ゾディアック・マン
 今のように科学が発達していなかった時代、人々は星に目を向け、それをあらゆることに関連付けていた。

 星座は人間に不思議な力を及ぼしてきたとされており、ホモ・シニョーラムとしても知られる「ゾディアック・マン」の絵は中世の医学に関する書物にも頻繁に登場した。

 ゾディアックとは、黄道(太陽の軌道)に投影された12の星座が並ぶ帯のこと。星座を表わすシンボルが、体の各部位に影響を与えると考えられていたのだ。
広告

人体と星座を結び付けた「ゾディアック・マン」

 以下の絵は、ラテン語で書かれた15世紀のイギリスの折りたたみ式年鑑に描かれたものだ。動物や寓意的なサインにまとわりつかれているキリストらしき人物が見える。

 彼は魚座を表わす魚の上に立っていて、その胸には蟹座のカニが張り付いている。双子座の双子は両腕にしがみつき、本来、光輪が差す場所には、山羊座のヤギ、牡牛座の雄牛がぼんやりした表情の頭の上に浮いている。
no title

医学と星座の関連

 こうした絵は、ほとんどの場合、教訓的な意味合いをもっている。

 手術をするタイミングは、この星が一直線に並ぶとき、少なくとも治療を受ける体の部位と反対方向にならない時間に行わなくてはならない。

 例えば、17世紀のイギリスでは、頭痛を治したかったら、「月が牡羊座にあるときに瀉血するのは避ける。その星座を表わす動物が頭と顔を支配しているためだ」と言われている。

 以下は体の部位と占星術の位置との対応表である。
「牡羊座」頭、目、副腎、血圧
「牡牛座」首、喉、肩、耳
「双子座」肺、神経、腕、頭、指
「蟹座」 胸壁、胸、体液
「獅子座」心臓、脊椎、背中上部、脾臓
「乙女座」腹部、腸、胆嚢、脾臓、肝臓
「天秤座」腰、臀部、腎臓、ホルモン
「蠍座」 生殖器、骨盤、膀胱、直腸
「射手座」大腿、脚
「山羊座」膝、骨、皮膚
「水瓶座」足関節、血管
「魚座」 足、体液

(ハリー・ロビンの「科学的イメージ:洞窟からコンピューターまで」より)
 古代や近代の多くの秘儀的な慣習と違って、ゾディアック・マンを特定の地域、宗教、文明に限定するのは難しい。

 似たような絵はペルシャの文献にも見ることができる。ここでは、それぞれの星座のサインがまるでゾディアック・マンの血管の中を泳ぎまわっているように描かれている。
zodiac-man-17
ペルシャのゾディアック・マン / image credit:Wellcome Collection gallery / WIKI commons

 また、1831年の『メキシコの遺物』には、キングスバラ子爵エドワード・キングの、アメリカ先住民の遺物を複製したものが描かれている。

 子爵は先住民のことを、イスラエルの失われた部族だと信じていた。この本には、メキシコ、ナワトル族の星座のサイン(ハゲワシを意味するcozcacuauhtli、火打ち石や黒曜石のナイフを意味するtecpatl)が、ゾディアック・マンの目、爪先、口、胸にまるで凧のように糸でつながっている。ヘビを意味するcoatlが彼の生殖器に向かって威嚇するように迫っている。
zodiac-man-3
エドワード・キング9巻の古代メキシコ(1831-1848)で複製されたゾディアック・マン / image credit:wellcomecollection

 ヨーロッパでは、ゾディアック・マンのイメージは、より大きな中世のエピステーメー、つまり星座の知識の一部を形成していた。
1280px-thumbnail_e
15世紀のウェールズ写本に描かれたゾディアック・マン / image credit:
National Library of Wales / WIKI commons


 人間自体が小宇宙で、その健康は天体の動きによって影響されるとしている。

 この考えは、バビロニア、エジプト、中国、ヴェーダ、マヤ、アステカなどの宇宙論に共通するものだ。

 ゾディアック・マンのイメージには、卵のような殻に包まれ、星座の生き物たちに取り囲まれているものもある。ゾディアック・マンは、天空を反映した縮図といってもいいものなのだ。
4
ヘイマンダス・デ・ベテリ・ブスコ著『Ars computistica』(1488年)のイラスト / image credit:wellcomecollection
zodiac-man-8
17世紀にエッチングされたジェラール・ヴァルクの「Habit d'Astrologie」 / image credit:parismuseescollections

追記:(2022/07/11)タイトルを一部訂正して再送します。
References:The Zodiac Man – The Public Domain Review / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
雑コラかよ!中世に描かれた悲惨な猫のいる風景

解剖学を説明するのに初めて絵を使った中世のイタリア人医師(日本の室町時代頃)

中世の芸術家が伝聞と想像で描いたライオンの絵

君のコスモは目覚めたか?12星座別に描かれた超獣たち「12 Zodiac Signs Reborn」

犬が目の見えない人を支えるようになったのはいつ頃から?中世ヨーロッパの絵画や文献からひも解く盲導犬の歴史。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年07月11日 20:33
  • ID:lBdIjvzT0 #

釣られませんことよ

2

2. 匿名処理班

  • 2022年07月11日 20:39
  • ID:hudc6f7Q0 #

>>中性の医学。

ほぉ、酸性でもアルカリ性でも無く、中性か
と一瞬思ってしまいました。

3

3.

  • 2022年07月11日 20:51
  • ID:FVLNwRdd0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2022年07月11日 21:21
  • ID:hudc6f7Q0 #

よくってよ

5

5. 匿名処理班

  • 2022年07月11日 21:24
  • ID:EgJjmalN0 #

怖いってば( i _ i )

6

6. 匿名処理班

  • 2022年07月11日 22:51
  • ID:lwaCDJpn0 #

日本にも庚申信仰とか五臓六腑の神とかあったから、それと同じ流れかな

7

7. 匿名処理班

  • 2022年07月11日 23:34
  • ID:iPUSw1ou0 #

光輪の位置にいるのは牡羊座では?
山羊座は膝のとこにいるね

8

8. 匿名処理班

  • 2022年07月12日 01:45
  • ID:0DnHJoKa0 #

ゾディアックマン…暗号か何かかな?(ゾディアック事件を連想しながら)

9

9. 匿名処理班

  • 2022年07月12日 08:05
  • ID:ACY0F6rm0 #

フィボナッチ写本味があるね

10

10. 匿名処理班

  • 2022年07月12日 08:59
  • ID:wbteEIgT0 #

アレは蛇か蠍なんだな
でもそれは男の場合では

11

11. 匿名処理班

  • 2022年07月12日 10:16
  • ID:U3MJQc3H0 #

現代でも西洋では星座と身体の関係が重視されてるらしく
新型コロナも生まれの星座によって感染率が変わると信じられてたね

12

12.

  • 2022年07月12日 10:22
  • ID:Dbd249d40 #
13

13. 匿名処理班

  • 2022年07月12日 14:04
  • ID:IRooY3BV0 #

ゾディアックマン 参上!

14

14. 匿名処理班

  • 2022年07月12日 18:53
  • ID:CfZqGSNb0 #

今でも名残はあるよ、癌は「キャンサー」と言われるけど、かに座の意味だもの。
癌の中でも乳癌が代表格、で胸部を支配するかに座の名がついた。
らしいぞ(占星学的見地からの意見かもしれない)。

15

15. 匿名処理班

  • 2022年07月13日 03:07
  • ID:.mVtH4Lb0 #

インフルエンザ(influenceの意味)も星のめぐりの『影響』によって流行すると考えられていたためにこの名前があるもんな

16

16. 匿名処理班

  • 2022年07月13日 04:44
  • ID:M3vE693J0 #

なんでこの手の古い医学書ってなんともいえない不気味さがあるのだろう

17

17. アユラ

  • 2022年07月13日 07:28
  • ID:bDmXjban0 #

>>6
男女で多少違っているけど、確か自分の身体の
パーツごとに、番号がふってある奴で調べると
何処が悪くなったか分かる方法が有りました。
※確か、六三?とかいう占いっぽい感じだった……

18

18. 匿名処理班

  • 2022年07月14日 07:23
  • ID:P3JY682G0 #

イラストの女性、ヴォイニッチ手稿に出てきたのみたい。

19

19. 匿名処理班

  • 2022年07月14日 22:39
  • ID:BZrICbQW0 #

戦隊とかの合体ロボの構成でありそう

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING