パンデミックになる可能性がある5つのウイルス
 新型コロナウイルスのパンデミックは、世界を大混乱に陥れ多くの犠牲者を出した。2年半が経過し、我々はウイルスとの共生を模索中だが、危険なウイルスは新型コロナだけではない。

 このほど、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)は、新たなウイルスのパンデミックにどう備えるべきかを包括的にまとめた報告書を発表した。

 それによると、次に大流行する可能性があるのは5つのウイルスグループだという。

 世界に甚大な影響を与えるパンデミックを防ぐにはどうすればいいのか? 報告書は、まずはウイルスとその宿主について学ぶことを推奨している。
広告
 オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の専門家たちがパンデミックを懸念する5つのウイルスグループは以下のとおりだ。

1. コロナウイルス科

感染症:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)、中東呼吸器症候群(MERS)、重症後天性呼吸器症候群(SARS)
 最初のヒトコロナウイルス(229EとOC43)は、1965年と1967年に発見された。軽い風邪のような症状や胃腸炎になるだけで、それほど深刻なものではなかった。また家畜の感染や動物実験からも、命に関わるような感染症ではないと考えられていた。

 1995年に登場したHKU-1株もまたしかりだ。ところが、2002年に中国で重症後天性呼吸器症候群(SARS)が流行して、この見解が間違いだったことが判明する。

 長いRNAゲノムを持ち、最大で30の感染タンパク質の情報をもつ。感染性のウイルス粒子を作るのは4、5個の遺伝子だけだが、免疫反応を変化させてしまうため、このウイルスによる感染症は厄介なものとなる。

 また、ゆっくりだが着実に突然変異が起きるため、スパイクが変化し、新しい細胞に感染する力を獲得する。

 「コロナウイルス科」の仲間は、さまざまなニッチ(生態的地位)に存在するが、一般的なのは哺乳類の2割を占めるコウモリだ。

 そこで出現した変異株が、ハクビシンなどほかの哺乳類に感染し、そこからさらに人間に流出する。

 ゲノムの分析からは、まだ知られていない株がニッチで循環していることが明らかになっている。温暖化の影響で、そうしたウイルスの感染経路が交わるようになる恐れがある。

 また、新型コロナが世界的に流行したことで、ミンク・ネコ・イヌ・オジロジカといったほかの動物でも感染例が確認されている。

 コロナウイルスはそうした新しい宿主や、エイズ患者のような免疫に問題を抱えた人たちの中でさらに進化し続ける。それはまた新たな変異株の発生源になる可能性もある。
Coronaviruses_004_lores_e
伝染性気管支炎ウイルスの電子顕微鏡写真 / image credit:public domain/wikimedia

2. フラビウイルス科

感染症:デング熱、日本脳炎、ジカ熱、西ナイル熱
 「フラビウイルス科」のグループは、デング熱、日本脳炎、ジカ熱、西ナイル熱など、さまざまな感染症を引き起こす。

 症状は発熱・発疹・関節の痛みなどで、普通は命にかかわるようなことはない。ただし重症化したり、合併症を引き起こしたりするケースもある。

 たとえば、日本脳炎は脳の炎症を起こし、ジカ熱は先天性異常の原因になる。

 フラビウイルスはどれも蚊によって媒介される。ただし、すべての蚊が同じように危険なわけではない。

 デングウイルスやジカウイルスなら、民家の近くにいるネッタイシマカやヒトスジシマカが主な運び屋だ。

 こうした蚊は、容器(プランターの皿や雨水タンクなど)や植物の隙間などに溜まった水で繁殖し、人間の血を吸うという特徴がある。

 西ナイルウイルスを媒介するのは、イエカ、ヤブカで、日本脳炎ウイルスを媒介するのは、日本ではコガタアカイエカだ。

 こうした蚊は、湿地や灌木地帯などでよく見られる。もちろん人間の血も吸うが、ウシやブタなど、このウイルスを保有する家畜からも吸血する。

 日本脳炎が、水鳥・ブタ・人間で発症するのは、まさにそのことをよく表している。また大雨や洪水は、蚊にとっては絶好の繁殖チャンスとなる。つまり感染リスクも高まるということだ。
2_e
西ナイルウイルス/ image credit:public domain/wikimedia

3. オルソミクソウイルス科

感染症:インフルエンザ
 新型コロナの前、感染症といえば代表的なのはインフルエンザだった。

 「オルトミクソウイルス科」に属するインフルエンザウイルスにはいくつかの種類(A型、B型、C型、D型など)がある。

 またA型インフルエンザウイルスは、表面のタンパク質(ヘマグルチニン)と酵素(ノイラミニダーゼ)によりさらに細分化される。

 現在、一番一般的なインフルエンザはA型インフルエンザウイルスのH1N1亜型とH3N2亜型だ。

 インフルエンザは動物からウイルスが人に流出することで流行する。こうした人間にも動物にも感染する感染症を人獣共通感染症(動物由来感染症)という。

 インフルエンザウイルスの大きな変化は、一般に鳥・ブタ・人間に感染するウイルスが新たに組み合わさることで起きる。人間はそうした新株にほとんど免疫を持たないので、世界的に大流行しやすい。

 20世紀以降、そうしたパンデミックは4度起きた(1918年、1957年、1968年、2009年)。くわえて各パンデミックの間では、季節性インフルエンザが繰り返し流行している。

 インフルエンザは、ほかの呼吸器感染症ほど感染力が強くはない。だが潜伏期間が1.4日と短いため、感染の拡大は速い。

 ワクチンもあるが、その予防効果は限定的だ。オセルタミビル、ザナミビル、ペラミビル、バロキサビルといった抗ウイルス剤もある。

 オセルタミビルは早い段階で投与すれば、症状を24時間短くするが、重症化や合併症のリスクを軽減するかどうかは議論の余地がある。
3_e
A型インフルエンザウイルス / image credit:public domain/wikimedia

4. パラミクソウイルス科

感染症:ニパウイルス感染症、ヘンドラウイルス感染症
 「パラミクソウイルス科」は、ヒトや動物に感染するウイルスの大きなグループで、一番有名なのは麻疹とおたふく風邪だろう。

 また子供に感染するパラインフルエンザ(インフルエンザとは違う感染症)もパラミクソウイルスによるものだ。

 麻疹は子供にとって、とりわけ栄養失調である場合は危険な病気だ。ただしワクチンの効果は高く、2000〜2014年にかけて1700万人の命が救われたと推定されている。

 パラミクソウイルスのうち、パンデミック対策において特に重視せねばならないのはヘニパウイルスだ。ニパウイルス、ヘンドラウイルス、新型の狼牙ヘニパウイルスもこのグループで、いずれも人獣共通感染症だ。

 ちなみに映画『コンテイジョン』に登場した架空のウイルス(MEV-1)もこのグループとされた。

 ヘンドラウイルスは1994年、オーストラリア、クイーンズランド州で初めて発見され、ウマ14頭と調教師が死亡した。その後も、オオコウモリによって感染が広まり、ウマに感染したほか、人間でも4人の死者が出ている。

 世界的にはニパウイルスの方が重要だ。症状は軽いかもしれないが、脳炎になる恐れがある。

 初めて報告されたのは1998年バングラデシュで、以降頻繁に発生している。またニパウイルスは密接な接触によって人から人へと感染する可能性がある。
4_e0
ムンプス(流行性耳下腺炎)ウイルス / image credit:public domain/wikimedia

5. トガウイルス科アルファウイルス属

感染症:チクングニア熱、ロスリバー熱、東部馬脳炎、西部馬脳炎、ベネズエラ馬脳炎
 チクングニア熱やロスリバー熱などのアルファウイルスに感染すると、発熱・発疹・関節の痛みなどの症状が現れる。

 フラビウイルスと同じく、蚊によって媒介される。チクングニア熱の場合、ヒトスジシマカが主な運び屋で、そのためクイーンズランド州中部と北部に限定されている。

 ロスリバー熱を媒介する犯人として複数の蚊が挙げられているように、アルファウイルスはさまざまな蚊によって運ばれる。

 CSIROの報告書では、将来のパンデミック対策は、オーストラリアのバイオセキュリティ対策と並行して行われるべきであると指摘されている。

References:5 virus families that could cause the next pandemic, according to the experts / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
かつて世界を襲った史上最悪のパンデミック、ワースト10

海から5500種を超える未知のウイルスを発見

新型コロナだけではない。世界各地で発生した感染症マップ

サメが、新型コロナウイルスから人類を救ってくれるかもしれない

スーパーコンピューターによって発見された13万種の新しいRNAウイルス。9種のコロナウイルスも含まれていた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2022年09月15日 20:05
  • ID:iKz.Y6eT0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2022年09月15日 21:00
  • ID:1eI9hTHM0 #

WHOの判断を待たずに水際対策しないとダメだと世界が学んだな…

3

3. 匿名処理班

  • 2022年09月15日 22:21
  • ID:GBpDbWAS0 #

>>2
全くその通りだ
WHOがコロナは収束しつつあるみたいな発表してたけど、最初の頃ただの風邪だみたいな事言ってましたよねあの人達
たらればの話でしかないけど仮にもし初期対応を間違えてなかったら…と思うと情報を鵜呑みにしてはいけないなと思いますわ

4

4. 匿名処理班

  • 2022年09月16日 01:55
  • ID:MfyxCBP00 #

>>3
言ってないだろ

5

5.

  • 2022年09月16日 02:35
  • ID:zxlTQ6EL0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2022年09月16日 05:10
  • ID:qzzsuU9V0 #

中国に出張する人が多いことはコロナで分かったし、うつってくるのは止められない。

7

7. 匿名処理班

  • 2022年09月16日 07:20
  • ID:He.5CtVn0 #

ダイハードのホレ・・

8

8. 匿名処理班

  • 2022年09月16日 09:01
  • ID:DZhr7Kkl0 #

SARSはかなり危なかった。
ちょっと間違えればパンデミックになるところだった。

9

9. 匿名処理班

  • 2022年09月16日 09:15
  • ID:voZr9swv0 #

今 Yahoo! の GYAO で『アウトブレイク 感染拡大』ってのが無料視聴できますけど、これはまだ明らかになっていませんが、コロナウィルスが原因じゃないかという様相を呈しています。ただし発祥はどうもカナダのどこか。
『コンテイジョン』のほうはウィルスの種類は違いましたが、中国発祥のような感じで、コウモリが暗示されており、 SARS-cov-2 の雰囲気を強く出せています。
コンテイジョンでの教訓は、手をよく洗うこと、顔、特に口の周りを触らないというあたりが感染を防ぐために有効そうな感じ。

10

10. 匿名処理班

  • 2022年09月16日 12:01
  • ID:rEbqwzJv0 #

>>4
すまん、ただの風邪とは言ってなかったね
ただパンデミック認定が遅すぎたし、コロナの混乱のなか出所も有耶無耶だし対応が悪かったわな

11

11.

  • 2022年09月16日 13:19
  • ID:AUU32Bgs0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2022年09月16日 14:01
  • ID:JvcETNka0 #

>>6
日本ってアジアで最初の先進国だしG7だったりして衛生環境が世界トップクラスになったもんだから、国内で既に感染しないだろうなという感染症のワクチンを廃止したりしてる。それが、グローバル社会になって後進国からも人が入ってきてるから再流行の恐れがあるし、現代の医者で適切な判断が出来るのか不安。

13

13.

  • 2022年09月16日 16:51
  • ID:jz8nJpix0 #
14

14.

  • 2022年09月16日 19:16
  • ID:JZWMnp370 #
15

15. 匿名処理班

  • 2022年09月16日 21:03
  • ID:mHQ3PAqr0 #

エボラは毒性が強すぎてあかんか

16

16. 匿名処理班

  • 2022年09月17日 11:27
  • ID:eVWv8HSz0 #

梅毒って免疫が出来ないんだってな

17

17.

  • 2022年09月17日 20:15
  • ID:2g951x7J0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2022年09月20日 00:40
  • ID:84mabof60 #

パンデミックしそうな疫病を考えてみた。空気感染して潜伏期間1週間で致死率10%のウイルス。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING