渡り鳥と一緒に空を飛ぶ
 渡り鳥の保護に人生を捧げたフランス人男性がいる。超軽量動力機で、渡り鳥たちと一緒に空を飛び、ヨーロッパ圏内の、より安全な移動ルートを使うように訓練している。

 カモ科の渡り鳥「カリガネ」は、現在IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストで危急種に指定されている。男性は、その個体数を増やすことを目指して、27年間、カリガネの群れの中に入って、安全な経路に誘導しているのだ。
広告
I flew with birds. You can too.

渡り鳥を保護するため、一緒に空を飛び始めた男性

 自然保護活動を行っているフランス人男性、クリスチャン・ムーレックさんは、1990年代に、渡り鳥のカリガネが生息地の破壊や過度の狩猟によって絶滅の危機に瀕していることを知った。

 ムーレックさんは当時、パイロット経験などなかったが、カリガネの保護を考えるうちに、安全な移動経路を使うよう訓練することを思い付いた。

 カリガネは、通常冬は黒海やカスピ海で過ごし、スカンジナビア半島で繁殖シーズンを迎える。

 一緒に飛ぶには、当然鳥の信頼を得ることから始めなければならない。ムーレックさんは、まずペアが産んだ卵を孵卵器で育て、刷り込みをした。
4
 時にカリガネたちと一緒に眠ったり、時に自宅に所有する池で一緒に泳いだりと、常に献身的にそばに寄り添い続けた。

 そのおかげで、ムーレックさんは数千km横断することもあるルートを定義づけるために不可欠な信頼を得ることに成功した。

 そして自身も空を飛ぶ訓練を重ねながら、1995年、33羽のカリガネたちと初めての移動を試みた。

 鳥は、超軽量動力機に乗ったムーレックさんが誘導した新しい経路を飛び、ドイツで冬を過ごした後、翌年の春に自力で彼のところへ戻って来た!
7

27年間プロジェクトに使命を燃やす

 今年5月、イギリス人YouTuberで教育者のトム・スコットさんが、南仏オーヴェルニュのカンタル地方でムーレックさんとカリガネの飛行に参加した。
天候にもよりますが、ほぼ毎日私は鳥たちと一緒に空を飛んでいますよ。

犬を飼っている人が、朝夕の散歩が欠かせないのと同じで、鳥も筋肉維持のために毎日でも飛ばなければならないのです。

もし2週間でも放置すれば、1から訓練をやり直さなければなりません。(ムーレックさん)
 超軽動力機とカリガネの群れはとても近い。スコットさんが手を伸ばすと、鳥の尾羽に触れられるほどだ。

 この距離感は、27年間におよぶムーレックさんとカリガネの互いの信頼の上に築き上げられたものといえるだろう。
scott-4_e

渡り鳥と一緒に飛行したい乗客を募集中

 鳥たちの安全な経路での飛行が、最終的にはその保護と個体数の増加に繋がることを切に願い、その使命に情熱を注ぎ続けるムーレックさん。

 多くの人に、渡り鳥に対する保護の意識を高めてもらうために、現在自身のサイト『Fly with birds』でカリガネと一緒に飛行したい乗客を募集したところ、鳥と一緒に空を飛んでみたい、と世界中の人がこの飛行に参加しているという。

 飛行時間は30〜40分。参加費用は全て鳥の保護活動に使用される。

References:A Conservationist Teaches Geese to Use Safer Migration Routes by Flying With Them Across Europe | Colossal/ written by Scarlet / edited by / parumo
あわせて読みたい
「久しぶり!孫を連れて帰って来たよ!」渡り鳥であるカナダガンの一家と仲良くなった女性

科学者を驚かせた、人知を超える鳥類の完璧なV字飛行パターン(英研究)

これぞ生態芸術。群れで飛ぶ鳥たちの飛行経路を視覚化させたファンタスティックな映像

日本・オーストラリア間をノンストップで5日間飛び続ける渡り鳥、オオジシギの超絶苦難の旅

ニューヨークで渡り鳥の大量死。その原因は高層ビルであることが明らかに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年06月12日 15:04
  • ID:4iDJ.szg0 #

映画「グース」や!

2

2. 匿名処理班

  • 2022年06月12日 15:37
  • ID:rsrd2XqP0 #

これが真に正しい行いなのかはわからない
けれどもとんでもないヤツを見たことで私は感動している

3

3. 匿名処理班

  • 2022年06月12日 15:41
  • ID:1DKd1niN0 #

うるさくてデカいのがついて来て
鳥さん達ちょっと嫌そうw

4

4. 匿名処理班

  • 2022年06月12日 16:15
  • ID:OWcXcD.u0 #

※2
この人のドキュメンタリー見たことあるけど、誘導してるのは開発で無くなった水場まで行っちゃってキツネに襲われたりするのを避けるために、安全なルートを鳥に教えてるだけ。
刷り込みの目的が保護なら一概にアウトとは言えないし、実際鳥も数を増やしてるらしいよ。

5

5. 匿名処理班

  • 2022年06月12日 16:27
  • ID:yoiKZ.eU0 #

羽もなく空を飛ぶことすらできない劣った人間が
鳥を安全な経路に誘導するだと?

不遜にもほどがある

6

6. 匿名処理班

  • 2022年06月12日 16:30
  • ID:pK6xIA980 #

飛んでる距離が近すぎてちょっと怖い

7

7. 匿名処理班

  • 2022年06月12日 18:11
  • ID:CQVsbsIi0 #

ドキュメントで観た事ある
ニルス視点いいよね

8

8. 匿名処理班

  • 2022年06月12日 19:07
  • ID:YMw1YLlE0 #

※3
エンジンだけは一流のところを見せてやるよ ! いいね。いい人生だよ !

9

9. 匿名処理班

  • 2022年06月12日 22:20
  • ID:l0tMIwSu0 #

>>4
なるほど。人間社会は日夜変化を続けていて数日前は安全だった水場が無くなってたとか、人間にはどうってことなくても野鳥にとって取り返しのつかない出来事も多いんだろうね。
野鳥大好きだしドキュメンタリー探してみようと思います!カラパイアさんも教えてくれた貴方もありがとう🦆

10

10. 匿名処理班

  • 2022年06月13日 10:17
  • ID:7.7JjDSU0 #

安全な移動経路とは 狩猟の鉄砲の玉が飛んでこないエリアを選ぶってことも含まれているんだろうな。

11

11. 匿名処理班

  • 2022年06月13日 13:05
  • ID:WWy.6Hj80 #

偉大だからか読んでて涙出てきた

12

12. 匿名処理班

  • 2022年06月13日 16:23
  • ID:vRk79rPz0 #

※5
で?君はこの人のように動物の保護なり環境保護なり、自分にできることを人生かけて全力でやっているのかね?
息してることだけを自慢し他者を貶し偉ぶるのは、恥ずかしいと思わないかい?

13

13. 匿名処理班

  • 2022年06月13日 17:06
  • ID:AVsf3Rye0 #

ニルスの不思議な旅で見たシーンだ

14

14. 匿名処理班

  • 2022年06月13日 20:08
  • ID:pzxhFRH70 #

もしかして、「グランド・ジャーニー」? すごく引き込まれる映画だった。
もしあの映画のモデルならだけど、簡易的な飛行機って意味で、今でもあんまり変わりないんだね。

15

15.

  • 2022年06月14日 10:09
  • ID:fEUYghEV0 #
お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING