目の見えないキツネの盲導犬役をかってでた脚の不自由な犬
image credit:vet_lapaz/Instagram

 完全無欠なものなど存在しない。ないものねだりをするよりも、お互いに足りない部分を補い合いながら幸せを感じられればそれでいいのだ。
 
 イギリス、ロンドンには後ろ脚のない犬と目の見えないキツネがいたわりあいながら仲良く暮らしているという。

 後ろ脚に歩行器を着けた犬が前を歩くと、目が見えないキツネはその音を頼りに、犬の後ろを懸命に追いかける。飼い主が他界し元気を失っていた犬だが、キツネの盲導犬という役目を自らかって出た今は、生き生きと暮らしているという。
スポンサードリンク


Disabled dog becomes blind fox's walking guide

獣医の元に盲目のキツネがやってくる


 去年10月、ロンドン北部に住む獣医のアナ・ラパスメンデスさん(42歳)が働く獣医院に、脚を2本骨折した盲目のキツネが運び込まれた。

 安楽死させる意見も出たが、アナさんはそのキツネを自宅へ連れ帰り保護。タオルでハンモックを作り、パンプキンと名付けたキツネが居心地よく過ごせるように懸命に世話をした。その甲斐あって、パンプキンの脚は回復し歩けるようになった。

 だが、相変わらず目が見えないままだったことと、野生では生き延びることはできないであろう健康問題を抱えていたことから、アナさんはそのままパンプキンを飼うことにした。(イギリスの場合エキノコックスの問題はないとされている)


今度は後ろ脚の不自由な犬がやってくる


 その2か月後、アナさんは前の飼い主が他界したジャックというテリア犬を引き取った。ジャックの後ろ脚は弱っており歩くことが困難な状態だった。

 新しい環境にも戸惑いを見せていたようで、アナさんは、後ろ脚部分に犬用の歩行器を装着することに。すると次第に歩けるようになった。


いつのまにかジャックがパンプキンの盲導犬役に


 散歩に行くと、アナさんの後ろをジャックが車椅子で追い、そのまた後ろをパンプキンがついて歩いていた。

 しかし、今ではジャックがパンプキンの「盲導犬」役をかってでたようで、率先してパンプキンの前を歩く。するとパンプキンはジャックの車椅子の音を頼りに懸命にその後ろを追いかけていくようになったそうだ。

 アナさんによると、5歳のジャックは1歳のパンプキンを妹のように世話しているという。


ジャックは、脊椎腫瘍で歩行困難となりました。でも、障がいに負けずとても元気で思いやりにあふれる犬です。

後ろを懸命についてくるパンプキンを、辛抱強く待ってやり、いつも一緒に散歩を楽しんでいます。

ジャックはパンプキンをまるで妹のように思っているようです。パンプキンに他の犬や猫が近付くと、守ってあげる姿勢を見せます。パンプキンも自分をキツネだと自覚していないのではないでしょうか、犬だとおもっているふしがあります(笑)

 アナさん宅には、もう1匹5歳の保護犬コロッケがいる。3匹はとても仲良しで、いい友情を育んでいるそうだ。


散歩に行くと、いつも子供や周りの人たちからジャックとパンプキンは注目を集めます。パンプキンは、子供たちが寄って来ても怖がって逃げたりしません。近所ではみんなに愛されています。

 このように話すアナさん。彼女のインスタグラム『vet_lapaz』では、保護した動物たちを含め、元気なジャックとパンプキンたちの姿が閲覧できる。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
目の見えない犬の目となった1匹の野良猫の感動の物語


施設で出会った歩けないチワワと飛べない鳩がベストフレンドになるまでの物語(アメリカ)


障碍を持つ動物たちが保護された後。ある雪の日の日常


障がい抱えながら保護された猫、母親代わりに選んだのは心やさしい犬だった(アメリカ)


盲目の年老いたアライグマと支えあって生きていた2匹の子猫。アライグマは子猫たちに最高のプレゼントを残していった(アメリカ)


「疲れたね、ちょっとお昼寝しようか」盲目の犬をいたわる心優しい猫のベッドタイム


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
4231 points
前脚を失った犬は歩くことをあきらめなかった。自ら後ろ脚で歩くことを覚え、毎日を全力で楽しんでいる

前脚を失った犬は歩くことをあきらめなかった。自ら後ろ脚で歩くことを覚え、毎日を全力で楽しんでいる

2021年4月18日
1574048125
2位
4185 points
怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)

怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)

2021年4月15日
924068124
3位
3886 points
個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

2021年4月13日
4位
3493 points
女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査)

女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査)

2021年4月17日
5位
2738 points
鎮まれ…俺の右手…!中二病を発症した猫のフィギュアがカプセルトイに登場「厨二猫(ちゅうにびょう)」

鎮まれ…俺の右手…!中二病を発症した猫のフィギュアがカプセルトイに登場「厨二猫(ちゅうにびょう)」

2021年4月19日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 11:44
  • ID:3Lo263yl0 #

アナさんはたべることが好き。
こだわりのお店とかありそう。

それhさておき、3匹が幸せでありますように。

2

2. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 12:29
  • ID:O.PCkri.0 #

ランチの時間に泣かせるんじゃないよ…

3

3.

  • 2021年03月11日 13:25
  • ID:JuiMAKoO0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 13:53
  • ID:6Qhcb8bT0 #

異種の動物が仲良くするお話を読むと、愛ってなんだろうと考える。
理屈でもなく本能でもない。
人間が、犬や猫と共に暮らすようになったものか。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 14:31
  • ID:NQQgLdqz0 #

時々すごい人がいる。自分もサポートの必要な犬猫を助けたい
が気持ちが滅入って、体が動かずムリ。
1つ目の動画の最後「アナさんは通常の場合、キツネをペット
にする事に強く反対している」が心強かった。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 16:41
  • ID:83LJfjtY0 #

アナさんすご過ぎる
骨折した野生動物、しかも目が見えない子を引き取るとか想像だけで大変そうなのに
バラバラの3匹仲良さそうで幸せなんだろうな

7

7. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 20:37
  • ID:Lu8RKeCn0 #

動物を保護して
「健康に問題あっても一緒に暮らす❗️」って決意して
やり遂げてる人って
器が大きいな〜…と思う

8

8. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 21:39
  • ID:o8zoHO.U0 #

人すら助けてもらえない世の中で
動物は人に助けられ、動物同士でも助け合ってるってことか
自死しない(出来ない)動物はたくましい

一方、人は自死を選ぶことができてしまう
その方が楽だけど哀しいなぁ

どちらも全てがそうではないが

9

9. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 21:47
  • ID:6nzgcZsZ0 #

ジャックとパンプキン・・・ハロウィンですな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク