ハリウッド映画とアスベスト人工雪
image credit:Ye Olde Science
 かつてアスベスト(石綿)は、安価で、耐火性など多様な機能を有していることから様々な物に利用されていた。

 だが、極めて細い繊維状のけい酸塩鉱物が飛散しやすく、人が吸入すると健康被害を起こす可能性があることが明らかとなった。

 現在は石綿を吸い込んだ量と中皮腫や肺がんなどの発病との間には相関関係が認められ、製造や使用を禁止している国も多い。

 アメリカでは、その危険性が明るみになるまで、アスベストがハリウッド映画などの人工雪として使用されていたという。
広告

かつて人工雪として使用されていたアスベスト

 1920年代後半まで、アメリカではハリウッド映画のセットや一般家庭では、人工雪として綿(コットン)を主成分としたものを使用していた。

 しかし、1928年に消防署が綿でできた人工雪の安全性に疑問を投げかけ、火災の危険性があることを指摘すると、安価な代替品としてアスベストが使用されることとなる。
 これは、アスベストが人体に深刻な健康被害をもたらす危険因子であるということが証明される前のことだが、その後何十年もアスベストを人工雪として使い続けており、その事実は衝撃的だ。
asbesto3_e
image credit:Wikipedia.org

他の人工雪よりもリアルに見えた雪

 当時、「ピュアホワイト」や「スノードリフト」といったブランドで販売されていたアスベスト含有の人工雪は、耐火性だけでなく、1928年まで使用されていた綿や塩、小麦粉などの素材を使ったそれよりも、はるかにリアルに見えたそうだ。

 革新的な装飾はすぐに流行し、やがてハリウッドで映画撮影のために日常的に使用されるようになった。

 最も有名な例は、ドロシーとその友人たちに雪が降り、邪悪な魔女の呪文から目を覚ます「オズの魔法使い」のシーンだ。

  アスベストの人工雪が豊富に使用されていたことは、そのシーンを見れば一目瞭然だ。

第二次世界大戦に伴い、アスベスト人工雪は徐々になくなる

 アスベスト雪は、1940年代初頭まで利用されていたが、その後ほとんど使われなくなった。

 第二次世界大戦時となり、海軍艦艇を耐火性にするため、大量のアスベストが必要となったため、民間の利用が控えられたのだ。

 1950年になる頃には、泡沫、水、砂糖、石鹸からなる成分を含むスプレー式の泡が代わりに使用されていたという。

 だが専門家は、「つや消し」の外観を持つ当時のヴィンテージ装飾には、おそらくアスベストが含まれていると警告している。

 Asbestos.comではこのように伝えている。
アスベストはかつて人工雪として販売され、木や花輪、装飾品にまき散らされていた。これらの製品は長年製造されていないが、世代から世代へと受け継がれてきた最も古い装飾には、まだ少量のアスベストが含まれている可能性がある。
 アスベストを含む人工雪が最初に注目を集めたのは2009年頃で、産業衛生学者でアスベスト対策活動家のトニー・リッチさんが、写真共有プラットフォームFlickrでアスベストの人工雪の写真を投稿したことがきっかけだという。
9 @ 9: Asbestos was used as snow in old movies

アスベストによる健康被害

 独立行政法人環境再生保全機構によると、アスベスト(石)は、ヒトの髪の毛の直径よりも非常に細く、肉眼では見ることができない極めて細い繊維からなっているため、飛散すると空気中に浮遊しやすく、吸入されてヒトの肺胞に沈着しやすい特徴があるという。

 吸い込んだ石綿の一部は異物として痰の中に混ざり体外へ排出されるが、石綿繊維は丈夫で変化しにくい性質のため、肺の組織内に長く滞留することになる。

 この体内に滞留した石綿が要因となって、肺の線維化やがんの一種である肺がん、悪性中皮腫などの病気を引き起こすことがあるという。

 石綿繊維により長期間にわたって肺に炎症がおき、組織が傷つけられ続けることで線維化が生じる。また、発生した活性酸素によりDNAが損傷された結果、遺伝子異常が起こり、細胞ががん化する可能性が考えられている。

 発がん性は、石綿の種類によって異なり、角閃石族のクロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)の方がクリソタイル(白石綿)よりも発がん性が高いとされている。

References:Abestos Snow – The Most Dangerous Fake Snow in History / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
綺麗な鉱物には毒がある。最も危険な10の岩石と鉱物

人体に入り込んだマイクロプラスチックは、ヒト細胞に悪影響を与えている可能性

骨が崩れ顎がなくなる。放射性物質が入ったエナジードリンクを飲んだ男性の末路

有毒物質による汚染が残る、世界で最も危険なゴーストタウン10

あの噂は本当だった。真実であることが明らかとなった7つの噂・陰謀説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 17:09
  • ID:KznXcLVJ0 #

くわばら、くわばら、桑原和男 「死の雪」やがな

2

2. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 17:22
  • ID:bqfrmGB50 #

人工雪はヤバいな…
目とか擦ったら失明しそう

3

3. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 17:30
  • ID:DyDJwqCP0 #

聞いたことあるけど、ここまで多量で長期間とは思わなかった。

あとユル・ブリンナーが撮影中、死の灰が舞って来て急遽雪のシーンに書き換えられたんだけと、途中で主演女優が気分が悪くなって中止になったとか…
(こちらは嘘だと思ってる)

4

4. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 17:52
  • ID:Scn.lPy.0 #

想像しただけで恐ろしい

5

5. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 18:23
  • ID:pqSQIlo60 #

まぁ、危険性を指摘されていても、使用禁止になる頃には結構影響出てからだよなぁ・・・
今の時点でも色々言われている物質でも、「その時」が来るまではだいぶ先なんだろうなぁ。
ネットが有る分、時間は昔よりだいぶ短くなると思うけど

6

6. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 18:27
  • ID:XY1DnjZ00 #

昔放送されてたまんが偉人物語でも石綿はものすごく有用な物質なんだよって回があったし、近所の工場の裏手にはアスベストを使ったボードやその破片が野晒しになっててよく手にして遊んだし、まさか悪魔の物質扱いになるとは考えもしなかったわ。

7

7. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 18:49
  • ID:3.ChnqV50 #

潜伏期間長いんだよねアスベストの肺がんは
ウチの親父が50年は無縁だったにも関わらず悪性中皮腫患って逝った

8

8. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 18:59
  • ID:EWiJJYRu0 #

石綿は安くて燃えないからなあ
危険性がなければこれほど便利な素材はないし

9

9. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 19:02
  • ID:25EHuDan0 #

アスベストを吸い込んでもただちに影響は無い(数十年後に肺癌になる)が
火事になったらただちに死ぬからな

10

10. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 19:14
  • ID:1Sf6li6j0 #

父親が建築関係でアスベストけっこう使ってたけど肺に問題ないなあ?と思ったら
アメリカでの使い方あたおかにもほどがあるわ

11

11. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 19:27
  • ID:0Cf00Deq0 #

歳がバレるけど学校で普通に石綿金網使ってたな
調べたら今はセラミックなんね
まぁそれ以前にそこら中の施設に石綿埋まってたから発癌性なんて今の常識や価値観でしかないな

12

12. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 19:30
  • ID:Eqrj8Kk90 #

※10
それ言ったら日本人にも火浣布かありましたけどね…
一般人が手に取れるようなものではない思いますが

13

13. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 19:44
  • ID:OcoljfBF0 #

おそロシア

14

14. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 19:46
  • ID:LcBIti7z0 #

アスベスト単体の危険性は、タバコの半分くらい。
大騒ぎするようなもんじゃない

15

15. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 20:17
  • ID:IkXj2Bch0 #

考えてみたら鉱石の繊維なんだね
確かに魅力的な存在

16

16. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 20:25
  • ID:PySCMef40 #

いうて現代の当たり前の様な常識が
30年50年後の常識に当てはめてみたら正気の沙汰とは思えない事柄なんて
あってもなにもおかしくないと思うな。
ただでさえコロナ禍で情報の精査に追われてる最中なわけで
みんないつの時代でも当時の最良の選択をしているつもりだと思うよ。

17

17. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 20:26
  • ID:DyDJwqCP0 #

前から気にしてることを一つ。
タイガーアイってあるじゃん、虎目石。
あれって長い時間かけて色が変わるんだけど
まだ若いやつ、ブルータイガーって青石綿なんだよね。

いや、たぶん加工品は問題ないんだろうけど、あれ加工研磨してるところ(たぶん中国)工場は安全かなって話。
宝石売ってる人に聞いたけど「たぶん集塵機や水を使ってるから、たぶん大丈夫、掃除もしてるだろうし、たぶんだけど」って言ってた。
だからパワーストーンて喜んで買うと、人死にが出るって話、たぶんね。
まあわかんないけど。

18

18. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 21:55
  • ID:u8Yp6jBE0 #

>>14
酒は同量の醤油より無害、てぐらいに無意味な比較だぞ

19

19. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 23:00
  • ID:u8Yp6jBE0 #

>>10
定番の「昔の人は今よりバカ」「アメリカ人は劣る」のハイブリッドですか

20

20. 匿名処理班

  • 2021年12月19日 23:28
  • ID:rbGVaGmC0 #

うむ、ハリウッド俳優にガンが多発した理由の一旦かもしれぬなあ

21

21.

  • 2021年12月20日 00:13
  • ID:etR1xx6P0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2021年12月20日 02:18
  • ID:WFZtN.Jd0 #

今も新しく開発されて使用されてる物にもそういうのあるやろなぁ。まさかそんな影響が出るとはって。

23

23. 匿名処理班

  • 2021年12月20日 02:49
  • ID:zvUOOGC80 #

子供のうちから薬付けにされてアスベストまみれにされるって、ジュディ・ガーランドかわいそうすぎんか...

24

24. 匿名処理班

  • 2021年12月20日 11:15
  • ID:6PTfwrnB0 #

アスベストについては、日本では特別にアスベストの取り扱いについて罰則付の法律もあり、また関連法令もあるので、子供の頃に気軽に触っていたから大した事は無いという認識でコメントするのは止めよう。

25

25. 匿名処理班

  • 2021年12月20日 12:35
  • ID:6PTfwrnB0 #

アスベストは、防火防熱防音材として優秀だったので戦後も戦車に使われていたりする
ただし、戦車というのは機密情報の塊でもあるのでそういう情報が出てくるのは2世代も3世代も前の戦車だったりする

26

26.

  • 2021年12月20日 12:51
  • ID:6PTfwrnB0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2021年12月20日 16:02
  • ID:3dJ5K3hi0 #

ナウシカのオームのキャノピーを取りに行った時の
降り積もるの胞子のようだね

28

28. 匿名処理班

  • 2021年12月20日 19:22
  • ID:6PTfwrnB0 #

>>27
死を招く毒物だけどな

29

29. 匿名処理班

  • 2021年12月20日 20:48
  • ID:gFjHAAfr0 #

※10
身近な一人が無事だから平気って思い込みがまずおかしいうえに、アメリカを見下して悦に入ってるのもきつい 書き込む前に読み返してみたらどうだ

30

30. 匿名処理班

  • 2021年12月20日 22:11
  • ID:E6vPC5y60 #

>>20
ジョン・ウェインはなぜ死んだか

31

31. 匿名処理班

  • 2021年12月20日 23:53
  • ID:36IqrBVP0 #

道路や庭に今でも一般的に使われてる蛇紋岩にはアスベストが含まれてるんだけどね。実際に蛇紋岩扱ってた業者の人が肺がんで労災認定受けてる。

32

32. 匿名処理班

  • 2021年12月21日 12:54
  • ID:l30w4FEA0 #

>>15
有能だけど危険、だけど美しい。そういうものは魅力的。
人間と一緒ですねw

33

33. 匿名処理班

  • 2021年12月21日 13:59
  • ID:.mu0B1iY0 #

空から降ってくる天然の雨や雪はフィルムに綺麗に写り難いので、たとえお誂え向きの空模様になっても撮影には偽物を使ってるのよね

34

34. 匿名処理班

  • 2021年12月21日 23:23
  • ID:T9MACI2O0 #

他にもPCBやら水銀やら今はアカンことになって回収されたものは多いよね。短期的に評価しにくいものだと致し方なし。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING