iStock-1420444666
 私たち人間も含む、どんな動物も大昔に存在していたある多細胞生物の子孫だと言われている。

 その共通祖先からは2つの系統が誕生した。今に生きるあらゆる動物につながる系統と、その姉妹群につながる系統だ。

 その姉妹群に最も近い現生動物は、クシクラゲなのか海綿動物なのか? これは数十年にわたり議論されてきた分類学上の謎だった。

 『Nature』(2023年5月17日付)に掲載された研究では、この議論に決着をつけるべく、生物の遺伝子を染色体レベルで分析。その結果、強力な証拠を得ることができたという。

 それによると、「クシクラゲ類(有櫛動物)」が姉妹群の子孫であることがわかったという。
広告

動物の姉妹群につながる子孫の特定

 あらゆる動物の共通先祖とされている多細胞生物からは2つの系統が誕生した。今に生きるあらゆる動物につながる系統と、その姉妹群につながる系統だ。

 これまでその姉妹群の候補として挙げられていたのが、「クシクラゲ類(有櫛動物)」と「海綿動物」だった。だが、決定打にかけており、どちらがそうなのかはっきり断言するこはできなかった。
サンディエゴ沖で見つかったクシクラゲの仲間、アカカブトクラゲ

 今回ウィーン大学のダリン・T・シュルツ氏らは、その謎を解明するべく、染色体レベルで遺伝子を調べている。

 生物の遺伝子は進化が進むにつれてだんだんと変化していくが、それでもそれが位置する染色体自体は基本的に変わらない。

 ところが時々、まるでトランプの2つの山札がシャッフルされるように、染色体から別の染色体へと遺伝子が移動することがある。

 このようにある遺伝子が別の染色体に入り込んでしまうと、元通り戻ることはまずあり得ない。

 だから、どの遺伝子がどの染色体にあるのか、いわば「染色体の地図」を生物同士で比較することで、それらの系統について重要なヒントを得ることができる。
00
海綿動物 / image credit:iStock

あらゆる姉妹群の子孫はクシクラゲであることが判明

 今回の研究ではこうした比較によって、あらゆる姉妹群の子孫はクシクラゲ類であろうことが明らかにされた。

 私たち動物(後生動物)とその親戚の染色体の地図には、いくつか共通する特徴がある。それがクシクラゲにも見られたのだ。

 その一方、海綿動物などの染色体の地図は、編集されて少々違うものになっていた。

 このことから、クシクラゲは動物の系統から枝分かれした姉妹群の子孫であることがうかがえるのだ。

 こうした発見は、動物の系統樹全体をめぐる論争を解決する重要なものであるとのこと。

 ただ今のところ、私たちとクシクラゲの共通祖先や、海綿動物との共通祖先がどのような姿をしていたかまではわからない。

 それでも、こうした現生動物の系統を解きほぐす新たなヒントは大切なものだ。

 「すべての動物が互いにどのように関連しているかを理解すれば、動物がどのように進化して動物になったかを理解するのに役立ちます」と、シュルツ氏は述べている。

References:Decades-old question surrounding the start of the tree of life could finally be solved | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo

追記(2023/05/29)誤字を訂正して再送します。
あわせて読みたい
NASAの宇宙生物学者が深海にある生命の起源を再現(米研究)


あらゆる動物の祖先とされる5億5000万年前の生物の化石がオーストラリアで発掘される。(米研究)


生命は地球の地下で誕生した?生命の始まりの現象を実験室で再現(ドイツ研究)


原始生命体はどのように誕生したのか?地球上の最初の細胞は特殊な泡を持っていた(ノルウェー研究)


サメと人間には4億4000万年前に共通の祖先が存在していた。3億8500万年前のサメから分岐時期が判明

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年05月29日 20:35
  • ID:kzzN9.fK0 #

外見だけ見ると何となくクシクラゲより
海綿の方が動物っぽくないようにも見えるけど
見た目だけでは分からないってことだな。

ハヤブサも遺伝子調べたらタカよりスズメに近いと分かったし
この分野は意外な事実が判明するのが面白い。

2

2. 匿名処理班

  • 2023年05月29日 20:39
  • ID:BToCWjMh0 #

謎の解明、これでおしまい では無いよね

3

3. 匿名処理班

  • 2023年05月29日 20:56
  • ID:O7Ub..3q0 #

>>2
学者ほど強欲な人はいないぜ
このくらいで終わるなら最初から研究なんてやらん
今回は入り口の入り口でピラミッド建設で言ったら
どこに作ろうかなと悩んでる途中レベル
土台すらないぜ

4

4. 匿名処理班

  • 2023年05月29日 21:28
  • ID:PHmhw8hh0 #

⊂:ミ
ワレワレ コソガ キミタチノ センゾデアルゾ

5

5.

  • 2023年05月29日 21:50
  • ID:Z5VjTyY80 #
6

6. 匿名処理班

  • 2023年05月29日 23:05
  • ID:ZwriBfZA0 #

これクシクラゲに決定してなかったんだ
逆に驚いたよ

7

7. 匿名処理班

  • 2023年05月30日 10:08
  • ID:bkO6Bxd40 #

「私たち動物(後生動物)とその親戚の染色体の地図には、いくつか共通する特徴がある。それがクシクラゲにも見られたのだ。
 その一方、海綿動物などの染色体の地図は、編集されて少々違うものになっていた。」

↑が結論と合わないと思ったら、

「The team found 14 groups of genes that appeared on separate chromosomes in comb jellies and their single-celled, non-animal relatives. Interestingly, in sponges and all other animals, these genes had rearranged into seven groups. 」

↑と次段落の翻訳がちょっと拙かったようです。
「研究チームは、クシクラゲと単細胞生物などの非動物近縁種において、別々の染色体上にある14個の遺伝子グループを見つけた。興味深いことに、カイメンと他の動物類では、7つのグループに再配置されていた。」
つまり、クシクラゲの分岐の方が古く、
「このことから、クシクラゲは動物の系統から枝分かれした姉妹群の子孫であることがうかがえるのだ。」
の結論につながる。

8

8. 匿名処理班

  • 2023年05月30日 17:30
  • ID:vSmdK7510 #

>>1
でも他の神経系の研究とかだと逆の結論なんだよな。神経があるクシクラゲは神経が無い海綿類より前に分岐してますって結論はちょっと信じがたいものはある
「車輪どころかインターネットの再発明といえる神経系の再発明が実際に起こり得るのか」というもっともな疑問に
「はい、実際にクシクラゲは神経系を独自に再発明しました」と言い切れればいいのだけど

9

9. 匿名処理班

  • 2023年05月30日 19:11
  • ID:sOR.E9lF0 #

ええと、「今生き残ってる動物の中で最も早く分岐したのが有櫛動物だった」という理解でいいのかな?
しかし平板動物なんかよりも分岐が古いの? なかなか信じがたいなあ

>>8
一度出来た物が後で必要無くなれば退化するのもよくある事だから

10

10. 匿名処理班

  • 2023年06月01日 02:57
  • ID:.7vyv8Ef0 #

ふーん、そっかー…(もぐもぐ)クシクラゲねえ・・・(くっちゃくっちゃ)
おねーさん、ホヤ刺しおかわり!

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links