3年間行方不明となっていた老犬と奇跡の再会
 アメリカのテキサス州で、3年前に民家の庭から1匹の老犬が姿を消した。飼い主夫婦はあらゆる手段を講じ犬を探したが、見つかることはなかった。

 3年の月日が経ち、もう生きてはいないかもしれないと諦めかけていたその時、夫婦はFacebookで痩せ衰えた老犬が保護され、動物愛護協会へと運び込まれたことを知る。その犬こそ、探し求めていた愛犬だったのだ。

 栄養失調でガンを患っているその犬は余命いくばくもないと診断されたが奇跡的回復を遂げ、夫婦は3年ぶりの再会を果たした。
広告
Central Texas dog missing for 3 years finds his way home

3年前に飼い主宅の庭から姿を消したロッキー

 テキサス州中部ウェーコ市に住むチャック・ラッセルさんと妻のアイリーンさんは大の犬好き夫婦で数匹の犬を飼っていた。

 2018年4月某日、いつものように自宅の庭で犬たちを遊ばせていたところ、そのうちの1匹、ロッキーがいなくなった。ロッキーは当時12歳だった。

 ロッキーは他の犬たちと共に敷地からふらりと離れたことがあったが、いつもちゃんと戻って来ていたので、当初はさほど心配していなかった。

 しかし夜になり、他の犬たちが帰って来てもロッキーだけは戻ってこなかった。

 いなくなった愛犬を見つけようと、夫妻は近所にはポスターを貼り、少し離れた場所には車で出向いて、思いつく限りの方法で探し回ったが、ロッキーが発見されることはなかった。

 1年が経ち、2年が経った。地域には野生のコヨーテが群れで生息している。もしかしたらロッキーはコヨーテに襲われて死んでしまったのかもしれない。3年が経過し夫婦は諦めかけていた矢先、Facebookを見ていたアイリーンさんは驚いた。

瀕死の状態で発見された老犬が奇跡の回復

 3年後の今年2月、地元の動物保護団体『Humane Society of Central Texas』がFacebookに「親切な女性が数週間前に路上脇で犬を発見し、保護した」という記事を写真付きで掲載したのだが、その犬が3年前に行方不明になったロッキーにそっくりだったのだ。
 その犬は、痩せ細った状態で路上に横たわっていたところを発見され、立ち上がる気力もないほど弱っている状態だったという。

 発見者によって保護団体に運び込まれた犬は、すぐさま動物病院へと運ばれた。年齢は15歳と推定された。犬は栄養失調だけでなく癌を患っていて、おそらくもう何日も生きることができないだろうと診断された。

 施設スタッフに「バティステ」と名付けられた犬は、その後Old Souls Animal Rescue and Retirement Homeという動物緩和ケア施設へと移された。

 この施設では、余命わずかな動物たちの世話を最後まで引き受けてくれる里親家族制度を設けており、バティステも里親が見つかれば引き取られる予定だった。

 ところが、奇跡的に容態が回復へと向かい始めたのだ。これには施設スタッフも獣医師も驚いたという。

飼い主夫妻、3年ぶりに愛犬と再会を果たす

 「バティステ」と名付けられた犬の記事を追い続けていた夫妻は、バティステはロッキーかもしれないと強く思うようになった。それほど良く似ていたのだ。

 2月7日、Facebookでバティステの記事をシェアしたHumane Society of Central Texasに、ラッセルさん夫妻はすぐに連絡した。
Facebookのメッセージから「そちらで保護しているバティステという犬ですが、マイクロチップが埋め込まれているのでしょうか?3年前に行方不明になった私たちのロッキー(当時12歳)にとても良く似ているのです」と送りました。

それから施設と何度かやり取りし、私たちが持っているロッキーの写真を数枚見せました。そしたら施設側も「よく似ている。ロッキーではないか」と同意したのです。

すぐにそちらへ迎えに行きます!と告げて施設へ向かいました。(アイリーンさん)
 しかし、実際にバティステに会ってみると、その犬はとても痩せて小さく、行方不明になった愛犬とは思えない姿に、アイリーンさんの確信は揺らいだ。

 チャックさんも「3年も行方不明になっている犬が、今も無事で生きているわけがない」と、希望を失っていたようで、2人は目の前の犬を見て「やはりこれは私たちのロッキーではなかったのか」と再び諦めかけた。

 それでも、アイリーンさんは確認せずにはいられなかった。バティステの耳の後ろにそっと触れると、そこには馴染みのある小さな毛のもつれがあった!「やっぱり、これはロッキーに間違いないわ!」と声を上げた。
 3年もの間、おそらくとても辛い経験をしてきただろうロッキーは、病も患い瀕死の状態で発見・保護された。

 だが、病気の回復と飼い主に再会できるというダブルの奇跡が起こった。今ロッキーは、ラッセルさん夫妻の家に戻り、3年前と同じようにお気に入りの場所で寛いでいる。
Heartwarming: Central Texas dog lost for 3 years finds his way home
written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
運命の再会としか...3年前に行方不明になった犬、何気なく見ていたテレビ画面の中で発見(アメリカ)

ビール缶に印刷された保護犬の写真を見て、愛犬と再会を果たした女性(アメリカ)

10年前に行方不明となった犬。あきらめかけていた家族の元に「保護してます」の連絡が!(アメリカ)

おじいさんはあきらめなかった。いなくなった愛犬を探し続けて3年後、ついに感動の再会を果たす(ジョージア)

自宅から犬を盗まれて2年後、SNSにより奇跡の再会(ウクライナ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2021年03月04日 11:47
  • ID:PL0N4Wax0 #
2

2.

  • 2021年03月04日 12:09
  • ID:5CL.LYxL0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 12:32
  • ID:M7nSfLJu0 #

おうちに帰れてよかったけど、マイクロチップは役に立たなかったの?
3年間どうしてたんだろう?気まぐれな誰かに連れ去られて
病気になったから気まぐれに捨てられちゃったのかな?

4

4. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 13:07
  • ID:oOza65JD0 #

マイクロチップどうなったのよ???
協会がリーダーを持っていなかったの?持ってる獣医さんのところで確認したの??

5

5.

  • 2021年03月04日 13:19
  • ID:PL0N4Wax0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 13:45
  • ID:GaBKaIdh0 #

再会のとき、しっぱふったり名前に反応したりとかあったのかな
あとマイクロチップの件はどうなったんだろう
元の飼い主さんの喜びと感動の方が大きく扱われてるみたいで
肝腎の犬の反応というか、
犬周辺があまり伝わってこないようで何だかもやっとする記事だった
悪く言えば、フェイスブックはいいものだ、みたいな

7

7. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 13:57
  • ID:eLG.CAJ60 #

ロッキー自身は飼い主の匂いに反応しなかったのかな?

8

8.

  • 2021年03月04日 13:59
  • ID:PL0N4Wax0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 14:14
  • ID:b2xTxB2d0 #

親切な女性が飼ってたけど面倒になって拾ったことにしたのではと邪推してしまう

10

10. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 14:18
  • ID:w1aSJZTv0 #

穏やかそうな顔のわんこだなぁ。無事に帰れて良かったね。のんびりゆっくり疲れを癒すんだよ〜

11

11. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 14:18
  • ID:PL0N4Wax0 #

ワンコ可愛い〜!
大きい〜!
こりゃお世話大変そう!

12

12. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 14:27
  • ID:PL0N4Wax0 #

いよいよテンプレ入力しないとコメント受け付けないのか

13

13. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 15:45
  • ID:s9LuvnHR0 #

♪ローケン ローケン ローケン
俺たちゃ男だ 弱音をはくなよ ローハイド
荒野を越え あの町すぎ 可愛い牛を追い
ローケンジャー!

14

14. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 15:59
  • ID:IPziWIE40 #

犬のガンって治るもんなの?

15

15. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 16:27
  • ID:YYI7IoIX0 #

マイクロチップは??

16

16. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 17:35
  • ID:vbDR944B0 #

※9
記事読んだ????

17

17. 匿名処理班

  • 2021年03月04日 22:24
  • ID:jYDYwyKQ0 #

認知症の父の介護してるもんで
犬も突然道とか現在地とかが分からなくなってそのままどこかに行っちゃったのかなあと思ったり

18

18. 匿名処理班

  • 2021年03月05日 07:11
  • ID:CV1yW.F00 #

頼むから、彼らを愛してるなら、犬(猫も)が脱走できない
ように管理して!彼らは永遠の3才児なんだよ。
人間の3才児なら、目を離さないし勝手に外に行かないように
するでしょう?
臆病でフリーになるとつかまらず、散歩でも万が一が想定される
犬の譲渡では、首輪とハーネスのWリードを要請する保護団体もある。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING