ロブスターで缶切り
 大型のエビの仲間、ロブスターの巨大なハサミ(爪)はどれほどの威力があるのだろう?そこでトマトソースの缶を使って実験を行ってみることに。

 さすが硬い貝を割って捕食するための武器なだけのことはある。缶は一瞬にしてグシャ、中身はぷっしゅ〜!だ。
広告
Lobster Cracks Open Canned Food

ロブスターのハサミで缶切り実験

 大人の人間の手ほどもあるロブスターの片方のハサミにトマトソースの入った缶詰を近づけていく。すると一瞬にして缶詰はつぶれ、表面が割れた。
1
 更にもう一度缶詰を押しあててみると、ソースがぷしゅ〜!っと飛び散った。
6
 ちなみにロブスターの挟む力は体重の30倍ともいわれている。2.54cm(1インチ)あたり、45.3kg(100ポンド)の圧力をかけられるともいわれている。

 臼歯のような突起があるこのハサミは、アサリやムール貝など硬い殻を持つ海の生物を砕くのに使用されているという。
4

なぜ輪ゴムで閉じることができるの?

 ちなみに、生きたロブスターのハサミが輪ゴムで閉じられて売られているが、そんなに力の強いハサミなのになぜ輪ゴムを破ることができないのか?

 その理由はワニと一緒だ。

 ワニの顎には強靭な力があることで知られているが、顎の付け根にある巨大な筋肉を動力源としている。だが、それは顎を閉める時だけに発揮されるもので、顎を開く筋肉はとても小さくて弱い。

 なの人間の力でもワニの口を閉じることはできる。それと同様で、ロブスターのハサミは、下向きには大きな圧力をかけられるが、反対に開く力はほとんど持っていない。

 なので 輪ゴムで閉じたままにすることができるのだそうだ。

 いったん閉じさせればこっちのもんだけど、開いた状態だと人間でも肉汁ぷっしゃ〜となってしまう危険性があるので気を付けよう。

written by parumo
あわせて読みたい
推定年齢100歳の巨大ロブスターが釣り上げられる

ある意味不死者。常時テロメラーゼを作り出すことで老化せずに大きくなるロブスター(※ただし永遠の死からは逃れられない)

フグもハサミとしてお使いいただけるようだった。ピラニアに匹敵するこの切れ味。

フグの歯すげぇ!生きたカニを丸ごとカリポリと完食

イギリスで、ロブスターやタコなどを生きたまま調理することが違法になる可能性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年07月22日 17:52
  • ID:.sR4FPzO0 #

河豚でアルミ缶をパチン、パチンを噛み切らせる動画も動画配信サイトにあるけど、あれもなかなか

2

2. 匿名処理班

  • 2022年07月22日 18:20
  • ID:bThELpVV0 #

まるでパワーショベルのクラッシャーだな

3

3. 匿名処理班

  • 2022年07月22日 18:39
  • ID:ehU8mbmH0 #

大人の手首でも骨折しそうガクガクブルブル

4

4. 匿名処理班

  • 2022年07月22日 20:43
  • ID:5lLP65MX0 #

♪テレレテッテッテッテッテテレレレテレレレテテッテ~ ♪テレレレレン…
「エビたべたーい!」

5

5. 匿名処理班

  • 2022年07月22日 22:00
  • ID:ePHDe5940 #

こりゃ人が挟まれたらひとたまりもないだろうなぁ

6

6. 匿名処理班

  • 2022年07月23日 10:08
  • ID:jTFCQMSi0 #

🦐 飛騨の山中に篭ること十余年、あみ出したるこの技、名づけてカニバサミ。もがけばもがくほど身体にくい込むわ!どうや!?動けるもんなら動いてみぃ〜!!

7

7. 匿名処理班

  • 2022年07月23日 11:00
  • ID:TpJ8I9A30 #

トマトソースと一緒に煮込むんじゃねえという気概があるな

8

8. 匿名処理班

  • 2022年07月26日 16:37
  • ID:oVak56Rm0 #

ロブスターやべぇ‼️(。-ω-)

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING