イタリア、培養肉を禁止する動き
 アメリカでは2社目の培養肉企業が米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けたばかりだが、イタリアでは自国の豊かな食文化と国民の健康を守るために、培養肉の禁止が検討されているという。

 先月末、イタリアのフランチェスコ・ロロブリジーダ農相は、「イタリアは合成食品の危険性から解放された最初の国家」とTwitterで発言した。

 伝統的なイタリアの生産者を、政府が守ろうとしているのだと説明した。

 こうしたイタリア政府の対応は、豊かな食文化と国民の健康を守ることが目的とされているが、より安全で持続可能な食品に関心を持つ人々からは批判の声も上がっている。

培養肉の生産や販売を違法に。違反すれば860万円の罰金

 イタリア政府が検討しているのは、実験室で作られた培養肉をはじめとする合成食品の生産や流通を違法とすることだ。

 この培養肉禁止法案が可決されれば、国内で「脊椎動物に由来する細胞培養物や組織」から食品や飼料を作れなくなるという。違反者には6万ユーロ(約860万円)の罰金を科される可能性もあるとのこと。

 その目的は、世界的に有名な「イタリアの食文化と国民の健康を守ること」だと説明されている。

現時点で、培養肉が従来の食肉よりも危険とする根拠はない

 すでに流通している代替肉としては、大豆などの植物性タンパク質から作られる植物由来肉があるが、「培養肉」は動物の細胞から作られている点で大きく違う。

 すなわち、動物の体から細胞を取り出し、これに適切な栄養を与え、最適な環境で増殖させて作ったものだ。

 イタリア政府は今回の動きの理由の1つを国民の安全を守るためだというが、そもそも現時点で、培養肉が従来の食肉よりも危険であることを示す証拠はない。

 その一方、従来の食肉と違い、動物の命を奪わなくていいという点で、培養肉がより倫理的であることは確かだろう。

 また食肉を生産する畜産業は、エサの生産や施設運営から排出される二酸化炭素や、家畜自身が排出するメタンなど、温室効果ガスの主な発生源でもある。

 それとは対照的に、家畜を育てる必要がない培養肉は、環境への負荷が小さく、抗生物質を減らせることから、世界的に大問題となっている耐性菌の出現を抑えられるとも期待されている。
1
photo by iStock

イタリアは世界の流れから逆行していると批判の声も

 このような恩恵を無視して、一律に培養肉を禁止すれば、イタリア国民にかえって悪い結果になるとも考えられる。

 それゆえに、食の持続可能性や経済成長のチャンスを重視する人たちからは、今回のイタリア政府の動きを批判する声が上がっている。

 たとえばGood Food Institute Europeのアリス・レイブンズクロフト氏は、培養肉を禁止すれば、イタリア国内での研究が妨げられ、より持続可能で安全な食品の提供に取り組んでいるヨーロッパや世界から取り残されることになると声明で懸念を表明している。
このような法律が可決されれば、イタリアでのこの新しい分野の経済的可能性が失われるばかりか、科学の進歩や温暖化防止の取り組みが妨げられ、消費者の選択肢までが制限されてしまいます
 彼女によるなら、政府は消費者の自由を縛るのではなく、イタリア人が何を食べたいか自分たちで決められるようにすべきであるとのことだ。
no title
photo by iStock

昆虫食も、チャットGPTも規制

 ちなみにイタリア政府は、培養肉だけでなく、コオロギなどの昆虫から作られた小麦粉を、ピザやパスタに使用することにも厳しい規則を設けた。

 昆虫タンパク質を含む食品には情報表示を義務付けることを求めている。「消費者は情報に基づいて選択できる自由がある」とジョルジャ・メローニ首相はTwitterに投稿した。

 さらにイタリアでは、OpenAIが開発した対話型AIサービス「チャットGPT」へのアクセスを一時利用禁止したことが発表された。

 膨大なデータ収集が個人情報保護法に違反する可能性があるとして調査を開始し、OpenAIに対策を講じ、報告するよう求めている。

 チャットGPTの規制は欧米諸国で初めての事例となる。

References:Italy Is Looking To Outlaw Lab-Grown Meat To Protect Its Food Heritage | IFLScience / written by hiroching / edited by / parumo

あわせて読みたい
培養肉の促進がぐんぐん進む。アメリカのFDA、2社目の培養鶏肉を承認


絶滅したマンモスの肉の味を再現したミートボールが登場、DNAを使用した培養肉


あの3Dプリンターで作られた人工肉(ベジミート)が更に進化。見た目・食感・味が牛肉のステーキそっくりに(スペイン)


昆虫食の時代はすぐそこへ。肉に代わる新食材、ウジ虫のソーセージが登場(オーストラリア研究)


原型を留めてないからいけるかも!香ばしくてうまい、昆虫パスタがフランスで好評販売中


世界初!培養肉製造工場がイスラエルにオープン。毎日ハンバーガー5000個分の肉を生産

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 17:24
  • ID:Hz5w4TLH0 #

この判断の良し悪しはまだ分からないけれど
「自国の産業や文化を守ろうとする政治家」というのはまぶしく感じる

2

2. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 17:35
  • ID:h.nTcOu30 #

狂牛病がまた流行したらどうするんだろう。場合によっては培養肉の方が安全だと思うけどなあ

3

3.

  • 2023年04月04日 17:42
  • ID:RCtDccwa0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 17:47
  • ID:HC5Qy5nO0 #

危険性がはっきりしないから今は禁止するということなら理解できるけど、頭ごなしに禁止というのはなんか畜産業界の利権絡みではと勘ぐってしまう

5

5. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 17:51
  • ID:JBr.uI6V0 #

>昆虫タンパク質を含む食品には情報表示を義務

これだけなら消費者の自由な選択のために必要な情報を表示する素晴らしいことのはずだが、どのへんが「厳しい規則」なのだろうか?

6

6. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 17:52
  • ID:nqfQrjh80 #

コオロギ食で良いのなら、培養肉必要なくね?
培養で肉造れるなら、コオロギ食う必要なくね?

7

7. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 18:00
  • ID:jZPQpOvk0 #

そりゃイタリア人は食いたくないでしょ
安全性とかどうでもよくて、イメージだけでまずそうだもん

8

8.

  • 2023年04月04日 18:20
  • ID:N.s.gJlo0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 18:29
  • ID:QhWw7.oe0 #

フォアグラ産業は早よ培養肉化してほしい

10

10. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 18:37
  • ID:y5dwsgNq0 #

培養肉の開発・研究は進めつつ、畜産や食文化の保護もしていく
じゃダメなんだろうか
一切合切禁止っていうのも相当リスキーな判断だよね

11

11. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 18:43
  • ID:nrN3XEK.0 #

未知の物を恐れるのは本能
何でも食って生き延びようとするのも本能
本能のせめぎ合い

12

12. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 18:54
  • ID:9xpAdACp0 #

>>6
それ「豚肉あるから牛肉いらなくね」と言うのと同じでは。
選択肢は少ないより多い方が良いと思うけどな。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 19:01
  • ID:n1iAJ9r20 #

生ハムとイベリコ豚が稼ぎの優等生だからな。

14

14. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 19:19
  • ID:b887E1U80 #

こっちで未来のために新しいことやれば、あっちで反対声明が出る…のループだな。
人類、なんとかして一枚岩には出来ないもんか。あと1000年くらいはかかるのかな。

15

15. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 19:36
  • ID:NKxDwuk40 #

>>2

培養肉が安全だと何で言い切れるわけ?まだ出来上がって何年もたってない。何の検証も保証もない。電子タバコは無害とか言ってる人みたいな事言わないでくださいな。

自然食品はそういうリスクがあっても、対処法がある。長い歴史の中で培われたものですよ。

16

16. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 19:37
  • ID:S5dvsyig0 #

自分は培養肉を食べるくらいなら、大豆を食べる方を選ぶ
大豆アレルギーになったらどうしようかな?
遺伝子組み換え大豆もできれば食べたくない
コオロギは無理

17

17. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 19:55
  • ID:92pk9LRo0 #

そのうち海外掲示板でcoolな培養肉の牛丼をジャパンで食べたぜ〜的な
スレッド立ったりする日が来るかも

18

18. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 21:01
  • ID:9xpAdACp0 #

>>15
新しい加工食品は日々大量に生まれてるから
世の中は「出来上がって何年も経ってない物」で溢れてるでしょ。

もちろん有害物質を含んでないか等の検査は培養肉でも
他の加工食品と同様に行われるだろうし
培養肉だけを格別危険視する理由は無いのでは。

19

19. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 21:49
  • ID:ghMDegBe0 #

生物肉が汚染されて食えなくなる未来もあるので
培養産業の技術は発展させたほうがいい

20

20. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 22:09
  • ID:wbtz3JM30 #

暮らしやすさとは・生活の質とは
そこに回帰してるかもしれんなイタリアは(リスペクト
ちなみに食文化に関してはイタリアに到底かなわないのでラーメンとか町中華とかで満たしてるバカ舌はあーだこーだ言わないように

21

21. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 22:37
  • ID:RCtDccwa0 #

培養肉とチャットGPTを同列に語る無茶苦茶な記事

チャットGPTは各国でイタリアと同様に、規制の措置が検討されているのにな

22

22. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 23:01
  • ID:wV4SJGPr0 #

SFとかで見る近未来描写の「本物の肉を食べられるのは一部の富裕層だけで庶民は安価に提供される人工肉しか食べられない」みたいなのがそろそろ現実味を帯びてきたから美食の国の人が危惧する気持ちはちょっと分かる
培養肉でも今と変わらないハムやベーコンが食べられる未来ならいいけどそれが開発される前にディストピア飯が根づいちゃったらやだなぁっていう

23

23. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 23:59
  • ID:k7DevHzE0 #

>>22
人間が進化できた理由の1つが美食を追求する執念だし、もしかしたら未来ではディストピア飯こそ世界一美味い料理になる…かも?

24

24. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 00:09
  • ID:SPNhin.e0 #

これを見習って日本政府には国内のクリエイターを守って欲しい

25

25. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 00:50
  • ID:7Sw2CkBf0 #

日本なんて大豆の「遺伝子組換えでない」って表示も実質できなくなるガバガバぶりだってのにね
食の安全性に注意を向けるのは大事なことですよ、人間は食べたものからできているのだから
禁止しなくても表示義務はきちんと設けて、自分が何を食べるのかを選択できるようにしてほしい

26

26. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 02:32
  • ID:h9yrSNMJ0 #

諸問題に対して科学的技術による対応の可能性を根から削ぐのは甚だ疑問。
また利権問題か?ChatGPTも禁止って…イタリアは北朝鮮や中国に次ぐような国にでもなりたいんかね。
研究者や技術者の権利は守らないってわけだ。

27

27. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 02:59
  • ID:h9yrSNMJ0 #

既に人類は深刻な食糧危機に瀕しているわけで、培養肉、代替肉、コオロギ食と話題が盛んなのはそういった面からもあるでしょう。
100憶人規模に膨らんだ人口に相対して畜産規模を広げる事は可能なのか?
現状多くの問題を抱えているし現実的には思えない。
コオロギ嫌とか言ってる間もなく食べるものを選んでる余裕もなくなるかもしれない。
そういった現実に対して科学技術というのは希望ではないのか?
人より家畜にリソーズ割かれてます、なんてね、すでにこれも一部では現実か。

28

28. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 03:26
  • ID:BYbkvonk0 #

>>16
今のヴィーガン向けの大豆ミートって
食感もほとんど肉と変わらない
ちゃんと調理して唐揚げにしたらメチャクチャ美味しかった
自分も製造過程でまだまだ怪しげな培養肉やコオロギ食より
大豆を選択する

国民の健康は、国家の維持・存続にダイレクトに影響するからね
怪しげなもん食わせるんじゃないよとしか

29

29. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 06:47
  • ID:7Y0.W3o00 #

食べる食べないはその人の自由で政府はそれを止めるべきでなく。
まず食えない人がいる実態を無視した金持ちの娯楽。
EC細胞と同じ多くの人を救える可能性を持っているのに。

30

30. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 08:06
  • ID:uH.erxLK0 #

>>4
政治ってのは突き詰めると権益の奪い合いでしか無いからね
誰かの既得権益を守ろうとするのは正しく政治家に求められている仕事だ

31

31. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 08:53
  • ID:nlHiBeOu0 #

国民の生命と財産を守る。
と言いつつ、odaで元請日本企業のみに還元し、国内労働還元しないのは何故か。
国内の財産を守る為に増税して装備を補強する。
矛盾。

32

32.

  • 2023年04月05日 12:52
  • ID:uN.fTrMI0 #
33

33. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 12:58
  • ID:l1bugCUp0 #

>>15
場合によってはって言ってるじゃん。全く言い切ってはないな。タバコの例えもズレてるし、勝手に脳内変換しすぎでは?

34

34.

  • 2023年04月05日 13:10
  • ID:HmnQwEgh0 #
35

35. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 16:33
  • ID:bArhR7bQ0 #

大丈夫。
全世界的に昆虫や培養肉を食べなきゃならなくなる前に、人類はどんどん減って食料問題は解決され、行きすぎた技術や通信に疲れて、ヒトという生き物の本来の生き方に原点回帰する事こそが至上の歓び、贅沢になる日がくるよ。
実際、もうAIとかこれ以上やってどれだけの人がついていけて、人が生きていく上でどれだけ必要なんだろう。
私はVRで世界中を飛び回るより、肉眼で東京ドームの大谷を観る方がいい。

36

36. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 18:30
  • ID:pGIw6QGy0 #

>>30
政治の本質は「社会のさまざまな権利が最大限守られるよう調整すること」であって、
この守られるべき権利には既存のものだけでなく後発のものも含まれる

既得権益を守ることは政治の本質でもなんでもない、ただの腐敗

37

37. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 18:56
  • ID:mlwRlF660 #

>>12
昆虫を進んで食いたいレアリティの高い人の為に税金とかが使われないなら選択肢として提供するのはありだと思う
仮に税金使うなら培養肉や代替肉を研究してほしいね

38

38. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 06:44
  • ID:8X4.HEde0 #

>>14
人間が生物である限り一つの考えにまとまるのは1000年経っても不可能だよ

39

39. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 12:52
  • ID:kquxGZWO0 #

>>37
では折衷案として昆虫の肉を培養するのはどうだろう。

40

40. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 13:34
  • ID:Q12ZwHV80 #

>>18
だからといって培養肉を危険視しなくてもいい理由にはならないのでは?

41

41. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 23:35
  • ID:kquxGZWO0 #

>>40
危険視するのは自由だけど正直キリが無い話になるかと。
そこら中の食品を危険視しないといけなくなるわけで。
まあそうしたいと言うなら別に反対はしない。

42

42. 匿名処理班

  • 2023年04月07日 03:10
  • ID:6HjrtSR.0 #

>>35
昔からいろんな人が言ってきたことだわ
未来の人も言うんでしょうな

43

43. 匿名処理班

  • 2023年04月08日 15:45
  • ID:WYjLh6go0 #

これは良いことだと思う。
自分は大豆ミート程度なら理解が出来るけど人工肉とかマジで無理。
加工食品の極みの物というか、やってはいけない倫理観を無視した遺伝子研究とか、そういった事物と同じ感じの匂いがする。超えてはいけないところを超えてしまった危ない物、そんな感じ。

44

44. 匿名処理班

  • 2023年04月09日 12:03
  • ID:JXilFTlS0 #

培養肉と言うとつまり細胞を際限なく増殖させて作る訳ですが、我々の身近な所にも似たような存在がありましてね……ガン細胞って言うんですがね
まぁガン細胞食ってるとまでは言わないけどおおよそ真っ当な食品とは言えないしイタリアの決定は良いと思う

コオロギといいグローバリストがこぞって資金を注ぎ込んで新しい利権を作り出そうとしてるけど、真っ当な食い物を効率良く作るorロスを効率良く減らす試みに力を入れるのが先だよね?

45

45. 匿名処理班

  • 2023年04月09日 22:36
  • ID:rs5rkACq0 #

>>44
「真っ当か否か」というのは個々人の主観の問題だから
それで食材の是非を論じるのは控えた方がいいと思う。
過激なヴィーガンとかに言わせれば豚や牛も
「真っ当な食べ物」ではないんだろうし。

46

46. 匿名処理班

  • 2023年04月11日 18:28
  • ID:.LldOGPJ0 #

世界三大珍味のフォアグラはイタリアじゃなくてフランスだっけ?
畜産とはいえ無理やり食わせるのが問題になったよね
それ知ってからどんだけ安いイタリア/フランス料理居酒屋に行ったとしても注文しなくなったんだよな
培養肉とプラントミーツ(植物性加工肉)には大賛成

47

47. 匿名処理班

  • 2023年04月11日 18:31
  • ID:.LldOGPJ0 #

プラントミートよりも肉肉しさがあり無駄な殺生も無くなる、環境にもいい
安全性と美味しささえ整えばよくない?
イタリアは自分勝手だろ

48

48. 匿名処理班

  • 2023年04月13日 13:36
  • ID:lTbaLHAT0 #

つまり動物を殺して食う必要がなくなるかもしれない進化を止めて
動物を殺して食う文化が正しいとやるわけだな。
食肉業界の圧力か

49

49. 匿名処理班

  • 2023年04月14日 05:56
  • ID:YhTYhAqe0 #

>>36
今からイタリアが参入しても遅い、他国との競争で不利と判断したのでは
それなら自国で既に成功している既存の産業を保護した方が国としてもメリットがある
人工肉ばかりの世界では天然肉は高付加価値になるだろうしね

50

50. 匿名処理班

  • 2023年04月18日 23:32
  • ID:HNM0ms160 #

>>9
おめでとう、マルカネが開発してるぞ

51

51.

  • 2023年05月19日 11:49
  • ID:4zSKTMO30 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links