グレートバリアリーフの珊瑚が増える
 自然と海を愛する人に朗報だ。世界最大のサンゴ礁地帯である、オーストラリアのグレートバリアリーフの3分の2の地域で、岩礁をおおうサンゴ(珊瑚)の割合が過去36年で最大に達したそうだ。

 このところの気候変動による海水温の上昇で、サンゴは大打撃を受けている。広範囲で白化が進み、海中の生態系から生命と彩りが失われていた。

 それでもきちんと保護すれば、多種多様な海の生物を育むリーフ中央部と北部で回復の兆しが見られ、また元に戻るかもしれないという勇気づけられるような報告をオーストラリア海洋科学研究所(AIMS)が発表した。
広告

保護活動を続けることで完全に回復する可能性

 オーストラリア海洋科学研究所(AIMS)の報告書によると、生きているサンゴ(ハードコーラル)が岩礁をおおう割合(被度)は、グレートバリアリーフの中央で33%、北部で36%に達していたという。

 これは36年前にAIMSがモニタリングを開始して以来最大であるそうだ。

 この結果はとても重要だ。サンゴにはまだ元気があり、適切に保護すればしっかり回復してくれるだろうことを示唆しているからだ。
iStock-1346615840
photo by iStock

天敵、オニヒトデの大量発生には要注意

 だが手放しで喜ぶわけにはいかない。グレートバリアリーフ南部ではサンゴを食べるオニヒトデが大発生しており、昨年よりも被度が減少しているからだ。

 また回復が見られた地域でも、サンゴの状態が良好というわけではない。以前よりはマシになったという程度なのだ。

 AIMSの代表者であるポール・ハーディスティ博士は、北部と中央部の状況はグレートバリアリーフにまだ回復する力が残されている可能性を示す一方、南部はリーフがいかに変化しやすいものか伝えてもいると説明する。
2020〜21年度に南部で記録された回復の3分の1は、オニヒトデの大量発生によって失われてしまった。

このことはグレートバリアリーフがますます増加する急激な撹乱(かくらん:生態系を乱すこと)に対していかに弱いか示している
サンゴの天敵、オニヒトデ

 せっかく回復したサンゴも、こうした撹乱によってまた失われてしまう可能性が否めないとのことだ。

 それでも、いいニュースであることには違いない。保護活動に尽力している人々を称えながら、サンゴたちの完全回復を祈ろう

References:Highest coral cover in central, northern Reef in 36 years / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
人間の遺灰で作った人工魚礁を海に投下。海洋生物たちが棲みつき、フロリダの海岸線が復活(アメリカ)

サンゴの天敵「オニヒトデ」の駆除に酢が効果的と判明、水中注射で撃退へ(岡山理科大ら)

おいしそうだけど食べられません。ポップコーンそっくりな砂が浜辺を覆いつくすフエルテベントゥーラ島の海岸(スペイン)

海洋生物が赤道から冷たい水に逃げ出している。大量絶滅の兆候なのか?

10時間たっぷり海の生き物たちを眺めていられる癒し動画

印象的な人工魚礁で陸と海をつなぐ、水中彫刻美術館がキプロスにオープン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2022年08月10日 19:15
  • ID:AIwecoN40 #
2

2. 匿名処理班

  • 2022年08月10日 19:20
  • ID:NEEEs2.h0 #

オニヒトデを全自動で駆除する水中ドローンが今の技術なら出来そうだけどな

3

3. 匿名処理班

  • 2022年08月10日 19:34
  • ID:DlUrPI.O0 #

オニヒトデの処理はほら貝君に任せた
君たちには頑張ってほしい

4

4. 匿名処理班

  • 2022年08月10日 19:53
  • ID:AZ8enIJO0 #

※2
優先のロボットでも良いからネット経由で操作できれば暇人がゲーム感覚で仕事してくれそう

5

5. 匿名処理班

  • 2022年08月10日 22:06
  • ID:dj3.v89c0 #

地球がもっと暑かった頃ってサンゴはどうしてたの?

6

6. 匿名処理班

  • 2022年08月10日 22:30
  • ID:7yBRAuID0 #

ヒトデはサンゴを食べちゃうひとでなし

7

7. 匿名処理班

  • 2022年08月10日 22:54
  • ID:rvMeke6Y0 #

ほほう、慥かに昨今じゃ珍しく環境系の良いニュースだね
保護活動だけで?気候変動に対応出来たとかもあるんだろうか

8

8. 匿名処理班

  • 2022年08月10日 23:40
  • ID:1Dz5jZqz0 #

ん?先々週NHKでグレートバリアリーフの珊瑚が絶滅寸前って番組を見たんだけど?
どっちかが嘘を言ってる?

9

9. 匿名処理班

  • 2022年08月11日 00:17
  • ID:uiw6mx0y0 #

※8 どっちが嘘もなにも、この記事はオーストラリア海洋科学研究所(AIMS)の報告書を元に書いてある。リンクを貼ってあるのになぜ自分で確認しない?

10

10. 匿名処理班

  • 2022年08月11日 00:24
  • ID:A2TcFl.W0 #

※8
NHKの情報がちょっとだけ古いんじゃないの?数年前から制作にとりかかってたとか?
どっちも嘘を言ってるつもりではないと思ってる

11

11. 匿名処理班

  • 2022年08月11日 00:59
  • ID:LWY8X44c0 #

コロナで観光客が減ってハワイの海が綺麗になったって話とは関係あるんだろうか

12

12. 匿名処理班

  • 2022年08月11日 03:12
  • ID:ezL7TWi90 #

>>5
詳しくはないけど、単純に生息域が違った可能性は高い。でも確かそもそもサンゴは海洋汚染さえ少なければかなり高温には耐えられるという研究があったはず。もともと清浄というか、貧栄養の水域に住む生き物だということは忘れられがちで、水質悪化によるダメージが無視されてる。

13

13. 匿名処理班

  • 2022年08月11日 08:31
  • ID:g7E15N730 #

※10
絶滅寸前と36年で最大
ちょっと古いってだけでここまで食い違うのはおかしいだろ?

表現次第でどうにでもなるし、間違った見解だったと考えるべき
例えば、絶滅寸前だったのは見た目だけだったとか、
過去最大って広さであって、個体数は変化がないとか

14

14. 匿名処理班

  • 2022年08月11日 10:57
  • ID:HQg9kt.40 #

>>11
この件についてはわからないけど、コロナで人間の活動が抑制されたおかげで、いなくなってた海洋生物(イルカやウミガメ等々)が戻ってきて繁殖活動するようになった海岸とか、大気汚染がましになって長年見えなくなってた景色がクリアに見えるようになった地域とかみたいなのが世界中にいっぱいあるらしいね
コロナ禍は困るけど、副産物として環境負荷が改善されたところはなんとかキープできないもんかねえ
もちろんここも逆戻りしないことを祈る…

15

15. 匿名処理班

  • 2022年08月11日 11:48
  • ID:EKodktAi0 #

36年見守ってきた絶滅寸前状態最高記録なんだろう?
何も矛盾してない

16

16. 匿名処理班

  • 2022年08月12日 07:28
  • ID:nIJ.RGAv0 #

オニヒトデから真珠とか取れれば、中国が乱獲してくれるのに。

17

17.

  • 2022年08月12日 07:29
  • ID:nIJ.RGAv0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2022年08月12日 11:26
  • ID:ibF.ZUw50 #

絶滅寸前だけど適切に対応し続ければまだ希望はあるっていうことなら、結局、絶滅の危機は脱してないのだから絶滅寸前ですって言っちゃうところ(報道)があってもおかしくないような気がするけど
それもまた事実なら、最終的には報道機関が持っていきたい方向に向かうだけというか…

19

19.

  • 2022年08月13日 09:58
  • ID:arN3j6w50 #
お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING