妊娠した猫を保護した妊婦、同時期に出産
 動物が大好きな女性が、ある日野良猫を発見した。普段からボランティアで動物保護活動をしていた女性だが、妊娠中だった為に活動を休止していたが、その猫が妊娠していることに気が付いた。

 生まれてくる赤ちゃんのためにもお世話が必要と、女性は迷うことなく保護した。やがて、強い絆を育んだ女性と猫は、なんと同時期に出産を迎えたのだ。

 女性は元気な女児を、そして猫も元気な6匹の赤ちゃんを出産した。現在猫の親子は、引き取られた家族のもとで幸せに暮らしているという。
広告

妊娠中の野良猫と偶然出会った妊婦

 ローレン・マナーズさんは、地元の動物保護施設のボランティアとして犬猫たちの世話を献身的に行っていたが、自身の妊娠により活動を一時的に休止していた。

 そんな時、1匹の美しい白猫と出会った。
cat_e
 駐車場でその猫がいるのを発見したローレンさんと夫カイナンさんは、猫が痩せ細り怪我をしていること、お腹が膨らんでいることに気付いた。

 動物医院へ連れて行くと、やはり猫は妊娠しており、ローレンさんの予定日と同時期であることが判明した。

 ローレンさんは、猫に飼い主がいるのなら探してあげようと思い、近所をあたってみたところ、その猫は1年以上も前からカフェの近くのゴミ箱を漁って暮らしている野良猫であることがわかった。

ローレンさんと猫、同時に出産を迎える

 ローレンさんがボランティアをしていたノーキルの動物保護施設は、当時満員で猫を受け入れることができなかった。

 生まれてくる赤ちゃんのためにも、ちゃんとしたケアが必要だと思ったローレンさんは、迷うことなく一家でその猫を保護することに決めた。

 ドーヴ(Dove)と名付けられた猫は、ローレンさんのお腹にも赤ちゃんがいることを悟ったのか、すぐにローレンさんのことを信用し、懐くようになったという。
同じ母親になることを悟ったのでしょう。ドーヴと私の絆はすぐに深まりました。(ローレンさん)
 やがて、ローレンさんは出産のために病院へ。間もなくして元気な女児カイリーちゃんが生まれた。

 帰宅すると、ドーヴにも6匹の赤ちゃんが生まれていた。
cat babies_e
babies_e
同じ日に出産したのかはわかりませんが、元気そうな赤ちゃんが生まれていて感動しました。

すぐに獣医に診てもらったら、赤ちゃんはみんな健康で元気ということでした。(ローレンさん)
baby and cat_e
 しばらくの間、ドーヴと6匹の子猫はローレンさんの家で過ごしたが、その後子猫たちはそれぞれ別々の家庭に貰われていった。

 不思議な縁で出会ったドーヴとローレンさんは、偶然にも一緒に妊婦生活を楽しむことで、より一層強い繋がりが生まれたという。
私は地球上の全ての生き物との間に、深い繋がりを感じています。動物は、ほとんどの人間が信じているよりも、はるかに感情的な深みを持っていると信じています。私にとって、動物はいつもとても大切な存在です。(ローレンさん)
 なお現在、ドーヴはローレンさんの友人に引き取られており、子猫たちの飼い主とも近いことから、ローレンさん一家はいつでもドーヴと子猫たちに会いに行くことができるということだ。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
飼い主の妊娠に気が付いた猫、お腹の赤ちゃんにやさしくご挨拶

車の下に隠れていた猫を保護したところ妊娠中と判明、人間同士の連係プレイで無事出産。全員(カナダ)

お腹の子はあたしが守る!妊娠した飼い主のお腹を温め、生まれてからもそばに寄り添う子煩悩な猫

NNN活動報告。妊娠中からロックオン、出産後4匹の子猫を連れて戻ってきた(アメリカ)

「ここで産ませてほしいの」ボーイフレンドの猫の家で出産した野良猫、そのまま家族に(アメリカ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年09月14日 12:06
  • ID:.DZ.oTkj0 #

お父さんにそっくり

2

2. 匿名処理班

  • 2021年09月14日 12:13
  • ID:nzzmD5Nc0 #

僕のニャンダフルライフの始まりかもね。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年09月14日 12:30
  • ID:NFEYmo9W0 #

ママ友ニャーン

4

4. 匿名処理班

  • 2021年09月14日 12:44
  • ID:pzX0clsp0 #

普段から動物保護活動してるだけあってちゃんと医師に診てもらってなおかつ飼い主がいるかも調査する完璧な対応
だからこそドーヴさんも信用したんだろうなあ
いっぱい増えた家族とともに末永くお幸せに

5

5. 匿名処理班

  • 2021年09月14日 13:08
  • ID:IulecNRg0 #

これドーブじゃなくてダヴな気がするの(´・ω・`)

6

6. 匿名処理班

  • 2021年09月14日 13:34
  • ID:kHgpUApq0 #

猫のお母さんの手元に1匹くらい残してあげれば良かったのになあ、なんて。。

7

7. 匿名処理班

  • 2021年09月14日 14:27
  • ID:Oa5Q4ITs0 #

赤ちゃんが取り違えられる事故が起こるヤツ

8

8.

  • 2021年09月14日 15:57
  • ID:yAaLjwZX0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2021年09月14日 17:44
  • ID:ANw6US3M0 #

美女と美猫

10

10. 匿名処理班

  • 2021年09月14日 18:30
  • ID:pVBsA5gH0 #

猫って、身内や仲のいい猫が自分と同時期に妊娠出産すると、
我が子もよその子も関係なくみんなでまとめて面倒見るのよ
もしかしたら、ドーヴさんも案外本当に同士というかママ友だと思ってたかもしれないね

11

11. 匿名処理班

  • 2021年09月15日 00:49
  • ID:6vFtt1or0 #

一匹も自分ちには置かないだな。 うちも同じように保護猫が出産したが、母猫と子猫2匹はうちで飼ってる。 家にいて欲しいって思わないのかな。

12

12. 匿名処理班

  • 2021年09月15日 06:28
  • ID:5vuUhsjk0 #

ミッション完了だにゃん

13

13. 匿名処理班

  • 2021年09月15日 07:50
  • ID:Rs5uG0Fr0 #

>>11
これよく出る疑問だけど、保護ボランティアに重きを置いている人は、自分とこでは飼わない人も多いよ
保護犬猫はひっきりなしに来るからね…
自分のペットがいるとフットワークが重くなったり、
あと保護犬猫とペット双方に悪影響が出たりする
保護犬猫が何かの病気持ってて、ペットに感染ったらマズいしね
きっちり隔離できる環境を整えられるならいいけど、そういう人ばかりでもないし

14

14. 匿名処理班

  • 2021年09月15日 12:02
  • ID:ZA6bYhQW0 #

>>11
乳幼児の世話だけで大変だと思うから、このタイミングでは飼わないのもわかる。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年09月15日 20:05
  • ID:x.nPjRuv0 #

お母にゃんのお腹でっけえwww( *´艸`)

16

16. 匿名処理班

  • 2021年09月15日 21:07
  • ID:Y6J6tnlM0 #

猫同士だと共同保育する例があるからこいつ猫じゃないけどいけそうな気がする、と思ったのかもしれない

17

17. 匿名処理班

  • 2021年09月17日 11:26
  • ID:.25KjHwC0 #

>>11
海外で犬猫の保護活動している人が、情が移って自分で飼っちゃうことを「預かりに失敗した」ってよく自虐しているしね。
いい飼い主を見つけることが使命だという考えなんだろう。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING