洞窟の岩に埋もれて化石となった十数万年前の人類
 1993年、イタリア南部、アルタムラの町にある洞窟で奇妙な光景が発見された。陥没穴によってできたラマルンガ洞窟の内部で、完璧に化石化した人骨が岩壁の中に埋め込まれているのが見つかったのだ。

 のちに「アルタムラの男」と名付けられるたこの人骨は、その後の調べで十数万年前のネアンデルタール人であることが判明した。

 人骨全体に"洞窟ポップコーン"と呼ばれる、小さな白い球のようなものがびっしりとついていた。これは、方解石が雨水で溶け、洞窟の床面、あるいはそこにあるものに堆積したものだ。

 今回のケースの場合、たまたまそこに人骨があったため、その表面にくっついたものと思われる。

洞窟ポップコーンに覆われ、完全に化石化した人間

 米国地質調査所の物理学者、リー=グレイ・ボーズは説明する。
洞窟ポップコーンはたいてい、水の流れがある洞窟内の濡れた場所に発生します。

いくつかの特異な例外はありますが、距離の長い洞窟のほとんどは、乾燥している場合が多く、そうした場所にはポップコーンはあまりありません。

しかし、濡れた場所ではたいてい見られるため、そこが湿気が強く、空気の流れがある環境であることを示しています

それ以外にも、上から水滴が落ちて、その周囲にポップコーンが形成されることがあるのは、洞窟環境でよく見られる光景です
1
洞窟の壁に埋もれ化石化した遺骨 / image credit:Riga et al, PLOS ONE 2020 (CC BY 4.0)

陥没穴に落ちて死亡したとみられるアルタムラの男

 トライポフォビア(つぶつぶ恐怖症)の人にはゾっとするこれらのポップコーンの存在が、この男性の死因と思われることを突き止める助けにもなった。

「一部の洞窟で見つかった動物の遺骸は、洞窟内の窪んだ場所にたまった単体の骨であることが多く、これは、この骨が水によって運ばれてきたときに散逸したことを示しています」遺骨を調査したあるチームは語る。
この人骨の場合は、狭い範囲にまとまって見つかっていることを考えると、こうしたケースには当てはまりません。

従って、死後、遺体が腐敗してから、発見された場所で、遺骨がバラバラになったと推測することができるかもしれません
 研究チームは、この男性は陥没穴に落ちて動けなくなった可能性が高いと考えている。

 そのまま餓死、あるいは脱水症で亡くなり、その後、ポップコーンに覆われて、十数万年以上たってから発見された。この「アルタムラの男」には、まだ驚きがいくつか隠されていた。
2
ポップコーンのような小さな白い球のような方解石に覆われた人骨の化石 / image credit:Riga et al, PLOS ONE 2020 (CC BY 4.0)

この人骨はネアンデルタール人のものであることが判明

 結局、遺骨は発見場所にそのまま残された。無理に掘り出すと、取り返しがつかないダメージを与えてしまう可能性が高いためだ。

 研究者たちは現場で観察を続け、写真をもとに研究を行うことになった。

 分析のために、肩甲骨の断片からサンプルを採取したところ、この男性はホモ・サピエンスではなく、12万8000年前から18万7000年前の間に生きていたネアンデルタール人であることが判明した。

 2020年、別の研究チームがこの男性の歯を分析した。歯には摩耗が見られ、不運な死を迎えた時点では、それほど年ではないが、成人だったことが判明した。
3
人骨に残された歯 / i image credit:Riga et al, PLOS ONE 2020 (CC BY 4.0)

 また、歯のひとつが死の数週間前に失われた可能性が高いことがわかった。

 右上顎アーケードのほかの歯が、歯列に沿って位置を変えるのに、まだ十分な時間があったためだ。歯槽骨の吸収がまだ初期の段階だったので、死亡する数週間前に歯が失われたに違いないという。

 しかし、やはりこの男性にとっては、快適な数週間ではなかっただろう。

References:In situ observations on the dentition and oral cavity of the Neanderthal skeleton from Altamura (Italy) | PLOS ONE / "Altamura Man" Found Embedded In Cave Wall Suffered An Unfortunate Death | IFLScience / written by konohazuku / edited by / parumo

追記(2023/05/24)本文の年代の間違いを訂正して再送します。(2023/05/25)タイトルを訂正して再送します。
あわせて読みたい
英国最古の人間のDNA解読。人喰い人種と狩猟採集民の2つの異なるグループの存在が明らかに


ギリシャ神話に登場する一つ目の巨人「サイクロプス」と象の関係性を考察


池の水ぜんぶ抜く大作戦をしていたら、1億8000万年前の魚竜の化石が出てきた件


もしネアンデルタール人が生き残っていたら、世界はどのようになっていただろうか?


ネアンデルタール人もカニがうまいことを知っていた。カニを炭火で焼いて食べた痕跡を発見

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 20:10
  • ID:pZvPTGR40 #

化石というか人骨そのものが残っているかんじ?

2

2. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 20:11
  • ID:0ADnCvH30 #

これは事件の香りがしますね🧐

3

3. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 20:13
  • ID:Ou3ZLq9.0 #

<十数年前
最近だなぁ…。

4

4. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 20:16
  • ID:KZFTaoB00 #

すごいな

5

5. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 20:20
  • ID:7k4x1dBI0 #

本文の「十数年前のネアンデルタール人」で割と最近?!ってなったけどミスだった

6

6. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 20:27
  • ID:EGnwbIah0 #

> その後の調べで十数年前のネアンデルタール人

単位が違っていませんか?

7

7. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 20:32
  • ID:b10noJy20 #

グロに慣れてる俺ですらサムイボが出来た
要注意という文字と標準でモザイク付け見たい人は解除できる
やさしさほしかったな

8

8.

  • 2023年05月24日 20:36
  • ID:I9k.ekS80 #
9

9.

  • 2023年05月24日 20:49
  • ID:7EEcXbff0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 21:11
  • ID:ev6OXSCz0 #

つぶつぶ苦手な人にはキツイ画だろうけど、自分には宝飾品を纏った王墓の主のように見えた
自然が成した死装束か

11

11. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 21:15
  • ID:a.Bxs0s90 #

サムネだけで鳥肌立った
久々にエグイの見てしまった

12

12. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 21:18
  • ID:Drrf.X050 #

>研究チームは、この男性は陥没穴に落ちて動けなくなった可能性が高いと考えている。

18万年前のドジっ子か

13

13. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 21:41
  • ID:GfNpyggp0 #

世界で最も不気味な頭蓋骨 でランクインしそうなくらい怖い((((;゚Д゚))))

14

14. 匿名処理班

  • 2023年05月24日 23:13
  • ID:A53aU6Zl0 #

不運な事故なんて世の中ありふれてると思うんだよ。
とはいえ、お気の毒さまとか言いようのない最後だな。
こんな暗くて冷たい地底で餓死とか。

15

15. 匿名処理班

  • 2023年05月25日 00:52
  • ID:HiDhbyqV0 #

>>10
なんつう素晴らしい感性まろびでる品性

16

16.

  • 2023年05月25日 01:54
  • ID:WzxmfmoH0 #
17

17.

  • 2023年05月25日 05:05
  • ID:kIehrGjB0 #
18

18.

  • 2023年05月25日 09:28
  • ID:qIJmH.rv0 #
19

19.

  • 2023年05月25日 12:22
  • ID:qdGZoIm60 #
20

20. 匿名処理班

  • 2023年05月25日 21:39
  • ID:AvUWEc.A0 #

集合体恐怖症の人には辛いのでは

21

21. 匿名処理班

  • 2023年05月25日 22:28
  • ID:UghH.XpU0 #

姿勢的に即死か身動き取れない怪我をしてたように見える。

22

22. 匿名処理班

  • 2023年05月26日 10:25
  • ID:87HkAM2L0 #

コワイヨ〜。

23

23. 匿名処理班

  • 2023年11月08日 08:35
  • ID:xsWF8qp10 #

歯が抜けて痛すぎて穴に気付かなかったとか、何なら自ら命を絶った可能性すらあるのでは

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links