日本では弥生時代からニワトリを飼育していた
 奈良県にある唐古・鍵遺跡(からこ・かぎいせき)で、 日本の最古のニワトリのヒナの骨が発見された。それは日本人が弥生時代からすでにニワトリを飼育していた決定的な証拠となるという。

 ニワトリは私たちにもっとも身近な家畜の1つだろう。鶏肉や卵は食卓でお馴染みの食材だし、中にはペットとして可愛がっている人もいる。

 そんなニワトリが日本に伝わったのは弥生時代だとされているが、これまで、詳しい年代は不明で、弥生時代にニワトリは飼われていなかったという説もあった。

 今回、北海道大学の研究チームは、唐古・鍵遺跡で見つかった骨がニワトリのヒナのものであることを確認。紀元前3〜4世紀の弥生時代には、ニワトリが確かに飼育されていたことを明らかにした。

日本人はいつからニワトリを飼い始めた?

 コケコッコーッと特徴的な鳴き声で鳴くニワトリは、3000年以上前に東南アジアに生息するキジ科の鳥「セキショクヤケイ」が家畜化されたものだ。

 日本にこの鳥が伝来したのは弥生時代だとされているが、決定的な証拠がないために正確な時期はわかっていなかった。

 それどころか、そもそも弥生時代の日本人がニワトリを飼い続けることはなかったという説もある。

 というのも、これまでにその時代の遺跡で見つかったニワトリはどれもオスばかりだったからだ。

 つまり当時、たまたまニワトリを飼っていた日本人がいたとしても、繁殖して育てることまではできなかった可能性があるのだ。

この説をくつがえすには、ニワトリのヒナを見つける必要がある。それが実際に弥生人がニワトリを繁殖できたという証拠になるからだ。
1
セキショクヤケイ。左がオス、中・右がメス / image credit:Lip Kee Yap / WIKI commons(CC BY-SA 2.0)

日本最古のニワトリのヒナの骨を発見

 今回、北海道大学総合博物館の江田正樹教授らは、ついにが「日本最古のニワトリのヒナの骨」を発見した。

 『Frontiers in Earth Sciences』(2023年4月20日付)で発表された研究で、江田教授らは奈良県の「唐古・鍵遺跡(からこ・かぎいせき)」で発掘された4本の鳥の骨を分析している。

 ここは国の史跡に指定される弥生時代の環濠集落遺跡で、大きな建物や青銅器鋳造炉の跡などが発見されており、当時の日本でも特に有力な勢力の拠点だったのではと考えられている。
 研究チームは、その骨から抽出されたコラーゲンの質量を分析し、どの鳥の骨なのか特定を試みた。その結果、2本はニワトリのヒナのものであることが確認されたのだ。

 また放射性炭素年代測定の結果からは、それが弥生時代中期(紀元前3世紀から4世紀)のものであることが判明。

 研究チームは、「少なくとも唐古・鍵遺跡では弥⽣中期初頭からニワトリが継代飼育されていた」と結論づけている。
1_e
コーラゲンの分析からニワトリのヒナの骨であることが判明 / image credit:Masaki Eda, et al. Frontiers in Earth Science. April 20, 2023

なぜ弥生時代のニワトリのオスの骨しか見つからなかったのか?

 今回、弥生時代のニワトリのヒナの骨が発見されたことで、当時の日本人は確かにニワトリを飼育していたことが証明された。

 ただし、それが日本全国どこでも行われていたかというと、そうでない可能性はある。

 むしろニワトリの飼育は、最大規模の集落だった唐古・鍵遺跡ならではの珍しいこととも考えられるそうだ。

 研究チームの今後のテーマは、弥生時代のニワトリの骨がオスにばかり偏っている謎を解明することであるそうだ。こうした極端な性別の偏りは世界でも前例がないとのことだという。

References:北海道大学プレスリリース / Chicken breeding in Japan dates back to fourth century BCE / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
日本人の先祖は、縄文人、弥生人、更に古墳人の3集団に由来しているという研究結果


日本とイギリスの意外な共通点。ほぼ同時期に作られたストーンサークル


弥生時代から令和まで。アメリカの湿地帯で樹齢2624歳の木が発見される


すべては寿司の為?日本人のみに海藻を消化する腸内細菌が存在することが判明(フランス研究)


猫が家畜化された時期と起源は?失われた歴史が遺伝子研究で明らかに

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 09:33
  • ID:q30dElXG0 #

中国の春秋から戦国時代の間にはニワトリが大陸から伝わってる
殷周革命で周に打倒された殷の面々が日本に逃れ
卑弥呼も嗜んだという卜占など殷の文化を持ち込んだのかな

2

2. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 10:00
  • ID:5.RocHW10 #

>弥生時代のニワトリの骨がオスにばかり偏っている謎

縁日で売られてるヒヨコはオスばかりという話もあったな・・・

3

3. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 10:10
  • ID:JzclMOIu0 #

オスは食べられて、貝塚みたいなゴミ捨て場に集中的に捨てられるから骨が残りやすい
メスは卵を産まなくなるまで育てられるから、死ぬ時期はまちまちで残りにくい
雛は日本の土壌では骨が残りにくいので、発見されづらい
あるいはそもそもニワトリを食用として飼育はしていなかったので骨が少数

こんな感じかね? 鳥の寿命を考えると常に外部から流入させ続けることの難易度が高い

4

4. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 10:28
  • ID:PFFa8L.B0 #

確かこの集落は人口900人くらいなので、学校にあるニワトリ小屋みたいな景色が思い浮かぶ

5

5. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 10:34
  • ID:kO9.DAFF0 #

オスはときを作るから神様のお使いで大事に飼ってけどメスはいらん、でも食うのもなんだかな…で森に放してたとか?

6

6. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 10:37
  • ID:9APDAdvJ0 #

年々縄文・弥生の食文化が豊かになってゆく…
リーダー格の強いオスは優秀な番犬代わりだっただろうから、厄除けや朝を呼ぶおまじないで死んでも食べずに埋めたのかな

7

7.

  • 2023年04月24日 10:40
  • ID:7KWRFEDm0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 10:41
  • ID:fjd8doar0 #

根拠がない

唐古・鍵遺跡でニワトリのヒナの骨が見つかっても、紀元前3〜4世紀の弥生時代には、ニワトリが飼育されていたと断定するのはおかしい

野生のヒナを捕まえたのかもしれないからな

しかも飼育していたのならメスの骨が見つからないのもおかしい

9

9. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 10:44
  • ID:TcX2WM.d0 #

強いオスは都市部で自慢のペットや闘鶏遊びにでもして没後は食べずに防腐処理して記念に保存
農村は食べて骨粉は畑に撒いて肥料にして分解されてしまうとかかね

10

10. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 10:47
  • ID:.e4JCmmx0 #

日本でも弥生時代からチキンを食していたという事実は
なかなかに感慨深いですね

11

11. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 10:59
  • ID:DXmjfhfJ0 #

鶏って野生で生きていけるイメージ無かったけど原種はスラッとしてて素早そう

12

12. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 11:12
  • ID:3J0ktlJV0 #

>>1
打倒された面々と言うより、戦国時代には中原から逃れた難民が地方に逃げてきている。
日本へは断続的に人が渡ってきたと言われてる。
また民族の玉突き現象もおきてた。
A→B B→C C→D で最後のDが放り出される。Aに住んでた人がDに行くのではなく。
元々端っこに住んでいた人が最後に追い出されて日本に来るとか。 

13

13. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 11:47
  • ID:dXrDjenI0 #

メスの骨は粉にして薬として飲んでいた説

14

14. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 11:51
  • ID:tYt0kaHZ0 #

農業畜産なんかのアジア間の交流は相当あっただろうから色々知れたらいいね

明治以降少し停滞してる感ある

15

15. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 12:04
  • ID:eHfcIZ400 #

オスは卵を産まないから食用にしてたんだろう
発掘したのは解体場の跡地
大事なメスを殺すなんてしないからな
オスの骨しか出て来ない時点で養鶏確定

16

16. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 12:06
  • ID:x.AlOhp10 #

メスは卵を産むから食用にせず、死んだら別の場所へ埋葬してたか、
もしくは食用後にメスの骨だけ何かに再利用してたんだろうか。

17

17.

  • 2023年04月24日 12:07
  • ID:folUW1.00 #
18

18. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 12:19
  • ID:5.RocHW10 #

>>8
ニワトリは日本に生息していないわけだから
「人が持ち込んだ=飼育していた時期がある」というのは
少なくともほぼ確定でしょ。

あとニワトリの家禽としての有用性を考えれば
持ち込んでから手放す理由もないだろうから
継続的に飼育していたと考えるのが妥当かと。

19

19. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 12:32
  • ID:lTpk8mMX0 #

なるほど卵料理が多いわけだ

20

20. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 14:22
  • ID:aY0X4Uzl0 #

まだ生きてるってすごくね?

21

21. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 14:23
  • ID:LbOPk87M0 #

そういや孟嘗君の食客がニワトリの鳴き真似して関所早く開かせた逸話があったな

22

22. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 14:58
  • ID:UJQyTwiL0 #

・当時のニワトリは今より体が小さい=肉も少ない
・当時はアホウドリなど狩猟対象の野鳥が豊富にいた
・ニワトリのオスは時報や闘鶏に有用、メスは卵を産む
・維持コストがかかるため一羽あたりの価値が高い
・現代でも一部の神社は鶏肉食を禁忌としている
以上をふまえるとたぶん常食はされてない

23

23. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 17:27
  • ID:JzclMOIu0 #

>>8
「ニワトリ」はいまで言う外来種なので元々日本にはいない。それも種全体としてはかなり長い距離を旅している

ちなみにいまの「卵を大量に産む品種」は東アジアと欧州とに分かれていった系統が再び出会った結果なので、実はそれなりに新しい品種だったりもする

24

24. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 17:30
  • ID:rJ.BGnFk0 #

>>13
カルシウム不足にはならなそうだな。

25

25. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 17:47
  • ID:eg0Csu.v0 #

>>22
おそらく観賞用、闘鶏用だろうね。
鶏はオスの方が見た目煌びやかだからメスはオス雛用に飼育されるだけなんだと思う。
今みたいに飼料も品種も違って卵なんてほとんど産まなかっただろうしね。

26

26. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 18:03
  • ID:xa275r0B0 #

>>11
今の鶏でも、脱走して野生化したら
わりとよく飛ぶようになるよ。

「飛ぶ」ってのが
カラスや鳩レベルを想像すると全然だけど、
キジくらいは普通に飛ぶ。

うちの近所にしばらく脱走鶏が居ついた時も、
枝伝いに飛び移ってお宮の一番高い木のてっぺんに登り
朝の4時や5時から鳴いていた。

27

27. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 18:29
  • ID:KE3Nlgvd0 #

鶏が先か?卵が先か?
卵が先派としては、最古の卵がどこかにあるはずだ。

28

28. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 18:41
  • ID:fKwlRUoc0 #

>>20
笑ってしまったわ、疲れてるわ

29

29. 匿名処理班

  • 2023年04月24日 21:43
  • ID:scXmE8PM0 #

卵が先か鶏が先か

30

30. 匿名処理班

  • 2023年04月25日 00:40
  • ID:kKueSdWm0 #

記事中「ニワトリのヒナ」と書かれているが…。
「ひよこ」じゃ駄目なの?。

31

31. 匿名処理班

  • 2023年04月25日 02:34
  • ID:PzFtEwKc0 #

まず前提として、唐古・鍵遺跡は弥生時代を網羅する遺跡で当時の近畿地方では最大の集落だからね(700年間続いた集落とされる)

ここでニワトリのヒナの骨が確認されれば、その時代から日本でのニワトリの飼育が定着したと考えて良いと思う。ただし、出土した史料からは常食していたほどではなさそう。
他の地方と合わせてオスの骨ばかりである理由や、ニワトリをどのように活用してきたか等の謎が残るね。

余談だが、動画の最後に言ってた唐古・鍵遺跡が衰退した時に勢力を伸ばした纒向遺跡のヤマト王権ってのが良いよねえ。ロマンだねえ。どのような因果関係があったのか知りたいねえ。

参考
https://karako-kagi.com/history/

32

32. 匿名処理班

  • 2023年04月25日 04:47
  • ID:Aadj0KJY0 #

目覚まし時計に使ってたのかなって思ったけど食用説に納得

33

33. 匿名処理班

  • 2023年04月25日 06:55
  • ID:KHgOt4300 #

古代における鶏の立ち位置は朝の訪れを告げる「聖なる目覚まし時計」
古事記に出てくる常世長鳴鶏(とこよのながなきどり)がその代表例

オスしか見つからない理由は
神聖な目覚まし時計としての需要は高く大切にされたのと
食用需要はなかったか、或いは繁殖技術が確立されず需要を満たすのが難しかったからだろう

34

34. 匿名処理班

  • 2023年04月25日 07:40
  • ID:Yb1vwTMW0 #

>>30
同じこと思ったけど、
リンク先の北海道大学が参考写真に挙げている「ニワトリの雛」は
確かに、「ひよこ」というより
「ニワトリの雛」と呼びたくなるいでたちだ。

丸っこいヨチヨチしたひよこのフォルムのイメージに比べて、
なんか脚がゴツくてすらっとしてる。
幼雛(いわゆるヒヨコ)よりも中雛(若鶏になる過渡期)寄り
ぐらいの時期なのか…??

35

35. 匿名処理班

  • 2023年04月25日 11:34
  • ID:xtnu4EUA0 #

>>2
卵業者に卸す雌鳥を選別する際、卵を産まないオスは不必要だから、屋台に卸されていました。
でも、動物保護団体が残酷と抗議した為、屋台に卸されたオスは産まれてすぐにミンチ機械に放り込まれて瞬殺されます。
動物保護団体の抗議した悪例の一つ。
ちゃんとした結果をもたらした抗議も沢山あるけど、その後の結果も考えなとダメですね。

36

36. 匿名処理班

  • 2023年04月25日 13:51
  • ID:jpRWU.CH0 #

>>26
脱走して野生化せんでもそのくらい空を飛ぶ。幅10メートル程度の河川なら飛んで渡る飛翔力ある。高さ7〜8メートル程度の屋根なら飛翔してのぼる。

小学生の時に近所の牧場で何度も目撃したもの。しかも一定の時間にきっちり飼い主の元にも帰る。昔は近所に牧場あったんですよ。燐化学って呼ばれてた跡地の側ですけど。

37

37. 匿名処理班

  • 2023年04月25日 16:50
  • ID:XRzbCVzg0 #

けっこう長い付き合いだ

38

38. アユラ

  • 2023年04月26日 08:03
  • ID:dyF9VN380 #

養鶏って、歴史が深いんですか……

39

39. 匿名処理班

  • 2023年04月26日 08:45
  • ID:4whN2m8M0 #

>>16
逆に卵産まなくなって老いたのは骨が柔らかく食べやすくて骨も残らず食べられてしまったからとか?

40

40.

  • 2023年04月26日 13:16
  • ID:6ENpYbUp0 #
41

41. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 23:10
  • ID:CVIIFnWy0 #

弥生時代の人達はニワトリをどんな料理で食してたんだろう、と考えると興味が湧いてくる

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links