アンティキティラ島の機械
image credit:WIKI commons
 「アンティキティラ島の機械」は、アンティキティラ島近海の沈没船から発見された古代ギリシア時代の精巧な歯車式機械で、天体の運行を計測するための装置と言われている。その精密さから、古代のコンピューターとも、オーパーツとも言われるほどだ。

 謎深き「アンティキティラ島の機械」は、ギリシャで作られ、紀元前200年〜紀元前60年頃に製作されたと考えられているが、では実際に使われ始めたのはいつなのか?

 今回『arXiv』(2022年3月28日投稿)で閲覧できる査読前論文によれば、紀元前178年12月22日だという。翌日の長い金環日食を測定するために、その前日に起動した可能性が高いというのだ。
広告

アンティキティラ島の機械の謎を解き明かせ!

 1900年、ギリシャ、アンティキティラ島沖で古代の貨物船の残骸が発見された。翌年の1901年、回収された岩石らしきものを調べていた考古学者ヴァレリオス・スタイラスは、そこに歯車が組み込まれていることに気が付く。

 こうして発見されたのが、「アンティキティラ島の機械」だ。現在、アテネ国立考古学博物館が所蔵している。
2
image credit:WIKI commons

アンティキティラ島の機械は天文学用コンピューター

 1951年、英国の科学史家デレク・J・デソラ・プライスは、X線などを用いて機械の仕組みの解明に着手。機械は星と惑星の運行を計算するためのもので、世界初のアナログ式コンピューターであるとの研究を1959年に発表した。

 2002年、ロンドンの科学博物館のキュレーター、マイケル・ライトは、アンティキティラ島の機械をリニア断層撮影法で撮影。

 そのときの画像からは、メインホイールに固定された中央歯車があり、その周囲を他の歯車が回転するようになっていることが判明した。

 古代ギリシャでは、天体は「周転円」という円形パターンで移動すると考えられていた。

 ライト氏は、この機械もまたこの考えを前提としており、「周転円運動」をモデル化するためのものだと結論づけている。ただしコペルニクス以前のことなので、地球が中心にあると想定されている。

 昨年、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのトニー・フリース率いる学際的グループは、数理モデルを使い、古代ギリシャの宇宙を再現することに成功した。同グループは現在、実際に歯車が動くレプリカの作成を行なっている。

アンティキティラ島の機械、歯車の配置を突き止めることに成功
00_m
image credit:Tony Freeth / UCL
 機械の裏蓋には、その宇宙を表す碑文が刻まれており、同心円上を動く惑星を特徴としている。また表蓋のX線画像からは、462年と442年周期で公転する金星と火星が正確に表されていることが明らかになっている。

 さらに「アンティキティラ島の機械研究プロジェクト」の一環として、高性能三次元X線撮像技術による調査も行われている。

 この研究からは、詳細なギリシャ語の原文が明らかにされ、機械が天体の位置を予測するための天文学用コンピューターあることが確認された。

 アンティキティラ島の機械はもともと37個の歯車があり(30個が現存)、前面には太陽の周期・黄道帯を示す目盛り、太陽・月の位置を示す指針があったようだ。
The ancient 'computer' that simply shouldn't exist - BBC REEL

紀元前200年〜紀元前60年頃にギリシャで製作されたと推測

 発見されたのがギリシャの島であること、すべての使用説明がコイネー(古代ギリシャ語)で書かれていることから、この機械は古代ギリシャで作られたと考えられている。また、製作時期は、紀元前200年〜紀元前60年頃と考えられている。

 これについてフリース氏は、有名なギリシャの数学者で発明家でもあったアルキメデスが設計した可能性があると指摘する。

 ローマの政治家キケロの著作に、アルキメデスが作った太陽と月と5つの惑星の動きを追跡する装置について言及があるのだ。

 その装置は、ローマの将軍マルクス・クラウディウス・マルケッルスが大切にしていたという。フリース氏によると、キケロの説明はアンティキティラ島の機械によく似ていて、それがたった1つだけではなかった可能性をうかがわせるという。

最長の金環日食が起きた紀元前178年12月23日に起動開始か?

 今回の研究を行った、テッサロニキ文化観光局のアリステイディス・ブルガリス氏らの分析は、機械の裏面の螺旋で表された「サロス周期」に基づくものだ。

 この6585.3212日の周期は、太陽・月・地球が同じ位置に戻ってくるまでの周期で、それにともなう日食や月食を予測することができる。

 ブルガリス氏は、これまでに判明した機械の仕組みや刻まれた文字を手がかりに、設定日は「金環日食」の日だったろうと推測。

 金環日食では、地球と月と太陽が一列に並ぶ。このとき、月が太陽の中心だけをおおうため、太陽の周縁だけがまるで「金色の環」のように見える。
00
photo by iStock
 中でも長い時間をかけて起きるのが、月と地球との距離がもっとも離れた(遠地点)タイミングで起きる金環日食だ。

 そこでブルガリス氏らは、NASAのデータベースに当たり、アンティキティラ島の機械が製造された期間において、それに一致する金環日食がないかどうか調べた。

 その結果判明したのが、そのような長い金環日食が起きたのは、サロス周期系列58番だけだったという。

 対象期間における最長の金環日食は、紀元前178年12月23日に起きた。ということは、アンティキティラ島の機械はこの前日に起動した可能性が高いというのだ。
通常、時間計算を行うに当たっては、未来ではなく最近の過去の1時点を選ぶのが一般的だ。長期間にわたる時間計算と予測が今日よりも不確実で疑わしかった古代ギリシャでは、とりわけそうである
と論文では述べらている。

 この事実は、当時、アンティキティラ島の機械が開発されたもっともあり得そうな理由でもあるという。

 さらなる証拠として、ブルガリス氏らは、金環日食と同時に起きた文化的に重要な天文現象についても指摘する。

 その1つは「冬至」で、これは機械前面の左上に刻まれている。ブルガリス氏らによれば、この事実は冬至が較正(測定器の調整)に使われたことを示す強力な手がかりだという。

 もう1つの手がかりが、オシリスの暗殺を記念する宗教的祭典「イシア(Isia)」で、こちらは月食と日食に関連する。
11
 紀元前178年12月22日の日の出では日食が見られた。これは非常に珍しいことで、当時の聖職者によって重要視されたとしても不思議ではない。

 「特別でユニークな日付です」とブルガリス氏。その日、偶然にしてはあまりにも多くの天文現象が起きた。新月で、遠地点にあり、日食が起きた。太陽がやぎ座に入り、しかも冬至だったのだ。
The Antikythera Mechanism - 2D

別の説を唱える研究者も

 ブルガリス氏とはまた違う説を唱える研究者もいる。それによれば、設定の日付は紀元前204年夏である可能性が高いという。

 これに対してブルガリス氏は、機械に冬至が刻まれている理由が説明できないと反論する。

 「機械裏面の日食の予測は、紀元前204年から18年続く月食と日食の予測を示すのに十分な天文学的情報です」と語るニューヨーク大学のアレクサンダー・ジョーンズ氏は、これについて4つの独立した計算がなされてきたと付け加える。

 「この日付でもいいのは、サロス周期が月と太陽の周期を正確に表していないからです。223月分進められるたびに予測の精度が落ちます」

 いずれにせよ、アンティキティラ島の機械が時代にそぐわないほど精密な測定機器であることは間違いない。今後少しずつ、その謎が解明されていくだろう。

References:The Initial Calibration Date of the Antikythera Mechanism after the Saros spiral mechanical Apokatastasis / Researchers home in on possible “day zero” for Antikythera mechanism | Ars Technica / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
古代ギリシャの沈没船から見つかった紀元前87年の精工なマシン「アンティキティラ島の機械」

アンティキティラ島の機械、その謎の一部を解明。歯車の配置を突き止めることに成功(英研究)

アンティキティラ島の沈没船からお宝発見。7体目となるブロンズ像の腕の他金属や青銅の円盤、石棺の蓋などが見つかる

オーパーツ疑惑すら浮上した精巧に分断されたサウジアラビアの巨石の謎、自然現象である可能性

3000年前にロケットが?オーパーツ疑惑となったロケット型の石の彫刻(トルコ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年04月16日 20:34
  • ID:xspUSonQ0 #

天文学ってのはもともと占星術にとって必要となる「産まれた時の天球」や「未来の天球」を得るための要請があって初めて進歩したんだよね。
はじめは原始的な占いの手段だったモノが、今や宇宙の真理を解き明かすための道具になってるってのは、なかなか奇天烈な因果だ

2

2. 匿名処理班

  • 2022年04月16日 20:55
  • ID:DAuzw9eB0 #

インテグラノッテグラ?

3

3. 匿名処理班

  • 2022年04月16日 21:50
  • ID:L4opeFX70 #

アベベビキラはいつ誕生したのか

4

4. 匿名処理班

  • 2022年04月16日 22:07
  • ID:YjTZVIMw0 #

ロマンの塊

5

5. 匿名処理班

  • 2022年04月16日 22:07
  • ID:.Bo63q0B0 #

このアンティキティラなんちゃらも、他のオーパーツと同じように後世の人間が100年前くらい前に海に沈めたものが再発見されただけだろ
古代人がこんなものを作れたわけがないのに、何でこうホイホイと簡単に信じられるんだろな?
これに限らず考古学界隈って神の手みたいな不正と捏造だらけなんだろうな
だからどんどんオカルト化するんだよな

6

6. 匿名処理班

  • 2022年04月16日 22:23
  • ID:GMEH07x00 #

アナログ計算機を「コンピュータ」と呼ぶのには抵抗があるな。最近はあまりそう呼ばれなくなっているし。計算尺なんかも含めた概念、っていうのを注釈しとかんと。

7

7. 匿名処理班

  • 2022年04月16日 22:29
  • ID:AwLxSQUB0 #

これ製造したの、きっと当時存在した中で
間違いなくそれこそ漫画に出て来るみたいな
凄い影響力のある組織だったんでしょうね
出ないと作れるわけないもの

まず高度な天文学、それを機械にする設計技師、
精度の高い歯車、その歯車に使われる高純度鉱物
(純度が高くないと不純物で誤作動と腐食が起きる)
それを高い地位を持った人間に提供する人脈と市場
どれをとってもあり得ないレベルなんだよね
恐らくだけど他にも考え付かないような
機械を製造してたと思う


その組織がどんなものかはわからないけど
相当、国や政治にも影響力のある組織だったと思う
秘密結社と言う物かもしれないけど


8

8. 匿名処理班

  • 2022年04月16日 23:56
  • ID:M8ikar0U0 #

※5
他人の検証を無視して自分の感覚だけで有り得ないから有り得ないと言い切り、
自分が有り得ないと思い込んでいる物に対する研究は全て不正と捏造で成り立っていると言い切るとか、
他人の検証を無視して自分の感覚だけで有り得るから有り得ると言い切り、
自分が有り得ると思い込んでるものを否定する結果は全て不正と捏造で成り立っていると言い切るオカルティストと、まったく同じことをしてる

なぜそう言われているのか、どれほどの人間が検証を重ねてきたのか、どれほどの人間が更なる否定的検証を重ねてきたのか、そうしてどれほどの知識が蓄積されてきたのか、そういうことを一切調べようとせず、
自分の感覚だけで自分だけの正否を決めてそれに逆らうものは全て正しくないと言い切れるなんて、なんて気楽で無邪気なんだろう

9

9. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 00:32
  • ID:hqgb9H5Z0 #

※5
それで偽物作るには古代ギリシャ時代に知られていた言語および数学や天文学知識水準つまり考古学にかなり詳しくなくては無理で、それ以後の時代に発見された知識や言語は一切入れてはならず、かなり緻密な考証が必要な上に、1000年以上海底にあったことによる腐食の蓄積も再現した加工処理を行わなければならず、はっきり言って現代の最新技術ですら相当な手間であり、ほぼ不可能といっていいほどで、そうしたフェイクを製作することになんら意味や価値の見出せないしそんな精巧な偽物作るのに何百億円ってコストもかかるという一体誰がそんな資金を出したんだというかプロジェクトが大掛かり過ぎて流石に気付かれないわけがないわけですがそこの所はどうお考えですか?
それにアンティキティラ島の機械が発見されたのは1901年です
100年前にそんな偽物作れる技術があったと思うんですか?

10

10. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 00:41
  • ID:XXXrAQMZ0 #

日経サイエンスでもこいつの記事読んだけど、作った連中の頭も復元しようとしてる連中の頭もワイには計り知れなくて草なんだ。
世界には考えも及ばないもんってのがあるもんだよねえ。

11

11. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 03:40
  • ID:zX6tQIyM0 #

信憑性の衰えない唯一のオーパーツ

12

12. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 08:07
  • ID:xE6Da.re0 #

最近、歯車⚙ってかっこいいと思うようになった
特に遊星歯車機構

13

13. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 08:08
  • ID:lrBQSok90 #

どうやって加工したんだろ
制作当時に現場でどんな技術が駆使されたのか凄く興味がある

14

14. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 09:02
  • ID:ydmg1.cy0 #

※6
英語圏ではコンピュータは古代からある計算機の事だから
日本でそんな事を主張しても意味が無いでしょ
古代から受け継がれて来た機械を時代に合わせて進化させた結果が今あるのだから
逆に日本だけ独自の解釈を進めればガラパゴス化だの何だのと笑われるだけだよ

15

15. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 09:35
  • ID:St3BsLus0 #

どの時代にも、天才って居るもんなんだなぁと素直に驚くわ

16

16. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 11:55
  • ID:BeFDQ7Dz0 #

こういうオーパーツの話聞くとウキウキする

17

17. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 13:43
  • ID:Cxb62ITK0 #

※5 受け入れがたいかもしれないが、2000年以上前の天文学者は君よりだいぶ賢いし、技師は技術を持っていたんだな
オカルトの意味もはき違えてるし、少しは調べてから物を語らないと恥をかくので注意だ

18

18. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 15:45
  • ID:O.k5qJpS0 #

オーパーツは大半がパチモンだが紀元前は割と高度な文明だぞ ギリシャやエジプト、ローマなどの建造物は実に素晴らしい あんな馬鹿でかい上に綺麗な石の建造物作れんだからこれくらい作れると言われると納得できる

19

19. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 16:09
  • ID:83gyVuKA0 #

>>5
考古学はより古いとされる発見こそもてはやされるから、年代のインフレが続いてるとは思う。
他人が盛った年代を見てさらに古くするからどんどんインフレが進む。
人類史のほとんどはここ5000年ほどに集約されてるのに、200万年前とかは飛躍しすぎだよね

20

20. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 20:55
  • ID:Y1RBFqHa0 #

>>5
古代人舐めすぎてて草。

21

21. 匿名処理班

  • 2022年04月18日 00:39
  • ID:qh2Az9HR0 #

機械を作った奴らもバケモノだけど、
こんなボロボロの断片から、全体像や使用目的を割り出した奴らもバケモンやな

22

22. 匿名処理班

  • 2022年04月18日 13:15
  • ID:rSouuzht0 #

>>21
それを見てる俺の顔もバケモノ
バケモノだらけだぁ…

23

23. 匿名処理班

  • 2022年04月19日 12:52
  • ID:7k5qPj.60 #

当時のギリシャにはこうした高度な機械を制作できるだけの技術的蓄積があって、
その記憶が時代を下るごとにアルキメデスという一人の天才の偉業に帰されていったんじゃないかと想像

24

24. 匿名処理班

  • 2022年04月19日 14:08
  • ID:951Q7Nlr0 #

今ロシアが核をぶっ放して第三次世界大戦が始まったらこういう研究もそれどころじゃ無くなるんだろうな😓

25

25. 匿名処理班

  • 2022年04月21日 00:46
  • ID:56agnbc.0 #

いつか現代の私たちの文明をみつけた未来人がこう言うだろう「古代人の作ったボンカレーちょーうま!」

26

26. 匿名処理班

  • 2022年05月04日 00:41
  • ID:Xl76eIqZ0 #

※5
古代にこんな複雑なメカを作れる天才もいれば
こんなものを作れるわけがないと真っ向から否定するアホもいるんだな
同じ人類とは到底思えない

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING