海で太陽系外惑星の破片を発見
 パプアニューギニアの沖合で発見された小さな球形の物体は、史上初めて地球に飛来したことが確認された恒星間天体の破片の可能性があるという。

 太陽系ではないどこかの恒星から旅立ち、何光年もの宇宙の旅路の果てに、この地球にまでたどり着いた可能性があるということだ。

 これがハーバード大学の高名な天文学者アヴィ・ローブ博士らが、「インターステラー・メテオ1(IM1)」や「CNEOS 2014-01-08」と知られる流星の残骸から導き出した結論だ。

 はたしてこの主張が本当に正しいのかどうか、最終的な結論はまだ出ていない。だが少なくとも、懐疑的な意見も含め、科学界では議論が大いに盛り上がっているようだ。
広告

地球に飛来し海に落ちた謎の流星

 2014年、パプアニューギニア北東部の沿岸沿いで、まばゆい火球が目撃された。これは「インターステラー・メテオ1(IM1)」や「CNEOS 2014-01-08」と名付けられた。

 その地球への進入スピードは毎秒66.5キロで、米政府がミサイルの可能性を疑うほど速く、太陽系外から飛来した岩石である可能性が示唆されていた。

 ハーバード大学の高名な天文学者アヴィ・ローブ博士も、このミステリアスな流星に注目したひとりだ。

 そして今年6月、ローブ博士が探検隊を組織し、深海用の強力な磁石でIM1の残骸探しに乗り出したことは以前もお伝えした通りだ。

 この捜索プロジェクトでは、パプアニューギニア、マヌス島から85キロ北にある海の海底から57個の小球体のサンプルが集められ、このほどその分析結果が発表された。

 それによると、そのうちの数個の化学的な特徴が、この太陽系のものとは違うことが明らかになったという。
1
The Galileo Project

同位体の比率が太陽系外に起源があることを示唆

 ビーズは流星が大気圏に突っ込んだ際にできたものと考えられているが、ローブ博士らはそこに含まれている元素の比率を調べている。

 その結果、鉄同位体の比率が、流星が激しく大気圏を通過したときにできるものと一致することがわかったという。このことから、ビーズは少なくとも地球の外からやってきたと推測することができる。

 さらに興味深いのは、ベリリウム(Be)、ランタン(La)、ウラン(U)が豊富だったことだ。このような比率をもつ隕石など前代未聞だ。
3
/ image credit:The Galileo Project/Avi Loeb

 それはすなわち、IM1が太陽系ではない、どこか遠く離れた場所で誕生した可能性を示唆しているということだ。

 理論的には、ある恒星を周回していたはずの物体が、時々強い力では弾き飛ばされて、別の恒星へと飛んでいくケースはあり得る。

 ただし”時々”といっても宇宙的にはの話で、人間的にはかなり珍しいものである可能性がある。人類が史上初めて恒星間天体(オウムアムアのことだ)を目にしたのは、2017年になってようやくのことだ。
00
オウムアウア photo by iStock

最終的な結論はまだこれから

 そうした希少な天体の残骸を地球上で発見できれば、それは天文学史に残る大手柄だ。それだけに、その起源の証明はかなり厳格なものになる。

 今回の発見もまたかなり厳しく検証されており、それが本当に史上初めて地球に飛来した恒星間天体なのかどうか、今のところはっきりとした結論は出ていない。

 ローブ博士は地球外にある技術的な痕跡を探す「ガリレオ・プロジェクト」を2021年に立ち上げた人物で、地球外文明に関してしばしば大胆な主張をすることで有名だ。

 それゆえに、今回の研究でも驚くような主張をしている。

 それによると、IM1のビーズにウランが多く含まれていること自体が、ある種の地球外技術が関係していることを示唆するかもしれないという。

 だがほとんど天文学者は、その流星の正体が何なのかはっきりするまで、もっと控えめで保守的な解釈をするだろう。

 さらに話をややこしくしているのが、探検隊が不法入国した疑いがあるとパプアニューギニア当局から批判されていることだ。

 もしも本当にビーズが太陽系外のもので、しかもその背後に地球外文明があることが証明されば映画のような展開だろうが、それが証明されるまでもう少し時間がかかりそうだ。

 この研究の査読前論文は現在『arXiv.org』(2023年8月29日投稿)で公開されている。

References:Spherule analysis finds evidence of extrasolar composition | The Galileo Project / Material Found in Ocean Is Not From This Solar System, Study Claims : ScienceAlert / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
謎の隕石に乗ってやってきた地球外生命体の痕跡を海で探す研究者たち


地球と同サイズの太陽系外惑星を発見。地球外生命発見の可能性も


ハーバード大の天文学者、地球外知的生命体の存在を証明するため「ガリレオプロジェクト」を発表


太平洋に宇宙人の技術が墜落した可能性があると天体物理学者が主張


宇宙から受信した謎の電波信号「Wow! シグナル」、その発生源は太陽にそっくりのが恒星である可能性



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2023年09月06日 22:14
  • ID:muqnFKP80 #
2

2. 匿名処理班

  • 2023年09月07日 05:04
  • ID:h42fCUbU0 #

興奮しすぎて入国手続きしてなかったんか

3

3. 匿名処理班

  • 2023年09月07日 06:11
  • ID:s2OF7NYv0 #

毎秒66.5キロで米政府がミサイルの可能性を疑う?
むしろミサイルの否定材料だと思うが

4

4. 匿名処理班

  • 2023年09月07日 08:09
  • ID:yvZuwURX0 #

月の地下にはダイヤモンドが大量にある可能性、とか天体がダイヤでできているという宇宙系の記事を見た後だと、ちょっと期待してしまうな

5

5. 匿名処理班

  • 2023年09月07日 11:10
  • ID:WsWw6bdl0 #

イスカンダルから飛来した?

6

6. 匿名処理班

  • 2023年09月07日 12:09
  • ID:.03ya5Zx0 #

言いたいことはわかるが、論理が飛躍しすぎて誰にも相手にされない可能性がある奴w

7

7. 匿名処理班

  • 2023年09月07日 12:23
  • ID:mVP11.Gu0 #

>>3
ICBMの10倍くらい速いよね。

8

8. 匿名処理班

  • 2023年09月07日 12:31
  • ID:TmYk911R0 #

以前の記事の続報か…

謎の隕石に乗ってやってきた地球外生命体の痕跡を海で探す研究者たち
https://karapaia.com/archives/52323742.html

太陽系外から飛来した可能性は高まったかもしれないが、そこから先の推測はさすがに飛躍し過ぎじゃないかなあ?

9

9. 匿名処理班

  • 2023年09月07日 13:05
  • ID:EVC6Zp9n0 #

※3
速度から見ると同感だけど、多分速度の算定が出る前の話なんだろうね
大気圏外から高速で侵入してくる物体で、まず最初に警戒する必要があるのはICBMだろうし

10

10. 匿名処理班

  • 2023年09月07日 13:55
  • ID:wz5dNpao0 #

宇宙から来たものの話をしてるときに不正入国が問題になるのか

11

11. 匿名処理班

  • 2023年09月08日 13:54
  • ID:BpYO6SwT0 #

オウムアムアは明らかに太陽系の惑星軌道とは違いすぎる軌道で近づいてきて、太陽系離れる際に謎の加速が起こして去った夢溢れるヤツだったな。一応ガスの放出でたまたま加速しただけ説有力だけど。

今どこ漂ってるんだか。

12

12. 匿名処理班

  • 2023年09月08日 18:51
  • ID:vdIP2z3z0 #

>>10
他国人も異星人も英語では同じAlienだしねw

13

13. 匿名処理班

  • 2023年09月08日 22:16
  • ID:Gu3xg.bb0 #

アミノ酸やら、細菌の類は付着して無かったのかね〜。

14

14. 匿名処理班

  • 2023年09月10日 01:11
  • ID:iWIuTOSI0 #

『さらに話をややこしくしているのが、探検隊が不法入国した疑いがあるとパプアニューギニア当局から批判されていることだ。』

どんなに科学的に重要なものを回収してもやってる事が撮り鉄のそれみたいなことしちゃいかんよ。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links