをするはず
そうならないのは、周りのやり方に流されて自分のやり方を変えたからだろうし、それを同調圧力と呼ぶ

26

26. 匿名処理班

  • 2024年03月16日 11:23
  • ID:Bu1rj.E40 #

え?僕もやるんですか?

あたりまえだよなあ?

俺もやったんだからさ

27

27. 匿名処理班

  • 2024年03月17日 06:18
  • ID:dF9ujnUt0 #

>>25
しっぺ返し戦略なら、>>20の言うとおり
A群「お礼の毛繕いをされたから、こちらも仕返す」
B群「お礼の毛繕いが無いから、こちらもお礼しない」
で合ってるんじゃ?

28

28. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 16:11
  • ID:2rGrB3D10 #

>>27
A群はそれで合ってるんだけど、A群で育った個体がB群で毛繕いしてもB群の個体はしっぺがさ無いから毛繕いしなくなるんだよね
だから、根底にあるのはしっぺがし戦略だろうけど、周りの大多数の個体が取る戦略に影響されて同じ戦略を取るならば、それを同調圧力と呼ぶんだろうね

29

29. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 21:58
  • ID:K7t9Zdx70 #

>>28

A群とB群に何の違いを見出しているのか、
今いち話が見えてこない。

毛繕いの労力とお礼に関して、
 A群→こっちがお礼したら 向こうもお礼してくれるので、
    お互い頻繁に毛繕いの応酬をする互恵的協調状態
 B群→こっちがお礼しても返ってこないから、
    するだけ労力の無駄。個人主義に生きる
という、相手と同量の貢献をはね返している感じなのでは?

30

30. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 15:24
  • ID:lXLXM7Aq0 #

>>29
A群とB群の特徴を分けているのは個体のパーソナリティの違いではなくて文化の違いなんだよね
あなたが言うようにお互いが毛繕いするのは互恵関係であり、これは同調圧力が無くても集団中に広まる、なぜなら毛繕いはお互いにメリットがあるから
では単純なしっぺがし戦略を持つ個体が構成する毛繕いしない集団Bに、単純しっぺがし戦略を持つAの個体が侵入した場合、毛繕いは速やかに広がるはずなんだよね
そうはならない、なぜならあなたが言うように毛繕いしても相手がしっぺ返ししてくれないから
なぜ相手は返してくれないのか?→周りがそれをしないから、だとしたらそれが同調圧力

31

31.

  • 2024年03月20日 09:47
  • ID:qt.nFtxy0 #
32

32. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 21:43
  • ID:qt.nFtxy0 #

>>30
>毛繕いしない集団Bに〜Aの個体が侵入した場合、毛繕いは速やかに広がるはず

そうか?
毛繕い応酬の習慣がない定常状態の集団Bに、自分だけお返しするA個体が紛れ込んでも、「おっ、コイツ便利な手下じゃんw」で一方的に労力を搾取されるだけで、そのうち不毛に感じてやめるんじゃ?(てか、実際そうなった。)

むしろ、わざわざ労力をかけて普段から頻繁な毛繕い応酬合戦が成立しているA群こそ、「もし自分だけお礼をしなかったら爪弾きにされる」という同調圧力の村八分社会なのかもよ?

33

33. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 13:43
  • ID:vn.lesA80 #

>>32
じゃあまあ同調圧力ってことでいいですよ

34

34.

  • 2024年04月06日 10:21
  • ID:8Ttbzzc70 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links